★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 676.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
写真速報 : 「脱原発基本法」制定運動はじまる(レイバーネット日本)
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/676.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 8 月 23 日 10:42:46: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.labornetjp.org/news/2012/0822shasin

「脱原発基本法」制定運動はじまる〜市民運動の盛り上がりをカタチに!

8月22日午前11時から、衆院議員会館で「脱原発法制定全国ネットワーク」設立の記者会見が行われた。会場には大江健三郎・河合弘之・鎌田慧など10人の代表世話人が出席。メディアも50人以上が集まった。会は、政党・議員の協力をえて「脱原発基本法」の今国会での審議・可決をめざしている。河合世話人(写真中央)は「市民運動の盛り上がりを受けて脱原発基本法の話が具体化した。デモの成果を固定化し、脱原発の道筋を確実にしたい。国の政策として脱原発を決めたい」と語った。また「脱原発基本法は、議員一人ひとりに賛成か反対かを迫るリトマス紙。反対した議員は次の選挙で落とす運動をしたい」と意気込みを語った。脱原発法は、「2025年度までのできる限り早い時期に全原発を廃止する」としている。(M)

==============================================

【関連記事】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012082202000216.html

脱原発法制定へ始動 大江健三郎さんら 全国組織を設立(東京新聞)
2012年8月22日 夕刊

 作家の大江健三郎さんや前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児さんら作家や弁護士らでつくるグループが二十二日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で記者会見し、二〇二五年度までに全原発の廃止を実現するための「脱原発基本法」制定に向け、各政党や国会議員に働きかける方針を表明した。

 グループは「脱原発法制定全国ネットワーク」で同日設立された。大江さんらのほか、作家の瀬戸内寂聴さん、音楽家の坂本龍一さん、福島県南相馬市の桜井勝延市長、茨城県東海村の村上達也村長らが代表世話人に名を連ねる。

 グループが作成した法案の要綱案は、廃炉の時期を「遅くとも二〇二〇年度ないし二〇二五年度までのできるだけ早い時期」と明記。原発の新増設禁止のほか、運転期間を例外なく四十年とすることなどを盛り込んだ。

 また、原発は事故が起きれば無限大の被害が発生する可能性があり、一度に大量の電源を失うことなどから、「エネルギー安全保障上、極めて脆弱(ぜいじゃく)なシステム」と指摘。原発に代わる電力の安定供給のため、再生可能エネルギーの活用などが重要だとした。

 グループは、超党派による議員立法を視野に今国会中の法案提出を目指す。提出が間に合わなかった場合は総選挙の際に、全ての候補者に法案を送り、賛成か反対かを問うとしている。

 代表世話人の一人、河合弘之弁護士は「官邸前などでの市民運動の盛り上がりがなければ、私たちの今回の提案はあり得なかった」と述べた。

 大江さんは「市民が動けば、脱原発基本法をつくることができる。きょうはその出発点だ」と期待を込めた。

--------------------------------------

脱原発法制定めざす/大江民らネット設立
「しんぶん赤旗」 2012.08.23 日刊紙 4面

 原発のない社会を早期に実現するため、作家の大江健三郎さんや前日弁連会長の宇都宮健児弁護士らが、脱原発基本法(仮称)の成立を国会議員に働き掛ける市民グループ「脱原発法制定全国ネットワーク」を設立し、東京都内で22日、記者会見を開きました。

 グループがまとめた法案では、2020年度から25年度までのできる限り早い時期に原発ゼロを実現すると明記。原発の新増設や使用済み核燃料の再処理は停止するといいます。

 大江さんは会見で「原発は、次の世代が生きることを妨害しないという根本的なモラルに反する」と強調しました。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月23日 11:02:50 : nI9N3E54Ow
嬉しい…! 大拍手です。
私も頑張ります。

02. 2012年8月23日 11:13:18 : Ghz6ukhshg
原発ゼロの明確な定義を先ず以ってしていないと、単に原発停止だけになってしまいかねない。原発廃止は使用済み燃料の最終処分まで完結するものでなければ、安全は国保で着ない。六ヶ所村のプールに延々と蓄えられたままなら地震で大災害が原発いくら廃止されても起こりうるのだ。

さらに再処理の道をプルトニウム製造の為に残せば、膨大な放射能汚染は果てしなく未来まで継続されてしまう事になる。

全ての核のゴミを最終処分して、原発の廃炉を完結し、原発施設を全て一旦更地に戻して始めて廃止と定義しなければならない。

玉虫色の政治決着など原発問題では選択不可能なのだ。そして稼働停止は即刻、今この時点から始めるのだ。電気は十分に足りているのだ。


03. 2012年8月23日 11:15:44 : Ghz6ukhshg
02

安全は国保で着ない。 → 安全は確保できない。


(単純打ち込みミスです すみません訂正します。)


04. 2012年8月23日 11:22:54 : HYl7sIDGpE
「今すぐにゼロ」の選択肢を作ってください。
日本の国に、なぜこれがないか、いくら考えても不思議でたまらない。

05. 2012年8月23日 11:50:51 : s9prPO05xg
「原発に代わる電力の安定供給」
だから東電管内原発ゼロで現在安定供給されてるだろうが。下手に再生可能だなんだ
持ち出す必要なし。説得力が増すどころが、自分で自分の首を絞めるようなもの。

06. 2012年8月23日 11:54:55 : 9fouzH6blc
嬉しい…! 大拍手です。
私も頑張ります。

07. 2012年8月25日 23:47:31 : M7Y1rw72Bw
マスコミもフリージャーナリズムもほとんど無視しているが、民主党の「脱原発ロードマップを考える会」が、脱原発基本法案要綱案を7月28日興石幹事長に提出済であり、方向性としてはほぼ同様のものと思われる。
http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2012/07/28-2302.html

興石氏は「党として正式にとりあげて議論をすべきだと考えている。役員会で議論していきたい」と答えているが、党内の推進派をどこまで抑えられるか、気になるところだ。

制定ネットワークも当然この動きは察知した上での声明だと思うが、無事に法案提出までこぎつけた暁には、是非超党派で成立を目指せるよう協力してほしいものだ。
「とにかくゼロにする」という目標を、法という形で明確に具体化することで、政権が変わっても拘束をかけることが出来る。
今度こそ党利党略に捉われることなく、今期中の成立を目指して取り組んで欲しい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧