★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 751.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山下俊一 子供の甲状腺検査を語る (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/751.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 27 日 13:30:58: igsppGRN/E9PQ
 

山下俊一 子供の甲状腺検査を語る
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6564541.html
2012年08月27日11:36 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


クローズアップ2012:福島・子供の甲状腺検査 山下俊一・福島医大副学長(甲状腺検査責任者)の話
http://mainichi.jp/opinion/news/20120826ddm003040168000c.html
毎日新聞 2012年08月26日 東京朝刊

◇「親の声、謙虚に聞く」

福島医大で甲状腺検査の責任者を務める山下俊一副学長に、課題を聞いた。

−−検査の目的は。

◆県民の健康増進のための医療サービスで、決して調査研究ではない。WHO(世界保健機関)の推計で、福島住民の被ばく線量はどんなに高くても100ミリシーベルト。100ミリシーベルト以下の健康リスクは明らかには証明されていない、または非常に小さいというのが科学者の国際的合意だ。

−−県外でセカンドオピニオンを求める保護者が増えているが。

◆改善策を考えなければならない。医師の考え方とお母さんの立場にギャップがある。謙虚に声を聞き、信頼関係を築きたい。

−−放射線の影響をどう判断するのか。

◆小さながんも見つかるだろうが、甲状腺がんは通常でも一定の頻度で発症する。結論の方向性が出るのは10年以上後になる。県民と我々が対立関係になってはいけない。日本という国が崩壊しないよう導きたい。チェルノブイリ事故後、ウクライナでは健康影響を巡る訴訟が多発し、補償費用が国家予算を圧迫した。そうなった時の最終的な被害者は国民だ。

=========================================

山下俊一氏,さりげなく本音を語ってしまっています。

検査の目的は補償費用の圧迫から国家を守るためだと。

かつて,ゴルバチョフ氏は旧ソ連の崩壊の真の原因はペレストロイカではなく「チェルノブイリ」だと告白しています。

日本政府も山下俊一氏もそのことを知っているのです。

山下俊一氏は日本政府を崩壊から守るために,子どもを犠牲にするという仕事をしているのです。

わたしはむしろ,日本政府は国家デフォルトしてでも,子どもを守るべきだと思います。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月27日 14:58:35 : GG1xPXbxIM
>100ミリシーベルト以下の健康リスクは明らかには証明されていない、または非常に小さいというのが科学者の国際的合意だ。

証明されていないクセに、「リスクは小さい」と言うこと自体科学者の態度でない。
こういうのをデタラメと言う。


02. 2012年8月27日 16:11:30 : rq6dpemiHI
こちらがあれこれ言わなくても投稿記事に重要なことは強調されてる

>山下俊一氏,さりげなく本音を語ってしまっています。

>検査の目的は補償費用の圧迫から国家を守るためだと

あえて付け加えるなら
これは、おそらく官僚からの指示
あいつらは事故のさ中ですら、これしか頭になかった
それは当時の新聞記事を読むだけでも、結構頻繁にでてくる


03. 2012年8月27日 16:33:08 : Lx8eV0BFnk
国連WHO

http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/whoiaea319-5f9b.html


04. 2012年8月27日 16:44:58 : Xs0Gj9F23E
命あっての物種って言葉があるけど、以前当たり前のように感じていたフレーズが、いまやぎょっとするようなフレーズに変わったかも。

ベルトコンベアー式脳構造のお役人たちは、日本の国力を、金の数値で高めようと躍起になってるけど、何年も経てば、子供達の数も、元気に働ける大人の数も、どんどん激減していってるだろう。その時に、死者や病者を強引に働かせて、金儲けに邁進させようとでも・・・。まさに「金の亡者」、くわばらくわばら。

あ、そうか、人はいらないと。この国のお家芸たるロボット達が、人間の労働者にとって替わるんだからいいじゃんって発想ね。。
ロボットは好きだけど、、ターミネーターの世界が来るのはちょっとね。。
金金役人共は、生身のままターミネーターになっちゃったのかな。
山下俊一氏の頭にも、既にチップが埋められたか。

なんかバイオハザードとか、ターミネーターとか、マジな近未来なんじゃないかと思えてきた。ぞくっ


05. 恵也 2012年8月27日 17:03:39 : cdRlA.6W79UEw : FFmyAnSzDr
>> 100ミリシーベルト以下の健康リスクは明らかには証明されていない、または
>> 非常に小さいというのが科学者の国際的合意だ。

凄い言葉のマジックだ。
前半は「証明されていない」。後半は「リスクが非常に小さい」
内容が違うのに、どっちが科学者の国際的合意だ?

どれだけ専門なのか知らんが、ロクに理解してないのじゃないかね。
科学者の国際的合意は、フクシマ事故前にはどんなに放射線が小さくても直線的
に影響が小さくなるだけというものだったんだけど、こいつは本物の科学者かね。

昔の「しきい値説」という科学的常識にしがみついてる化石みたいな人間だ。
新しい科学的知識が入らないのだろうね。市川定夫氏は2.5mSvでも、突然変異
が生じることをムラサキツユクサで証明してます。
国際的合意は「しきい値」がないということだ。

ーーーー引用開始ーーーー
1980年にアメリカで招待講演をして、それ以来外国では少なくとも放射線の
「しきい値説」を取る人はいなくなりました。学問上もいなくなったし、法律上
もなくなっています。ところが、日本だけはまだ「しきい値説」なんです、法律上も。

これだけの危険度を見積らなければいけないというのが国際的な委員会で出
てても、日本の法律は変わっていません。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report3.htm


06. 2012年8月27日 17:22:45 : AJHqSRO45s
天誅下る人物だ。

優先順位がわからん。
ボケまくっている、科学者は要らないと思う。


08. 2012年8月27日 18:10:26 : rvNqG7Fczo
もしウィキペディアが本当なら山下は創価のまわしもの
日本人なんてただのモルモットぐらいにしか思ってないな。
全国の長崎県人の皆さんあまりこいつを放置しとくとそのうち長崎県の出身ですとか大きな声で言えなくなるよ。
1952年に長崎県長崎市で生まれる。迫害を受けてきた浦上の隠れキリシタンの子孫で[1]、カトリック信者である[2]。母親が長崎市への原子爆弾投下で被曝した被爆二世[3]。親戚について、本人は「親戚郎党みんな原爆で亡くなりました」と語っている。 これってホント?

09. 2012年8月27日 19:21:02 : WdT2DiPbag
多くの専門家の意見を集約して安全だろうと決めた法律の数字が年間1ミリシーベルトである。

事実を見ること。専門家の中でも原発が安全と主張している人はその主張が崩れたが、地震でも津波でも心配だとする専門家の見解の方が正しかった。

事実を見よう。


10. 恵也 2012年8月27日 19:59:56 : cdRlA.6W79UEw : GEnLazUX6s
>> 日本政府は国家デフォルトしてでも,子どもを守るべきだと思います。

俺もそう思うけど企業や国家を守りたがる御用学者はいつも出てくる。
水俣病でも熊本大学が長い研究の上に水銀という原因を見つけたのに、企業を
守ろうと邪魔をした東京工大の清浦雷作教授が頑張ってます。

こいつらにはデータを出さず、結論だけ出すという同じ匂いがする。
本当に官僚や御用学者連中は被害者には強く企業には甘い。

ーーーー引用開始ーーーー
東京工大の清浦教授は腐った魚だといった。その根拠は、日本中の各地を調べる
と水銀の多い場所はたくさんあり、そこで水俣病は発生していないからだ。

社会的に混乱を引き起こすからその場所は言えないという。
http://www.sanshiro.ne.jp/activity/01/k01/schedule/6_15a.htm


11. 2012年8月27日 20:13:57 : Eb48pxGbzI

 愛が 福島は 疎開させるべきで そのために 部分的BIを導入すれば

 最小限の投資で 最大の効果が出ることを主張したのだが!!

 ===

 為政者は 今の枠を出ることができない らしい!!

 ===

 それも これも 不透明な金が 必要な反国民のグループが 存在する故だろう

 アメリカの弱体化が 日本の予算を 当てにして それに 自衛隊などが

 便乗して ほかに出口のない不況から 企業を守るために 三菱などの

 軍事産業が 国民の財産を むしばむことになる

 ===

 BIとか 個別補償とか 明らかに 簡明で正当な福祉政策は 

 不正の入り込む余地がないために 敬遠される

 ===

 橋下が 道州制を標榜するのは 簡明な予算の執行を 実現させることだが

 これとて 実現はまったくの困難が予想される

 結局は 先ほど述べたグループは 生死を賭けて 妨害してくるからだ
 
 それは 安倍が わかっていても実現できなかった 現実というもので

 安倍が ひそかに 橋下に エールを送る理由かもしれない

 ===

 うわべの 華やかさとは関係なく 内部で ドロドロに動く 悪魔の仕業に

 日本国民は 無力なのだ!!

 ===

 それゆえに その内部を変えさせる 原動力は 

 おもいっきり 華やかに バカ騒ぎするほどの 熱気でもって 対抗する以外にない
  


12. 2012年8月27日 21:13:28 : VH8bBu7qiE
福島県の子供の甲状腺の検査で、3人に1人のに"しこり"問題。子どもたちの甲状腺異常:福島(2011~2012)と長崎(2000)の差が著しい!
http://hibi-zakkan.net/archives/15522351.html
カルディコット医師の警告「子供に甲状腺結節やのう胞があるのは、まるで普通ではありません」
つまり、一般的に、甲状腺腫やのう胞や結節は子供におきることはきわめて少ないという事が、山下氏自身の論文に書かれている事です。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/9cd4394d90098df839b29de3c69a8184

13. 2012年8月28日 01:14:03 : MiyuLkP4N2
国民に健康被害を免罪させ 泣き寝入りさせたベラ0ーシみたいに、

疫学 科学的に正確な医療調査をしたら逮捕される社会が来るでしょう


14. 2012年8月28日 08:44:31 : FdTxUVkU8c
>>13
>国民に健康被害を免罪させ 泣き寝入りさせたベラ0ーシみたいに、

日テレの「鉄腕ダッシュ」の山口達也がベラルーシに行ったのをみましたか?

日本ではホールボディカウンタの検査がうけられなかったり、受けても結果が知らされなかったり、あるいは福島で検査させてもらえなかった人が栃木の病院に行ったら、
福島県からの依頼で福島県民は診られないと断られたりした。

いっぽうベラルーシでは、事故後ホールボディカウンタを街中に設置して、無料で
だれでも検査を受けられます。山口達也は体重1キロあたり20ベクレルで安心だと
言われていました。70ベクレルで要注意、200ベクレルで危険だということです。

この200ベクレルが常時保たれているひとを考えると、阿修羅過去スレより計算
すると、体重60kgとして、年0.4ミリシーベルトです。ですから、ベラルーシ
では、年0.4ミリシーベルトでも危険と考えているのです。0.14ミリで要注意
と見てもいるわけです。

たしかに、ベラルーシに問題はある。でも、現状の日本よりよっぽどましだとは
いえます。100ミリシーベルトの山下が頑張っている国ですからね。


15. 2012年8月28日 09:48:28 : k3uFuPtct6
>わたしはむしろ,日本政府は国家デフォルトしてでも,子どもを守るべきだと思います。

最初はそう思っていた。
でも、原発事故だ。汚染は何十年何百年どころか何千年何万年の単位で続く。放射能のことさえなければ国家が破産しても円安を生かしていずれ立ちあがれるが放射能汚染ゆえとなると悲観的な考えしか浮かばない。日本という国がどこまで落ち込むかわからないが最悪の場合は電気どころか日々の食べ物にも困り老人や病人はもちろん、子どもたちさえも守れないかもしれない。たとえ放射能からは守れたとしても病気、治安の悪化、食糧難…、敵はたくさんだ。
とは言えども放射線量の高い地域の子どもを見殺しにはできない。福島など放射線量の高い地域の小中高校を全寮制にして北海道や西日本の廃校に学校ごと移転させる処置をただちにとるべきだ。


16. 2012年8月29日 13:50:59 : XXWRRd51Zs
ベラルーシ、ウクライナ、ロシアが91年に制定したいわゆる「チェルノブイリ法」では、1mSv/年以上を「避難の権利」、5msv/年以上を「避難義務」としています。
それに対して、日本は20mSv/年以上を「避難の権利」(現在では特定避難勧奨地点)としています。しかし、実際は、でたらめな計算で、20mSv/年=3,8μSv/時に途方もなく引き上げています。さらに加えて、それを超えるところについても、(福島市内の場合は)あれこれ難癖をつけて避難の権利を拒否しています。これについて、福島市長は、はっきり「避難は経済を縮小させるので除染で行く」と宣言しました。
ところで、この数値の比較ですら不充分です。
チェルノブイリ法の数字は、全被ばく量ですが、日本では空間線量なので、内部被曝を小さく見積もっても、空間線量20mSvは、実質40mSvほどになります。
ベラルーシ、ウクライナ、ロシアともに、経済的な余裕も小さく、補償など問題を抱えているところもありますが、日本とはあまりの隔たりです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧