★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 158.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
吉田所長体調不良 緊急入院 (たむごんの白熊ニュース) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/158.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 7 月 30 日 20:05:59: igsppGRN/E9PQ
 

吉田所長体調不良 緊急入院
http://portirland.blogspot.jp/2012/07/yosidashocho-toden-taichofuryo.html
2012/07/30 たむごんの白熊ニュース


吉田所長(正確には前所長)、一時死亡説が流れた後に、生存の報道がありました。現在、体調不良で緊急入院をしたようです。お体の回復を祈願します。


▲吉田所長生存 福島原発作業員に感謝の念
http://portirland.blogspot.jp/2012/07/blog-post_5849.html
東京電力福島第1原発事故で収束作業の陣頭指揮を執り、食道がん療養のため昨年12月に退任した吉田昌郎前所長が、復興をテーマに福島市で来月開かれる出版社主催のシンポジウムに、ビデオ出演することが24日分かった。

上記の報道で生存は確認されていましたが、体調不良で緊急入院しているようです。


つぶやきまとめ
○7月26日木曜日 夕刻

○緊急入院

○脳出血

○重篤状態だが意識あり

○回復の見込みは未定


吉田前所長 緊急入院

ドラえもん
(@jaikoman)
2012/07/30 18:41:35
from Tween
吉田所長 木曜日夕刻 不調を訴え緊急入院。脳出血診断、重篤状態ながら意識ある。回復の見込みは未定。治療に専念して欲しいとのこと。
#iwakamiyasumi2twitpic.com/adf3jr


7月26日 外出先で脳出血

コアジサシ
(@mtx8mg)
2012/07/30 18:42:13
from Ustream.TV
7月26日、吉田前所長外出先で脳出血。
( #iwakamiyasumi2
live at ustre.am/pPQY)


コアジサシ
(@mtx8mg)
2012/07/30 18:42:38
from Ustream.TV
重篤。
( #iwakamiyasumi2
live at ustre.am/pPQY)


容態は安定

JF9IGD / WataruBanba
(@FantasyBanbi)
2012/07/30 18:44:24
from Ustream.TV
吉田所長。外出先で脳出血。症状は重篤なるも容態は安定。
( #iwakamiyasumi2 live atustre.am/pPQY)

吉田前所長に、福島原発事故に関連する経緯などのお話を期待すると同時に、まずは、お体の回復を祈願します。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月30日 20:15:57 : FQMaXtgMWA
東京電力は30日、福島第一原発の吉田昌郎前所長が脳出血で緊急手術を受けたと発表した。東電は「重篤だが意識はあり、生命に別条はない」としている。

 東電によると、吉田前所長は26日夕、外出先で倒れて緊急入院、その日に手術を受けた。吉田前所長は食道がんで昨年11月に入院後に手術し、退院後も治療を続けていた。
http://www.asahi.com/national/update/0730/TKY201207300509.html


02. 2012年7月30日 20:55:15 : Mg3tQasmvA
 ベラルーシ国家も独裁国家だから、バンダジェフスキー氏の主張「放射能被爆は脳細胞組織血管、心筋細胞、あらゆる循環器系、毛細血管系が病変を起こすと」の研究成果を公式には認めていないけれども、脳細胞組織血管の病変は高放射能汚染にも因り齎されると理解されるべきである。
 ところが何処かの国も、防護策は全くとらずに、医者、学者、役所、教育界、マスコミを総動員して、原発事故による高濃度被爆と病変の因果関係を特殊な場合以外は認めない国策的立場を堅持するだろうから、元来心臓の病気持ちの人がドシドシ死んでいっても、原発被爆との因果関係は裁判して認めない事態が続き、女性の平均寿命世界一から滑り落ちたのが手始めで、このままでは平均寿命が50歳を切る時代が近々到来するにいたるはずである。

03. 2012年7月30日 21:11:55 : i4gjpTqyjs
吉田前所長が緊急手術=脳出血、命に別条なし−東電
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2012073000939

 東京電力は30日、福島第1原発の吉田昌郎前所長(57)が26日夕方に外出先で不調を訴え、脳出血のため搬送先の病院で緊急手術を受けたと発表した。手術は成功し、病状は重いが意識はあり、命に別条はないという。
 吉田氏は昨年3月11日の事故発生から、所長として現場で陣頭指揮を執った。食道がんと診断され昨年11月に入院し、同月末で所長を退任。その後、自宅で療養を続けていた。
 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は記者会見で、家族の意向として脳出血時の詳しい状況を説明しなかった。医師の所見では、脳出血は食道がんと直接の関係はないという。
 東電は昨年12月、吉田氏の原発事故後の被ばく量は約70ミリシーベルトと発表。食道がんの潜伏期間は5〜10年で、放射線医学総合研究所の明石真言理事の見解として、被ばくが原因の可能性は極めて低いと説明した。(2012/07/30-20:34)


04. 2012年7月30日 22:18:38 : rjsYJEDWic
先日は、吉田元所長の写真を見ての通り、ステージVの食道がんを手術したとは思われない血色の良さに驚かされた。
手術ではなく、化学療法を選択したのかと思っていた。

がんの化学療法の副作用を抑えるために使用する薬の中には、出血、特に脳出血を起こし易くなるものがある。
一例としては遺伝子組換えヒトG-CSF製剤。
>フィルグラスチム(filgrastim、商品名グラン)、ナルトグラスチム(Nartograstim、商品名ノイアップ)、レノグラスチム(Lenograstim、商品名ノイトロジン)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%86%E7%B2%92%E7%90%83%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%BC%E5%88%BA%E6%BF%80%E5%9B%A0%E5%AD%90


05. 2012年7月31日 00:40:45 : 5tuYPXzZ0I
脳出血は被曝の影響の可能性があることを,すでに実証している論文があるのです。

放射線影響研究所が,原爆被爆者を追跡したデータセットを用いた研究によれば,
放射線被曝量が多くなるほど,出血性脳卒中のリスクが統計的に有意に高まる
ようです。当然ながら,その他要因は可能な範囲で制御されています。
査読付き学術雑誌に公表されています。

しかも,男性では,被曝量と脳卒中リスクの関係は,被曝線量が0.05Gy未満群
から2Gy以上群に増加するまで,すべて直線的な関係であり,1Gy未満群でも,
閾値のない発生率の増加を認めたそうです。したがって,低線量被曝でも,
脳出血のリスク高まることがはっきりしています。

ネット上の掲示板やSNSでは,さっそく,被曝と脳出血との関係などないと,
書き回っている人々がいるようですが,そういう人には,下記学術論文を
厳然と示してください。

被曝は脳出血リスクを高めることが,統計的に実証されており,
査読付き学術雑誌に刊行済です。

参考文献:
高橋郁乃,Robert D Abbott,大下智彦,高橋哲也,小笹晃太郎,赤星正純,
藤原佐枝子,児玉和紀,松本昌泰,
「広島・長崎の原爆被爆者の致死的・非致死的脳卒中と放射線被曝の関連についての前向き追跡研究(1980–2003年)」
日本語での要約
http://www.rerf.or.jp/library/rr/rr1113.pdf

原論文:
A Prospective Follow-up Study of the Association of Radiation
Exposure with Fatal and Non-fatal Stroke among Atomic Bomb Survivors
in Hiroshima and Nagasaki (1980–2003),
British Medical Journal Open 2012,2:e000654


06. 2012年7月31日 09:39:44 : KAgJPLOPC2
吉田元所長が口封じのために暗殺される可能性を念頭において>>04を書きました。
関係を否定しようとする意図はありません。

放影研の論文では虚血性脳卒中との関連を認めなかったのですが、ヤブロコフ博士の「チェルノブイリ」では、その関係も認めているようです。

>原爆による放射線被曝者9,515 人(男性34.8%)について、1980 年から24
年間追跡を行った。・・・対象者全体の平均被曝線量(±標準偏差)は0.38± 0.58(範囲0–3.5)Gy であった。・・・なお、男女ともに被曝線量と虚血性脳卒中には関連を認めなかった。
結論 放射線被曝線量の増加に伴い、男女ともに出血性脳卒中のリスクが増加した。
http://www.rerf.or.jp/library/rr/rr1113.pdf

>The liquidators living in contaminated territories of Voronezh Province differed from control groups also in the number of strokes (cerebral
vascular accidents) and the cases of ischemic heart disease (Table 5.3).
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf#page=84


07. 2012年7月31日 09:50:17 : KAgJPLOPC2
>>06
間違いました。訂正します。正しくは、出血性脳卒中と虚血性心疾患です。

08. 恵也 2012年7月31日 09:53:55 : cdRlA.6W79UEw : vdQ1uxABKo
>>02 原発事故による高濃度被爆と病変の因果関係を特殊な場合以外は認めない

認めなかった先生はアメリカ軍なんだよ。
広島や長崎に原爆を落とし、放射線被曝での悪影響はないと研究させなかった
のは占領軍で、研究成果や被曝調査資料は全部、アメリカに持って帰りました。

今の日本の政府にもアメリカ軍に協力した研究者系列の人が入ってるから
仕方のないことかも知れん。
責任者だったグローブス将軍が原爆の情報操作指針を残してます。

・残留放射能はきわめて少ない。
・通常火薬と同じとする。
・放射能は安楽死。
・時間さえあれば全快する。
・100万人の命を救った。

原爆傷害調査委員会(ABCC)へのトルーマン大統領命令で放射能の
長期的影響は1975年まで機密指定がなされました。
まあアメリカ軍に比べたら日本政府は良くやってるよ。


09. 2012年7月31日 14:30:20 : UbA8JNyq16
報道特集で『はだしのゲン』の作者のお母さんが亡くなった時、アメリカが『内臓くれ』って言ってきたって言ってましたね。

10. 2012年7月31日 15:39:21 : otUzYi8jgM
以前は脳卒中と云えば脳出血であつた。それは栄養状態が悪かつたからで、現在は蛋白質を充分摂取しているから、殆ど脳梗塞である。しかるに吉田氏が脳出血とは、かなり血圧が高かつたのか、或いは被曝の影響なのか?

11. 2012年7月31日 16:01:08 : k3uFuPtct6
放射性物質でやられているので何でもありだろう。最後は多臓器不全。

12. 2012年7月31日 17:42:37 : mFQDFBUbIk
頭の具合は放射線治療を受けている患者そのもの。

その放射線がガン治療によるものか福島原発事故によるものかは断定できないが放射線の影響を大きく受けていることは間違いなさそう。


13. 2012年7月31日 20:20:37 : RQpv2rjbfs
どうあっても因果関係を認めるはずがないですね。結論が先にある原子力行政と同じ構図です。まちがいなく労災だけど、絶対労災にはしない。

ところで吉田所長はなぜ起訴されないのだ。少なくとも書類送検はするべきだ、そうしないなら人災なんて言うな。快癒を願う、お大事に。


14. 2012年7月31日 21:01:11 : LyhKCFI4gU
トーホク大の山下。

放射能が身体に良いのなら ドーして こんなことになるの?

はっきりと説明せい!!


15. 2012年7月31日 23:20:28 : CXit8maYyw
指揮官として、一番奥の院で、放射線被害の一番少ない
場所に常勤していただろう事は、素直に想像出来るが、
それでもこの結果。

今後ますます増えて行くであろう、放射線の被害を国は
直接関連性を認める事はできないとして、多くの被害を
生むであろう。

バスの運転手は逮捕されても、誰もが被害者ヅラして
反省のかけらも見えぬ東電と政府を許してはならない。


16. 2012年8月01日 01:41:29 : SH17di5U5A
放射線の影響で血管がもろくなることは当然考えられる。
放射線の影響は、DNA直接損傷とともに、体内水分の強制電離による活性酸素(とくにラディカル)発生が大きい比重を占める。この活性酸素もDNAを損傷するが、それ以外に、体内物質の強制酸化を通じて、免疫低下、老化促進をはじめ多くの病因になることが明らかになり始めている。
血管壁を脆弱化することも、その代表的な作用の一つなので、脳出血の可能性も高まって不思議ではない。
ただし、活性酸素発生が引き起こす様々な疾病・障害は、他の原因による活性酸素の害と疫学上は区別がつかない。
この点は、ガンも同じだが、活性酸素が引き起こす広範な病状は、統計的な把握がガン以上に難しい。
そのため、原子力村は、しらを切り続けるつもりで、放射線の害が甲状腺ガンだけだと言い逃れる御用学者も多い。
チェルノブイリ事故でも報告されているように、放射線の恐ろしさは、ガン、遺伝障害にかぎらず、体中を損傷し、子どもであれば生涯の健康を奪ってしまうことにある(これがどれほど悲惨なことか)。
避難、疎開の面からも、補償の面からも、原子力村に対する一層の闘いが必要。 

17. 2012年8月01日 06:57:27 : WOtQUFuDAc
>>06の英文、グーグル先生で翻訳し、日本語を少し修正しました。

The liquidators living in contaminated territories of Voronezh Province differed from control groups also in the number of strokes (cerebral
vascular accidents) and the cases of ischemic heart disease (Table 5.3).

ヴォロネジ州の汚染地域に住んでいたリクビダートル(チェルノブイリ原発事故の処理作業者)
は、脳卒中や虚血性心疾患(表5.3)場合における人数において、対照群と違いがでた。


18. 2012年8月01日 08:45:50 : Ku3GLwzojw
やはりバチが当った!全ての原発関係者にバチが当たりますように!祈念!

19. 2012年8月01日 08:54:51 : UR7CdS5DNU
>>18
言いすぎです!責められるべきは、原発を54基も作り続けた自民党政府と、それを受け入れ巨額の利益を得ているのに、補償金を渋る東電はじめ、既得権を守ろうとする電力会社幹部でしょう。下っ端は、食べるためには背に腹は代えられないのでは?

20. 2012年8月01日 09:02:02 : K0Zy0zqz6Q
吉田所長の脳出血や食道がんが,労災認定されるか,という点は,
今後起こりうる疾患の補償を誰がどれだけ負担するかという,重大な問題です。

なお,労災認定されれば,その治療費は療養給付というかたちで
労災保険から拠出されます。その財源は,人を雇う全事業主が加入し納付して
いる(ことになっている)労災保険料と,税です。

さて,現在の労災認定基準は,旧労働省労働基準局長通達の
「電離放射線に係る疾病の業務上外の認定基準について」
基発第810号昭和51年11月8日
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/09/dl/s0909-11c.pdf

急性障害を除くと,労災認定されるのは,

2 慢性的被曝による電離放射線障害
慢性放射線皮膚障害,放射線造血器障害

3 電離放射線による悪性新生物
・白血病
・外部被曝によって生じた皮膚がん,甲状腺がん,骨の悪性新生物
・内部被曝によって生じた肺がん,骨の悪性新生物,肝及び胆道系の
 悪性新生物,甲状腺がん

4 電離放射線による退行性疾患等
白内障,再生不良性貧血,骨壊疽・骨粗鬆症,その他身体局所に生じた線維症等

です。食道がんや脳出血は,現在の基準では含まれていません。

ですので,今後労災認定の申請が行われた場合に,厚労省がどう判断するか,
訴訟になるかです。これは,下請け従業員にもすべて適用される基準です
ので,今後大きな社会問題になるでしょう。


21. 2012年8月01日 10:50:34 : HH0BG0NF6g
>>19
津波対策は彼自身が本社時代に蹴ったのだったと思いましたが。
バチと言うのはちょっと酷いかも知れないけど、因果応報的な所は有るでしょう。

22. 2012年8月01日 13:00:53 : MOmQ35pfqw
21様
地震と津波での初期段階での吉田所長の判断ミスが大事故につながった!
ってのもあります。

吉田所長をマスゴミが最初持ち上げた(青山繁晴だったっけ)
ってのは東電擁護の姿勢だったのでしょうね。



23. 2012年8月01日 17:10:00 : pIAVxspytE
事故後暫くして単独インタビューで喋り過ぎた直後、退任と云う形で左遷された感じがあるな
放送含めて粛清人事に利用して結束を強める、孫崎氏の仮想雇い主アメリカを盾に
権益の暴利をむさぼっている今の原発ムラのやり方まんまだな

24. 2012年8月01日 22:57:17 : BX2fXJi82s
私が福井県の美浜原発で勤務してた時の安全基準は0.4msv/hで全面マスク、1msv/hで作業中止して防護区画へ即退避でした。
当時は1msvが年間被曝量の最大値でしたので、当然です。
いつのまにか、暫定基準値という殺人基準値が設定されてますが、命の保証は有りませんよ。
現在の福島周辺や東北関東のホットスポットになってる所に住むくらいなら、普通に稼動している原発内部で働いてる方が遥かに安全です。

これは飽くまでも、外部被曝だけを想定した対策ですから飲食物から直接体内に汚染物質を取り込めば、確実に死亡する確率は摂取量や体重に比例して高まります。

また、大人や高齢者は影響が少ないというのも全く医学的な根拠が無い都市伝説です。現に発電所で働いているのは全員大人ですし、高齢者もおります。

もしこれを非難を検討してる人が読んでいたら参考にしてください。
今まで1年4ヶ月にただの一度でも原発内部で働いている人の意見や話が報道されましたか?
ただの一度も、発電所の敷地にすら入った事の無いキチガイ博士がメルヘンの世界のお話をしてるだけではありませんか?


25. 2012年8月02日 06:17:57 : Oe3MN25Ugg
>>20
>吉田所長の脳出血や食道がんが,労災認定されるか,という点は,…重大な問題です。

たしかにそうですね。吉田所長本人は、「ガンが発見された前の年の検査では何の徴候
もなかった」と雑誌のインタビューで答えていて、暗に事故による被曝と匂わせている
なと思ったのですね。

彼は70ミリシーベルト被曝していた、とも語っていたので、このくらいの被曝量が
ガンなどの悪影響が目に見えてくる量とも感じていたようなのです。原発関係者は
とうぜんその方面の知識があるはずですから。全員ではもちろんないが、ぽつりぽつり
とガンが出始める線量なのだとおもいます。

吉田所長が労災を訴えたとして、東電側は絶対に阻止しようとするでしょう。裏交渉も
あるはずです。しかし、一般作業員、職員にガンが頻繁に出始めたら、それは社会問題に
なるし、作業員のなり手もいまの給与ではなくなってしまうでしょう。

>>24
>私が福井県の美浜原発で勤務してた時の安全基準は0.4msv/hで全面マスク、1msv/hで作業中止して防護区画へ即退避でした。

なるほど、こういうことに触れない報道は悪いですね。24の意見はこれ以外もどれも強く
参考になるものです。


26. 2012年8月02日 20:51:40 : tX9VElB8pk
吉田所長死亡というのはデマだったのですね。放射能による病気というのもデマにならないですか。

27. 2012年8月03日 06:08:06 : Od0xMWERSo
↑>吉田所長死亡というのはデマだったのですね

吉田所長死亡のデマは工作員が流したと思いますね。ネット上の情報の信頼性を
失わせようとする工作です。

放射能による病気説は根拠のある推定ですから。これから、同様の例(作業員とかの
ガン)が聞こえてくれば、いっそう信頼性があがってくるでしょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧