★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 492.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発汚染「ホットスポット」はやっぱり補償ゼロで除染もナシだった〜伊達市霊山町掛田地区の場合〜 () 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/492.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 14 日 06:53:03: igsppGRN/E9PQ
 

原発汚染「ホットスポット」はやっぱり補償ゼロで除染もナシだった〜伊達市霊山町掛田地区の場合〜
http://www.tokyopressclub.com/2012/08/blog-post.html
2012年8月14日 東京プレスクラブ


【原発汚染補償ゼロエリア】高線量なのに補償ゼロ〜伊達市霊山町掛田地区の場合〜

福島県伊達市霊山町。

福島市と、相馬市をつなぐ相馬中村街道(国道115号線)の道沿いに面するこの地域は、原発から50キロほど離れているにも関わらず「ホットスポット」になってしまった悲劇の場所だ。

霊山町掛田地区の住宅団地に住む男性はこう話す。

「ここは車で20分ほどで福島市に出られるので、20年ほど前にベッドタウンとして造成されたんです。岩盤の上に建っているので3月11日の震災のときも、揺れもそれほどなかったんです。停電はあったけど、建物の被害もなく、いい場所に家を買ったと喜んでました。

昨年3月15日の夜、いつものように庭に出て、タバコを吸ったんですが、次の日の朝、何もしていないのに鼻血が出たんですよ。血がだらだら出るほどではなかったんですが、ティッシュで拭うとじんわり血がにじむような感じ。これまで滅多に鼻血を出したことがないから、おかしなこともあるなと記憶に残ってました。後から考えるとあれは、放射性ヨウ素が降ってきて、それを吸ったってことなんでしょうね。まさか放射性物質がこんな離れたところに降ってくるとは思わなかったですよ」

3月12日の1号機と14日の3号機の爆発に続いて、15日午前6時過ぎには2号機で爆発が起こった。

放射性物質は、風の流れに従い、国道115号線に沿って北西方面に広がっていった。

いわゆる「ホットスポット」になってしまったこの地区に記者が訪れたのは今年5月17日。

震災から14ヶ月が経過したこの日の掛田地区の地面線量は高いところで15μSv/h前後、空間線量も1μSv/を超える場所があった。

http://4.bp.blogspot.com/-t001kZkI4vA/UClaNxQtpyI/AAAAAAAAAJ8/53C7T-29Zos/s1600/IMG_2671.jpg


地震による被害が認められなかったことから、この地区の住人は東日本大震災の被災証明を受け取ることができなかった。従って震災の義援金は支給されていない。

また、高い線量が計測されているにもかかわらず、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会の指針で賠償対象外となってしまったため、東京電力から住人が受けとった補償はゼロ。

この3月に、18歳以下の子供と妊婦に20万円、それ以外の住人には一人4万円という「賠償対象外地域」に適用される「見舞金」が福島県から支給されたのみだった。

「このあたりよりも全然線量が低いのに、20キロ圏内というだけで、月額10〜12万の補償がでるというのは正直言ってうらやましいですよ。」と、別の住人の一人は言う。

しかも、これまで東京電力も市も、一切除染をしてくれていない。

そのため町内で自主除染を年末に行ったという。

「市は、除染のための助成金50万円を用意していたんですが、助成金の支払い条件に<町内での仮置き場を住民が用意する>が満たせなかった。結局助成金をもらえなかったんです」

自主除染で、子供の通学路を高圧洗浄し、側溝の落ち葉などを片付けたが、線量はさほど低減しなかったという。

(取材:ジュリアン・ラフォレ)

※取材班は、みなさんからの情報提供もお待ちしております。情報源の秘密は守ります。あなたが知っている情報をお知らせください。宛先は julian.laforet@gmail.com までメールでご連絡ください。追加取材のため、必ずご自身のメールアドレスをお書き添えください。

[福島プレスクラブ]


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月14日 08:04:43 : Mg3tQasmvA
 これで黙っていてはならない。例えば、隣の塀が倒れてこちらの敷地に崩れ落ち、こちらの土地の効用発揮が妨害された場合には、隣の者の費用で崩れ落ちた塀の撤去を求めることができます。
 このことを文書で加害者に請求し、それでも聞かない場合は簡易裁判所でいいですから皆さん同じような訴状を書いて、不法行為に基づく妨害排除請求権と損害賠償慰謝料請求権として、個個に損害賠償請求権を本人訴訟で提起すべきです。簡易裁判所で訴状は規格のものに訂正することを指導してくれるでしょう。そうするか提出前に街の無料法律相談に持ち込み指導していただくべきです。
 月額10万から12万円という支払い数額は不法行為を除染で対応しないで、放置している間、継続して加害者から被害者に支払いを科することにより、除染を促すための処置であるとも考えるべきですね。

02. 2012年8月14日 08:25:43 : YfrWCcjlTw
日本人って絶望的というか家畜なみに従順だよね。

03. 2012年8月14日 08:37:50 : klRC8mDB6I
-----掛田地区の地面線量は高いところで15μSv/h前後

毎時毎時レントゲンを受けているようなものだ。女の人はレントゲンを受けたあと
で妊娠がわかると、堕胎する人もいる。

ところがこの地区では1日20回くらいレントゲン撮影をしていることになる。
地面にすわったり、しゃがんだりするだけで性器に大量の放射線を浴びることに
なる。

これだけ線量が高いということはアルファー線を出すホットパーティクルもある
だろう。これを吸い込めば10年か20年後確実にガンだ。


04. 2012年8月14日 20:41:55 : FirtbJfR8E
汚染地帯に住み続けるのは自己責任。補償はあきらめるべし。
寿命を縮めたくないなら移住する。住宅ローンは破産手続、農地はアパートに。

かつて、エネルギー政策を他人に任せてだまされ、放射能をばらまかれた。
いま、移住や除染を他人任せにしたら、また、だまされる。

裁判するヒマと気力があるなら、それを新天地の生活構築に向けろ。


05. 2012年8月14日 21:00:54 : qU6gulcFtg
福島で起きた事は、そのうち首都圏でも起きる問題ととらえる事が、
福島の人たちにとっても、首都圏の人たちにとっても、
日本人全体にとってもいいに決まっている。

06. 恵也 2012年8月16日 11:30:40 : cdRlA.6W79UEw : MHHh6ZvYhM
>>04 寿命を縮めたくないなら移住する。住宅ローンは破産手続、農地はアパートに。

もう手遅れかもな!
汚染地帯にいたらよその人より少し「病気になり易い」とだけだと悟って諦めた
方が穏健に生きていけると思う。

ただし負け犬根性が染み付いてしまい、誇りを持って生きては行けないでしょう。
けじめとして加害者責任じゃなく被害者責任として、被曝の精神的慰謝料で
裁判を起こし弁護士に任せたらどうだろう。

フクシマ事故のときに米エネルギー省は、0.32μSv/h以上を米軍健康リスク
地域と指定し日本を調べてます。
このままじゃ汚染地帯の住民は泣き寝入りになりそうだ。
http://3.bp.blogspot.com/-S5kePuMQC2E/TdO6wV1M1oI/AAAAAAAAAS0/ziD4f8jzFgY/s1600/assessment.gif


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧