★阿修羅♪ > 原発・フッ素25 > 813.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政府事故調最終報告・政論 「菅さん、あなたが悪い」と記すべきだ - MSN産経ニュース
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/813.html
投稿者 虎丸花蜂 日時 2012 年 7 月 24 日 06:25:14: ZoHfPWCwONHuo
 

【政府事故調最終報告・政論】「菅さん、あなたが悪い」と記すべきだ - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072321340027-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072321340027-n2.htm
2012.7.23 21:32

 政府事故調が23日公表した最終報告書は、菅直人前首相をはじめとする「政治家」の責任を正面から問うていない。政府事故調は発足当初から「原因究明を優先し、責任追及を目的としない」(畑村洋太郎委員長)という立場だったとはいえ、肝心の部分に手の届かない隔靴掻痒(かっかそうよう)感が強い。

 「首相の現場介入は現場を混乱させ、重要判断の機会を失し、判断を誤る結果を生むことにもつながりかねず、弊害の方が大きい」

 報告書はこう明確に指摘している。そう考えるのならばなぜ、実際に現場への過剰介入を続けた菅氏ら当時の官邸首脳による弊害の実態解明について手を緩めるのか。772人もの関係者にヒアリングを実施したにもかかわらず、報告書では政治家の問題点に言及した部分があまりに少ない。

 事故対応の最高指揮官だった菅氏は事故の最小化を実現できないどころか、原子力災害対策法に定められた原子力緊急事態宣言の発出を「技術的事項」(報告書)の細かい説明を求めて遅らせ、避難指示の遅滞を招いた。被災者が受けた種々の損害は計り知れない。

 2月の政府事故調会合では、スウェーデン保健福祉庁のホルム長官もこう菅氏らの対応を批判していた。

 「トップがすべてを判断することはリスクが高い。首相が判断を間違えても誰も進言できない」

 にもかかわらず、菅氏は今ものうのうと民主党の新エネルギー政策担当最高顧問を続けている。11日の自身のブログでは全く反省も示さず、こう堂々と自身を免責しているのである。

 「事故原因の大半は2011年3月11日以前にある。これが私の結論だ」

 また、当時の官房長官であり、「直ちに(放射線の)影響はない」などと「緊急時の広報として避けるべき」(報告書)発表を繰り返して国民を混乱させた枝野幸男氏はどうか。現在、ちゃっかり原子力行政を統括する経済産業相に就いている。

 菅氏の補佐官として、東電の全面撤退といった「都市伝説」を流布してきた細野豪志氏もなぜか原発事故担当相に収まっている。菅官邸の首脳陣は誰も何の責任も取っていない。

 菅氏は23日、「事故対応の最高責任を負う立場にあった者として真摯に受け止め、反省すべきものと存じている」と殊勝にコメントした。だが、5月28日の国会事故調の参考人聴取では、自身の事故対応をすべて正当化。「責任は国にはあるが私にはない」というのが本心なのだろう。

 畑村氏自身、報告書巻末の「委員長所感」でこう記しているではないか。

 「人間は自分が好ましいと思うものや、自分がやろうと思う方向だけを見がちで、見たくないもの、都合の悪いことは見えない」

 これはまさしく菅氏の姿そのものだ。自分がやったことはいつの間にか脳内で美化し、全部正しかったと信じ込む。一方で背負うべき責任からは目を背け、なかったことにしてしまう。

 そんな菅氏らには、婉曲(えんきょく)的な表現や修辞では何も伝わらない。報告書にはもっと率直に「あなたが悪い!」と記した方が親切というものだ。(阿比留瑠比)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月24日 06:40:01 : E35DxKZnR6
大飯再稼動もこの報告書によって再検証すべきだ。
政治家の責任とはそういうことだ。

02. 2012年7月24日 07:18:16 : JlhOElFGlE
「人間は自分が好ましいと思うものや、自分がやろうと思う方向だけを見がちで、見たくないもの、都合の悪いことは見えない」

サンケイの原発報道そのものだ。


03. 2012年7月24日 08:04:00 : QyPIyAf2ok
ただ一人原発マネーに手を染めていない菅氏に原発事故の責任を押し付ける、汚れきった人々…
3.11が人工地震だったとしたらひょっとして、初めからシナリオがあった?

04. 2012年7月24日 09:01:37 : 7LkiGXF3eg
>> 自分が好ましいと思うものや、自分がやろうと思う方向だけを見がち

マスコミや御用学者、政府、東電の見解発表です。

>> 見たくないもの、都合の悪いことは見えない

  見えないから、意見の出しようが無いので書かない。

困ったものですね。


05. 2012年7月24日 09:45:30 : sbLHE0f4jE
官僚は、菅直人氏に責任を全て押し付けることで、責任問題を片付けようと目論んでいるようだ。

最も責任が重く、取らされるべきなのは、危険極まりない原発を、安全妄想を吹聴することによって「原発を作ってしまった人たち」である。

ズバリ言えば、当時の中曽根康弘首相、自民党、通産省の官僚である。何でこの人たち全然お咎めなしなの?
何が何でも菅氏一人の責任として、溜飲を下げたいのですね。

私は、東電の逃亡を「世紀の恫喝」で差し止めた菅元首相の功績を高く評価したい。

何で、この国はゴチャゴチャグズグズ議論ばかりで、
「原発は人の手に負えない危ないもの。さっさと止めましょう。」というオーソドックスな考え方に向かわないのだろう。

菅元首相は、「脱原発派」。だからこそ原子力村から命を狙われている。いつ殺されてもおかしくない。


06. 2012年7月24日 09:47:23 : BePkWlRG86

たたかう市民は、敵を見誤ってはならない。

産経を飼育する軍事・原発財閥
四人の役割分担、国防、ミサイル、プルトニウム。

http://esashib.com/716.htm
民主・自民の幹部の中で東電原発の巨額利権と日米安保詐欺同盟の巨大軍事利権と繋がっていないのは菅直人だけである。
驚くべきことだが日本腐敗構造の利権に繋がっていない幹部政治家は菅だけなのだ。
http://esashib.com/genpatumura02.htm
しかもそのプルトニウム「平和」利用の口実として必要不可欠な敦賀の高速増殖炉“もんじゅ”もまた、同じ三菱重工が主幹製造会社であった。

この4人の進めた極秘軍事ビジネスを引き継ぐ後継者が、97年の行政改革委員長・飯田庸太郎(三菱重工社長・会長)の仕事だったのである。
河野文彦、日本兵器工業会会長。
荘田泰造、誘導ミサイル懇談会副会長。
荘田泰哉、動燃理事。
丹羽周夫、元三菱造船社長。

1964、日本原子力研究所理事長に就任。
 岡野保次郎の履歴。誘導ミサイル懇談会会長、ロケット開発協議会会長、日本原子力産業会議理事、原子力委員会参与、日本原子力普及センター理事長、経団連防衛生産委員会委員長、日本原子力船開発事業団顧問。
晩年は原子力船「むつ」の開発に執着。

四人の役割分担、国防、ミサイル、プルトニウム。


07. 2012年7月24日 10:58:29 : qO3iB0wSAU
>菅氏は今ものうのうと民主党の新エネルギー政策担当最高顧問を続けている。
>11日の自身のブログでは全く反省も示さず、こう堂々と自身を免責して
>いるのである。

>「事故原因の大半は2011年3月11日以前にある。これが私の結論だ」

ハァ? 菅氏に非があるとしたら、それは事故への「対応」にある。 事故の「原因」は長年の原子力行政が生み出したものなのなのは明白であり、菅氏のコメントはそのことに関する言及だろう。 「大半」という言い方をしているのは、「天災ではなく人災の側面が大勢を占める」ということを指している。

この記事の筆者は、それくらいのこともわからないのか?
それとも、やはり恣意的なミスリードを狙っているのか?


いずれにせよ、ジャーナリストとしての自分(達)の評価を下げる記事でしかない。 いつまで続ける気なのか? 続ければ続けるだけダメージが大きいことに、何故気付かないのか?

まぁ、広告主に対しては「発行部数」を報告して「実売数」を言わないわけだから、極論としては読者がいなくなってもいいんだろうな。 


08. 2012年7月24日 11:34:21 : rWmc8odQao
野村修也氏
「 政府事故調は、東電と規制当局に対して、「想定外とせずに想定すべきだった」と批判した。
 われわれ国会事故調は、東電とその虜となった規制当局が「想定していたのに先送りした」ことを問題にしている。同じ趣旨を述べたと報じられているが、東電と規制当局の責任を考える上で、決定的な違いがある。」
https://twitter.com/NomuraShuya/status/227585006841757696

国会事故調は「仮に事故が起きたとして、という仮定のシナリオはあった。なのに具体的対策だけをしなかった。(対策をしなかった東電が悪い)」
政府事故調は「仮に事故が起きたとして、という仮定のシナリオをつくらなかった。(規制当局が悪い)」

という整理でいいのかな…(自信ない)
どちらも、「事故が起きると想定して(仮定して)その対策も事前に練っておく」が正解だという前提があるのですね。

それに対し、安冨歩氏などは「無限にある事故の可能性の中から2、3つだけ想定して対策を打っても何の意味もない」と主張されてますね。

これはなかなか結論が出そうにありませんが、社会の中にある危険性を考えるキッカケにはなりますね。(私は「想定に意味はない」に賛成だな)


09. 2012年7月24日 13:00:57 : VH8bBu7qiE
読売新聞政治部 「亡国の宰相」
http://www.minusionwater.com/boukoku.htm
救国の宰相
http://www.minusionwater.com/kyuukoku.htm
菅首相 「(東京電力や官僚は)情報を隠している」
http://nihonch.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
3日後、菅直人首相は逆上した。同氏は東京電力本社を突然訪問し、一体何が起きているのかと尋ねた。
http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/439.html

10. 2012年7月24日 13:40:11 : ZwzKNok19M
管はしょうがないと思うよ。

最悪は豚電・不安院・デタラ目委員会だろ

福一原発を継続維持しようとしていた。
経営トップはメルトダウンなど考えてなかったと思われる。
現場はヤバいと思っていても、その為の後方支援ハ、なんにもしてない。
現場も現場だけど、東京本社も本社だろ。
厚顔無恥さは、ウソ自己弁護書でも顕著、反省文にもなっていない。
これだけの被害をもたらして、「ごめんなさい」自殺者の一人もいないのね。



11. 2012年7月24日 15:26:57 : FEC1zKK4NY
惨軽にかかると、東電の爆発時の敵前逃亡がなかったことになっている。

今年になってから、東電が「あれは、一部を残して撤退の意味だった」と
言い出して、今は”そのとき逃亡伝説が流布された”だって。


12. 恵也 2012年7月24日 15:27:47 : cdRlA.6W79UEw : eeTfXzrQsM
>> 首相の現場介入は現場を混乱させ、重要判断の機会を失し

バカかといつは!!!
現場がパニックで動けない連中ばかりになったから、仕方なしに介入したの。

最高責任者である東電清水社長は奈良に家族旅行。
勝俣会長はマスコミ関係者を引き連れて、中国旅行。

経産省の寺坂保安院長は経済学部出身のド素人。
保安院の福島原発出張員は地震の翌朝5時には、福島原発からトンズラ。
文科省職員はSPEEDIを官邸の机の上において、仕事は済んだとトンズラ。

原発に一番詳しいはずの原子力安全委員長は「水素爆発はありません」
おまけに「長期間の電源喪失は考えなくていい」と電力会社を指導する。

これでは菅直人が介入せざるを得ないだろ。
誰が責任を持って、原発を止めれるんだよ。
菅直人が脱原発に心変わりをしたからと言って、原発マフィアの産経らしい分析だ!

>> 「トップがすべてを判断することはリスクが高い。首相が判断を間違えても誰も進言できない」

間違い!
菅直人は最初、すべてを東電や斑目委員長の判断に任せてました。
ところがこいつらがまともな判断力、対処力がないのを見て仕方なしに介入したもの。

東電や官僚の判断間違いも、すべて総理大臣の責任になります。
責任者菅直人が、パニックでバカになった連中から権限を取り上げたといえる。
そのおかげで1%だけの放出で助かったんだけどね。
すべての責任を菅直人にして、原発推進を狙った政府事故調というべき。

>> 東電の全面撤退といった「都市伝説」を流布してきた細野豪志氏

東電の社長が全面撤退を官邸に頼んだのは事実。
6000人もいた福島第一原発から、無断で9割も撤退させ700人がいました。

この700人を撤退させたくて清水社長が官邸にしつこく電話を入れてたの。
必要最小限に東電は勝手に人員配置したので、ワザワザ許可を申請する必要はないよ。

この時に2号機の圧力と温度が異常に高くなり、爆発の可能性が生じたの。
東電の連絡員:武黒一郎氏はホテルに帰ってシャワー浴びて仮眠中。

海江田証言(14日午後8時)
清水社長「第一原発の作業員を第二原発に退避させたい、何とかなりませんか?」

内閣危機管理監(元警視総監)伊藤哲郎証言(15日午前3時)
伊藤「第一原発から撤退するというが、そんな事をしたら1号機から4号機はどうなるのか」
東電幹部「放棄せざるを得ません」

伊藤「5号機と6号機は?」
東電「同じです、いずれコントロールできなくなりますから」

伊藤「第二原発はどうか」
東電「そちらもいずれ撤退ということになります」
(プロメテウスの罠 P258 より:朝日新聞)


13. 2012年7月24日 15:45:37 : pPJ5gJb78A
また惨軽糞新聞がデタラメを書いておるな。

管の責任は周辺数十キロの住民、とくに子供を避難させなかったことにある。

事故および収拾の責任はもちろん東電にある。
すべてを管になすりつけようとしても無駄だ。


14. 2012年7月24日 16:39:44 : psFyuwy9Oo
「もしもあのとき」 - AGARA紀伊民報
http://www.agara.co.jp/modules/colum/article.php?storyid=232421

 もしもあの時、現場から作業員が全面撤退していたら、と考えるだけでも背筋が寒くなる。東京電力福島第1原子力発電所で起きた爆発事故のことである。

 ▼「国会事故調査委員会」がいま、連日のように当時の政権担当者を参考人として招致し、事故の検証作業を続けている。そこで証言した海江田万里・元経産相、枝野幸男・元官房長官、菅直人・元首相が口をそろえて当時の清水正孝・東電社長から「全面撤退」の申し出があったと証言した。

 ▼東京電力の勝俣恒久会長は「(全面撤退の打診は)全く事実ではない」と主張しているが、菅氏がこの話があった後、東京電力本社に乗り込んで激しい口調でしっせきしたことを「過剰介入」と批判されていることと併せて考えると、政権トップが「東電が事故処理から逃げようとしている」と受け止めていたことは間違いない。だからこそ、東電に乗り込み「撤退」を食い止めたのだろう。

 ▼菅氏はさらに、原発の規制を担う経産省原子力安全・保安院には「初期の段階で原子力の中身を説明できる人がいなかった」と説明。東電と電気事業連合会の関係を「原子力ムラ」と断定して「戦前の軍部のあり方と重なった」とも証言している。

 ▼それぞれが政権トップの貴重な証言である。この意味をしっかり点検し、総括して、今後に生かしてほしい。繰り返しになるが、あの時、現場から全面撤退していたら、と思うだけでもぞっとする。(石)

(2012年05月29日更新)


15. 恵也 2012年7月24日 19:22:58 : cdRlA.6W79UEw : l0zb4qLHog
>>13 管の責任は周辺数十キロの住民、とくに子供を避難させなかったことにある。

あんたが総理の立場だったら出来るかね。
最初の3km圏を決めたときには、斑目委員長が水を通して放出すると思ったときで
斑目委員長の進言を聞いて許可した。

10km圏は斑目委員長が水を通さないでドライ放出を考えて、想定して決めてます。
20kmや30km圏は爆発してから指示されたもの。
総理には避難区域の距離のことなんてわからんよ。

SPEEDIも教えてもらえないし、アメリカの軍の情報も官僚が握りつぶしてるし
そんな状態では、専門家の指示に従うしかないでしょう。
責任者は斑目委員長や線量の測定してた文科省の官僚でしょう。


16. 2012年7月24日 22:41:27 : Uzzt27smXI
全国民が311以降に悟った事は、
管氏の人物が総理大臣不適格という事実よりも
産經新聞が新聞じゃない、ただのクソふき紙であるということです。

産経グループのみなさまは、そこのところ(情報の垂れ流ししかできないペン取材の実力)をしっかりと心にきざんで、ウソ臭い記事を垂れ流す“報道ごっこ”を続けてください!
誰も信用していませんから。。。


17. 恵也 2012年7月24日 22:44:31 : cdRlA.6W79UEw : Yv8tCb5giU
>>11 惨軽にかかると、東電の爆発時の敵前逃亡がなかったことになっている。

敵前逃亡を必死に考えたのは東電の清水社長。
3号機が爆発し、自衛隊員を含めて11人の人が放射能にまみれて負傷し
自衛隊員や消防隊員、警察官が一挙に全員撤退したのに東電関係は
撤退できず700人くらいが置いてきぼり。

6000人も作業してた福島第一で700人は1割くらいのもので閑散としたこと
事だろうと思うけど、東電関係者も怖かったでしょう。

この700人を撤退させるには、どうしても総理大臣の許可が必要と清水社長
は判断して必死になって官邸の大臣に電話を掛け捲った訳だ。
清水社長の人格的臆病さがもろ見えになってるね。

しかし東電の敵前逃亡を菅直人の誤解にして、東電を守ろうとするのには
司令部の存在が感じられる。

サンケイをはじめとしてあらゆるマスコミが総動員で宣伝してるし、まだ読んで
ないけど政府事故調、東電事故調にも明記してあるというから清水社長が
トップの会長だった謀略組織:電事連の仕業だろう。

会長のためならと電事連の手足を総動員で、菅直人を悪者にすることで東京
電力の名誉を守ろうとしてるのでしょう。
東京電力がトンズラをしようとしたなんて歴史に残したら格好が悪い。

ーーーー引用開始ーーーー
このままだと夏の電力が足りない」と、電力会社の意見を代弁するような報道を
続けていますけど、特に、大手メディアの経済部が酷い。

彼らは日常的に経済省や経団連、電事連と癒着関係を築いていますから。
それに、素人みたいな記者ばかりなので、すぐに洗脳されてしまうんです。
「飯田はおかしな奴だから近づくな」とか。
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/703.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/483.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素25掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧