★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 395.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(書評)桐生広人 「南の島のヒバクシャ」    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/395.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 8 月 09 日 21:07:43: of0poCGGoydL.
 

(書評)南の島のヒバクシャ [単行本]
桐生 広人 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E5%8D%97%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%90%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A3-%E6%A1%90%E7%94%9F-%E5%BA%83%E4%BA%BA/dp/4947637145/ref=cm_cr-mr-title
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0

「生きものの記録」の原点--忘れられた南太平洋の水爆実験 2005/8/9

By 西岡昌紀

 黒澤明監督(1910-1998)の作品に「生きものの記録」(1955年)と言ふ映画が有る。水爆実験のニュースが伝えられる中、核戦争の恐怖に取り付かれた老人が、全ての財産を投げ出し、子や孫を連れて、将来の核戦争で最も安全と思はれるブラジルに移住しようとすると言ふ、奇妙な物語である。--アメリカの映画評論家ジョウン・メレンは、この映画を、「核戦争を題材にして作られた最良の映画」と絶賛して居る。私も同感である。--この映画が生まれた背景には、黒澤監督の親友であり、黒澤作品の多くで音楽を担当した早坂文雄氏が、死の直前、核実験のニュースに恐れを抱いて居る様子を見た黒澤監督が、早坂氏の恐怖に触発されて、この映画を作ろうと決意したと言ふ逸話が知られて居る。--その、死の直前の早坂氏を怯えさせた核実験の一つは、南太平洋でアメリカが行なった水爆実験であった。--当時の日本では、アメリカが、南太平洋で行なって居た核実験に対して、それほどの恐怖感が存在して居たのである。それから半世紀が経ち、当時の日本人が、水爆実験に対して抱いた恐怖は、殆ど、全く忘れられて居る。だが、当時の日本人の恐怖こそは、本来、生き物である人間が、核に対して抱いて当然である本能その物だったのである。その当時の日本人の恐怖感が、いかに正しい物であったかを思ひ起こす為に、私は、本書を推薦する。本書に書かれて居る事は、その半世紀前の核実験で、南太平洋に住む人々が、いかに悲劇的な運命を辿る事に成ったかと言ふ事柄である。これを読むなら、「生きものの記録」に描かれた、当時の恐怖が、生きものである人間にとって、いかに正しい物であったかが、痛感される筈である。--核に対する生きものとしての本能を取り戻す為に、この本を推薦する。

(西岡昌紀・内科医/長崎に原爆が投下された日から60年目の日に)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月09日 22:18:41 : DBGQHyEN8I
放射能の被害を受けているのは人間だけじゃないのです!
人間以上に野生の生き物たちは大きな被害を受けているのです!

もう何十年も前にジャコメッテイ監督の『世界残酷物語』いう映画を見ました。

その中に南太平洋の核実験による放射能の被害を受けた生き物たちの悲しい姿が
記録されていました。

白い砂浜のコロニーで卵を抱いているカツオドリ、しかし、その卵は永久に孵化
しないのです。
それとも知らずに一生懸命に卵を抱いている鳥たちの無心な姿が悲しかった!

大きな海亀が産卵のために砂浜に上がってきます。涙を流し苦労して産卵を終えた
亀たちが海に帰ろうとして、陸の方向へ向かってしまうのです。
方向感覚を失ってしまったのです。
そして、海へ帰れずに死んで干からびた亀の死骸が辺り一面に累々と転がってい
るの光景は胸が痛みます。

人間とは、かくまで残酷な生き物なんです!


02. 2012年8月10日 12:13:11 : FvOLcNgmdw
始まったな、カス陰謀論者の書評オナニー。
吐き気する

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧