★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 445.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<福島第1原発>吉田前所長 シンポジウムで出演ビデオ公開(毎日新聞)「10人死んだと思った」
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/445.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2012 年 8 月 12 日 05:40:17: V/iHBd5bUIubc
 

毎日新聞の大阪本社版24面見出しは 「10人死んだと思った」


<福島第1原発>吉田前所長 シンポジウムで出演ビデオ公開(毎日新聞)
毎日新聞 8月11日(土)19時19分配信

(毎日jpに発言全文あります)

 東京電力福島第1原発事故で、収束作業の陣頭指揮を執った吉田昌郎前所長(57)=現在は本店原子力・立地本部付=が出演したビデオが11日、福島市であったシンポジウムで上映された。吉田氏は「事故で一番インパクトがあったのは3号機の水素爆発(昨年3月14日)だった」と振り返り、「自分も含めて死んでもおかしくない状態だった。(爆発で)10人ぐらいは死んだかもしれないと思った」と述べた。吉田氏が退任後に事故時の心境を語るのは初めて。

 吉田氏は冒頭、「政府などの事故調査委員会が一段落するまで、自分が話すことはルール違反と思っていた」と、インタビュービデオを公開した理由を説明。今後の課題については「事故の責任問題もきちっとやるべきだが、第1原発を安定化させることがベースになる」と強調した。

 東電が第1原発から全面撤退を検討したとされる問題については、「本店と官邸との間の騒ぎで、現場では絶対に一言も言っていない」と断言。「もし現場を離れれば、5、6号機もメルト(ダウン)し、燃料が溶ける。福島第2原発も人が近づけなくなり、大惨事になる。そこまで考えれば当然(第1原発からは)逃げられない」と述べた。

 さらに、原発に残った所員が死亡した場合を考え、「墓標」の代わりにするために、ホワイトボードに所員の名前を列挙して記入したとの当時の秘話を紹介。高い放射線量を顧みず、現場に行く部下について「へろへろで、寝ることもできず、食事も十分でなく、体力的に限界という中で、現場に行く連中がたくさんいた。私が昔から読んでいる法華経の中に登場する、地面から湧いて出る菩薩(ぼさつ)のイメージを、すさまじい地獄のような状態の中で感じた」と述べた。

 ビデオは約30分間。シンポジウムは、長野県の出版社「文屋」が主催した。

 吉田氏は、健康診断で食道がんが見つかったため昨年12月、所長職を退いた。今春に手術を受けて自宅療養していたが、先月26日、外出先で体調不良を訴え、脳出血で緊急手術を受けた。ビデオ収録はその前の10日に行われた。主催者によると、収録の際、吉田氏は「お盆明けには復帰したい」と話し、体調は良好な様子だったという。【中西拓司】

【関連記事】
<福島第1原発・吉田前所長>ビデオでの発言全文
最終更新:8月11日(土)23時31分


毎日新聞
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月12日 06:30:36 : A4GQ7o9O02
吉田所長 ビデオでの発言全文は 毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20120812k0000m040027000c.html

でみれます。


02. 2012年8月12日 07:37:31 : gpAIU9EXTK
はっきり言って、必要悪でない悪そのものの存在である原発や原発関連産業で人命を軽視して人を被曝環境においたまま作業に当たらせるという事は許される事ではない。

ほかに安全で安価な発電方式がいくらでも存在する中で、このような地獄を招く全くの無意味な原発運営による悲劇は、福島第一原発をもって地球上で是が非でも全くの最後にしてほしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧