★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 129.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
南相馬の”黒い物質”「測定器自身が死んでしまうというほどの猛烈な放射線を発生する物質」小出裕章氏8/28… 
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/129.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 9 月 05 日 12:19:01: igsppGRN/E9PQ
 

南相馬の”黒い物質”「測定器自身が死んでしまうというほどの猛烈な放射線を発生する物質」小出裕章氏8/28INsideOUTジャーナリスト志葉玲さんに聞く(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2308.html
2012-09-05(11:04)  みんな楽しくHappy♡がいい♪


超高濃度に汚染された”黒い物質”
風が吹けばまき上がり、その存在はとても心配されています。

以前、モーニングバードでも取り上げたことがありました。
南相馬”黒い物質”から高濃度セシウム2/24モーニングバード(番組内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1556.html

南相馬市の大山こういち議員は最初からこの問題を追い続けていらっしゃいます。
大山こういち議員のブログ→http://mak55.exblog.jp/


ジャーナリストの志葉玲さんが、”黒い物質”について説明して下さっています。
江東区〜南相馬〜そして小出先生のところにも。

内容を書き出しました。

「原発事故と福島〜子どもの未来を守る〜」

"黒い物質"を追う:志葉玲・小出裕章

INsideOUT 2012年8月28日(火)放送

山本 浩資(BS11報道局記者)
児玉 平生(毎日新聞紙面審査委員兼論説室)
ゲスト
川田 龍平(みんなの党参議院議員)
志葉 玲(ジャーナリスト)

東京・福島”黒い物質”を追う

山本:
志葉さんは原発事故後、いろんな放射性物質の拡散について取材を続けられています。
今年2月に南相馬で発見された”黒い物質”、放射性物質。
これについてちょっとお話をお伺いしたいんですが、

志葉:
そうですね、この”黒い物質”というのは、最近いろんな呼び方があって、
”路傍の土”だとか、”黒い藍藻(らんそう”だとか、その正体も諸説あるんですが、
確かなことは、南相馬だけではなくて、ハッキリ言えば東日本のかなり広範囲のところで放射性セシウムが、
あり得ない濃度で濃縮しているというようなことがあります。
具体的に言いますと、たとえば、東京なんかでも、道路とかに普通に落っこちているようなものが、
kgあたり、10万ベクレルだとか、20万ベクレルだとか、

山本:それはこちらですね、
「東京都の黒い物質マップ」という事です。

志葉:
これはですね、南相馬市の大山こういちさんという市議の方が
中心になって調査されたものを使わせていただいているんですけれども、
ご覧のように最高で29万ベクレルという、葛飾区です。


そういうのがあったりだとか、この近くですと皇居ですよね、
11万ベクレルというのがございますね。

奥多摩の方でも3万ベクレル位のものがあったりだとか。

山本:
食品の新基準で1kgあたり100ベクレルですよね、
それに比べるととんでもない数値ですよね。

志葉:
ま、道に落ちているものですから、普通は食べたりはしないんですが、
子どもというのは予想もつかないことをしますから、
私の友人の子どもなんかも、この前、泥を口に含んじゃったということで、
友人もかなり気にしていたんですが、
小さい子どもは何でも口に入れちゃうので、こういったものが道に…
本当に公園だとか、その辺の通学路だとか、学校の前だとか、
そういうところにも落っこっているんですよ。

山本:
それではその黒い物質とはどういうものなのか?
志葉さんの取材映像を見ながらご覧いただきたいと思います。

ーーーVTR

東京・江戸川区 JR平井駅

こういうのもそうです。
こういうのを何度も見かけていて、

どこも1マイクロは確実に超えていると思うんで、毎時1.161マイクロシーベルト

とりあえずここら辺に置いて、さっきより高い 毎時2.295マイクロシーベルト
あ、ほんとうだ。

黒い物質のサンプルを神戸大学で検査してもらったところ、
最大でキロ当たり24万3000ベクレルという数値が出たという。

U8容器っていって、計測する時の専用の容器で、100ミリリットル。

石川あや子さん 江東こどもを守る会代表:
通常自宅から駅まで10分ほど歩くんですけれども、
その間に、ま、20カ所ぐらいは散見されると。
ただ、その濃縮具合は所所によって違うので、
それが1マイクロだったり、2マイクロだったり、0.6マイクロだったり、
その線量は様々なんですが、
普通に子どもたちが遊ぶ近くだとか、通学路に散見されるというのは、
とてもいい状況ではないというか、危険な状況だと感じています。

福島・南相馬市 南相馬市役所

市議会議員 大山弘一さん:
役場に来たみなさんがこれを踏み上ってですね、手続きをしに来るわけですから。
ね、「風で飛んじゃうよ」と。
じゃあ、「お前が全部回収すればいい」というかもしれないけれども、
しきれないですよ、いたるところにありすぎて。

大山市議は゛黒い物質”を発見し東北大学に調査を依頼したところ、
物質は「藍藻(らんそう)」という微生物の可能性があると指摘された。
この微生物が地表や雨水に含まれる放射性セシウムを吸収したという。

大山:
ね、これ自転車の跡でしょ、これ。
みなさんが、住民が通っているんですよね、これ。
これをみれば、道路になにが起こっているか?と。
スタッドレスタイヤで削られて、それが舞い上がっている。

この上の目盛りで、16を超えましたね。22.23

大山市議の案内で4月に警戒区域が解除になった小高区へ

大山:
おそらくもっと奥に入れば、線量の高いところはあるんだけれども、人がもともと住んでいない。
で、この雨がここに集まってここから出る(雨どい)んだけども、
向こうに出ずにね、逆流しているわけですよ。
ですからここは本当に真っ黒で藍藻畑になっている。

志葉:わっ!あの黒いのそうですか?
大山:そうです。
志葉:うわっ…


ーースタジオ

山本:
わたしこれ、VTR見た時、本当に驚いて、
「これ、どこにでもあるんじゃないかな」と、思ったんですけど。

志葉:
そうですね、まぁ、この濃縮のメカニズムについては諸説別れるんですけれども、
基本的には原発事故で放出されたセシウムが、雨や風で集められて、
それが「藍藻」という微生物や、
粘土なんかもよくセシウムを吸着したりするんですけれど、そういったものが吸着しちゃったという、
そういうものじゃないかとみられています。
ですから、特別なものじゃないんですよ。本当にどこにでもある。
だから、最初にこの件が発覚した時に、
南相馬で発覚したので、ローカルな問題だと思われていたんですね。
たら、メカニズムから考えれば、それこそ東日本全域で起こっても不思議ではないと。

山本:
福島では、当然首都圏よりも大きな値が出ているわけですよね。

志葉:
当然降ったセシウムの量が違いますから、ほんとに凄まじい量というか、
343万ベクレルもありますね、
先程の雨の中の取材のところはここですね、570万(小高区)ベクレル

山本:どうですかね、この状況

川田龍平 みんなの党参議院議員:
空間線量にすると低いと言われていますけれど、
でもその、これがどういう事で風にまきあげられたりとか、
やっぱり分からないんですよね。
どういう形で口に入ってしまうか?とか、子どものケースなんかもありますので、
出来るだけやっぱり、きめ細かく測定をしていくというのが、すごく大事なことだと思います。
先程の雨どいの近くですとか、あとやっぱり川とかいろんな水の流れで、
乾いたりしたところに溜まって行くという話なので、
駐車場の入り口とか、いろいろなところに、東京にもあるということですよね。

山本:
志葉さんは、この物質がどういうものであるか?という事で、
京都大学の小出さんのところにも持ち込まれたそうですね。
実際どういうものなのか?という事で、いろんな測定もされたという事なので、
その映像もご覧ください

08:34−−VTR

小出:はい、私は行きます。
志葉:これ、靴はいったん脱ぐんですか?

小出:
放射線がいっぱい飛び交っているという状態では、今はありません。
放射線が飛び込んでくるたびに「ピッ」という音がします。
で、この位の音だという事を頭に入れて置いて下さい。
ま、0.2マイクロシーベルト/hぐらい。
こえを、私は中には言っていきますので、音も含めて聞いていて下さい。

志葉:はい

線量計を”黒い物質”に近づけると、

小出:
ここにあるのが、いわゆる南相馬で取られた”黒い物質”です。
今のこの状態で、10マイクロシーベルト/hぐらい。
で、もっとこの検出部分を密着させるような事をすれば、もう・・・よろしいですか?
100マイクロシーベルト。

で検出機はこの鉛で囲まれた箱の下にあるのですけれども、
私が持っている”黒い物資”を、検出器からものすごく遠ざけて、いま測っているのです。

もし、この”黒い物質”を検出機に密着させる、
これを近づければ検出器自身が測定することもできないほどになってしまうという。
ぜんぜん出方が違う

志葉:ああ、出方が違う

小出:
さっきのとは全然違って、ほとんど、
その針のようなものが出なくなっているというのが分かって頂けると思いますが、
これは測定器が死んでしまっているのです。

志葉:放射線の強さが強すぎる?

小出:強すぎて、もう、検出器が測定しきれないという、
ここにデッドと書いてあるのがあるんですが、

志葉:本当だDeadって書いてある

小出:
検出器が死んでいるという。それがもう90%以上という状態で検出器が死んでしまっている。
そういう状態です。

志葉:あらまぁ・・

小出:
放射線が強すぎて、測定器自身が死んでしまう。
計測ができなくなるというほどの猛烈な放射線を発生する物質でした。

南相馬のものは1kgあたり数100万ベクレルというほどのセシウムを含んでいました。
セシウムという放射性物質は1万ベクレル以上あれば、
放射線物質として厳重に管理をしなければいけないと法律で定められていますし、
その場合も1kgあたり1万ベクレルを超えているという条件がまた付いています。
ですから、両方満たした場合にはそれは厳密に放射性物質として、取り扱わなければいけないのですが、
私のところに持ってきていただいた物質は今聞いていただいたように、
1kgあたりで言えば数100万!というように汚れているのですから、
総量で言っても1万ベクレルは超えていますね。
ですから、本当はもう厳重に放射性物質として取り扱わなければいけないという。

東京からきたものはどうか?と言えば、
それはひとつは葛飾区の水元公園という、綺麗な公園ですけれども、
その公園の中にあった”黒い物質”ということで、
それも1kgあたりでいえば、何10万ベクレルと。

もうひとつは、
東京都なんですけれど、東村山という多摩の方の学校にあったという”黒い物質”ですけれども、
それも1kgあたりでいえば、何万という事で汚れていましたので、
かなり広範な地域が…いわゆるホットスポット、
あるいはマイクロスポットと呼ぶような形で汚染をしてしまっている。
そういうところは普通の人々が立ち入る場所な訳ですし、
学校というような、子どもたちが遊ぶ場所でもそういうものが広がっているということですので、

本当に日本が法治国家だというのであれば、
そういう物質は早急にそういう現場から除去するという事が必要だと思います。

ーーースタジオ

山本:
ん・・・もう、検査器が死んでしまっている。測定不能。
もう本当に即除去しなければいけない状況なんだけれども、
志葉さん、いろいろと取材を重ねていらっしゃると思いますけれども、
政府の対応、自治体の対応というのはどうなんですか?

志葉:
これがもう、本当にひどいもので、
そもそも、政府の、環境省の除染の基準というものが、空間線量に依存しているんですね。
マイクロシーベルトに依存しているんですが、
ですから、「ベクレルがどれだけ強くても関係ない」っていう話があって、

また、地上1mから50cmの空間線量で考える訳なんですが、
黒い物質は地面に落っこっていて、検知器を近づければ
マイクロシーベルトがグワーッって上がってくるんですが
ああいった検知器というのはですね、大体空間の平均量を測るものですから、
「近づけないと分からない」というところがある訳なんですね。
だから、地上1mのところでいくらやっていても、
すごく線量があがるわけではなくて、
ただ、飛んだり、吸入したりだとか、身体の中に入れば当然、
さっき近づければ100マイクロシーベルト見たいな数字も出ていましたが、
そういうこともあるんですが、
結局、環境省の今の除染基準では、「除染しなくていい」という事になってしまっている。
重大な欠陥があるわけです。

山本:川田さん、その環境省の対応っていうのは、どうですか?

川田:
そうですね、いまのガイドラインという形で出ているものは、除染出来きれないという事ですので、
本当にこれはしっかりとですね、測定をして、
空間線量だけではなくちゃんと測定をしてですね、
除去できるものについては除去していくという事が、一つ一つ大事なことですし、
また、除去したものをちゃんとですね、保管していかなければいけないという。
いままでは、放射性物質というのは微量しか出ないという事に基づいて、
これまでの国の方針というのは、
大気に拡散すればいい、
海水に拡散すればいいっていう、そういう政策だったものを、
やっぱり転換して、
これだけ出てしまったものを集めて保管するということをしなければいけないと思いますね。
でもそのための法体系はまだできていないし、
やっぱり今はこの黒い物質だけではなくて、
下水汚泥の問題ですとか、焼却なんかもしていくことによって、
すごく集まって、それが集積していく訳ですね、
そういうものも含めてですね、やっぱり考えていかなければいけないですし、
ほんとに高い線量のものをどうやって保管していくのかという事は
本当に真剣に取り組まなければいけないと思います。

山本:黒い物質の見分け方みたいなものはあるんですか?

志葉:
まず、色が黒いということが、多くの場合、必ずしもそうではない場合がありますが、
多くの場合そうであると。
で、出来ればガイガーカウンターのような検知器を近づけてみてみると、
周囲の空間線量よりも明らかに高くなると。
そうなった場合には大体”黒い物質”だと思って間違いはないかとおもいます。
大体、出てくる場所というのが決まっているんですね。

山本:特徴があるんですね。

志葉:
はい。
だいたい、たとえば駐車場だとか、雨水が地面に浸みこまないで溜まっているところ。
路肩だとか、そういうところに例の黒い、泥というか、砂というか、粉という、
そういうものが溜まっている場合、
大体そういう”黒い物質”である可能性が高い。

山本:
それが、住民の人達、先程スコップですくったりしていましたけれど、
あれは危険な訳ですよね。

志葉:
あれはあんまりお勧めしませんね。
やっぱり、本来であれば放射線防御のプロフェッシャルな対応をするべきものだと思います。
法律的にもそうだと思います。

山本:
先程”黒い物質”を・・
もし、発見した場合それを自治体なり国に住民の方が通報したら、
動いてくれるものなんでしょうか?

志葉:
正直それは、自治体にもよると思うんですが、
重要なことはそれを住民が「何とかしてほしい」という事を自治体に言い続けること。
または、国に言い続けること。
この問題はまだ未知の部分が多くて、
内閣府に聞いても「南相馬市に聞いてくれ」とか、
そういうふうにたらい回しにされるんですが、
まあ、多くの住民が声を上げることは重要だと思っています。

山本:
志葉さんは、今週金曜日31日に大阪で開かれるフォーラムで、
”黒い物質”について報告されるということで

志葉:
はい、そうですね。
このイベントにはドイツやアメリカから、
スリーマイル島事故やチェルノブイリ事故で被災された方々の治療をしてきたお医者さん達が来ますので、
国際的にもこういう問題があるという事を訴えて、
何とか政府の姿勢を変えていきたいなというふうに思っています。

山本:志葉さん、ジャーナリズムが果たす役割って?

志葉:
個人的な意見ですけれども、
やはりですね、弱い立場の人々に立って、政策の誤りを正していくというのが、
やっぱりジャーナリズムの役目だと思っています。

ーーーー

8月31日(金)未来をつくるフォーラム(大阪・ドーンセンター)
↓志葉さんが話していらっしゃる、アメリカとドイツの医師の当日の講演

「兵器と原子力は手を携えて進んでいるのです…
従って私たちは地球から核兵器と原発を排除しなければなりません」パターソン医師(アメリカ)
8/31(内容書き出し) 
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2291.html

「ミュンヘンではダウン症と診断された子どもが2、3倍に」ジーデントップフ医師(ドイツ)
8/31(書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2293.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月05日 15:39:46 : yyCwjE4qEk
良く判らんのだが”黒い物質”が話題になってから相当な時間が経過しているだろう?
サンプルを採ってMS(質量分析)を行った者はいないのか?

未だに正体不明と騒いでいる感覚が理解できない。


02. 恵也 2012年9月05日 19:33:55 : cdRlA.6W79UEw : Ejwdo2geXE
>>01 未だに正体不明と騒いでいる感覚が理解できない。

正体は判ってるでしょう。
藍藻が主成分で、その周りを埃として移動してきたセシウム。
生物濃縮と機械的濃縮が同時に起きたもので、純粋な単体ではありません。

黒い物質を雨合羽とマスクをつけて、集めて保管するしかないでしょう。
出来れば東京電力の敷地まで持って行きたいけど・・・・
官僚に期待しても腐敗してますので、役には立つのを期待しても時間の無駄。

まあ線量の高いところでは、マスクを付ける癖を付けた方が良いでしょう。
藍藻が乾燥して死んだら軽くなって、空気中に舞っているものと思う。

俺の屋根の上には苔みたいなのがビッシリ着いてるけど、これが藍藻というのかね。
ちょっと黒っぽい緑色なんだけど・・・・
キノコや藍藻の生物濃縮は極端なようだけど、セシウムの生物濃縮をあらゆる
いろんな植物には研究されてないようだ。


03. 2012年9月05日 20:17:04 : b3W3r7NyLN
蛍の研究者、阿部宣夫氏がナノ銀で放射能軽減に成功しています。ところがこの研究になぜか予算が出ないそうです。しかし子どもたちのことを考えると緊急に放射能物質を含む黒い藻の解決に、阿部宣夫氏のナノ銀を使ってほしいと思います。

04. 2012年9月05日 22:48:34 : ymsN6lbdxA
普通に考察すれば、燃料棒の粉だろ低脳

05. 玄 2012年9月06日 00:40:37 : 3X5IG34.wmdiA : adUdnHdDrI
飯舘村で採取されたジョロウグモは放射性銀を1000倍に濃縮しているという報道がありました。これは世界初の発見だそうです。
http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1306.html

今、植物や昆虫や動物にいったい何が起きてるんだろう?
黒い物質が藍藻なのか何なのか、テレビも新聞も報道しないから認識さえされていない。
チェルノブイリやスリーマイルの原発事故でこんなものが発生したのだろうか?
ただ一つ分かっていることは、学者さんに知見があろうがなかろうが
黒い物質は現実にあって、猛烈な放射線を発生していること。

今、この投稿文を書いている時に時事通信の号外速報が届きました。
フランス東部の原発で事故があり、負傷者がでたということです。
化学的性質の火災だということです。

私たちはどうなっていくんだろう
私たちはどこへいくんだろう
私たちはどこへいこうとしているんだろう
文明とは何か?


06. 2012年9月06日 01:46:18 : nuAGAOQDBk
分析する方法、例えば>01氏のようにSpring8とまで言わないけど、それなりの性能の質量分析装置を使えば”黒い物質”の同位体を含めた構成元素の種類と構成比率等の定量的データを求めることは難しくはないはずだ。

そういうデータが未だに発表されていないということは、結果が恐ろしくて誰も調べようとしないか、調べたが公表が憚れるような結果だったのかと邪推している。


07. 宮島鹿おやじ 2012年9月06日 01:53:58 : NqHa.4ewCUAIk : T8JEEU0cNk
葛飾区や江戸川区に、こんなもの(黒い物質)落ちてますよと通知しましたが、相手にされません。国の基準が「空間線量」のみで判断するからです。つまり、ベクレル数が如何に高くとも、空間線量が基準を超えなければ公道上でも放置すると宣言されました。信じ難いがこれが現実です。

セシウム合算のベクレル数ですら、とりあわないのです。

だから、それ以上の分析を「行政機関」が「公」には行わないと思います。

しかし、こっそりと調べているのではないかと思います。


08. 2012年9月06日 06:28:46 : ocWP4arnpc
100マイクロ出ているとか言うものを子供がさわると、エジソンの助手が味わった
経験をすることになるかもしれない。

=========
発明王エジソンの助手クレアンス・ダリーは、]線をあつかっていて、手の皮膚が
醜悪な潰瘍になり、言葉で言い表せないほどの苦痛を感じた。が、どんな治療も効
果はなかった。

足の皮膚を移植する手術さえ受けたが、不成功に終わった。6年後、左手全体と右手の
4本の指と手のひらの一部を切断してもらうしかなくなった。さらに2年後ダリー
が、死亡したときには、右腕は肩のところで、左腕はひじで切断されていた。
===========


09. 山羊 2012年9月06日 12:59:02 : uRIc2h1NeuO1o : AZvjTOmOGg
 黒い物質 タイヤのゴムが多量に含まれている。通行量の多い道路脇なら結構見つかる。毎日猛暑なのでタイヤの摩耗も大。冬はスタッドレスの装着率が増えるのでやはり摩耗カスは大。つまり、全てラン藍藻類ではない。核種を吸着しているのであまりお勧めできないが、加熱して臭気を確認してみて。
 
 Cs(γ線)だけの評価は無意味。それを上回るMg、u、Pu、Co等が存在する。
 結果は出ているが公表できないのが事実。

 


10. デミトリー 2012年9月06日 15:27:55 : 2kYVIsTHbi0XM : la106k8v0A
あまりお勧めできないではなく、全くお勧めできない。
正体を知る必要は、皆無。命をかける意味はないよ。

11. 2012年9月06日 19:30:09 : fY0GNdiY8c
汚染地残留者は、危険地帯に住む権利を行使した。
結果、健康を害するリスクを甘受する義務を負う。

部外者がとやかく言う問題ではない。


12. 2012年9月06日 20:16:53 : XlIqWo5Nq6
うーん 大の大人が4人も雁首並べて、「黒い物質」 を取り上げている
意味が解らん! この方たちは、放射能汚染が除染可能だ、としていると
ころに間違いが有り、不可能な事をあーだ、こーだと言ったところで、糞
の役にも立たない。

まずは、この黒い物質の汚染濃度がわかった時点で、直ぐに避難を促すべき
ではないだろうか? なぜなら、政府が空間線量を盾に除染をしない、避難
の指導もしない、考えられる健康被害への対応もしない。 となれば、いち
早く逃げる算段ををしなさいと、訴えるべきなのでは?

最後に「ジャーナリズムとは?」 と 格好つけてますが、こいつらのやっ
ていることは自慰行為に等しい。  

呆れてものが言えないばかりか、見ているこっちが恥ずかしい。 


13. 2012年9月06日 21:33:08 : Ghz6ukhshg
>>20

>この方たちは、放射能汚染が除染可能だ、としているところに間違いが有り、不可能な事をあーだ、こーだと言ったところで、糞の役にも立たない。


広域に大量に積もった放射能汚染は、除染しても周りからどんどん汚染される為、費用対効果の点で無意味なのですが、明らかに部分的な高濃度汚染はその部分を丁寧に剥ぎ取って適切に最終ないし中間処分場へ送ればそれで除染完了です。

除染ができるのは基本的には年間1ミリシ−ベルト以下の国際基準の安全度の地域内にあるホットスポット汚染域です。そこだけ綺麗にすれば周りからもはや汚されなければ除染可能なのです。

除染に費用をかけるべき地域はかかるところで、それ以外は住民を安全な場所に移すことに主眼を入れるべきなのです。


14. 2012年9月06日 21:36:32 : Ghz6ukhshg
13です

>>12

訂正します


15. 2012年9月06日 22:36:24 : mLLlCZfUKw
法律では放射能物質は隔離するということになってるし、危険な物は空間線量が低くても取り除くのが道理。既に国は崩壊して法律はなくなってる。偽ユダヤの思いとうりの亡国状態だ。

皆さんが思っておられるようにウランやコバルトやプルトニウムなどが黒い物質に含まれているのを政府は隠してると思う。理由は九州各地での秘密での汚染瓦礫焼却による線量上昇と同じように、最悪は人口削減されての世界統一という可能性も考えてみないといけない。野田は日本の人口8000万と言ってたし鳩は6000万と言ってた。

広島の岩国で化学工場の爆発があったが空間線量が東京より高いとネットにでてた。これを隠してるのだから、全てが意図的なヤラセでないと言えるのか。国内には金を使わんがシナや半島や米には大判振る舞い続行中だ。


16. 2012年9月06日 22:50:14 : Ghz6ukhshg
>>11

>汚染地残留者は、危険地帯に住む権利を行使した。
結果、健康を害するリスクを甘受する義務を負う。
部外者がとやかく言う問題ではない。


福島エートス推進者の狙い通りの意見に聞こえました。

大人はある程度の判断力があり、さまざまに考えて決断したならある程度は致し方ないところですが、判断力のまだ無い、さらに親の意向も伺わねばならぬ弱い立場の子供のおいてはその論理はまったく通じない。

親から離してでも子供の生存権は守らなければならないと思う。高濃度汚染地域の除染に何兆円も掛ける無駄は即刻中止して子供の避難対策費に当てよと叫びたい。

原発村を潤してはならない。


17. 2012年9月07日 00:25:09 : Ghz6ukhshg
16

子供のおいては → 子供においては

訂正します


18. 2012年9月07日 03:17:49 : IXThVhzeXY
>>16さん、まったく同意です。

子どもは自分で住む場所を選ぶ経済力も条件もない。
子どもの避難・疎開や保養は、東電と国家の責任で、政府の政策として行うべきことです。
チェルノブイリが1mSv/年で「避難の権利」、5mSv/年で「避難義務」(これは空間線量でではなく、空間線量+内部被曝などそう被曝量です)。
それに対して、日本では、幼児、妊婦も含めて空間線量20mSv/年まで避難の権利を認めない。そう被曝量で言えば、安全委の控えめな内部被曝推定量(空間線量とほぼ同等)にたっても、40mSv/年まで被曝を許容させているということです。

子どもだけでなく、大人にしても、経済的に、あるいは周囲とのしがらみで、あるいは家庭内の軋轢・亀裂などで避難したくともできない人が多大にいる。
福島(など被爆地)住民のことを考えて避難を促すことはまったく正当だが、避難したくともできない人の状況を想像し思いやることなく、それを断罪するような人は、被曝の被害を受け苦しんでいる人たちをより苦しめる独りよがりな「正義」であることを自覚してほしいと思う。

それにしても、11さんコメントをエートス推進者の狙い通りという16さんの指摘は鋭い。


21. 2012年9月07日 08:10:08 : QHWsBqdT7c
ガンマー線検出器がサチュレーションしてしまってるね。
ホットスポット?平時では関東全域がホットスポットだね。
ホットエリアの中のホットスポットと表現してほしい。
こんな高濃度放射能があちこちにあるとしたら終わりだね。隣の畑の野菜に風がふいて付着して市場に出るのか。不思議に測定すると検出されないんだけどね?
あの黒い土の取り扱いは小出氏は管理区域内で厳重に鉛容器で保管してるのだろう。これを外に出したら法律違反になる。入りは簡単だが認識した時点で高濃度放射線廃棄物になる。国は放置が得策だろう。

23. 2012年9月08日 06:32:58 : A3n5l9Bj9o

阿修羅掲示板は、反原発の人の中にも「反原発の人がつくっている」と思う人がいる...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1093677665

khfgsgafjdheg5631629さん

阿修羅掲示板は、反原発の人の中にも「反原発の人がつくっている」と思う人がいるようですが、なぜ「反原発ブログ」とか名乗らないんでしょうか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1493555874

khfgsgafjdheg5631629さん

阿修羅掲示板は、反原発の人がつくっているって本当ですか。

dallas_musician_momさん

本当だと思いますよ。だから、ちゃんとした情報がはいるんじゃないですか?
わたしは毎日みていますよ。
いまどき反原発じゃない人は人間じゃないですよ。

違反報告.

質問日時:2012/9/7 20:30:23.
残り時間:7日間.
回答数:1.
閲覧数:34

この質問に回答する

回答

(1件中1〜1件)

hsgdjkdbcte317960さん

阿修羅掲示板は、「掲示板」といった中立の形を取っていますが、実態は反原発の人がつくって反原発の人が答える、完全な自作自演です。
しかし、、「掲示板」といった中立の形の中で反原発の意見が多くなれば、知らない人は反原発の人が多いんだ、と思ってしまいます。まさに世論操作です。
反原発に反対する意見に対して、ブロック(コメントさせない)や削除を繰り返しておいて、そのことにはまったく触れず、「いまどき反原発じゃない人は人間じゃないですよ。」などと言うのは、非常識極まりない卑劣なことです。

違反報告
回答日時:2012/9/7 22:21:54


24. 2012年9月08日 08:08:35 : RQpv2rjbfs
2> 氏の言ったように、 雨水貯めのコンクリートについた苔が放射能を濃縮して更に乾燥してはがれ風に飛ばされ、吹きだまりにたまったもので間違いはない。と思う。乾燥している上濃縮しているので、kgあたりの放射能はすごい。

どうしようもないのでマスクをしてホウキであつめ、燃えないゴミの日に放射性廃棄物として出す。放射性廃棄物を収集していない自治体の場合は東電本社か総理大臣官邸もしくは民主党本部に着払いで送りましょう。


25. 2012年9月08日 09:28:45 : u6S3eBV84o
04>>さん。
そのとおりです。
02>>さん
そのとおりです。
反原発の私でも、この板に載ると安心します。
まだ、まともな人がいるぞと思えるからです。
日本中が原発賛成だと、反原発の行き先が無いでしょう。
此の板は貴重です。
ただし、原発賛成の人も、工作員の人も、訳のわからない人も此の板に乗りますから、本当はどこか???
いつも自問自答し、資料をかき集めて自分の意見を確立することが大切です。
つまり、原発なしでも電力は足りていたと言うこと。
太陽光パネル発電を自宅に取り付けた人がたくさんでてきたこと。
放射能物質がどんなに危険か知ったこと。
原発が、ものすごく高い買い物だと言うこと。
ゴミ処理が永久に出来ないと言うこと。
食べ物から内部被曝が始まると言うこと。ごまかされないようにしましょう。
昨日、首相官邸前に行って原発反対。再稼働反対。今すぐ止めろ。と、叫んで来ました。私はバリバリの反原発です。

26. 2012年9月08日 09:42:08 : QHWsBqdT7c
22
聞き手のレベルは色々だね。いまのマスゴミでの1kg当たりという意味は常識だよ。数学に弱いね。

誰も言わないが一部阿修羅のコメントにはあったが反原発、推進派とか言ってるがこの構図はおかしいよ。
電力の安定供給を最重要に考えた場合、昨年から10施設位の火力発電の着工をするだろうね。電力各社はやってないことはすでに電力が足りてることになる。現に今年は足りてる。また電力自由化を見定めてどこかの製粉会社が200万kwの火力発電を新設してるね。
と言うことは推進派の危惧のかなりの懸念は存在しない。民間企業の脱原発の反対意見とのたまってるが過半数の企業は電力会社自身の働きだね。電力会社が一番怖い事態は脱原発で発電に寄与しない原発維持と6箇所村の維持費に電気料金で補うことの矛盾を突かれる世論だろう。そのため全国で一基だけでも動かし続けることが世界一高い電気料金維持できる唯一の方法と思ってる。ま自由化したらこの思惑は吹っ飛ぶだろう。


27. デミトリー 2012年9月08日 16:28:34 : 2kYVIsTHbi0XM : cxd5DamrLc
>>11
勘違いもはなはだしい。高汚染地帯の人かな?
自分は自分ひとりの力で生きていると思っているのかな。

まだ、まだみんな同情心で助けたいと思っているよ。
いずれそういうのはなくなる。いつかは知らないが。

健康被害が顕在化してくれば、いやがおうにも放射性物質汚染の深刻さが分かってくる。
食料を配ってくれ?だれがそんな汚染地帯に入りたがる?
汚染された土地で汚染された食料を作って自給自足をするか?
遺伝被害が怖い。遺伝的に隔離しろ!そんなことも出てくるかもしれない。

SFなんかには良くあることだよ。人が考え創作した物を物語で現実ではないというのも自由だけど、人間が考え付いたことは実現可能なものだと僕は考える。
今ならまだ、運のいいことに被曝対策を政府はやっていない。地方に散って、同化して、福島で被ばくしたことなんて隠してしまえ。

健康被害はもちろんだけど、そういう懸念もある。考えすぎかな?という気もするけど自信を持って無いとは言えないよ。

あなた達の生産物を誰が消費しているのか?
あなた達に物を届ける人たちは、誰のために被ばくを覚悟して配達しているのか?
そんなことはいくらでもある。
それがいつまで続くかは、誰も分からないよ。
そんなのなくても生きていけるというなら、その人の勝手だとは言えるけど。
そして、それを覚悟しているから高汚染地帯で生活できるんだろうと、思う人は思っている。


28. つい 2012年9月21日 04:25:52 : bUUsyxQwAgGZ2 : 5MEeM2wEbM
実は、フクイチと関係ない、ケムトレイルが撒いている。らん藻だとかコケだとかは"正常性バイアス"にとらわれています。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧