★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 597.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《松山報告》 「伊方原発は地元だ」 一蓮托生の市民が再稼働反対集会 (田中龍作ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/597.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 20 日 00:14:41: igsppGRN/E9PQ
 

放射能から逃れて旅を続ける夫婦と娘。父親は「今の生活をリセットしたい」と話した。=19日、松山市堀之内公園。写真:諏訪撮影=


【松山報告】 「伊方原発は地元だ」 一蓮托生の市民が再稼働反対集会
http://tanakaryusaku.jp/2012/08/0004899
2012年8月19日 22:47 田中龍作ジャーナル


 「伊方の龍神様が怒っとる。原発のために祠を勝手に移動させた。核と人間は共存できない。福島の次は伊方でないかと凄く怖かった。伊方の下にも断層が走っとる。国は国民を守らない。国民の声を聞かない。みんなの声で(再稼働を)止めるしかない」――

 こう訴えているのは伊方原発から10キロ圏内に住む高齢の女性だ。鬼気迫るスピーチは、年齢を感じさせない。

 大飯原発の次に再稼働すると目されている伊方原発は、四国を横断する中央構造線の真上にある。もし大規模地震に襲われれば制御棒が原子炉に入るのが間に合わず、大事故を引き起こす可能性が高い。

 狭くて浅い瀬戸内海は瞬く間に放射能汚染されるだろう。瀬戸内の漁業は壊滅的となる。四国、山陽、九州北部の野菜も放射能を被ることになる。

 原子力規制委員会人事の国会採決が目前に迫る19日、「ストップ伊方原発再稼働 止めよう大飯原発 8・19松山行動in愛媛」集会が開かれた。

 「伊方は地元だ」。危機感を持った人々約400人が全国から松山市の堀之内公園に集まった。昼過ぎに集会が始まって間もなくすると、空は一転俄かにかき曇り猛烈な雷雨が襲ってきた。前方が見えないほどの豪雨と空が割れるような雷音だ。参加者たちはテントに避難したまま身動きがとれなかった。

 自然の前に人間は無力であることを「再稼働反対集会」で思い知らされたのであった。天の啓示だろうか。

 会場を公園内の愛媛県立美術館の講堂に移して集会が続けられた。東京、富山、尾道…各地から駆けつけた25人が短いスピーチをした。「伊方の戦いは私たちの戦いである…(中略)…伊方の希望は志賀の希望である。その逆もある…」。北陸電力・志賀原発の再稼働に反対する富山県の男性(40代)の言葉だ。

 狭くて地震の多い国土に住む日本人にとって、原発とは一蓮托生なのだ。原発がある限り不幸で恐ろしい運命から逃げられない。

 20日には集会参加者たちによって「再稼働阻止をめざす全国ネットワーク」が結成される見通しだ。

  《文・田中龍作 / 諏訪京》


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月21日 02:19:37 : gV6zBLDgS2
1978年の伊方原発訴訟が、日本で最初の原発差し止め訴訟だそうですね。
村上さんという裁判長が、非常に真摯に取り組んでくれて、まもなく、原告勝訴判決が出る矢先に、途中で、突然、裁判長交代させられたんだそうですね。

判決記録は、前半部分と、後半の入れ替わった部分で、正反対のことが書かれているそうですね。
判決記録は、9巻あるそうですが、前半部分は高い評価を受けているようです。
再度読み直したら、他の訴訟にも使えるのではないでしょうか?


02. 2012年8月21日 02:21:44 : wcl5PJPYmo
伊方原発は加圧水型軽水炉の中でもリスクの高いトンデモ原発だ。耐震設計に欠陥がある上に「運転方法」「脆弱性」等々、1号機・2号機・3号機さらには燃料プールまで問題だらけである。

「伊方原発のリスクと脱却の現実的工程・考」
に参考になることが書かれている。
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2011/06/post-ac18.html

以下、読んでみて当方が気になった点を整理の上、書き出してみた。


【1号機、2号機】どちらも原子炉格納器の耐圧設計が低い。1号機は加えて蒸気発生器が地震に脆い構造。
 ⇒補強工事もしていないのに、評価しなおす度に「頑丈」になっていく不思議。

【3号機(プルサーマル)】運転方法の危険性
 ⇒ウランを燃やす炉でMOX燃料を使用すること自体がリスキーだが・・・
 ⇒伊方原発はさらに、MOX燃料の割合を通常の2.5倍に高め、さらに高燃焼度ウラン燃料の併用。世界に例のない「実験炉」的運転。

【燃料プール】地震で燃料集合体が破損・倒壊・再臨界しやすい。
 ⇒四国電力は、使用済み燃料の貯蔵プールを改造し、それまで15cm間隔で燃料集合体を並べていたのを5cm間隔で並べるようにし、貯蔵可能な容量を燃料集合体1,080体分から2,070体分に増やした。


03. 2012年8月21日 08:18:41 : KW1uNRgyTI
電力会社の馬鹿どもは、それでも動かすつもりでいるのだろうか。冗談じゃない。

絶対動かしてはならない。どんなことがあっても再稼動させないようにしよう。

そのためにできることは何でもしよう。愛媛県民は目覚めているのだろうか。

もし事故ったら、松山市も瀬戸内地方も九州の東側も終わりだ。どんなことがあっても、再稼動させない戦いをしよう。

職場に伊方原発の建設に関わった四国電力社員を兄に持つ人がいるが、「大丈夫よ。何があっても。」だって・・・。あいつらの頭は思考回路がちがうのだろう。
今回の福島事故も「大丈夫よ。遠いから。」だって・・・。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧