★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 719.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
岩手でがれき搬出作業始まる (読売新聞)
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/719.html
投稿者 こーるてん 日時 2012 年 10 月 04 日 21:20:27: hndh7vd2.ZV/2
 

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/niigata/news/20121003-OYT8T01655.htm?from=tw
岩手でがれき搬出作業始まる

. 三条市と柏崎市で試験焼却する東日本大震災で発生したがれきの搬出作業が3日、岩手県山田町の破砕施設で始まった。両市は試験結果を基に本格的な焼却を実施するか判断するとしている。



放射線量の測定は、廃棄物をコンテナに搬入する前にも行われた(3日、岩手県山田町で)  県内では両市を含め5市が岩手県大槌町のがれきを受け入れる方針を示している。試験焼却を行うのは両市が初めてで、3〜4日に搬出作業を行い、三条市は11日から13日にかけて13トンを、柏崎市は11日から12日にかけて10トンをそれぞれ焼却する。

 がれきは山田町の施設で破砕され、作業員が異物が混入していないことを確認。その後、大型トラックに搭載されたコンテナに次々と積み込まれた。放射線量は随時測定され、5市の定める基準値を下回った。

 この日の作業を見守った柏崎市の山田哲治副市長は「現地に来て、廃棄物の処理が進んでいないことがわかった。受け入れを懸念している市民もいるので、試験焼却の結果をきちんと示したい」とし、三条市の宗村里士(さとし)・市民部長も「試験焼却は市民に公開する」と述べた。

 がれきの受け入れについて、泉田知事は3日の記者会見で「放射能の問題であり、的確に管理すべきだ。この段階では残念ながら、県民に説明するほどの情報がない。今後、放射能の監視をしていくしかない」と懸念を示した。

 一方、柏崎市の会田洋市長は「放射能について心配されるレベルでは全くない。焼却灰の管理についても県に確認し、合意して進めている」と泉田知事に反論した。

(2012年10月4日 読売新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発・フッ素27  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月04日 23:23:29 : RjEnRjMMSg
なぜ遠い所まで運んでいく必要があるのかさっぱり分からぬ。

この国は金が余っているとしか思えない。予算の使いかたを見る限りそれ以外の結論はない。


02. 2012年10月05日 00:00:21 : LSbmAk8QFA
がれキチ乙。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧