★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 236.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本海側海底から放射性セシウム 新潟・信濃川河口(朝日新聞)大気圏核実験で観測された数十倍の濃度
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/236.html
投稿者 中田英寿 日時 2012 年 9 月 11 日 15:22:27: McoerUaxt7HLY
 

日本海側海底から放射性セシウム 新潟・信濃川河口
2012年9月11日(火)11:20
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2012091005890.html


 東京電力福島第一原発から200キロ離れた日本海側の信濃川河口の海底土にも、事故によるとみられる放射性セシウムが積もっていることが近畿大などの調査でわかった。濃度は東京湾の荒川河口と同程度。13日から静岡市で開かれる日本海洋学会で発表する。

 近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らは昨年8月に信濃川の大河津分水河口付近の新潟県長岡市の海岸で水深15メートル、20メートル、30メートルの海底の土を取り、深さ1センチごとの濃度を調べた。

 水深30メートル地点では海底面から深さ2〜3センチの濃度が最も高く、乾燥重量1キロあたり約460ベクレル。大気圏内核実験などによる過去の汚染の数十倍の濃度で、昨年8月に東京湾の荒川河口付近で採取した海底土も同様に最大400ベクレル台だった。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月11日 16:53:51 : TUPxsc98ho
福島由来でしょうか?韓国の日本海側の原発由来の可能性は?

02. 2012年9月11日 17:00:43 : XUd48KYCio
国破れて山河あり
放射能降り積もった山河あり
福島に決まってるだ。

03. 恵也 2012年9月11日 18:41:14 : cdRlA.6W79UEw : u45sAHA6YA
>>01 韓国の日本海側の原発由来の可能性は?

700kmも離れた新潟市沖にセシウムが溜まるくらいなら、韓国本土では
人間が住めないくらいの放射能に包まれてるよ。

フクシマ原発から200kmだから、信濃川沿岸のセシウムを集めて濃縮し
新潟市河口の土から検出されたの。
阿武隈川の河口仙台付近ではセシウムがどれだけ濃縮してるか寒気がする。


04. 2012年9月11日 20:38:02 : VbWAbFllIA
これは荒川や利根川や新潟の阿賀野川と同じで上流で放射性物質が降ったため。

信濃川は直接福島とは接していないが上流は長野と越後湯沢。
本流は長野県から出ているが新潟県境付近は群馬側から放射能雲が
入っていることを空中観測で確認している。
また支流は魚沼の魚野川だがこの付近は福島や群馬県境から
放射能雲が入っていることを同様に空中観測で確認している。
昨年の3月の時点ではまだこの付近は山で雪に覆われていたはず。
これが春になり溶けだして昨年の夏に川を下った。
これが日本海に貯まったものと思われる。

今年は昨年ほどではないと思われるが同じように山から
流れているはず。
流入が無くなるには数年はかかるのではないだろうか。


05. 2012年9月11日 21:32:54 : 5msjKrCwQM
気が重いです。

06. 2012年9月12日 08:02:36 : MDURCTUJ7k
ホンマに気が重いです。

体の奥の芯のほうに
辛く重いものが溜まったまま、
精神的にヒバクした心は、
重い未来を背負った地球上のトモダチである
日本の大地に息づく数限りない種類の生態系と
その頂点(?)の人間の
若いからだの奥の芯のほうに
蓄積していく放射能を呪い、
どうしようもない怒りと悲しみを
チクセキしながら
重いため息ばかりついている。

なんとかならへんのか?


07. 2012年9月12日 12:58:23 : EszHBBNJY2

最新の東京湾の状況はどうだろうか?

08. 2012年9月12日 15:30:05 : rrhrFN6JLd
東北と関東の水道水は大丈夫なんだろうか。みんな目をつむっているだけか

09. 2012年9月12日 17:30:17 : TWHfkBMANA
現在まだ地下ダムが建設されていないので、現在
も地下水系は汚染され続けています、地下水系を
通じて日本海側や太平洋側に放射能は移動し、山
に堆積していた放射能は雨水そして川に乗って
河口に運ばれ堆積します。

そして、年月をかけて海側の放射能は水蒸気と一緒
に山側付近まで運ばれ、雨粒と共に山側に堆積しと、
この「放射能エコサイクル」は繰り返され続けられます。

鳥取砂丘は千代川の源の花崗岩が年月をかけて細か
く砕かれ、千代川の急流に乗って河口まで運ばれ、
河口に堆積した花崗岩質の砂が年月をかけて、
日本海側からの強風波浪によって、陸側に運ばれ
出来た砂丘です。

この様に、放射能もその地域のエコシステムに乗っ
て移動し続けるので、とにかく早く地下ダムを建造
してエコシステムに放出される放射能の総量を増や
さない様にするのが最も重要な点である事は、子供
でも理解できますよね。

一方において、エコシステムへの放射能放出量を
増やしながら、除染(実質は移染)する「愚かな
対策」に数兆円も予算付けする神経にはあきれを
通り越して、怒りを感じるだべさ。


10. 2012年9月12日 21:58:40 : iGxLtcvUr2
 怒りも呆れも通り越して、絶望感のみ
金が有りながら事故の収束させようともせず、あげく、ガレキを燃やして汚染を拡散
国民を見殺しにするだけの、もはや国家の体もなさない、
  欺瞞充満のまやかしのヤバ大国
 ご先祖が草葉の陰で悔しさにすすり泣いておる声が聞こえないか

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧