★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 631.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発45キロ圏外に飛散なし プルトニウム、文科省調査 (共同通信) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/631.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 21 日 21:48:08: igsppGRN/E9PQ
 

原発45キロ圏外に飛散なし プルトニウム、文科省調査
http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012082101002192.html
2012/08/21 20:59 共同通信


 文部科学省は21日、東京電力福島第1原発の半径100キロ圏内を調査した結果、新たに10地点でプルトニウム238が測定され、最も遠いのは原発から北西に約33キロ離れた福島県飯舘村だったと発表した。

 昨年の調査では、原発から45キロ離れた同村内でも検出されたが、今回は半径45キロ圏外にはプルトニウムが飛散していないことが確認されたとしている。

 文科省は昨年、原発の80キロ圏内の100地点で調査し、うち6地点で事故由来のプルトニウム238を検出した。今回は範囲を拡大して新たに62地点の土壌を調査した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月21日 22:29:58 : bfiHqt1iFQ
放射能の恐怖をマスコミは報道しない。今日の報道ステーションの古館も、福島沖のアイナメから過去最高のセシウムが検出されたことは全く報道していなかった。

02. 2012年8月21日 23:29:33 : 2vARFYydWc
原子量240に近い、超重い物質プルトニウムが半径45キロまで達したのなら恐ろしいことだ。

もちろん45キロより遠い場所にも飛散しているだろうが、例によって微量のため検出限界値以下ということにされているだけ。

何も知らない人は放射性物質が45キロより遠い場所には飛散していないと感じてしまう。文章はそのような誤解を与えるように書かれている。


03. 2012年8月21日 23:43:36 : vCtPvA1tEw
仮に測定時45km以内に猛毒プルトニウムが収まっているとしても復興だ除染だ瓦礫拡散だので既に東日本全体をプルトニウムが汚染しているはずさ。

04. 2012年8月22日 00:01:57 : pPJ5gJb78A
>>03
その通り。

汚染地域への出入りは全く自由だからね。
人やもの、自動車や列車に付着して、全国に拡散していく。

チェルノブイリでは汚染地域から出る人や車を厳しくチェックしているが、
この国は全くのフリー・パス。

頭がおかしいとしか思えない。


05. 2012年8月22日 00:05:17 : ZbEkMfgIXY
矢ヶ崎さんによると核種は単体で飛散するものでなく、複数種が集まって微粒子を
構成して飛散したり埃について飛散したりしてると考えられる。
「微粒子として放出されているということは、その中にはヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウム、ウランといった様々な物質が含まれていると考えなければなりません。」
「実際には、私たちは「放射性微粒子」と呼びますが、様々な種類の原子が混ざり合った微粒子の形を取っているのです。一マイクロメートルの微粒子には、だいたい一兆個の原子が含まれると考えられますが、この中には原子炉で核分裂に関係する原子が全て含まれます。事故によって、炉内の温度が冷えていく中で、原子同士が衝突し固まって一つの微粒子になってしまうわけです。(中略)セシウムが見つかった汚染地域には、ストロンチウムのような他の物質も必ず存在するはずです。そういう放出と飛散状況が一切隠蔽されています。」「現代思想」2012-3、青土社、p.120

06. 2012年8月22日 00:29:53 : D2Fcb5QvQI
ビキニ核実験時代の時の何分の一とか?
たいしたことじゃないみたいだね?

07. 2012年8月22日 00:47:30 : btQIok1BQ6
塵にくっついて飛ぶから
プルト君は重いから飛ばないなんて大嘘だ
ちなみに飲んでも吸っても大丈夫も大嘘ですワン

08. 2012年8月22日 02:21:26 : EOdc8NMh9o

水素爆発 ノミ として済まそうとする 

核爆発 有り 未確認ながら 4号機4号炉に燃料棒が残されている可能性も

否定出来て(確認済みの証拠)はいない 4号機プールに現存の燃料棒本数確認必須

兎に角 未確認 未解明 今回の福島原発事故の検証無しに 再稼働 脱原発論等

夢のまた夢 東電のアライザライの全資料の開示迄 国民は監視を続ける

時間 年月による忘却等 微塵もアッテハナラナイ 謎の解明 楽しみだ


09. 恵也 2012年8月22日 08:23:42 : cdRlA.6W79UEw : haAhVh0wX6
>>02 もちろん45キロより遠い場所にも飛散しているだろうが

アメリカのカルフォニアまで飛んでいて、空気中から検出されてます。
今回の検出も精度さえ高ければ、Pu238は半減期が88年なのだから
無くなる筈はなく、80km圏でも検出されるはず。

まあ今の状態ではPuはほとんど放出が終わってるということで、セシウム
ストロンチウムなど軽いものはいまだに放出が続いてるということだろう。

>>08 水素爆発 ノミ として済まそうとする 

水素爆発だけであれば、絶対にアメリカまでPuが空気中を飛んでいく
はずがないから、核爆発か水蒸気爆発はあったはずだ。
俺は両方ともあった可能性があると見てます。


10. 2012年8月22日 09:25:54 : Ghz6ukhshg
プルトニウムは半減期が長い分放射線量は低い。検出限界を高くすれば45キロより遠い場所に飛散してないように見せかける事が出来ると言うだけ。実際はアメリカまで飛び散っている。

11. 2012年8月22日 10:45:15 : EszHBBNJY2
少なくともハワイではプルトニウムが
ソッコーで検出されていたはず。
昨年3.11後、比較的早くに検出されていた。

12. 2012年8月22日 10:45:16 : HYl7sIDGpE
中川恵一先生が教祖をされる「プルトニウムは当くまで飛ばない教」の信者が、文科省にはおられるようだ。

「プルトニウム福島第一原発の敷地内にとどまっている。」とご発言されていた頃からは、大分進歩されたと思う。


13. 2012年8月22日 10:51:40 : HYl7sIDGpE
訂正

プルトニウムは当くまで飛ばない教→プルトニウムは遠くまで飛ばない教

プルトニウム福島第一原発の敷地内にとどまっている。→プルトニウムは福島第一原発の敷地内にとどまっている。

失礼しました。


14. 2012年8月22日 20:49:27 : x4HfwtVEgM
福島原発事故後のプルトニウムはカリフォルニアで43倍、ハワイで11倍。

15. 2012年8月22日 21:02:31 : aKG96v5hOg
プルトニウムの沸点は3200度少し。
沸点を超えるとガスになって拡散します。
ガスになっても放射能であることには何の変わりもありません。
なぜ重いから飛ばないといえるのか何の根拠もありません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧