★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 712.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
核燃、全量再利用を転換 地中処分へ法改正 経産省方針 (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/712.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 25 日 10:55:17: igsppGRN/E9PQ
 

核燃、全量再利用を転換 地中処分へ法改正 経産省方針
http://www.asahi.com/politics/update/0825/TKY201208240708.html
2012年8月25日8時32分 朝日新聞

原発から出る使用済み核燃料のゆくえ
http://www.asahi.com/politics/gallery_e/view_photo.html?politics-pg/0825/TKY201208240685.jpg

エネルギー政策の選択肢では使用済み核燃料をどう処理するか
http://www.asahi.com/politics/gallery_e/view_photo.html?politics-pg/0825/TKY201208240687.jpg

使用済み核燃料の保管場所は、あと何年で満杯になるか
http://www.asahi.com/politics/gallery_e/view_photo.html?politics-pg/0825/TKY201208240684.jpg

 経済産業省は、原発で使い終わった核燃料を地中に埋めて捨てる「直接処分」ができるように「最終処分法」を改正する方針を固めた。政府は原発を推進するため、すべての使用済み核燃料を捨てずに再利用することにしてきた。しかし、脱原発を進めると再利用の必要性が薄れるため、これまでの「核燃料サイクル政策」を転換する。

 政府は新しいエネルギー政策を決めるため、2030年の電力に占める原発割合について「0%」「15%」「20〜25%」の三つの選択肢を示している。使用済み核燃料は「0%」では直接処分、「15%」「20〜25%」では再利用と直接処分があり得るとしている。

 これに基づき、政府はどの選択肢を選んでも、これまでの使用済み核燃料をすべて再利用する政策を見直す考えだ。ただ、今の最終処分法は再利用を前提にしていて、直接処分について定めていない。このため、経産省は直接処分もできるような改正が必要と判断し、来年初めの通常国会にも改正案を提出する。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月25日 11:25:04 : VbWAbFllIA
直接処分の場所はやはり霞ヶ関しかないだろう。
他にどこが有る???
官僚は一生高レベル核燃料廃棄物の上で仕事をするのが当然。

02. 2012年8月25日 12:12:46 : Ghz6ukhshg
再利用の息の根を絶たねば、膨大な死の灰が世界中に拡散する。

地中処分を可能にするだけでは措置としては手ぬるすぎなのだ。



03. 2012年8月25日 12:29:50 : 1laTubqZew

また札束で頬を叩いて地方に押し付けるんだろ。東京に埋めろよ、東京に。


04. 2012年8月25日 12:30:42 : 8fvRDAdblE
いくつか疑問があります。

長期半減期核種を短期半減期核種に変換するオメガ計画はどうなった?
高濃度放射線核廃棄物を長期保管するためのガラス固化技術はどうなった?
また、イギリスなどではガラス固化技術は完成しているのか?


06. 2012年8月25日 13:22:21 : VbWAbFllIA
>>04
高レベル放射性核燃料廃棄物のガラス固化技術は
完成していてフランスではルアーグ核施設内に
貯蔵されている。
イギリスもこの技術は持っているが、シェラフィールド
核再処理工場そのもの存続が危ぶまれている。
後はロシアのマヤークやトムスク。インド、中国だが
これらは軍事用も兼用のため詳細は不明。
米国は現在は再処理は行っていない。

また高レベル放射性核燃料廃棄物の最終処分地はいずれの国でも
決まっていない。ロシアのトムスク7でもあくまで中間貯蔵。
日本のオメガ計画は再処理にあたって核廃棄物を分離処理して
長期核種は高速増殖炉で核変換を行う予定であったが
六ヶ所の事故およびもんじゅの事故のため現在中断中。
再開の見込みは無い。
核変換技術そのものは仮に成功すればノーベル賞級だが
まず再開はないだろう。


07. 2012年8月25日 13:49:25 : LdkO3S4k2Y
>>06 ガラス固形化が完成している???
フランスとイギリスに日本は高濃度放射性廃棄物の処理を任せて
ステンレスキャニスターに格納されたものが六ヶ所村で冷却されています。
このガラス固形化技術には相当な疑惑がある。
個人的な判断だがインチキ技術である。
目論見の1/10程度しか処理できない不完全な技術である。
スイスが何故脱原発を表明したのか?
スイスは日本がイギリスやフランスに再処理を委託していたように
フランスのアレバ社に再処理を委託していた。
だが2006年連邦議会の決定により再処理を中止した。
アレバ社は使用済み核燃料の96%を再処理していると謳いながら
実際は1/10しかリサイクルしかしておらず。残りをシベリアに非合法的に
送っていた事実がグリンピースによって明らかにされたからだ。
参照HP swissinfo.ch
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=31069276
注)情報の出所が胡散臭いグリンピースというのが引っかかるが
  スイス連邦議会が情報を確認せずに決定したとは思われない。

更には何故ドイツが25年前にドライキャスクに方向転換したのか?
福一におけるアレバ社の汚染水浄化装置の実力やフランス自体が
ドライキャスクに方向転換している。
この事実を持って核サイクルと同列のガラス固形化は使い物にならない技術である。


08. 2012年8月25日 14:42:29 : IQeEK8EFaE
福一の地下に潜った核燃料は「事実上、直接処分達成」とか言いそうだな。

汚染食品廃棄物の処分も出来なくて、燃やして埋めるか、再利用してるくらいだから、どうしようもない。
核を処分する技術は無い。やる気も無い。困ったときは法改正。おなじみのパターンだ。

核のゴミは、推進派が墓の中まで持ってけよ。
棺桶は得意の多重防護で石棺しろ。
推進派共同墓地は、百万歩譲って南極でいいよ。


09. 2012年8月25日 14:44:10 : VbWAbFllIA
>>07
ガラス固化技術がインチキであるかどかは何とも
言えないがフランスは再処理後の高レベル放射性廃棄物を
ガラスで封じ込めているのは事実。
当然それだけだと強い放射線が出るので周りを巨大な
ステンレス容器で覆って放射線を遮りこれを
日本に返送している。
ドライキャスクは再処理ではなく直接処理の一環。
この技術は主にドイツが開発しており、ロシアも
旧原潜の原子炉の核燃料処理をドイツに依頼している。
中間貯蔵施設はロシアのムルマンスクで旧原潜基地。
ここに数百年保存する。

日本も再処理を放棄するのであればこの方法が一番
現実的だろう。
しかしやはりこれでも最終処分地は見つからないのが現実。
フクシマ事故直前までモンゴルと最終処分地の
共同開発計画(要するにモンゴルの山の中に埋める)
があったが計画は中止された。


10. 2012年8月25日 16:06:21 : Ghz6ukhshg
ガラス固化技術など必要ないです。
核燃料ペレットを破砕せず、そのままガラスに閉じ込めればそれで済むのです。
ペレットを破砕すれば、クリプトン85など処理不能な放射性の不活性ガスが世界中に拡散するだけですから、決してペレットを破砕してはならないのです。新しい技術化のごとくに見せかけられた無意味なものに騙されてはなりません。

11. 2012年8月25日 16:10:55 : qrCW8Avz9U
>>04. 2012年8月25日 12:30:42 : 8fvRDAdblE
>高濃度放射線核廃棄物を長期保管するためのガラス固化技術はどうなった

ちょっと古い記事ですが、日本の状況はこんなところです

http://blog.dandoweb.com/?eid=139732

高レベル廃棄物の処理や廃炉に関しては、もう何十年も問題視されているのに
この体たらくです


12. 2012年8月25日 16:17:44 : 8fvRDAdblE
10さん。

ガラスの中に封じ込めれば、酸化などの劣化が防げ、たとえ割れたとしても、ひびの断面からの漏れで最小限になると理解しています。
しかし、長期間安定して保存できる方法とは断言できず、長期保存に関して未知数の方法とも理解しています。
もし長期間安定して保存する物理的な方法がないのなら、格納容器を人前に置いて、定期的に格納容器を交換する方法になるでしょう。
その場合、地下深く埋設するなどもってのほかで、未来にわたって人の住む場所の傍で管理するという事になります。



13. 2012年8月25日 16:25:36 : Ghz6ukhshg
>>12


>未来にわたって人の住む場所の傍で管理


東京都庁で保管するのが一番でしょうね。


14. 2012年8月25日 17:42:00 : qrCW8Avz9U
>>10. 2012年8月25日 16:06:21 : Ghz6ukhshg
>ガラス固化技術など必要ないです。

ガラス固化技術を誤解されている様ですね、ガラス固化はガラス瓶の中に核廃棄を
入れて固めるのとは違いますよ、考え方は鉛ガラスと同じです。ペレットを粉砕し
なければガラス固化は出来ません。

貴殿が主張するようにペレットを粉砕することが問題で有れば、現在行われている
様に燃料棒をプールに沈めて保管するしかありません


15. 2012年8月25日 18:11:16 : VbWAbFllIA
核の霊園墓地:このブログ案外参考になりますね。
使用済み核燃料が有る程度冷えたところでこのドライキャスクに移して保存する。
まあコストは相当かかりそうでですが、六ヶ所の再処理工場に3兆円捨てた
事を考えれば安いものかもですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/igproj_fusion/15972992.html


16. 2012年8月25日 18:37:59 : Ghz6ukhshg
>>14

>考え方は鉛ガラスと同じです。ペレットを粉砕しなければガラス固化は出来ません。

放射性物質が溶出しなければ良いのではないですか?
焼結体のペレットを粒状のまま利用し、その間関に低融点ガラスを流し込めば固化可能と思いますが違うのでしょうか?


17. 2012年8月25日 18:39:37 : Ghz6ukhshg
16

その間関  → その間隙

(訂正)


18. 2012年8月25日 20:15:11 : qrCW8Avz9U
>>16. 2012年8月25日 18:37:59 : Ghz6ukhshg
>焼結体のペレットを粒状のまま利用し、その間関に低融点ガラスを流し込めば固化可能と思いますが違うのでしょうか?

詳細に書くのが面倒なので、下記リンク先(経済産業省のサイトです)
を参照ください

http://www.enecho.meti.go.jp/rw/hlw/qa/syo/syo03.html

貴殿の書かれた方法ではガラスが割れた時、放射性物質が漏れ出す
可能性があります。 >>14 に書いたように鉛ガラスと同じです、
鉛ガラスの中に鉛の塊は入って無いでしょ!


19. 2012年8月25日 20:29:33 : KZWsL1KpwQ
『早い話が、溜まっちゃった“放射能ウンコ”をどうすんだい!ってだけ。』

<ヘドロ官僚機構&ブラサガリ既得権益+バカメディア>は“放射能ウンコ”の深刻さを一切無視してきた。
だから『政府は新しいエネルギー政策を決めるため、2030年の電力に占める原発割合について「0%」「15%」「20〜25%」の三つの選択肢を示している。使用済み核燃料は「0%」では直接処分、「15%」「20〜25%」では再利用と直接処分があり得るとしている。』ってな、“無能・無策・無責任体質”丸出しの、非科学的・非論理的妄想に浸りっきりなのである。ここには何等の「論理性」もない、所謂“霞ヶ関文学”でしかない。それを唯々諾々として容認する<バカメディア>も今更ながらではあるが、“官房機密費族”としか言いようがない。

だってさぁ、“再利用技術=もんじゅ”にしても“直接処分方法=どこにどのようにして?”にしても、全くお先真っ暗…今までナーンにも考えてこなかった“ツケ”が回ってるってだけの事じゃん。

「国の新しいエネルギー政策 」を考えるんだったら、
先ずは「脱原発」(だって、<原発>の存在理由は何の根拠も無いってことはモロバレしてるじゃん)…そのための「発送電分離=独占電力会社の解体と再編」…そして「自然再生エネルギーへの政策強化」である。
こんなことは、中学生でも、オジサン・オバサン・ワカモノでも解る、当たり前のことであり、そのための諸々の「技術」と「制度設計」は十二分に用意されている。
…にも拘らずそこへ踏み出せないのは、明らかに、<ヘドロ官僚機構&ブラサガリ既得権益+バカメディア>の怠慢&利権死守のヘドロ根性に他ならない。
こういう連中の目論見は最早、失墜している。

我々約80%超の「国民」が考え、行動すべきことは二つ。
先ずは、「放射能被災者」を徹底支援しすることによって<原発ムラ>の責任を徹底追及し、解体・再編すべく働きかけること。
次に、“原発0”のために“放射能ウンコ”をどう処理し処分するかという「技術開発」と「地域選定」に英知を上げて取り組むこと。

そして、結局のところ、こうした「80%超の民意」を救い上げてくれる政治家or政党を、発掘・育成・支援して行くことが、改革の早道なのであります。
そのためには、「バカメディアを捨てよ!街へ出よう!」を粘り強くやり続けましょう!


20. 2012年8月25日 21:11:24 : oFf9hC4guI
転換もくそも全量再利用などとうから破綻していた。

もんじゅつまり高速増殖炉などずっと昔から破綻済。

プルサーマルなど汚染が濃縮されるだけの絵空ごと。

そんなうそが長年にわたって通用するこの日本、知性が全くない国といより通用しない国。


21. 2012年8月25日 22:07:51 : Ghz6ukhshg
>貴殿の書かれた方法ではガラスが割れた時、放射性物質が漏れ出す
可能性があります。

ステンレス容器に粒状物をガラスで封鎖するので鉛ガラスと大差ない危険度と思います。それよりもペレット自身を粉々にしたときに放出される放射能の汚染のほうがはるかに危険であると思います。


22. 2012年8月26日 11:13:30 : sgolhP60mA
今回の経産省案は「再処理をやめる」ことよりも「地中処分を決める」ことを目的にしているのではないか。これで、原発を動かし続けるときの燃料処分の問題がなくなる。

なお、「『全量』再利用を転換」だから再処理を完全にやめるわけではない。


23. 2012年8月26日 12:38:35 : 8fvRDAdblE
21さん。

混ぜて一体としないと熱膨張率の違いなどから自己破壊してしまうと思います。
希ガスは長い年月のうちに漏れ出してしまうので、最初に漏れてしまっても同じと考えているのかもしれません。
希ガスは、クラスレートとか、取り出して安定した物質にすることも出来るようです。


24. 2012年8月26日 15:05:31 : Ghz6ukhshg
21さん

そんなこと一切しませんよ。放出に任せるだけです。破砕は認められません。

熱膨張率を言うなら合うように調整すればよいだけでしょう。

イタリアンガラスは色々な色ガラスを混合しますが割れませんよ。膨張率が同じだからです。

そんな技術も無いようなら原子力など即刻止めるべきでしょう。取り返しの出来ない事故を何度でも起こすことになります。


25. 2012年8月26日 15:12:48 : Ghz6ukhshg
24

23さん  の 間違えでした。訂正します。( × 21さん )

>>23

>希ガスは、クラスレートとか、取り出して安定した物質にすることも出来るようです。

出来ても一切やらないと決めたのが日本の原子力だとたね蒔ジャーナルで小出さんが話していました。


26. 2012年8月26日 15:33:34 : 8fvRDAdblE
24さん。

物理的にどうのこうのという話はよしましょう。
ガラスと混合しても長期保存に適していると断言できる方法ではないといっているのだから。
原子炉の格納容器が40年でガラス化するといった期間ではなく、何千、何万年という時間のことですから。
唯一長期保存できると思われるガラス固化という方法は、こういうことなんだという話だけです。

浅見さんはどうしたのでしょう。
こういう話好きそうですけど!?


27. 2012年8月26日 16:18:13 : Ghz6ukhshg
ガラス固化などしなくたってステンレスを二重構造にしたって良いのでしょう。

要はもれないようにするだけのことです。ペレットを破砕する事だけは何が何でも絶対に禁じるべきなのです。


28. 2012年8月26日 17:34:19 : e5RRfmRJbM
>>12さん
あなたの見解が一番安心出来そうです。

保管場所は飛行禁止区域設定です。
ただし国民はいつでも監視のため見学出来ます。

日常管理は原子力規制委員と電力役員半数が常駐します。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧