★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 270.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フランスのホテルのスリッパ  武田邦彦 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/270.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 04 日 12:45:12: igsppGRN/E9PQ
 

フランスのホテルのスリッパ
http://takedanet.com/2012/08/post_de78.html?tw_p=twt
平成24年8月4日 武田邦彦(中部大学)


2012.08.04 武田邦彦 フランスのホテルのスリッパ


原子力の研究で良くフランスに行っている頃だった。ホテルに行くとどこでもスリッパがおいていない。このことはフランスばかりではないが、パリのホテルは宿泊代が高いので有名で、若い研究者が泊まるような安ホテルでも当時2万円、3万円として財布はいつも大変だった。そんなホテルでもスリッパ一つおいていないのだから、これは単なる節約の問題ではなく、正しく置いていないのだ。

部屋について着替えをし、シャワーに入ってさっぱりする。なんと言っても長旅のあとは何かからだがベトベトしているので、シャワーに入らないと次の行動に移る気がしない。

私は日本人なので、シャワーを出るときには念入りに体を洗い、どこにもシャンプーの泡がついていないかを確認する。かつてアメリカの大学の寄宿舎に泊まったとき、アメリカ人が体についている泡を流そうともせずにタオルでふいているのを見てびっくりしたことがあるけれど、ずいぶん、違うものだ。

それはともかく、シャワーからでようとするとスリッパがないことに困窮する。下着を着るためにはベッドまで行かなければならないが、その前に先ほど汚い靴で歩いてきた絨毯が横たわっているのである。

それは日本からの長旅で、ヒコーキの中のトイレも決して綺麗とは言えなかった。その靴で歩いた絨毯を綺麗になった素足で横切ることができないのだ。

かくして私はつま先立ちになり、小走りでベッドまでたどり着くと、ゴロッとベッドの上に身を投げ出し下着を着ける。いやはや面倒なものだし、みっともない。

余りに不思議なのであるときに欧米人に質問したことがある。「ホテルにスリッパがないのですが、シャワーを出た後、どうしているのですか?」私のこの質問に対して、意外な質問を返された。「えっ?!足の裏のばい菌がなぜ膝まで上がってくるんですか?」

私は絶句した。もぐもぐ・・・もぐもぐ・・・。確かに絨毯に上を歩いてもばい菌は足の裏にしかつかない。それが膝まで上がってこないと病気にはならないだろうけれど、どうしたら膝まで上がってくるかを説明するのは至難の業だ。「えーと、ベッドで・・・」などとかなり凝ったことを考えなければならない。

・・・・・・・・・

フランス人に限らず欧米人は日本から見るとなかなかやっかいな人たちで、なにしろ理屈っぽく、プライドが高い。一筋縄ではいかない。その点では日本人は「まあまあ、なあなあ」だから非科学的なことでも、非論理的なことでも堂々と通ってしまう。

今回の原発事故がフランスではなく日本で起こったのは、単にフランスには地震や津波がなく、日本は震度6以上の地震に見舞われるからということだけではなく、もっと基本的な民族の論理性などに原因がある。

たとえば、1年に4500億円もある原子力予算をあれほどの事故が起こっても福島の救済にまったく使わない。予算の6分の1、700億円を出せば、汚染された食材をすべて買い上げて農家、漁師を助けることができるのに、「汚染された食材を子供に食べさせて福島を助けよう」と言うような論理になる日本とはかなり違うような感じもする。

今、原発の安全性議論や将来のエネルギー選択の話を聞いていると、まさに情緒的日本を感じる。これでは原発のような超論理的技術は無理かも知れない。ちなみに「日本の原発技術は優れている」というのは原発の全体システムではなく、概念の要らない個々の原発部品の性能が良いということである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月04日 13:12:07 : 5mwaAUZkCc
部品は確かに優れている。
プラント全体を見渡せるゼネラリストは、国内では3人くらいだろう。
工業都市計画をやれる人は、ゼロだ。
だから、日本は核廃棄物の処分は出来ない。行き当たりばったりに、ゴミ捨て場を増やしていくしかない。東電、政府、メーカー、ゼネコンとしても、金儲けしかやりようがない。
技術がなければ、モノを右から左に動かして、金を生み出すしかない。日本が核の墓場になる理由のひとつだ。
なかば放置された核のゴミ置き場が、点在する街や村で、人々は暮らしている。
今後、核廃棄物は増える一方だ。
計画性もなく、行き当たりばったりに作られた東京という都市は、確かに機能しているが、行き当たりばったりに作られる核廃棄物処理処分地帯には、住まないほうがよい。

02. 2012年8月04日 13:14:59 : GArtnrIyUs
彼らには原子力過酷事故も、普通の日本人から金をふんだくる口実になるのです。
天皇制そのものが、そのような収奪機構なのです。
明治維新から第二次世界大戦、最近の福島原発事故まで、金太郎飴のように
何所を切っても同じ顔が現れるのです。

03. 乃依 2012年8月04日 13:24:44 : YTmYN2QYOSlOI : 0bvFYDlsCU
フランスを買いかぶりすぎだと思う。
あちらでも原発労働は理不尽を極め社会問題となっている。
原子力にははじめから正当性などなかった。

04. 2012年8月04日 16:32:36 : pPJ5gJb78A
日本の部品が優れているというのはウソ。

三菱重工製蒸気発生器の1万5千ヶ所に問題
米原子力規制委 サンオノフレ原発
http://n-seikei.jp/2012/07/post-9919.html

フランスも危機一髪という事故をいくつも起こしているので、日本と大差はない。

原発自体が根本から欠陥商品だから、どこで誰が設計しようと運転しようと同じ。
いつかは大爆発する。


05. 2012年8月04日 17:46:07 : S9W73TNkbo
現在旧帝大卒業者の能力が明らかになりつつある。

馬鹿がえらそうに騙していたわけ(他人の成果を盗むことにたけていたな)、

優秀な技術者は役員になれなかつたな。


06. 2012年8月04日 17:55:01 : 4wQHigiXKg
>>03

>フランスを買いかぶりすぎだと思う。
あちらでも原発労働は理不尽を極め社会問題となっている


武田氏は、そういう社会的、経済的問題の有無屋優劣を論じてるわけではない。
武田氏の論点は、

「厳密な科学的合理性で成り立っている原発では、徹頭徹尾科学的・合理的・論理的思考で扱えるか否かで原発の運命が決まる。西洋人はそのような合理的思考(私に言わせれば、事柄のあるべき姿を捉える抽象的思考がさらに大事)が普段から身に付いているが、日本人は事情論や情緒論でしか物事を考えられない傾向が極めて強く、西洋人のような思考がほとんど出来ない国民性だ。
それが今回の大事故の根底にある最大の要因だ。」

ということ。つまり、ミッドウェーと同じ考えだからダメということ。

ミッドウェー大敗戦の正確な戦闘記録と敗因分析により最重要な太平洋戦史と言われ、名門ウェストポイント陸軍士官学校の教本になった、共に連合艦隊参謀の淵田美津夫・奥宮正武共著による「ミッドウェー」という名著。この中の敗因分析の項で、レーダーの不備や情報戦の軽視など戦術面、戦略面の様々な即物的な敗因を述べたうえで、それら数々の敗因作った究極的な要因として次のように述べている。かいつまんで言えば、「何事も合理性を欠き「希望と現実」を混同する軍部及び情緒的で熱しやすく冷めやすい日本人の国民性」である。

その国民性が今日まったく変わっていない。この度の敗戦の悲劇から何一つ学んでいないのだ。

60年前の分析にもかかわらず、隅から隅まで今回の原発事故にぴったり当て嵌まることばかりで極めて今日的な問題を孕んでいる。なので少々長いが全文引用してみる。

なお、この本の本質は戦記物ではない。ダメな思考形態や慢心した油断がいかに致命的な大惨事を招くかという本であり、戦闘という極限状態のため問題点が一層際だって浮かび上がり非常に判りやすい。今日のダメ社会ダメ政治を見抜き過ちを繰り返さないためにも、大変役立つと思うので是非原本を読むことをお勧めしたい。

「ミッドウェー」から引用
__________________________

こうして敗因を分析してみると、思い当たることは、これらの敗因がわが国民性に直結していることである。
 いま、敗因を分析して検討してみれば、もちろん兵術上の数々の戦訓を見いだすことができる。しかし戦争を放棄した日本にとって、今後この戦訓を再び戦いに活用することはないであろう。
 だからといって、回顧するのも不愉快な過去の戦争のことなどについては、耳を覆い、目を閉じ、口をふさいで、闇から闇へ葬っていいわけのものではない。敗戦とは天文学的に高価な代償の所産である。その敗因を徹底的に分析することは、日本国民として、まことに心の痛むところであるが、これについて逃避的であってはならない。真実を掘り起こし、その因果を見極めて、今後のわが国のあり方についての貴重な教訓としなければならない。
 ここに敗因を分析する意義がある。そしてそれは単に兵術上の原則やエラーをさぐることではなく、わが国民性への反省でなければならない。
 この立場に立てば、ミッドウェー海戦は、わが国民性の欠陥を、見事にあばきたてた戦いであった。これまで述べてきた数々の敗因には、その根底にことごとくわが国民性の欠陥が潜んでいる。合理性を欠くわが国民性は、やることなすことが行き当たりばったりでき相互の間に理屈が合わない。セクショナリズムの国民性は、ものをみる視野が狭く、やることが独善的である。因襲から容易に抜け切れない国民性は、気がついても、ただちに一八〇度転換の進歩的革新を行うことができない。熱しやすく冷めやすい国民性は、すぐ思い上がって相手を見下げる。かと思うと自主邁進の気迫に乏しい日和見的な国民性は、他力本願になりやすく、卑屈な事大主義ともなる。合理性を欠くために、希望と現実を混同して、慢然とことに臨み、敗れてのち、初めて名論卓説を述べる。
 数えたてればきりはないのだが、事実これらの国民性の欠陥が、ことごとく圧縮されてこのミッドウェー敗因に現れている。
 個々の戦士や部隊の、称賛に値する努力も犠牲もなんら報いられるところはなかった。大の虫を生かすために小の虫を殺すということは知っていても、それを具体化する研究も訓練も積まれていなかった。つまり団体としては未完成だったのである。
 これが日本の国民性の欠陥である。そしてわれわれの不幸の原因はここにあった。
_____________________


07. 2012年8月04日 21:17:23 : DEilPjJQQ2
>>03
> あちらでも原発労働は理不尽を極め社会問題となっている

日本ほどじゃないと思いますね。
もともと国営だったのが、メンテの部分が民間に移管されて悪化したという論調ですね。
マフィアが関わってるとか、原発労働者の健康に関する網羅的な統計が存在しない
というのはフランスはもとより、韓国より遅れてる感じがします。


08. 2012年8月04日 21:24:12 : VHU2r8VcPA
04.
経済設計の範疇を踏み外した狂気のコストカット、日常的に行なわれている設計図書の改ざんが原因で、部品が悪いわけではありませんよ。

09. 2012年8月04日 22:00:41 : k3uFuPtct6
フランスは王様と王妃でさえギロチンにかけてしまう国だよ。そんな国で原発を爆発させようものなら自分がどうなるか原子力関係者はよく知ってるであろう。

10. 赤かぶ嫌い 2012年8月05日 04:06:07 : riSwZGVGH6XmM : BOstKtaWKs
正確にいうと、世界的に見てスリッパおいてるホテルは少数派である。

日本のホテルがガラパゴス。


11. 2012年8月05日 07:24:55 : HnROcs8hyM
スリッパは皮膚病感染のもと。客が変わるたびに消毒すれば別だろうが。
そうでなければ、スリッパなしのほうが安心です。

ところで、武田氏はかって、枝野の発言(100メートルの津波がきたら耐えられる
原発はない)を聞いて、「多重防護理解していない不見識な発言だ」と口をきわめて
ののしった。が、多重防護がうまく機能しなかった、そもそも事前にすべての事態を
見通せないのが人間であるというのが、福島の原発事故の教訓であると、武田氏は
理解しておられないようだった。

欧米のような論理を貫徹すれば、安全な原発も可能とみている。それが武田氏の
本投稿の裏の意味である。が、論理を徹底した欧米では、人間の論理では複雑な
システムを見通すことは不可能である、という考え方が普通になっている。

まだ、そこまで武田氏の考えが進んでいないのか、知らんぷりをしているのかは
わからないが。


12. 2012年8月05日 10:29:08 : FYwJ1m2DsW
良い意味での日本式(配慮徹底の精神)は日本の宝です。
売るべきものはこれしかありませんし、この精神に支えられた技術・製品でなければ日本製であるとは言えません。

目先の金の算段で右往左往などは、先行き崩壊確定であり、組織が巨大であるほど周囲を巻き込んで全てを駄目にする構図がありますが、大概にして進む方向を180度転換しなければなりませんね。


13. 2012年8月05日 10:50:29 : ppyfPYLcJU
■核廃棄物の処理技術が確立されていない状態で日本の「原発密度」は異常だ。

原発は米国、フランス、日本の順に多い。

しかし米国、フランスは国土が広大である。

日本は米国、フランスと比べるとはるかに狭い国土である。

しかも、山間部がほとんどの地形で、なおかつ世界一の地震大国だ。

このような前提で考えると日本の「原発密度」はとても常識では考えられないレベルなのだ。

米国の意向もあり一部の利権屋(原子力村)が強引に、あるいは国民をだましながら進めた国家としての自殺行為のようなものだ。

フクシマなども「原子力で長生きする」とか宣伝していた利権政治屋・渡部恒三などのお導きで結果的に今日の事態を招いた。逆に寿命が縮んだのだった。

誰かが「三発目の原爆」と言っていたが、ほぼ無防備で膨大な核廃棄物を貯蔵している原発は国防上も大問題であり、「むき出しの原爆を身体中に抱えている」ようなものだ。

原発はコストが安いと宣伝してきたが嘘だ。
廃棄物の処理コストも事故のリスクも正しく見積もられていない。

また、ライフサイクルの最後の廃棄物処理の技術が確立されていない原発は、循環型社会の理念に照らしても排除すべき製品と言える。

このように技術的に未完成の原発を大量導入してきた国民不在の政治をこれ以上続けてはならないということだ。


14. 2012年8月05日 10:55:33 : JlhOElFGlE
過酷事故が起ったら、そのとき対処方法を考えよう、というスタンスだったのよね。

だからヨウ素剤も配れなかったし、SPEEDIも役立たなかったし、風評被害も防げない。
除染すれば何とかなるんじゃないかと、勘違いする。
犯罪者として糾弾されるなんてことも思ってもみないんだろう。

スリッパが無いのが判っていれば、持参すればいいのに。
シャワーを浴びた後になって、ジタバタする武田って、まったく同じ、日本人には原発は無理だわ。


15. 2012年8月05日 13:08:44 : J6FmYukRZ2
とかく水周りで欧米と大きな差があるのは、日本の水環境の豊満さが
世界的(特に欧州)には逆に異常であることがある。
体を水ですすがないどころか、食器だって泡をふきんでふき取っておしまい。
シャワーなんて贅沢で、できるだけ最小の水で済ます。
風呂に入るなんてブルジョアだけができるエゴな贅沢。

地震の有無も逆に大きな環境差で、有史以来ちくりとも揺れたことの無い国と
体感地震が日常の国じゃ大違い。

レンガを積み上げたような建造物だらけで、一切の柔軟性など考慮されてなくて、
逆に自重で倒壊してしまう建造物が多いことなど地震多発国では到底考えられない。
そういった配慮が本来日本人には持ち合わされているはずなのに、こと原子力界
では異文化の欧米に追従して建造されていった。
むしろ反省すべきは国民の安全を捨て去るほどの欧米隷属の国民性だ。


16. 2012年8月05日 17:22:33 : r1lsZIRZvM
日本より原発技術の高いフランスでさえ高速増殖炉フェニックスの度重なるトラブルで高速増殖炉はやめた
日本だけがプルトニウムを使うきわめて危険な高速増殖炉を未だ動かそうとしているのだ

青森六ヶ所村の再処理工場にもフランスが技術供与しているが欠陥設計欠陥工事で
再処理不能
動かない高速増殖炉と欠陥再処理工場に税金30兆円が注ぎ込まれ
天下った税金泥棒鬼畜バ官僚の給料ボーナス退職金として消えて行っているのだ


17. 2012年8月05日 18:00:51 : bkH6wFaqxQ
まさに西欧文明(キリスト教)と日本の東洋思想(アニミズム&儒教+禅思想)の差を例えている。

日本は結果よりプロセスを重視する。

例えば納期や予算に合わせる。図面のコンセプトが間違っていてもその通りに仕上げる。

西欧は人権(休暇や労働条件など存在権や生活保障権など)の方が納期やお金より大事。

日本は逆。人権より納期やお金優先。

契約社会だけど初めに言葉ありき、言葉は神の一部というヨハネ福音書じゃないが、言葉を重視する。(契約は言葉による絶対的存在)

あとミッドウェーの戦略は愚の骨頂だけど、真珠湾だってミエの巣窟だ、とナショジオで見た(アメリカ側の研究なのであしからず)

山本長官は真珠湾に空母がいなかったので中止にしようとしたが、南雲大将の官位のため中止できなかった。
そもそも山本は腹心に二階級下の仕官をすえたかったが海軍の慣習でできなかった。
もし腹心をすえていたら中止したのだろう。

あと真珠湾の石油備蓄基地や潜水艦基地も攻撃しなかった。
もし備蓄基地をやられていたら最低2年間は太平洋での攻撃展開はできなかったアメリカ側の幹部が証言。

日本は石油備蓄基地を攻撃すると油煙のため本攻撃の邪魔になると第二陣攻撃を考えていた。

しかし南雲は真珠湾攻撃の成功を急いだため備蓄破壊を省いた。まして潜水艦基地はすぐ近くにもかかわらず無傷だった。

けっきょく大東亜戦争は軍部のプライドと戦術や敵国研究の稚拙さのために玉砕したようなものだ。

これが東大だ。幹部思考だ。


18. 恵也 2012年8月05日 18:20:55 : cdRlA.6W79UEw : kVfFO94vpQ
>>04 原発自体が根本から欠陥商品だから、どこで誰が設計しようと運転しようと同じ。

俺もそう思う。
今回たまたま日本で大事故が起きたけど、確率の問題であり時間の問題。
原発を開発し作ったGEの「本物の技術者」もそう言ってます。

日本の原発部品が優れてるなんて眉唾物だ。
斑目委員長にしても田中俊一次期規制庁長官にしても偽者の技術者。
日本の原発技術が世界一なんて偽者の評判。原発の値段が世界一高いのは本物。

ーーーー引用開始ーーーー
アメリカのGEの、一番原子炉に詳しい開発者達が、僕が辞める1年くらい前に
3人揃って辞めました。定年退職前の高級技術者たちです。

もう博士号持って、日本のGEの原子力の開発をずっと担ってきた有力なメンバーです。
そういう3人がですね、必ず事故ると、このままだったらいつか必ず事故ると。
いつ、どこでといえないだけだっていって辞めました。
http://www.asyura2.com/0311/jisin10/msg/163.html

>>11 欧米のような論理を貫徹すれば、安全な原発も可能とみている。
>>  それが武田氏の本投稿の裏の意味

俺もそんな匂いを感じる。
武田氏は最近まで原発推進派に居られたから、まだまだ思想が熟成してない。
日本の原発部品が優秀とか、放射線にホルミシス効果があるとか神話が混ざる。

しかしなんとか脱原発派になられたようで、俺が非常に期待してる人間の1人だ。
原発を廃止するにはこんな「裏切り者」が大量発生してもらえないと不可能であり
最終処分には不可欠の大切な技術者。

>>13 日本は米国、フランスと比べるとはるかに狭い国土である。

フランスと比べたらたいして変わらん。
フランスの国土は54万平方km、人口6400万人
日本の国土は39万平方km、人口1億2700万人

>>13 犯罪者として糾弾されるなんてことも思ってもみないんだろう。

だからミスター100mSvの山下俊一氏なんて、100mSvで健康被害はないというの。
でも福島県民1000人以上が原告になり裁判所に告訴されて、小沢一郎と同じ被告
人になったからもう最近は喋ってないでしょう。(世界2012年8月号P145 より)

チェルノブイリ事故作業者を見ると、7年後に10倍くらいは精神疾患になる。
この作業者たちは100mSvくらいを計算上被曝してます。

正常であれば1000人に5人が精神疾患になるから、この被告の50人くらいが精神
疾患の損害賠償を山下俊一氏に請求できるわけだ。
山下氏はこれじゃ7年後の破産が免れんな。

ーーーー引用開始ーーーー
表5 ロシアのリクビダートルの罹病率(10)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN9705.html

>> 膨大な核廃棄物を貯蔵している原発は国防上も大問題

4号機はプールに核燃料を入れてただけなのに、大爆発し今でも核燃料の放出
が心配されてるけど、外国からの原発攻撃なんてあったら全放出になる。

99%が漏れてないのに1%でこれだけの大被害だ。
北朝鮮に攻撃され、半分でも外に漏れたらどうするんだろうね。

>>15 こと原子力界では異文化の欧米に追従して建造されていった。
>>  むしろ反省すべきは国民の安全を捨て去るほどの欧米隷属の国民性だ。

原発に関して原子力ムラは、最初から隷属根性の塊です。
事故を起こした福島第一はGEの図面通り、30mもあった台地を削って低くして
図面にあわせて作ってしまいました。
台地を削らないで原発を作っていれば、今回の大事故はなかったでしょう。


19. 2012年8月05日 22:13:08 : 3FvXCWDVzE
あんた、スリッパと原発をどう関係づけようとしているのか、まどろっこしいね。
わかりずらい。今度フランスに行くときは日本の下駄を持っていきなさい。

20. 2012年8月05日 23:19:16 : FfzzRIbxkp
原子力予算4500億円もあるのですかぁ −−−−−−−!!!!!!!!!

その4500億円をどーやって各電力会社や法人にふりわけているのですかぁーーーーーーーー!!!!!!!

税金なので、オープンにしてくだせぇ。 そうしなせぇ。


21. 2012年8月06日 16:35:22 : 7lCsCLuDPc
ビジネスクラスだったら使い捨てスリッパ付いてくるよ。なんで持ってこなかったのかなあ?旅人の常識なんだけど。
それより、医院や歯科医院でスリッパに履き替えさせられるのには閉口する。しかも、片方をもう一方に突っ込んで一塊にした奴。最低。

22. ビアリッツ 2012年8月06日 16:42:05 : QccJKiiCTm/ws : bJTVQ2N2Xs
フランスに長期滞在していますが、ホテルでのスリッパは見た事が有りません。一般ホテルでガウンやスリッパを備えると客と共に消失、コストに刎ね返ります。街中で売っているスリッパの購入者は老人、病人、或いはアパート内で夜遅く靴音をたて下の階から文句付けられ、絨毯を買わずに安上がりを考える人達でしょう。飛行機内のトイレの黴菌をホテルに持ち込む話は欧米では理解できない感覚、清潔感に大きな違いがあります。一度フランス人医者とこの件で話した際、熱湯或いはアルコールで手足を洗うとその部分の黴菌は確かに死にますが10分すると倍以上の菌が集まり領地争い、暫くすると元の鞘に納まる由。となると黴菌を避ける事よりも免疫性を取得する方が賢明。この考えが一般の通念で裸のバゲットパンを地下鉄の床に立てかけて平然とできる原因。畳生活の日本では下足を屋内に持ち込まない原則から、スリッパを中足として使用。表面的に清潔感を満足させる習慣になったとも思えます。

23. 2012年8月06日 22:21:06 : D47FjLIkcF
19さん、下駄を持っていく、のでなく、
下駄を履いて行きなさい、ではないのですか?

24. 2012年8月06日 22:25:38 : 5cIjhCIpjU
ここには書いてないが、今回のロンドン五輪の柔道惨敗と水泳躍進をみると、競技団体の組織論と国際化対応の違いが差になってるわ〜
もともと基本的な競技の性格の違いこそあれど

千葉すずにこてんぱんにやられた水連とメダルの為にポイント柔道を貫いて結局パージされた石井慧
柔道団体なんか役員を韓国に取られまくりだからな

なんとかしないと日本は昭和の国で終わっちまうぞー


25. 2012年8月07日 00:21:58 : kmRrTQnpHg
柔道は、最近のオリンピック競技見る限りにおいて、握力やら、筋力の差で、ねじ伏せられているような気がする、腕取られ、腕力、筋力で、関節、痛めつけられ、終わりとか、技かけるも、何もあったもんではない・・、

スリッパは、なにもバイキンだけの問題ではない、ダニ、これ動き回る、足から布団の中、ダニだらけで、安眠なんぞ、できたものではなくなるであろう、

地べたに食物を置く、狂気の沙汰、例えば犬、猫のふんの中にいる、その寄生虫卵、これを摂取しますと、場合によっては、幼虫臓器行症、脳に入り込み癲癇となったり、脳やら眼球やら障害うける、運が悪いとなる、キタキツネ、アライグマなんぞ、知っての通り、命懸けとなる、猫も一見可愛いが、非常に汚い、気お付けることです。、
地面に落ちた食べ物は、けっして口にしてはいけない、子供に食べさせてはならない、

免疫力だけでは、防げない場合もあるわけで、
人間のカラダは、清潔にしておかなくてはいけない、水虫なんぞ何十年も治らん、外人の足、よっぽど、汚くって臭いのであろう・・、
鞭毛もつ細菌は動くが・・、
シーツは汚れる、水が不足、ロクざま洗いもしない、汚い汚い、何もかも、外国ということになる、
確かに日本と比べて、ヨーロッパ、水には困るだろう、乾燥して、埃くさいとこだ、生活大変だろう、
それに比べ
水に恵まれた日本、この恵まれた自然を、放射能なんぞで、汚染してはならない。


26. 2012年8月07日 05:10:20 : y2sPxOGDJo
日本人の情緒性を利用して原発の安全神話を喧伝して日本中に原発を建てたた原発村の連中が
今度は日本人の情緒性によって原発の再稼動に手間取ると言う皮肉
建設にも廃炉にも論理的議論が全くなされていない
再稼動にも同じ様に電力不足という論理的じゃない理由が用いられている
これではもう一度事故が起こるのは必然
失敗から教訓を学ぶような思考回路にはなっておらず失敗を隠蔽する論理だけが発達してしまっているのだから
原子炉格納容器を守るために用いられる大量の放射能を撒き散らすドライベント用のフィルターすらつけていないのが日本の原発
事故は起こらないドライベントは飾りです状態の原発を再稼動させる安全性を論理的に説明されずじまい

27. 2012年8月11日 06:32:26 : wr3otUNEWQ
11  って変。
>スリッパは皮膚病感染のもと。客が変わるたびに消毒すれば別だろうが。
そうでなければ、スリッパなしのほうが安心です。<

何言ってんの?貴方は日本のホテルの凄さを知らないの?
家族で毎年泊まる日本のビジネスホテルですら「消毒済み」の紙の入った「消毒された貸しスリッパ」が部屋に置いてあります。靴を脱ぐ旅館ならいざ知らず、ホテル系でスリッパがなきゃ不潔で気持ち悪く、決して安全ではありません!

もちろん日本では何処の一流や2流ホテルでもアメニティーとして、袋入りのスリッパが用意されています。私達はこれを集め、使い回してアメリカやヨーロッパのホテルでの不潔さ・不便さを乗り越えています。武田先生の仰ること、本当に良く分かります。

「部品は良くても・・・」って言うのも言い得てますね。日本人の一人一人は本当に優秀で素晴らしいと思う。しかし、政府が不良品。政府の息のかかった御用学者・原子力村・マスコミも全て不良品。

津波が起きた時の東北の方達の忍耐強さ・礼儀正しさ等に世界中が「日本人は凄い!素晴らしい!」と賞賛し彼等の為に多額の寄付をしましたが、何時しか分からない所に消えてしまい彼等は今も苦しみ続けている。原発事故の被害者達も置き去りにされ原発問題の解決も無いまま、再稼動しようとしている。

世界で一番優秀な民族は日本人!と本当に今まで思ってきたが、3・11以降崩れ去りました。名実ともに日本を汚し、今や世界まで汚しまくった政府・原発関係者はきっちり日本人と世界に責任をとって欲しい。

[削除理由]:2重投稿
28. 2012年8月11日 06:34:16 : wr3otUNEWQ
11  って変。

>スリッパは皮膚病感染のもと。客が変わるたびに消毒すれば別だろうが。
そうでなければ、スリッパなしのほうが安心です。<

何言ってんの?貴方は日本のホテルの凄さを知らないの?
家族で毎年泊まる日本のビジネスホテルですら「消毒済み」の紙の入った「消毒された貸しスリッパ」が部屋に置いてあります。靴を脱ぐ旅館ならいざ知らず、ホテル系でスリッパがなきゃ不潔で気持ち悪く、決して安全ではありません!

もちろん日本では何処の一流や2流ホテルでもアメニティーとして、袋入りのスリッパが用意されています。私達はこれを集め、使い回してアメリカやヨーロッパのホテルでの不潔さ・不便さを乗り越えています。武田先生の仰ること、本当に良く分かります。

「部品は良くても・・・」って言うのも言い得てますね。日本人の一人一人は本当に優秀で素晴らしいと思う。しかし、政府が不良品。政府の息のかかった御用学者・原子力村・マスコミも全て不良品。

津波が起きた時の東北の方達の忍耐強さ・礼儀正しさ等に世界中が「日本人は凄い!素晴らしい!」と賞賛し彼等の為に多額の寄付をしましたが、何時しか分からない所に消えてしまい彼等は今も苦しみ続けている。原発事故の被害者達も置き去りにされ原発問題の解決も無いまま、再稼動しようとしている。

世界で一番優秀な民族は日本人!と本当に今まで思ってきたが、3・11以降崩れ去りました。名実ともに日本を汚し、今や世界まで汚しまくった政府・原発関係者はきっちり日本人と世界に責任をとって欲しい。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧