★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 115.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《核心》 「『使い捨て』にされる作業員 被曝線量は死活問題」 2012/07/28(東京新聞) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/115.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 28 日 17:29:10: igsppGRN/E9PQ
 

【核心】「『使い捨て』にされる作業員 被曝線量は死活問題」 
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11314110586.html
2012/07/28(東京新聞) :平和ボケの産物の大友涼介です。


=== 関連記事 =====

東京新聞朝刊に不定期で連載中〜「ふくしま作業員日誌」(片山夏子記者) http://t.co/rPhzdH8Q

==================


 東京電力福島第一原発で、作業員の線量計を鉛カバーで覆わせたり、短期雇用の人に高い放射線量の作業を担わせたりする事例が相次いで発覚した。いずれも背景に、五年間で一〇〇ミリシーベルトという被ばく線量上限の問題がある。上限を超えると作業員本人も働けなくなり、働ける作業員がいなくなれば、下請け企業も仕事が取れなくなる。廃炉への道は遠く、ますます線量の高い作業が増える。作業員らの不安を取り除かないと「事件」はまた起きる。 (片山夏子記者)

■まだ大丈夫

「あといくつ?」。

福島第一での一ヶ月余りの作業期間が後半に近づいた時、元作業員の男性は作業班長に被曝線量を聞かれた。答えると、「まだ大丈夫だね」と言われた。

作業割り当てを考える班長らの会話も耳に残る。「こいつはこれだけ(残りの線量が)あるから浴びさせても大丈夫だな」

後半、男性に割り当てられた仕事は1号機の原子炉建屋内で鉛板を運ぶなど高線量の作業ばかりだった。高濃度汚染水処理のフィルター交換の時は、ベテラン作業員と共に、汚染水を浴びながら配管と格闘。被曝線量は四十分で二ミリシーベルトを超えた。

「現場監督もベテラン作業員も線量がほとんどなかった。だから、短期の『高線量要員』が必要なのがわかった」。男性はこう振り返った。

■にらめっこ

作業員も、雇う下請け会社も、「五年間で一〇〇ミリシーベルト」の数字とにらめっこの毎日だ。

この数字を超えると作業員が原発で働き続けることは難しく、残り線量が厳しい作業員ばかりを抱えた下請企業は仕事がなくなってしまう。

長年福島第一で働く男性の被曝線量は、昨年度は二〇ミリシーベルトを超えた。同僚と高線量の作業と低い作業を調整しつつ引き受け、残り線量がなくなる事態を避けようとしたが、同僚のほとんどが年間二〇ミリシーベルトを超えた。

「すでに高線量の仕事は俺らはできない。線量は死活問題。働けなるのが怖い」

東電社員の作業員なら、線量がいっぱいになれば、火力発電所などに配置転換する道があり、生活の心配はない。しかし、零細な下請企業にはできない。作業員も下請けも抱える不安は大きい。

ある下請け企業の社長は「仕事がなくなったら、自分も従業員もどうしたらいいのか」と頭を抱える。

■受け皿

こうした不安が解消されない限り、線量のごまかしや作業員の使い捨てといった事態の根はなくならない。

廃炉まで三十年とも四十年ともいわれる福島第一では、屋外の作業はかなり少なくなり、今後は建屋内のもっと線量が高い作業が中心となる。

特に高濃度汚染水や溶け落ちた核燃料の取り出し関連の作業は、事前調査といえども相当の線量を浴びる危険を伴う。しかも、技術や経験のいる仕事が増えていく。

より必要とされるベテラン作業員たちが、正しい被曝線量を知り、仕事を失う心配をしなくていいようにすることは、政府、東電の責任でもある。ひいては、それが早い事故収束、国民の利益にもつながるはずだ。

あるベテラン作業員はこう訴えた。

「作業員は常に仕事ができなる不安と闘っている。国や東電は福島第一以外での仕事の受け皿をつくり、福島第一の収束作業をするのに欠かせない作業員が長く働けるようにしてほしい」


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月28日 19:36:25 : pgJpyWd75k
本当に、準公務員の扱いとし、医療や年金などの保障をしてあげてほしい。せめて、今後の生活の不安を取り除くことくらいは、して当然だろうと考える。、

02. 2012年7月28日 22:56:47 : Wjgt5cD3c2

 いまだに 冷却してるのか〜〜〜

 冷却なんて 意味がないのにね〜〜〜
 


03. 2012年7月29日 01:29:15 : unlrFSsDYU
>今後は建屋内のもっと線量が高い作業が中心となる。

国民を殺して、金儲けするなよ。
官僚、経団連、民主、自民、公明、共産党

この作業は、東電幹部、関電幹部がやるべきだ。

この作業は、経産省官僚、外務省官僚、財務省官僚、がやるべきだ。

この作業は、野田佳彦、枝野幸夫、福山哲朗、海江田万里、細野豪志がやるべきだ。

この作業は、原発を作った自民党がやるべきだ。


04. 2012年7月29日 08:30:37 : 4xxFwR0QNU
被ばく量が補償の基準ではなくて、解雇(契約解除)の促進量とされてるトンデモ制度。

有期雇用制度みたいなもんにされてる。

それで基準の値以下だから病気にはならん。なったとしても被曝量とは関係ない。という理屈。国が解雇・契約解除基準をつくってやってるようなもんだ。
国の基準の数字をいじるだけで彼らの収入が増えたり、被害者補償しなくてよくなったり、汚染地から子供が出られなくなったり、被害者が自殺においこまれたり。

じつは計画経済国家だったんだね

 

1Fの被ばく労働をやってる労働者が、都会のデモでハイロハイロとさけぶのをどうおもっているかを7/27官邸前で発言していた方がいた。
動画も。2分48秒ごろから
http://twitcasting.tv/kochi53/movie/5659711


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧