★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 309.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《核心》 「見透かされた”原発維持” 政府主催意見聴取会」 2012/08/05(東京新聞)
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/309.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 06 日 00:03:27: igsppGRN/E9PQ
 

【核心】「見透かされた”原発維持” 政府主催意見聴取会」 
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11320648872.html
2012/08/05(東京新聞)  :平和ボケの産物の大友涼介です。


三つの案を示せば、真ん中の案で早くまとまるかも−。将来の原発比率をめぐる政府の淡い期待は、国民の厳しい視線で打ち砕かれた。政府が求めた「国民的議論」では、原発ゼロを求める声が圧倒的との結果が出た。政府はこの声をエネルギー政策にきちんと反映するのか、参加者たちは期待と懸念をもって政府の動向を注視している。 (小野沢健太・大野孝志記者)


■「国際情勢、技術革新などさまざまな環境の変化に柔軟に対応できる」

聴取会に配られた資料で、15%の選択肢に添えられた記述は、あたかも「原発比率は15%が無難ですよ。苦しい思いもしなくていいですよ」と、誘導するかのような書きぶりだった。

0%に対しては、景気への悪影響が大きいほか、「省エネ性能が劣る製品の販売禁止を含む厳しい規制を広範な分野に課し」などと書き連ねた。原発の新増設を伴う20〜25%では、政府への信頼度が低いことを逆手に取って「原子力行政に対する国民の強固な信任が前提」と、この選択肢は有り得ないことを暗に示した。

三つの選択肢ごとに発言枠を均等に割り振って議論を進めれば、真ん中に15%案が、現在より原発への依存が減り、生活への影響も少ないようにみえてくる、はずだった。

■見直し

ところが始まってみると、国民の視線は政府が考えるよりずっと厳しかった。

仙台会場に参加した男性(50)は「15%にしたがっているのが見え見え。声を聴いたというアリバイ作りをさせるわけにはいかない」と0%案に応募。

意見表明を希望した人の七割までが0%案に集中した。たった三つの発言枠では、発言の機会は得難い。そんな状況を見越して15%案で発言希望を出し、当たれば0%を訴える知恵者も各会場で現れた。

抽選に漏れた参加者は、座っているしかなかった。

それなのに、20〜25%案では、仙台で東北電力の執行役員が「当社としての考えを述べさせていただく」と電力会社の持論を延々と展開、名古屋でも中部電力社員が発言。

こんなことが起きるのは、発言枠の配分方法に問題があるという認識が広まり、政府も運営の見直しに動かざるを得なかった。

■懸念

結果的には原発ゼロへの圧倒的な支持が明確になった聴取会だったが、声がきちんとエネルギー政策に反映されるのか、参加者から「この会はただのアリバイ作りではないか」と懸念する声が多く聴かれた。

広島会場では閉会直後、傍聴者が司会席へ詰め寄り、下村健一内閣審議官に「意見は政策に反映されるのか」と詰め寄るシーンもあった。下村氏は「どういうプロセスでまとめるのか、途中が見える形で明らかにしたい」と約束した。

しかし、発表者の意見や会場アンケート、募集中のパブリックコメントがどう活用されるのか、国家戦略室の担当者に問うと「検討中」と言葉少なだった。

古川元久国家戦略担当相は三日の会見で、原発ゼロ支持の多さへの感想を求められ「そういうのも大事だが、どういった理由でそのシナリオを支持するかもしっかり踏まえていきたい」。必ずしも声の多さにはとらわれない、とも受け取れる発言をした。

「国民的議論」によって原発比率を決めるとした以上、政府はしっかりと受け止めるしかない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月06日 01:10:08 : SfUPMSJyDo
やらせ国家、日本。

この汚名を返上しよう。


02. 2012年8月06日 01:15:25 : CMZ267yNXk
政治や行政が、世論を誘導できると考えている時点で、終わっている。
政治も行政も、世論にしたがうものだ。

03. 2012年8月06日 02:41:44 : F0aEgL4QRs
原発は必要ない
人類はパンドラの箱を開いてしまったのだ
今引き返さないと取り返しのつかないことになる

04. 2012年8月06日 08:28:24 : LWcJ2Rp8kk
経済政策も電力政策もこの国の成り立ちを決めるすべての政策は、
奴等が決めることではない。
我々が決めるべきことだ。
代議制?
なぜ国民にはるかに劣る奴等を国会へ送り込んでいるかというと、
どうでもいい事を適切に処理させるためであって、重要な事を
決めさせるためではない。

05. 2012年8月06日 09:03:11 : zhD7d4UOGA
国家戦略室は、’2030年の原発比率’の意見を8月12日まで公開募集している
誰でも意見することができる
近々に政権交代があろうとも、提出された意見は次の政権も無視できない。
意見のある人は、黙っていないで応募しましょう

エネルギー・環境に関する選択肢(平成24年6月29日エネルギー・環境会議決定)
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120629/20120629_1.pdf
パブリックコメントについて
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf
WEBで意見を投稿する場合(内閣府共通の意見等登録システム)
https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

NPO原子力資料情報室のパブコメの案内
http://www.cnic.jp/files/20120718_public_comment.pdf
NPO原子力資料情報室のパブコメの書き方例
http://www.cnic.jp/files/20120718_public_comment_example.pdf


06. 2012年8月06日 10:15:58 : cCrcZ0sDf2
大体「政府主催意見聴取会」なんて、もう潰れかけてる政権がどうして今やる事なんだ?
増税法案も野田は10日に決議するわけだったものを6日に前倒ししてでもどうしても通すと言っているが、7日にも不信任だの問責決議案が出されるって言うのに、何でそんなに増税ばかりを急ぐのか?

もう潰れる政権が何で急いでいろいろ決める必要があるのか?
もうおまえら何もしなくていいよ。
どうせろくな事やりやしないんだから。


07. 2012年8月06日 17:22:51 : 7lCsCLuDPc
関西地区の7月は、大飯原発からの電力の供給がないまま、火力発電所8箇所止めても乗り切れてしまったというのが事実だったようです。なにしろ大飯原発の商業電力の供給は8月に入ってですから。その間、火力発電所まで止めてしまった。でも大丈夫でした。関西電力は会社ごと閻魔様にべろを抜かれなければなりません。代表して代表権のある人たちの舌を抜いてもらうことにしませう。

それから、薬円台に原発を誘致する運動行いませんか!建設予定地の傍には、養豚場があります。そこの豚は放射能が大好きなようです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧