★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 103.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Chris Busby 封印された放射能の恐怖 (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/103.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 28 日 06:44:29: igsppGRN/E9PQ
 

Chris Busby 封印された放射能の恐怖
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6490332.html
2012年07月28日06:18 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


Chris Busby 封印された #放射能 の恐怖 #Fukushima #Radiation in


昨年、私は、ECRR欧州放射線防護委員会を代表して福島原発事故後に日本に行きました。

私は、大量の放射性物質が放出された危険性とその隠ぺいを人々に知ってもらいたか­ったからです。

私は講談社から、欧州放射線防護委員会のモデルの見解と、研究室でのテストの結果、私たちが発見したすべてを、日本語の本で出版して貰えないかと依頼されま­した。

この本は出版されます。もし、あなたがこれを知りたいならば、本日、7/25に講談社から出版されます。

事故による影響と、皆さんが知りたい政府の犯罪的な責任の隠­ぺいについて本に書いてあります。

この本では、入手した汚染範囲のデータを見られます。私たちは、米国大使館、および米国のエネルギー省から入手したファイルのデータを見­られます。

彼らは、汚染の拡散のほんの初期から放射性物質各種を測定していました。

彼らは、東京が汚染されていくのを知っていました。

米国大使館の屋上で計測していたから­です。

そして、データのすべてを本で見られます。

放射性物質各種の汚染が、日本の人々に与える影響がわかるでしょう。

特に東京で暮らしている人々への影響が。

なぜなら、東­京で暮らしている人々は、汚染からあまりにもはるか遠くなので、どんな健康への影響もないと、メディアによって偽って伝えられていたのです。

しかし、欧州放射線防護委員会­ECRRのモデルによれば、癌、心臓病、白血病および一般的な健康障害が起るでしょう。

この本では、さらに、福島原発3号機が[核爆発]だったという証拠が判ります。

これ­は様々な大学当局により、米国内で測定されたキセノン放射性物質各種の比率に基づいています。

隠ぺいの証拠、および核産業を守ろうとする日本政府と国際機関の双方による刑­事責任が判るでしょう。

私は健康への影響の隠ぺいについて、福島原発事故以来ずっと警告しています。

また、その時以来、私たちは、放射能放出による危険の大変多くの証拠の­断片を見つけました。

皆さんは人々が理由なく突然死したり、心臓発作で人々が死んだり、心臓発作で子供が死ぬのを見続けているのです。

私たちは、今、福島県の子どもの36­パーセントが甲状腺に腫れが検出されたのを最近の調査の結果で知っています。

皆さんは真実を知る必要があります。

また、真実を知りたければ、この本を購入すべきでしょう。

­これは一片の証拠なのです。

しかしながら、何が起こったのか、真実の恐怖なのです。

高層アパートの20階の高さに住む東京中心部の女性から、ECRRの研究所へ送られたエ­アコンのフィルターですが、建物の内部のエアコンのフィルターです。

つまり、これは建物の外部のものではありません。

そして、このフィルターの物質は、13万Bq/kgの­セシウムを示しました。

また、さらに、ウラニウム、濃縮ウランの存在も示しました。

そして、以前に言及されていない10種の非常に危険な放射性物質各種に結びつきました。

­したがって、私たちがこのフィルターの中を、どのようにして放射性物質を測定したか示します。

本当の広範囲な放射能汚染について、今、見ることができるでしょう。

ご清聴あ­りがとうございます。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月28日 08:28:37 : 9fouzH6blc
バズビー博士ありがとうございます。

02. 2012年7月28日 09:55:34 : ZoeXWCtZSw
>高層アパートの20階の高さに住む東京中心部の女性から、ECRRの研究所へ送られたエ­アコンのフィルターですが、建物の内部のエアコンのフィルターです。

>そして、このフィルターの物質は、13万Bq/kgの­セシウムを示しました。

>また、さらに、ウラニウム、濃縮ウランの存在も示しました。

本当ですか?


03. 2012年7月28日 10:15:58 : LVWnS57XWw
>この本では、さらに、福島原発3号機が[核爆発]だったという証拠が判ります。
これ­は様々な大学当局により、米国内で測定されたキセノン放射性物質各種の比率に基づいています。

これはすごい証拠ですね。
是非見てみたいな。
原子力村、原発マフィア、マスゴミ、原発推進工作員も真っ青だな。


04. 2012年7月28日 14:02:11 : ZgFZc2lY3c
>彼らは、東京が汚染されていくのを知っていました。

>米国大使館の屋上で計測していたから­です。

バスビーえらい!

日本の核推進原発推進の黒幕・真の推進者は誰かいってくれちゃったんでしょねw


05. 2012年7月28日 16:55:30 : 4wQHigiXKg
>>04

>日本の核推進原発推進の黒幕・真の推進者は誰かいってくれちゃったんでしょねw

そして、さらにその後ろにいる大黒幕が、原子力推進を狙って2006年に「国際原子力パートナーシップ」政策を掲げた原発マフィアの奥の院米国であり、今その裏工作を日本で行っているのが、これまでの軍事面からから経済面(当然、上記国家政策の巨大ビジネス原発推進も含む)にCIA予算の40%を当て、謀略工作の中心を経済面に方針転換したCIAである。


06. 2012年7月28日 17:02:51 : pPJ5gJb78A
>そして、このフィルターの物質は、13万Bq/kgの セシウムを示しました。

うわぁ。ウソであって欲しいが本当だろうな。

こりゃ、数年後には首都圏でもバタバタ人が倒れるぞ。


07. 2012年7月28日 17:17:11 : pPJ5gJb78A
ウラニウムも3000Bq/kgの高濃度で含まれているそうです。
http://www.tax-hoken.com/news_ad3Oodkrcc.html

あの4千万人避難計画はやっぱり本当だったんだと思う。

これから先、起きることを考えるのが恐い。


08. 2012年7月28日 17:58:16 : GJ61vGZoQc
誤訳があります。

(誤)
そして、以前に言及されていない10種の非常に危険な放射性物質各種に結びつきました。

(正)
そして、以前には言及されたことのない、鉛210という、非常に危険な放射性物質も見つかりました。


09. 2012年7月28日 21:20:49 : 04H74NJ0Vo
@ 以下の文を裏付ける文書。
> 彼らは、東京が汚染されていくのを知っていました。
米国大使館の屋上で計測していたから­です。

142827,3/15/11 4:55 PM,35.668333,139.743056,Yes,140.5605122,210,SSW,Gamma,Yes,0.016,mR/hr,DOE,Description: Top of Embassy Roof North East Corner;

142829,3/15/11 5:00 PM,35.668333,139.743056,Yes,140.5605122,210,SSW,Beta,Yes,0.434362934,uCi/m2,DOE,Description: Top of Embassy Roof Center;

142831,3/15/11 5:00 PM,35.668333,139.743056,Yes,140.5605122,210,SSW,Gamma,Yes,0.01,mR/hr,DOE,Description: Top Embassy Roof Center;
http://energy.gov/sites/prod/files/FieldMeasurements_DOE_1.csv

A以下のことを裏付けると思われる文書。2011年3月17日14時55分の日付のあるNRCの文書には、検出された核種と放出量が記載されている。
>この本では、さらに、福島原発3号機が[核爆発]だったという証拠が判ります。

http://www.scribd.com/doc/84738414/NRC-Fukushima-Source-Term-RASCAL-Pages-From-Ml12068a096-Foia-Pa-2011-0118-Foia-Pa-2011-0119-Foia-Pa-2011-0120-Resp-53-Partial-Group-Mmm 



10. 2012年7月28日 23:06:06 : WYzbEvMjmg
>この本では、さらに、福島原発3号機が[核爆発]だったという証拠が判ります。

ほとんどのネットで3号機の爆発の動画を見ている人は、誰一人だって、ただの水素爆発などと信じている人はいません。


11. 2012年7月29日 01:21:05 : UVbR6JJqQE
Last year, I came to Japan after fukushima on behalf of the European committee on radiation risk and I warned the people of Japan about the cover-ups and about the dangers of the enormous amounts of radioactivity that had been released. I was asked by the Koudansya publishing corporation to collaborate with one of the reporters to produce a book in the Japanese language, in which I presented the view point, the model of the European committee of radiation risk, and all of the discoveries that we had made as a result of the laboratory tests and as a result of looking at all of the data that came out. And this book is now being published, it is to be published today, on the 25th of July, by the koudansya publishing corporation. And If you want to know what’s the effect of the accident, and if you want to know about the cover-ups and the criminal irresponsibility of the government, then buy the book.


In this book, you see the leaked data on the extent of the contamination. You’ll see the data from the leaked files from the United States embassy and the department of energy of the United States. These people who were measuring the radionuclides knew right from the very beginning the extent of the contamination. They knew that Tokyo had been contaminated, because they had detected on the roof of the U. S. embassy and all of these data, you will find in the book. You will find the effects that these radionuclide contamination will have on the people of Japan, and particularly those people living in Tokyo, because you would have been told, falsely, by you media that the people living in Tokyo were too far away from the contamination to have any health effects. But there would be cancers, heart attacks, leukemia, and general ill health, according to the model of European Committee on radiation risk, the ECRR.

In this book, also you will find the evidence that the reactor 3 was a nuclear explosion. This’s based on the Xenon isotope ratios measured in the United States by various university authorities. You’ll find the evidence of cover-ups and criminal irresponsibility by both the Japanese government and the international authorities trying to save the nuclear industry.


I’ve been warning since the Fukushima accident these cover-ups and the health effects. Since then, we have seen many, many pieces of evidence of the dangers of these exposures. You’ve seen people dying suddenly for no apparent reason, people dying of heart attacks, children dying of heart attacks. And we now know, as a result of recent survey, that 36 % of the children examined in the Fukushima prefecture have lumps in their thyroid grant. You need to know the truth. And if you want to know the truth, you have to buy this book.


And there’s one particular piece of evidence that shows the true horror of what happened. There was an air-conditioning filter sent to the laboratory of ECRR here by a lady from central Tokyo who lived on the 20th floor of the flat. This is an air-conditioning filter from inside the building, so it doesn’t take any air from outside of the building. And the material on this filter shows 130.000bq per kilogram of cesium and also it shows the presence of uranium, enriched uranium, and lead 210, which’s not been mentioned before, very, very dangerous radionuclide. So I am going to show you how we measured the radioactivity in this filter. You can see, now, the true extent of the contamination in Tokyo.

Lots of people from Japan getting in touch with me ask my advice about whether they should evacuate, whether they should leave their country. I usually say, Yes, instantly, especially when they got small children, certainly get as far away as they can from the contamination.


12. 2012年7月29日 08:21:02 : p5ZVVXYcxs
>>11 は、投稿のもととなった原文です。
最後の段落は投稿に見られないので、google先生で訳しました。

Lots of people from Japan getting in touch with me ask my advice about whether they should evacuate, whether they should leave their country. I usually say, Yes, instantly, especially when they got small children, certainly get as far away as they can from the contamination.

私と接触しにくる、日本から多くの人々は、彼らが国を離れる必要があるかどうか、彼らは避難する必要があるかどうかについての私の助言を求める。私は通常はい、即座に、小さな子供がいる場合は特に、確実に彼らができるだけ汚染から遠ざかるように、と言う。


13. 2012年7月29日 10:37:40 : 5srmLieQRY
>>11
核爆発を裏付けたのはキセノン同位体の割合でしたか。
ロシアの研究者の成果を用いたのでしょう。
>the Xenon isotope ratios measured in the United States by various university authorities.

言い忘れたことがありました。CTBTOのデータも隠蔽されています。
核爆発があったことを極力隠そうとしている。これと比較すると分かります。
http://www.scribd.com/doc/84738414/NRC-Fukushima-Source-Term-RASCAL-Pages-From-Ml12068a096-Foia-Pa-2011-0118-Foia-Pa-2011-0119-Foia-Pa-2011-0120-Resp-53-Partial-Group-Mmm 


14. 2012年7月29日 17:39:52 : tN0CrBZjlk
>>12
ありがとう。英語勉強を含めて、書き起こしをしました。バスビー博士の英語は分かりやすくて、ありがたいです。ご活用ください。

15. 2012年7月30日 06:30:24 : R4MhsrpBeQ
↑ どういたしまして。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧