★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 654.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山下俊一教授、2009年に10〜100mSvで発がんがおこりうると発言 
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/654.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2012 年 10 月 01 日 11:25:42: FpBksTgsjX9Gw
 


http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-570.html
本臨床内科医会会誌 第23巻第5号 2009年3月 から引用した山下俊一教授の発言です。

-----------------------------------------------

その結果(チェルノブイリの20万人子供の大規模調査)、事故当時0〜10歳の子供に、
生涯続く甲状腺の発がんリスクがあることを疫学的に、国際的な協調のなかで
証明することができました。

一方、日本では思春期を超えた子供の甲状腺がんをまれにみるぐらいです。
その頻度は、年間100万人に1人といわれています。これは欧米、日本、ほぼ変わりません。

(エコー検査の結果)われわれも自分の目を疑いました。世界も最初は信じませんでした。
しかし1991年以降、徐々にこの数がふえていきました。
大人では、結節をさわるとだいたい100人に1人か2人にがんの可能性がありますが、
子供の場合には約20%ががんでした。

そして放射線誘発性の甲状腺がんはすべて乳頭がんでした。
これは非常に大きな事実であり、乳頭がんの発生メカニズムを解明できる大きな母集団が
ここにいるということになります。

同時に、大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、この小さい段階(超音波で
甲状腺結節を見つけて、1センチ以下、数ミリの結節の事)でみつけても
すでに局所のリンパ節に転移があります。

ですから、手術の方法はきわめて慎重でなければなりません。

すなわち、放射線と健康影響を考えるときに、広島、長崎の外部被ばくの様式と異なり、
この地域(チェルノブイリ)の一般住民には内部被ばくの放射線影響があることを示唆しています。

いったん被ばくをした子供たちは生涯続く甲状腺の発がんリスクをもつということも明らかになりました。

放射性ヨウ素は甲状腺がんの診断や治療にも使いますし、バセドウ病の治療に使っても、
その後、甲状腺がん二次発生はありません。

大量に使う場合には、甲状腺を破壊しますから、その破壊された甲状腺の細胞からはがんは
発生しないことがわかっています。

ただし、1グレイ、2グレイという線量の被ばくを子供が受けると、明らかに線量依存性になり、
甲状腺がんの頻度がふえるということが疫学的に証明されています。

現在チェルノブイリ周辺では約5000例の子供の甲状腺がんが手術をされましたが、
私たちはそのうちの740例しかフォローできていません。

これからもがんがおこりうるハイリスクグループの検診活動、早期発見と早期診断を
続けて行く必要があると考えています。

私は2006年チェルノブイリ原発事故20周年にあたり、国連でこの健康影響の報告を
一緒にまとめることができました。

その結論では、唯一、チェルノブイリの放射線被ばくの住民影響で因果関係が
明確になっているのは小児甲状腺がんであるということを、世界中の科学者が再認識しました。

チェルノブイリの原発事故後の甲状腺がんの遺伝子変異の特徴が明らかにされつつあります。
小児甲状腺がんのほとんどは、染色体が二重鎖切断された後、異常な修復で起る
再配列がん遺伝子が原因だということがわかりました。

長崎、広島のデータは、少なくとも、低線量率あるいは高線量率でも発がんのリスクがある
一定の潜伏期をもって、そして線量依存性に、さらに言うと被ばく時の年齢依存性に
がんリスクが高まるということが判明しています。

主として20歳未満の人たちで、過剰な放射線を被ばくすると、10〜100mSvの間で
発がんがおこりうるというリスクを否定できません。


-------(以下コメント)---------

福島事故前はこの人もまともな発言をしていますが、現在、年間100mSvでも大丈夫と、
まるで過去の発言がなかったかのように、全く逆のことをぬけぬけと言っています。

彼は、このまま放置すると福島の子供の多くが甲状腺がんになることを十分わかっているのに、
政府や自治体からカネをもらって、大丈夫だ安全だとホラを吹いている。

これが犯罪でなくて何でしょうか?

福島をはじめ汚染地域に住む皆さん、山下俊一の言うことを絶対信じてはいけませんよ。
とんでもない目にあいます。一刻も早く避難なさい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月01日 13:03:08 : LWcJ2Rp8kk
> 乳頭がんの発生メカニズムを解明できる大きな母集団がここにいる
> 私たちはそのうちの740例しかフォローできていません

こういう発言を見ると、彼はデータが欲しいんじゃないですかね。
外国の事例と異なり、細部にわたり完全に自分が掌握できる大量の被験者を得た
と思って大喜びしているように見える。


02. 2012年10月01日 14:35:07 : S1KUbEClGc
まったくそのとおりだと思いますよ。万人単位の標本で,
推定被曝量と甲状腺を含む全身の病変,発がんの状況のデータが揃えば,
間違いなく世界初で,長く引用される研究になります。

さらに,血液検査などの検査結果,栄養状態,成長してからの嗜好品
(タバコ・酒等)の摂取状況とか,精神医学的な問診とも組み合わせれば,
それら因子が被曝と発がんの関係にどう関与するか多変量解析できる標本になります。

こういうデータは,巨額の研究助成があってはじめて得られるものだから,
彼らが研究論文を公表するまで,部外者の研究者は利用できません。
(検査結果のデータが誰でも利用できるのなら,検査の労力は負わず,
ソフトで解析をするだけで論文を書くフリーライドができてしまうからですが)

なぜ,自分たちの制御下で,一貫して検査・診断をさせるのか。
それは,それ以外の検査・診断(セカンド・オピニオン)を求めたり,
そのための転居等があると,解析する標本の脱落が起こるからです。

また観察者が把握できない介入(医学の場合は他院での治療など)が
あったものも,解析から落とさざるをえない。
いずれも,統計的な推定・検定の精度を落としてしまいます。


03. 2012年10月01日 15:00:28 : pPJ5gJb78A
それで、勝手にモルモットが逃げ出しては困るので、大丈夫だ、安全です、
ニコニコ笑っている人には放射能は来ません、とだまして、
福島にとどまらせようとしているわけですね。

04. 2012年10月01日 23:42:26 : UsK5vQxh4U
広島、長崎はながい間、どうやら差別されてきたようだ。
福島も、他の地域もいってみれば、広島、長崎の人からすると、差別をしてきた側なわけで...。それが、広島、長崎以上に差別される側になってしまった。
どの程度の汚染なのか、情報もなく、西日本のどのあたりまでヤバイのかわからない。
今後、東日本、西日本のかなりの部分、そして、汚染地域の食材を食べてしまった子供(給食を食べてる子供は全国)が差別の対象になるんじゃないのか?

そいいった意味で、差別をされてきた側としては、俺たちも原爆落されたとき逃げれなかった、おまえらも逃げずに、被曝しろっていうような、ねじまがった感情があるんじゃないかと、思ってしまう。

上のは全部、個人的な想像で、根拠もなにもありません。


05. 2012年10月02日 00:52:39 : TRT7glc1jI
山下俊一は、科学者失格。

日本学術会議の科学者の行動規範
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/mizuy/zenki/kihan2006.htm

(研究対象などへの配慮)
8 科学者は、研究への協力者の人格、人権を尊重し、福利に配慮する。動物などに対しては、真摯な態度でこれを扱う。


06. 2012年10月02日 01:51:47 : MDURCTUJ7k
>>05
山下俊一は科学者である前に、
人として失格と言い直す必要有り!

少なくとも、日本人として失格!
どの面下げてお天道様の下を歩けるんだろうね。


07. 2012年10月02日 07:53:06 : oL8tXTiXsQ
インターネットのおかげで素人でも、真実があばける。かっては、医学論文など
たとえ素人のわかる内容であっても、そもそも読むことができなかった。

裁判になったら、これも有力な証拠になるでしょう。


08. 2012年10月02日 17:29:35 : rGCMjS4RbK
私は昨年(2011年)4月に知恵袋に以下の質問を書きましたが,あれから1年半,ダマシタと福島医大は犯罪集団と化したままですね.

知恵袋への質問

福島県立医科大学(福島医大)の執行部は、本当にアホなのでしょうか?それともアホを装う確信犯なのでしょうか?

福島医大の人間です。そう言うのもヘドが出るくらい、この大学のこの1ヶ月半の動きに呆れています。許せる事と許せない事が世の中にはあると思う。以下の事実をお伝えします。皆さん、どうお考えになられますか?

1.あえて原発村の隠し球、長崎の教授をアドバイザー、特任教授に仕立て上げ、県民に安全、安全、と嘘の情報を流し続けた。そのせいで、飯舘村の人々は逃げ遅れ、福島市、郡山市の子供達はチェルノブイリ越えしている放射線濃度の中で普通に過ごしている。今もほとんどの市民は「県や医大さんが安全と言っているのだから」と言い、安心しきっています。見たところ、95%ぐらいの市民がマスク無しで外を普通に歩いています。

2.安全であると世間を欺きながら、自分たちの子弟には、いち早くヨウ素剤を配布したこずるがしこさ。福島市や郡山市は自治体として、未だ配布もしていないのに。

3.自分たちの学生を守る気は全く無し。自分たち(執行部の年寄り)のために大学が存在していると考えているのか?ホームページ公開の線量はあえて一番低い値が出る場所を選んでいる。連休明けに大学が始まりますが、学生が怖がって来なくなるのを必死で防ぐ魂胆ミエミエですね。しかも学生の不安を煽るような発言を禁ずる命令が職員に密かに出ています。グランドは運動に適しない濃度(ひどいところは原発敷地内レベル)にもかかわらず、表土を取るなどの作業を否定し、部活動もさせる予定。滅茶苦茶です。

4.某幹部(患部?)から、「重要な論文が見つかりました」と書いて来たので、開けてみると、「低線量被曝は人体に影響を及ぼさない」と結論した原発村内部の研究者の作成した報告書が添付されていました。今時、知識と見識のある人は誰も耳も貸さない、相手にもしない、しょうもない報告書を送りつけられて、私は思わず失笑し、脱力しました。こいつらは真性のアホ、白痴研究者なのか、とことん最後まで政府と同じ悪魔なのか?私は答が知りたい。

質問日時:2011/4/29 23:41:50.
解決日時:2011/5/14 13:48:59.

回答数:4.
閲覧数:521

ベストアンサーに選ばれた回答

県全体が巨大な人体実験所。
世界中が欲しがっているデータを長崎・広島大学と共に保有することが出来ます。
妊婦から幼児、女性も男性も100万人規模の臨床検査が出来ます。
これで今後の放射線量に対する人体への影響が解明されますね。
福島医大は放射線研究のパイオニアとなるでしょう。


09. 2012年10月03日 06:14:58 : FJVgKmOxNw
原子力産業、軍隊にとっては貴重な資料でしょうね。

慶応病院の医者が片方しか腎臓のない患者から手術の際、研究標本をとったということ
で批判されたことがあります。腎臓自体は患者の病気とは関係なく、たんに研究用に
資料が必要だったので無断でとったのです。しかも、その患者はよりによって片ほう
しか腎臓のない患者だったのです。

慶応にかぎらず、こういうことはどこでも起ります。研究者はモルモットの人間が
必要なのです。


10. 2012年10月04日 10:23:52 : d40J9JEANA
>エコー検査の結果)われわれも自分の目を疑いました。世界も最初は信じま
>せんでした。
>しかし1991年以降、徐々にこの数がふえていきました。

えっぇー!何?1991年以降、徐々にこの数がふえていきましただと?
じゃそれを知っていて↓の嘘の安全だ講演をしていたのか?

ミスター大丈夫は福島原発事故後「放射線の 影響は、ニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨしている人に来ます」って言ってなかったか?
「環境放射能は、毎時100マイクロシーベルトを越さなければ全く健康に影響を及ぼしません!」って言ってなかったか?
「5とか10とか20とか言うレベルで外では遊んでも全然問題ない」って断言したと言ってなかったか?
「内部部被曝の方がその外部部被曝の1/10そういうリスクは少ないんです」って言ってなかったか?

>(チェルノブイリの20万人子供の大規模調査)、事故当時0〜10歳の子供に、
>生涯続く甲状腺の発がんリスクがあることを疫学的に、国際的な協調のなかで
>証明することができました。

何言ってるんだ?
チェルノブイリの原発事故は25年も前だろ!
それなら何で↑の講演でそんな安全発言をしたんだ?

【この動画は、福島県のHPで下記のように訂正されています。】だと???

※訂正:質疑応答の「100マイクロシーベルト/hを超さなければ健康に影響を及ぼさない」旨の発言は、「10マイクロシーベルト/hを超さなければ」の誤りであり、訂正し­、お詫びを申し上げます。ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

ふざけるんじゃないよ!
放射能の専門家の大学教授が今頃になって10マイクロシーベルトと100マイクロシーベルトを間違えていましたで通ると思っているのか!

間違いなんかじゃない!
わざとだ!

国民の命にかかわる事なのに、子供の命がかかった事なのに、それは危険を知っていて作為的に安全説を振りまいたのだ!
学者がそんな大事な多くの子供の命のかかった問題で、数字を10倍に間違える事なんかある筈無いじゃないか!

そうでな意というなら日本一、いや世界一無能な学者って事だよ!

人が危険危険とあまりに言っているから、後から検証してみて真実に気が付いたとでも言うのか!

>私は2006年チェルノブイリ原発事故20周年にあたり、国連でこの健康影響の報告>を一緒にまとめることができました。
>その結論では、唯一、チェルノブイリの放射線被ばくの住民影響で因果関係が
>明確になっているのは小児甲状腺がんであるということを、世界中の科学者が
>再認識しました。
>日本では思春期を超えた子供の甲状腺がんをまれにみるぐらいです。
>その頻度は、年間100万人に1人といわれています。これは欧米、日本、
>ほぼ変わりません。
>しかし1991年以降、徐々にこの数がふえて大人では、結節をさわるとだいたい
>100人に1人か2人にがんの可能性がありますが、子供の場合には
>約20%ががんでした。

はぁ?????
何だ!2006年には知ってたんじゃないか!危険だって。
知っていて「放射線の 影響は、ニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨしている人に来ます」なんて笑いを取っていたのか!

あんた何が学者だ!あんたただの人殺しだ!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧