★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 396.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
友清裕昭「プルトニウム―超ウラン元素の正体」 (ブルーバックス)    西岡昌紀
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/396.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2012 年 8 月 09 日 22:30:00: of0poCGGoydL.
 

(書評)プルトニウム―超ウラン元素の正体 (ブルーバックス) [新書]
友清 裕昭 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E2%80%95%E8%B6%85%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%85%83%E7%B4%A0%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%8F%8B%E6%B8%85-%E8%A3%95%E6%98%AD/dp/4062570777/ref=cm_cr-mr-title
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0

プルトニウムについての最高の入門書 2005/8/9

By 西岡昌紀

 プルトニウムについての、最高の入門書である。プルトニウムの基礎的知識から、原爆、原子力発電、核燃料サイクル、等についての、著者の説明と記述に、夢中にさせられた。著者の説明は、実に秀逸で、原爆開発を巡る逸話、技術的視点から見た核拡散防止の難しさ、アメリカのプルトニウム政策の変遷、などについての著者の説明、記述は、理科系と文科系の双方の視点を持ち合わせた、この著者ならではの物と成って居る。プルトニウムについて、いかなる意見を述べるにも、先ず、この本を読んでから述べる方が、賢明であると、私は、思ふ。

(西岡昌紀・内科医/長崎に原爆が投下された日から60年目の日に)


http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1863947204&owner_id=6445842
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/5819340.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月10日 21:24:58 : ymsN6lbdxA
はいはい ステマ ステマw

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧