★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「原子力規制委員会発足」 閣議決定の日、経産省包囲 (田中龍作ジャーナル) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/250.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 9 月 12 日 00:24:17: igsppGRN/E9PQ
 

1年を経た経産省前の脱原発テント。当局による監視カメラ(手前)が目を光らせるなか、大勢の市民が集まった。=11日夕、霞が関。写真:田中撮影=


「原子力規制委員会発足」 閣議決定の日、経産省包囲
http://tanakaryusaku.jp/2012/09/0005050
2012年9月11日 23:06 田中龍作ジャーナル


 福島の原発事故から、今日で1年半が経つ。東電と共に事故を負う政府は、原発再稼働に向けてまっしぐらだ。この日、野田内閣は「原子力規制委員会」を9月19日に発足させることを閣議決定した。

 委員5人のうち3人は、原子力村の恩恵に浴していた人達で違法性さえ指摘されている。委員長候補の田中俊一・前原子力委員会委員長代理は「3・11」後も原子力推進のために謀議を練る秘密会合に出席していたことも明らかになっている。

 にもかかわらず、田中俊一氏は13日にも福島県庁を訪問する予定だ。事故の教訓は何だったのかと言いたくなる。

 呆れ果てるのは原子力村の総本山とも言える経産省だ。5日、超党派で作る「原発ゼロの会」が経産(資源エネルギー庁)官僚らを呼び、国会内で「再処理」について事情を聴いた時のことだ。

 経産官僚は原発を止めれば莫大な費用がかかる、と説明した。核廃棄物の直接処理は環境にも負荷がかかる、とも。再処理を進めたいがための理屈である。だがこのイカサマは河野太郎議員(自民)が素早く見抜いた。

 河野議員は「再処理で出てくるプルトニウムの処理にかかる費用は全く見積もられていないではないか」と厳しく追及した。経産官僚は涙目でうつむく他なかった。

 政府に反省がなく再稼働に向かって突き進めば、大事故が再発する危険性は高い。「悲惨な事故を二度と起こしてはならない」。原発を止めたいと願う人々が、この日経産省を包囲した。

かんしょ踊り。「原発いらない福島の女たち」は、大地を蹴り拳を突き上げ怒りを表した。=写真:諏訪撮影=
http://tanakaryusaku.jp/wp-content/uploads/3c2be96a1b6963c2ef2fb2e115bef7c7.jpg

 包囲に先立ち参加者たちが1分スピーチをした。

 『原発いらない福島の女たち』の黒田節子さんの言葉が切ない―

 「誰かがこう言っていました。郡山は静かで美しく地獄だ、と。また誰かがこう言っていました。福島は見えない透明な白い蛇に噛まれ続けている、と。子供たちを避難させて下さい。皆さんの力で避難させて下さい。皆さんの力で国に働きかけて下さい」。

 福島集団疎開裁判・主任弁護士の柳原敏夫氏からは衝撃的な情報がもたらされた。「ついに子供の小児ガンが一人出た」というのである。柳原弁護士は「脱被曝、逃がすことをしなければならない」と強調した。

 「福島に寄り添う」と口で言いながら大飯原発を再稼働させ、原子力規制委員会の田中俊一委員長候補に惚れ込む細野豪志環境相を、「党の顔に」担ごうとしたのが民主党である。

 官僚たちは政権与党の無知につけ込み、天下り先確保のために原発を動かし続ける。市民、住民による直接行動しかないとすれば、この国の間接民主政治は終わっている。

 《文・田中龍作 / 諏訪都・京改メ》


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月12日 00:29:44 : ujLQQi0ArA
情けない国、ここまで来ると日本国民であることを恥じる気持ちにもなる。

そうならないために声をあげ出来ることをやっていこう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧