★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 576.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
泊など8原発、耐震性再調査へ 活断層が連動すると想定し保安院が指示へ (産経新聞) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/576.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 18 日 22:42:32: igsppGRN/E9PQ
 

泊など8原発、耐震性再調査へ 活断層が連動すると想定し保安院が指示へ
http://sankei.jp.msn.com/science/news/120817/scn12081721560003-n1.htm
2012.8.17 21:55  産経新聞


 経済産業省原子力安全・保安院は17日、北海道電力泊原発など8原発について、周辺の活断層が連動すると想定し、耐震性を再調査するよう求める方針を明らかにした。同日開かれた専門家会議で示した。近く各事業者に対し再調査を指示する。

 断層が連動すれば地震の規模は大きくなるとされる。地震による揺れが現状の想定を超え、原発の重要設備が耐えられないことになれば補強工事が必要となり、再稼働の時期に影響を及ぼす可能性もある。

 保安院が断層の連動を考慮すべきだとしたのは、泊原発のほか、日本原子力発電の東海第2原発(茨城県)▽東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)▽北陸電力志賀原発(石川県)▽関西電力美浜原発(福井県)▽日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(同)▽中国電力島根原発▽四国電力伊方原発(愛媛県)−の7原発。日本原電敦賀原発(福井県)を除く他の原発については、連動を考慮すべき断層はないとの見解で一致した。

 以前から5キロより近くにある活断層は連動する可能性があるとされ、各事業者はこれまで5キロを基準に連動性を判断してきた。しかし、地下の深いところで断層がつながっている可能性もあり、保安院は今回、事業者の間で使われていた「5キロルール」を撤廃。5キロ以上離れていても連動の可能性が否定できないものは、再評価すべきだとした。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧