★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 277.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東京新聞が報じた「たね蒔きジャーナル打ち切り検討」ーー社員が流した涙の意味。(ざまあみやがれい!) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/277.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 04 日 19:44:44: igsppGRN/E9PQ
 

東京新聞が報じた「たね蒔きジャーナル打ち切り検討」ーー社員が流した涙の意味。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65817942.html
2012年08月04日13:31 ざまあみやがれい!


=====
東京新聞が報じた「たね蒔きジャーナル打ち切り検討」 社員が流した涙の意味。「ざまあみやがれい!メールマガジン」vol.266
=====

2012年8月4日の東京新聞朝刊で、ようやく「たね蒔きジャーナル」の打ち切り検討が報じられた。1日に朝日新聞が報じた3日後だ。

続報をうった東京新聞は、「こちら特報部」にて、朝日新聞より字数を割いて報じている。続報を打つならば、これは当然の姿勢だと思う。当日の現場で何が起きていたか、朝日新聞より具体的だ。

その当日の現場を誰より知っているのは、そこに集った「たね蒔きジャーナル」リスナー40名だ。

その中の30人程度の人々が、7月31日にMBS毎日放送の前にプラカードを持って集まった。僕もその一人だ。

そこで僕は、毎日新聞記者と朝日新聞記者に取材を受けた。毎日新聞は2012年8月4日現在、まだ報じていないようだ。

僕らはMBS前に集まり、参加者が作って持ってきたプラカードを持っていた。そこに警備員がきて、敷地内でのプラカードや撮影は禁止だと伝えられた。僕らは敷地外に出た。

そこへ、MBSの社員の方がきて、僕らに応対した。建物の裏側に集まった人たちを移動させた。東京新聞紙面で石丸次郎氏が書いているように涙を流して僕らに応対した。僕より年上の大人だ。大人が涙を流していた。

集まったリスナーの中には、もらい泣きしている人もいた。僕もそうだった。

僕はサングラス越しに、彼の涙が、本物の涙なのかずっと疑いながら彼を見ていた。どういう気持で涙を流していたのか、もちろん僕には分かるはずはない。だけども、彼のもっている「温度」と僕らの持っている「温度」は、似ているように感じた。

最初、僕らを建物の裏に連れて行ったあと彼は次のように言った。

「たね蒔きジャーナルの存続については、私は知りません」

そして、彼は涙を流した。

30人は思い思いの気持ちをその人にぶつけた。彼は30人の声を一度も遮ることなくきちんと受け止めて、そして度々声をつまらせた。

彼を見守る30人のリスナーの目は暖かかった。

彼の名誉のために明確にしておくが、彼は、毎日放送に不利になるような振る舞いを一切しなかったし、同時に、リスナーにとって不利になるような振る舞いも一切しなかった。

僕は、彼の姿勢から、一貫してラジオというメディアへの愛を感じた。世界中の「たね蒔きジャーナル」を愛するリスナーの気持ちをきちんと受け止めるため に、大きな建物から出てきたことは、彼の人生において、忘れられない時間になればいいと思う。彼は紛れもなく時代のエッジに自らの身を置いていたのだ。

僕はいつも、人生を、インディージョーンズのある一幕のようだと思っている。

下を見ると真っ暗の深い谷底だが、そこには対岸へ続く『透明の道』があるというシーンがある。

透明の道があると示されているにもかかわらず、目の前には、深い谷底へ続く空間しかない。だから、頭では底に足を踏み出せばよいとわかっていながら、恐怖が勝り、その一歩が踏み出せない。

主人公は、勇気を振り絞って足を踏み出す。そして足の裏で、そこに透明の道があるのを理解する。決して目ではわからない。踏み出した足の裏で、道があるのを感じるのだ。

そして、透明の道を渡り切る。

新しい時代がきている。ラジオを愛するリスナーが世界中から、大阪のローカルラジオ局の1時間番組に熱いエールを送り、実際に日本中から30人がMBS前に集まった。

「くればいいじゃん」

そういう僕のライトな呼びかけに応じて、北海道の夕張からも、今行くしかないと思ってやってきていた。「たね蒔きジャーナル」はリスナーにそう振舞わせる、番組だということだ。

そこに、現れたMBS社員は、決死の覚悟でやってきたんじゃないかと僕は思っている。僕は、彼は「透明の道」へと第一歩を踏み出したのだと思っている。MBSの中で一番今の時代を皮膚感覚で感じている1人だと思う。

MBSは、彼を大事にして欲しい。そしてたね蒔きジャーナルに関わるスタッフを大事にして欲しい。

たね蒔きジャーナルに関する情報が、ぽつぽつとメディアに流れている今、僕は危惧していることがある。

これは僕の勝手な推測で、一般論だという前提で読んでほしい。

組織は、内部からの情報が外に出るのを恐れる性質を持っている。

もし、内部から情報をリークした人に罪をきせるような動きをする人がいたならば、僕は絶対に許さない。リスナーのために、番組のために、「善意」で行動した人間を排除しようとするならば、僕は絶対に許さない。

そのようなことをしようものなら、ラジオ局は滅ぶだろう。優秀な人間を排除しようとするならば、番組のクオリティーは下がるだろう。スポンサーは満足しなくなるだろう。

長い目で見て欲しい。今のラジオ局の経営陣は、古い時代の人達だということだ。僕は古い時代の人達の存在を批判しているわけではない。頭の良い経営者ならば、それを当然自覚しているだろうと思っている。そうでなければ、経営者は務まるはずがない。

時代は刻一刻と変わっている。ツイッターやフェイスブックを通じて、YOUTUBEのラジオ音源は数万回の再生回数を弾き出す。この感覚を理解できない経営者は、逝ってよし。

今の時代は、リスナーは、ストーリーを求めている。メディアと自分たちの関係性を求めている。それをメディアは受け止めてほしい。種蒔きジャーナルは、こ れまで、世界中のリスナーが満足するクオリティの放送を続けてきたということだ。3.11以降、「たね蒔きジャーナル」とリスナーの間のストーリーは、素 晴らしいものだったということだ。

それにラジオ局は胸を張らないで、何に胸を張ろうというのだろうか。世界中にスポンサーがいるという事実から目を背けるということに、何の意味があるというのだろうか。

この事実を経営陣も客観的に捉えて欲しい。今、ラジオ局は存亡の危機に瀕していることは事実だ。だからこそ、今の時代を皮膚感覚で理解している人を、大事にしなくてはいけない。そういった人達が支える番組を題字にしなくてはいけない。

リスナーの愛、そしてスタッフや社員の愛を受け止めて、そして前に進んでほしい。

そうでなければ、間違いなく毎日放送MBSは滅ぶ。毎日放送MBSを滅ぼすのは、毎日新聞MBS自身だ。

(了)

※今回はメルマガ全文掲載です。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月04日 20:51:38 : gpAIU9EXTK
たね蒔きジャーナル

これまでのたね蒔きが すくすくと芽を出し育っていってほしいです。

これからもたね蒔きが いたるところで広まる事を祈ります。

報道の真髄よ、不滅為らんことを切に願います。


02. 2012年8月04日 21:38:57 : ghcJMSwysQ
たね蒔きジャーナル

まだ結果はどうなるのか分かりませんが、
これまで本当に有り難う!


03. 2012年8月04日 22:59:20 : jw9F5ajxoY
たね蒔きジャーナルが、貴重な木の種を蒔いたことだけは間違いない。

官邸前の原発デモも、そんな木の一つであることは間違いない。
そもそも、ジャーナリズムとは種蒔であり、それを育てるのは国民である。

我が国の国民達が、巧妙に仕掛けられてきたマスゴミの洗脳の呪縛から、凄い勢いで逃走しつつある。


04. 2012年8月05日 00:05:40 : eiueapijgg
ごめんね。
あまりにも戦いが拡大しすぎてそこに戦力を割く余裕がないありさまなんだ。
これは、三宅雪子さんもツイッターでもうかんべんしてほしい、と言っているくらい。防衛線がのびきって、ところどころ弱いところがやられている。
でも今は一転突破でやらなければ。
みな必ず巻き返す覚悟でやってます。

05. 2012年8月05日 01:25:40 : G5fdl9m056
『透明の道があると示されているにもかかわらず、目の前には、深い谷底へ続く空間しかない。だから、頭では底に足を踏み出せばよいとわかっていながら、恐怖が勝り、その一歩が踏み出せない。

主人公は、勇気を振り絞って足を踏み出す。そして足の裏で、そこに透明の道があるのを理解する。決して目ではわからない。踏み出した足の裏で、道があるのを感じるのだ。』

軽く見逃していたシーンの意味を、今重く感じている。実に印象的で心揺らぐ指摘だ。感謝。

1970年前後、TBSのパックインミュージックの担当で桝井論平というアナウンサーがいた。マイクの網の目一つ一つが聴取者だとして、当時の熱気あふれる新宿西口広場の情報も実に熱情的に語っていた。

ラジオは、B層を増長させる文化(TV・新聞等)とは異質な側面を持っている。もちろん全てではないが、たね撒きジャーナルもそのDNAを持っていたのかもしれない。

そのたね蒔きジャーナルがなくなるとき、一つの文化が失われる。


06. 2012年8月05日 08:29:42 : HnROcs8hyM
ラジオの魅力って見えないのだけど、すぐ目の前で人がしゃべっていてくれるという空気感じゃないかと
思う。結局しゃべっている人の魅力がすべてを決定する。ただ情報を得るだけなら、yuutubeとかでも
いいわけだ。

組織は上層部が腐ると、全員が腐ってしまう。魅力のある人はいなくなってしまう。それは組織の死だ。
有能な幹部はそのことをよく知っている。またそういうまともな会社では、社員も自由に振舞える限界を
わきまえてもいるものだ。

番組打ち切りが、正当な理由によるものなら仕方ない。そうでなければ、再考しなければならないだろう。
組織を死なさないために。


07. 2012年8月05日 09:29:40 : YkwEgbyRjQ
ラジオ局の組織にがいぶからの圧力窯???あったのでしょうか?

圧力窯かけた人は、棺邸内の肌の色がちがうひと?でしょうか?

もうそろそろ、日本人は完全なるどくりつが必要ですね!

構わないでほっといて・・・と・・・


08. 2012年8月05日 19:21:55 : Kzy91PvghI
IWJが、引き継いでやってくれ。

夕焼けてらちゃんみたいにやったら面白いぞ。


09. 2012年8月05日 22:26:52 : PBEADzrvuI
ざまあみやがれい様

感動しました。


たね蒔きジャーナルを打ち切るわけにはいかないでしょう。

毎日放送の核、心臓そのものだよ。
このざまあみやがれさんの叫びが聞こえないほど、バカじゃないでしょう。


10. 2012年8月05日 23:26:02 : SfUPMSJyDo
それでも

原発村の防御線も伸びきってしまっている。公然と東、政府、経産省を批判する動きを抑えられなくなくなっている。

頼みの検察の警察も今や頼りにならない。


11. 2012年8月06日 11:46:26 : 6OwhEr1B4M
10年前にオリンパス社内で「とばしはダメ。この会計処理は
法律違反]と言えば、彼は、彼女はクビにされる。
なぜなら人事権を持った社長が「(悪いことを)したい」から。

これを内部告発すると「汚い人間」とする。

日本の社会はそうできているので「長いものに巻かれ」「付和雷同」し
自分を、家族を守る。

誰も責められない。

そうして、太平洋戦争に連れて行かれ、殺し、殺される。

勇気を奮い「王様は裸だ」と言える風潮がなくなってきている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧