★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 182.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「人間の鎖が日本の国会を取り囲んだ」(DW English、 RFIの記事より)
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/182.html
投稿者 無段活用 日時 2012 年 7 月 31 日 21:35:43: 2iUYbJALJ4TtU
 

(Anti-nuclear protesters encircle Japanese parliament: DW English)
http://www.dw.de/dw/article/0,,16130385,00.html


picture


原子力

反原発抗議者たちが日本の国会を取り囲む



日本のデモ参加者たちによる、最新の反原発抗議行動があった。その集会は、去年の福島の大事故以降、国内の反原発感情が高まりつつあることを反映している。

日曜日の夜、数千人の反原発抗議者たちがキャンドルや灯火を手にして、暗闇に沈んだ日本の国会を取り囲み、人間の鎖を作った。

これに先立ち、約10,000人のデモ参加者たち−中には、ガスマスクを付けたり、白い防護服を着た人たちもいた−が、「原子力要らない」「原発止めろ」などのスローガンを叫びながら、日本の首都・東京の市街地を行進した。

日曜日の抗議行動では、福島の事故のために止められた国内50基の原子炉のうち、2基の再開を野田佳彦首相が決定をしたことへの、民衆の怒りが改めて表現された。

野田氏は、国民の生活水準を維持させたいと語り、電力不足の可能性を再開の理由として指摘した。日本はずっとエネルギーの30%を原発から得ていた。

世論調査の結果では、国民の過半数が原子炉の再開に反対している。

集会と時を同じくして、南西部・山口県の知事選挙で、出口調査の結果から、反原発を積極的に主張する候補者が落選したと、メディアが報じた。

飯田哲也氏は、日本が2020年までに原子力を放棄するようにしたいと訴え、地元の新たな原発建設計画に反対していた。同氏を破った候補者は、政府のエネルギー政策により協力的だ。


picture

福島の事故のために、夥しい人々が避難を強いられた


定例化したデモ

東京ではこの数カ月、数万人の参加者による首相官邸前での抗議行動が毎週見られる。今月、今回に先立って東京西部で開かれた集会では、17万人もの人々が集まったと主催者は語った。

去年の事故についての政府調査委員会報告が、日本の当局者と損壊した福島原発の運営者は、「原子力安全神話」を信じて、核物質による事故の危険性を無視したとの結論を出してから、今回の集会は1週間も経っていない。

国会による別の報告は、福島の大事故が「人災」だとして、発電所運営者・政府・規制当局が協力せず怠惰であったと非難している。

2011年3月11日、巨大な地震と津波により、福島第一発電所の冷却施設が損傷し、このため、炉心がメルトダウンを起こし、放射能が環境に放出された。

発電所運営者の東京電力(TEPCO)は、予知不可能なほど大規模な自然災害だったと語り、責任を認めていない。

tj/ng (Reuters, AP, AFP)

7月29日



-----------------------------


(Japon: les anti-nucléaires manifestent par milliers à Tokyo: RFI)
http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20120729-japon-anti-nucleaire-manifestent-milliers-tokyo-yoshihiko-noda-tepco


日本/原子力−記事発表:2012年7月29日日曜日−最終更新:2012年7月30日月曜日

日本:東京で数千人の反原発デモ

記者 RFI


picture

2012年7月29日、東電近くでのデモ参加者。
REUTERS/Yuriko Nakao



7月29日日曜日、数千人が東京の街路をデモ行進し、日本国民は脱原発の意思を表した。また、その象徴として、今回の記念に、デモ参加者たちは人間の鎖を作って国会を取り囲んだ。

日本では、福島第一発電所のことがいまでも話題にのぼる。この6月、野田佳彦首相は原子炉2基の再始動を決めたが、これにより抗議はさらに大きくなった。数日前、政府と事故を起こした発電所の所有者・東電を強く非難した報告書が発表され、今回のデモに影響を与えた。

緑の党の外国担当、ジャニック・マーニュ氏もデモに参加していた。同氏は、風向きがもうすぐ変わるかも知れないと考えている。「政府中枢にも、事態の深刻さに気づき始めた人々が出てきた」と、同氏は語る。「政治家たちの足並みが乱れたことにより、野田佳彦首相が少し尻込みし始めた感じだ。さらに、ほぼ1週間前、鳩山元首相も、原発は日本に向いておらず、地震対策の上からも非常に危険だとして、原発反対を明言した。私の考えでは、政府の首脳たちは、人々が本気で原発停止を強固に求めていることに気づきつつある。」

反原発デモが衰えていない最近の証拠として、政党・緑の党がこのたび創設された。同党は、政府に圧力をかけられるよう、次回の国政選挙に参加する意向を固めている。


----------------------------------------


(投稿者より)

上は、ドイチェ・ヴェレの英語サイトに掲載された記事です。

下は、RFIサイトに掲載された記事です。「緑の党」ですが、"Les Verts du Japon"と記事にあります。英語名称は"Greens Japan"でした。念のため記しておきます。

誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。

参加者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月31日 23:41:45 : dp04cB8cHQ

>>。ヨ人間の鎖が日本の国会を取り囲んだ」

たたかいの決意を秘めて路上に踏み出して行く市民がいま歴史を作る。
挑発や分断策謀を恐れずに前進しよう。

原発と改憲の悪徳人脈
http://esashib.com/kenpo04.htm
原子力開発予算を推進する中核を占めたのは恥知らずな改憲派議員だった。
最初の原子力予算案の趣旨説明を行った稲葉修は、のち自民党憲法調査会長として70〜80年代の9条改憲論の束ね役だった。
中曽根康弘は現在も憲法制定推進議員同盟会長として改憲の旗を振っている。
軍需経済に飼育され骨の髄まで腐り切った改憲派の政治屋が福島を、日本を放射能で破壊したのである。

http://esashib.com/716.htm
1964、戦後解体されていた三菱日本重工、新三菱重工、三菱造船が合併、三菱重工の復活。

合併した三菱重工三社の代表者は、プルトニウム・ミサイルの製造支配力を確保する為、それぞれが次のような分野を担当した。
三菱日本重工の社長だった河野文彦(こうの ふみひこ)は、日本兵器工業会の会長。
新三菱重工の副社長だった荘田泰蔵(しょうだ たいぞう)は、誘導ミサイル懇談会の副会長。
その息子の荘田泰哉(しょうだ やすや)は、動燃の理事(プルトニウムを利用する高速増殖炉の建設推進を担当)。
三菱造船社長だった丹羽周夫(にわ かねお)は、日本原子力研究所の理事長に就任した
また、3社が解体される迄の三菱重工社長で、解体時に代表清算人を務めた岡野保次郎は、誘導ミサイル懇談会とロケット開発協議会の会長の他、日本原子力産業会議の理事、原子力委員会参与、日本原子力普及センター理事長、経団連防衛生産委員会の委員長、日本原子力船開発事業団顧問、となった。

彼ら4人の役職業務は、国防とミサイルとプルトニウムであった。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧