★阿修羅♪ > 原発・フッ素26 > 818.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
堕胎・流産が、原発事故後妊娠の友人5人中4人、1人早産、関東・静岡。避難者に甲状腺・血液異常報告多数。 
http://www.asyura2.com/12/genpatu26/msg/818.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 8 月 30 日 20:24:58: igsppGRN/E9PQ
 

堕胎・流産が、原発事故後妊娠の友人5人中4人、1人早産、関東・静岡。避難者に甲状腺・血液異常報告多数。
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/ffd8e4d354cf226c8a4b77833656ac03
2012-08-30 02:12:15  木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」


堕胎は妊娠8週目迄は箸位の細い器具を、子宮内に挿入し、吸い取ります。掃除機のイメージ。
妊娠8週目後なら赤ちゃんを掻爬法で対処します。かき出すということです。

妊娠12週目から妊娠21週の6日目は陣痛を促進させたり、帝王切開するなどの対処です。
これは、出産に近く、母体に負荷がかかります。心理的にもきつく、死産としての届出になります。

 今、結婚している女性ばかりでなく、独身で妊娠可能性のある女性にも、放射性物質が、特に体にどのように影響を与えるのか、真剣に考えてほしいと思います。ご自身の身体を守ってほしいです。

 静岡東部→熊本に移住した30代の女性からの報告。関東・静岡の友人に、堕胎・流産が相次いでいる事。関東からの避難者に甲状腺や血液像の異常がおきているケースが多いという話です。熊本で積極的に活動していて、僕もよく知っている方が伝えています。

========================================================

 色々と確認出来た事がありましたので、私事ですが報告致します。

 静岡東部から2012年3月に熊本に家族移住してからと言うもの、沢山の移住者達と支え合い、情報を共有し合い、楽しく過ごしてきましたが、やはり食の汚染と、移住前の体のダメージは共通の心配事です。

特に気になっているのが甲状腺の異常です。

 私が見聞きする限り、放射能汚染による被曝を気にして移住して来た方達の検査結果では一様に異常が報告されてきました。良性の嚢疱、慢性甲状腺炎、血液の色々な数値も異常を示し、要経過観察のセカンドオピニオンも聞きます。見知った友人達の、自覚症状無しの体の異常は聞くのも辛い報告です。

 そういった状況しか聞かないので、どうせ我が家も異常が出るのだろうと、暗い気持ちで悪い想像をしていましたが、なんと私の家族は甲状腺をエコーで見ても、血液検査の結果も、全く異常がありませんでした。診察室を子どもを抱き、夫婦で後にした時は涙がこぼれそうでした。 静岡東部にしては比較的早い移住決行だった事、震災直後から内外被曝に注意していた事だけが吉報を生んだと言えます。

 異常が出てしまった友人達ですが、彼らも非常に気をつけた食生活だったと伺っておりますし、実際今も気をつけています。それでも出てしまう異常。気をつけていない方々の今の体の状況はどうなっているのでしょうか。非常に心配しています。

こういった事象を懸念する材料は、実はもともとの私の身近にもありました。

まず3.11.事故前まで、私の身近では流産の話は、3年に1人位しか聞きませんでした。

そして、去年の秋位までの話しですが、3.11.事故後に私の友人5名の妊娠希望が叶いました。関東や静岡です。

うち1名は不妊治療の末の妊娠でした。

なのに全員が被災地を「食べて応援」していました。私は何かあっても遅いので、自分の子どもを最優先にしてくれと伝え続けました。

その結果は非常に残念な事になりました。

体外受精の友人以外の4名は堕胎と流産です。結婚後に子どもが欲しい夫婦でしたが、堕胎していました。堕胎と流産の理由や詳細は聞きませんでした。

残る1名ですが、連絡を取らなくなったまま、早産で危なかったとだけ友人伝いに聞きました。

放射能被害の一例かもしれません。でも、そうではないかもしれません。

が、彼女達は食べて応援していました。その事実は変わりません。

私は愕然としました。

子どもを愛する親のする事なのでしょうか。五体満足で「産まれて来ないかもしれない可能性」を1%でも1mmでも感じさせるような行為をなぜするのでしょうか。鼻水が垂れていれば風邪を引いたかと心配するものだし、ちょっと火照っていれば発熱かと慌てるのが親ではないのでしょうか。

もう関係のない誰かの出す「多分大丈夫だろう、大丈夫でなくても誰も責任は取れないけれど」という状況に寄りかかり毎日を盲目的に過ごすのではなく、本当に愛する人は誰なのか、本当に大事な事は何なのか、自分に問いただして頂きたいです。

私は家族を愛しています。愛する家族の為、私も健康でいたいと強く思います。

子どもが嫁ぐとき「大丈夫だよ」と言って送り出したい、その一念です。

子どもだけを疎開という手もありますが、あなたは子どもを手元から離したいですか。

一緒に逃げて下さい。逃げて生き延びて下さい。私の個人的な思いです。でも、一緒に逃げて守って下さい。

私はJCOでも「直ちに影響はない」被曝をしました。当時学生でした。自分の将来像を描く時にどうしても図書館で見たはだしのゲンを重ねてしまいます。「今は何事もなくとも、後で何かなってしまうかもしれない」

チェルノブイリ事故からも今学んでいます。知れば知るほど恐ろしい。何故なら今回の事故はチェルノブイリを上回っています。被害も上回ると想像します。

私達は今も生きています。誰の為に生きるのでしょうか。自分と、愛する人の為に生きているのではないでしょうか。

==================================================

僕は貴女自身を守ってほしいと思います。愛していますから。甥や姪を守りたいならなおさらです。

==================================================


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月30日 20:58:33 : cqRnZH2CUM

ただのデマだろうが

震災エリアでは物理的・心理的ストレスで、流産が増えてもおかしくはない

阪神淡路震災や、宮城北部エリアとの比較はするべきだろう

http://www.asahi.com/national/update/0416/TKY201204160467.html
流産・中絶「震災後増加」根拠なし 福島県立医大
関連トピックス
原子力発電所東京電力

福島県内の人工妊娠中絶と自然流産件数 

 東日本大震災後、福島県での自然流産と人工妊娠中絶件数の割合は、震災前に比べてほぼ変わりないことが、福島県立医大の調査でわかった。東京電力福島第一原発の事故後、ストレスによる流産や放射線被曝(ひばく)を心配した中絶が県内で増えた、などとする一部の情報やうわさに根拠がないことを示す結果だ。

 藤森敬也教授らのチームは、これらの情報から県民に不安が広がっているのを受けて県内の医療施設を対象にアンケートを行った。

 専門誌「周産期医学」3月号に発表した論文によると、妊娠を取り扱う81施設のうち74施設から寄せられた回答を分析した結果、妊娠100件あたりの人工妊娠中絶と自然流産の数はそれぞれ、18前後、10前後でほぼ横ばい。いずれも震災後にわずかな増加があったが、統計的に意味がある増え方ではなかった。


02. 2012年8月30日 21:43:40 : JlUhzNrIdo
肥溜め村の肥たご集荷人赤かぶスレで正論を言っても無駄ですよ。
肥溜め村では嘘とガセと煽りがまともで、正論を吐くものは工作員かキチガイでしかありません。

03. 2012年8月30日 21:54:18 : k3uFuPtct6
>東日本大震災後、福島県での自然流産と人工妊娠中絶件数の割合は、震災前に比べてほぼ変わりないことが、福島県立医大の調査でわかった。

福島県内では手をまわされて簡単には人工流産させてもらえないから早期の処置を希望する場合は他県に行くのではないか。基本的に保険を使わない自由診療だからね。すべてを報告するとは限らない。


04. 2012年8月30日 22:14:45 : VSTZLegdtU
>基本的に保険を使わない自由診療だからね。すべてを報告するとは限らない。

それは、十分あることですよね。
堕胎や流産が多い病院と思われたくありませんからね。

これまでの公害でも健康被害がまともに出されたことはありません。
ずーっと後になって、クチコミで聞いたことが、やっぱり本当だった、と思うことが何度あったか。
日本人ってお人よしというか、あまりにも無防備であきれるよね。


05. 2012年8月31日 07:51:21 : LnADmImS76
>04

>日本人ってお人よしというか、あまりにも無防備であきれるよね。

そしてそれを、cqRnZH2CUMだのJlUhzNrIdoだのといった後ろ暗い邪悪有害存在が助長する
cqRnZH2CUMやJlUhzNrIdoのような有害存在の除去処理法の確立は人類存在共通の課題であるのだが、現在の日本においては危急の問題となってしまった




06. 宮島鹿おやじ 2012年8月31日 07:51:31 : NqHa.4ewCUAIk : T8JEEU0cNk
福島から広島に母子で避難されているお母さんが、甲状腺ガンと診断されたという「事実」を述べます。この事実は間違いありません。私の身内が本人から直接聞きました。

07. 2012年8月31日 09:08:30 : s6l623UXcQ
木下黄太氏は裏をとるというから、信用できる話だともおもうが、そうだとしても
ちょっと心配しすぎではないか?

静岡東部からの避難というのも原発事故の拡大の危険性を知っていたらありえないこと
ではないだろう。

ただ、それでも甲状腺検査に一喜一憂しているのは気にしすぎではないだろうか。
福島でたっぷり被曝してしまった。あるいは首都圏のホットスポットというところに
いつづけているとかならわかるのだが。でも慎重派ならありえることかもしれない。

またお友達5人が「食べて応援」をしていたというのが、本当かな。妊娠していたら
注意深くなる、5人のうち5人がとかは疑問の余地がある。が、そういうこともある
かもしれない。

といって、推進派の工作員の仕業ではないだろう。その場合、はっきりウソとわかる点があるものだから。そうでないと工作の意味がない。


08. 2012年8月31日 13:39:20 : LmlKUDlRxY
木下黄太は何故かあまり好きになれないんだよな。

ちょっとずれるが、子供など要らない女性は結構いる。勿論後に欲しくなる人もいるけどね。そういう人は「自分を大事にしなくてもいい」のだろうか。
それと、何故「若い男性の避難」については何も言及がないのか。そこにいつも違和感がある。
子供は女性だけで作るとでも思っているのだろうか。受け継がれる遺伝子は半々だ。


09. 2012年8月31日 20:45:18 : j1JeUBVxBk
>>08

>それと、何故「若い男性の避難」については何も言及がないのか。そこにいつも違和感がある。
>子供は女性だけで作るとでも思っているのだろうか。受け継がれる遺伝子は半々だ。

女性は胎児の段階で自分が一生使う分の卵細胞を既に卵巣内に準備している。だから放射線の影響を卵巣が受けると卵細胞そのものがダメージを受ける。新しく卵細胞が作り直されることは無い。高齢出産でダウン症が多いのはそのため。

男性は常に精母細胞から新しい精子が作られるので、精母細胞がダメージを受けていない限り大丈夫。・・・常にある程度の確率で遺伝子異常の精子は作られるが、異常な精子は卵細胞まで到達しにくいので、そこである程度淘汰される。

そのため生殖細胞への放射線の影響は性別で差が出る。


10. 2012年9月01日 00:23:11 : SJvtXsRpyU
>>09 精母(精原?)細胞というのは、最も放射能に弱い細胞と言われる。だから「ダメージを受けていない限り大丈夫」とはまず言えない。恐らく真っ先にダメージを受けるだろう。

どうしてこういう事を書くかというと、09のように「男は放射能被曝しても大丈夫」「男はちょっと線量の低い所に移動すれば子供を作ってもオッケーだ」みたいな考えで、何の考えもなしに子孫を残されては困るからだ。

それとダウン症の事を言っているが、男は40すぎると自閉症児の確率が高くなるのは有名な話。つまり、卵子も精子も老化・劣化するって事。人間の細胞の中で精子や精原細胞だけが老化しなかったらバケモノだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素26掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧