★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 145.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フランス:原発で水蒸気爆発…作業員2人やけど
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/145.html
投稿者 BREAKS 日時 2012 年 9 月 06 日 08:32:18: Oa3Zvmiqe6x3Y
 

【パリ宮川裕章】5日午後3時50分(日本時間同10時50分)ごろ、独とスイス両国境に近い仏東部のフッセンハイム原発で小規模の水蒸気爆発があり、作業員2人が軽いやけどを負った。ロイター通信などによると、過酸化水素のタンクで何らかの化学反応があり、小爆発が起こったとみられる。原子炉から離れており放射性物質が漏れたとの情報はない。

 フッセンハイム原発は77年に運転開始した仏国内最古の原発で、老朽化による安全面の不安からオランド大統領が任期中の閉鎖を公約している。今年4月にも機械室の冷却装置から出火する小規模な火災があった。

http://mainichi.jp/select/news/20120906k0000m030117000c.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月08日 13:47:22 : aT9tG7aYrY
現在は廃刊になっているが、池田邦吉氏の著書「ノストラダムスの預言書解読シリーズ」の中で、フランスの山の中にある原子力発電所で大事故が起こり、大量の放射性物質が撒き散らされ、住めなくなって多くの人々が逃げなくてはならない事態になることが書かれていた。フランスは原発大国だ。このニュースで深刻なのは、1977年の運転開始と言う事実。日本だと、これより古い原発が多い。

フランスは第二次世界大戦後、核兵器の研究を継続してきたが、1958年の第五共和政、政界から引退していたドゴール再登場で核兵器の保有に大きく梶を切った。フランスは西サハラで1960年2月15日、最初の核実験を行なった。
http://www.youtube.com/watch?v=_WpT-wI85RA
http://www.youtube.com/watch?v=mcImJ4ckfOk

フランスでは1973年の第一次石油危機で中東から輸入される石油の高騰に苦しんだ。ドゴール再登場から奇跡の経済成長が続いたが、それも15年で終結した。輸入される石油の相場に左右されていては、今後の成長はありえないと思ったのか、原子力発電の推進に大きく梶を切ったのである。これにより、国内に膨大な数の原子力発電所が建設された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

この決定をしたドゴール大統領の後継者、ポンピドー大統領は「これで国を救える。」と考えたことだろう。だが事態は逆の方向に動きつつあった。ポンピドー大統領が放射能の影響と思われる、白血病に冒されていたのである。1973年10月に開催されたパリ・サロン(註 フランスのパリで開催される自動車ショー)のシトロエンのブースを訪れた時の彼の写真です。
http://www.citronpaper.it/Echoes/DC34%20hiv73/04.JPG

明らかに顔がむくれています。これは白血病の典型的な症例です。大統領はそれから半年後の1974年4月に亡くなりました。今から考えれば、これは天の配剤だったのかも知れません。「フランスよ、原子力発電を行なうでない。ポンピドーのようになるぞ。」しかし、彼らは気がつかず、そのまま原子力発電に邁進しました。

阿修羅でも日本が原子力発電に力を入れるようになって経済が衰退したとの議論が盛んですが、フランスは先例になっています。原発に力を入れてから、家電製品でも自動車でも他国の製品に押されるようになった。フランスの自動車産業は1970年代後半、輸出先を日本車に次々と奪われていきました。家電製品でも日本製テレビやビデオデッキが大量に流れ込み、貿易戦争になりました。

そして今日、フランスの原発の老朽化問題が深刻になっています。あちらの原子炉は加圧水型で、福一の事故で有名になった沸騰水型ではありません。日経新聞は、加圧水型は安全だとか書いていたようですが、とんでもない間違い。加圧水型は細い配管が多く、ここがアキレス腱だと言われています。事実、国内でも福井県の関西電力美浜原発で同じ事故が起きています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E6%B5%9C%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

一番新しい(とは言っても1976年製の3号機)で蒸気噴出事故が起きているのです。事故を起こしたフランスのフッセンハイム原発より、まだ1年古いです。当方、滋賀県ですが、関西電力が大飯に続いて高浜も再稼動する動きを見せていることから、ますます心配になってきました。しかも高浜はMOX燃料で、滋賀県も福島県みたいになりかねません。蛇足ですが、両県は江戸幕府を支えた有力藩(会津と彦根)でした。

話をフランスに戻すと、あちらの原発は山の中にあるのですな。日本は海岸ですが。膨大な熱量を出す核燃料を冷やすには、冷却水の量が決定的に不足しています。冷却水は川から取水しているとか。これ、どう考えても大丈夫な訳がない。古くなって金属疲労を起こした配管は、必ず破れます。大事故が起きるであろう事は、大昔のノストラダムスも懸念していたのでしょう。そして放射能に汚染されて、しかも被害は近隣国に留まらず拡散する。中東で戦火に追われる難民のようになるのです。

何だか日本の後を追ってフランスが崩壊しそうな気がします。原発に力を入れると国が滅びる。気がついたときには遅いのでした。


02. 2012年9月10日 23:25:40 : aT9tG7aYrY
01ですが、ニュースの続報です。同原発は閉鎖されるとの事です。IRIBイランイスラム共和国・国際放送ラジオ日本語より転載します。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/31728-

(転載開始)

2012/09/10(月曜) 22:33 フランスが、同国の最古の原発を閉鎖

フランスのバト環境・持続可能開発・エネルギー大臣が、フランスとドイツの国境にある、最古の原発が閉鎖されることを明らかにしました。

フランス通信が伝えたところによりますと、バト大臣は、9日日曜、「ドイツ国境近くのフェッセンハイムの原発がまもなく閉鎖される」と語りました。

また、「この原発の閉鎖は、フランスのオランド大統領がこの原発を閉鎖するという約束を実現していることを示している」としました。

この報告によりますと、オランド大統領は、稼動から35年が経ったこの原発を2017年までに、閉鎖すると約束したということです。

環境保護を訴える人々は、地震多発地域にあるこの原発の閉鎖を常に求めていました。

(転載終了)

●原発を閉鎖するには、使用済み燃料棒が自然冷却出来る状態まで冷やさないといけません。それに5年くらいの年月が必要です。今から5年後といえば2017年です。廃炉はそれからです。なんちゅうものをつくってしまったんだろうね、人類は。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧