★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 737.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県で好き勝手やりたい放題の山下俊一センセイにひとこと物申す
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/737.html
投稿者 Divina Commedia 日時 2012 年 10 月 05 日 16:10:50: XldEHmInhjvqQ
 

 

「福島県県民健康管理調査」は無効
Divina Commedia(@Beatrice1600)


現在、福島県下においては、山下俊一 福島県立医科大学副学長 兼 放射線医学県民健康管理センター長によって「福島県県民健康管理調査」が実施されています。この「健康管理調査」は、その字句通り「健康管理」のための「調査」であるわけですが、この「調査」という言葉はいったい何を意味するのでしょうか? 誰が誰に対してどのような目的でそれを行なおうとしているのでしょう? 福島県民はこの「調査」について、国や県や福島県立医科大学から、しっかりと納得のいく説明を受けたでしょうか? 実際には、ただ一方的に調査しますと言われて、基本調査問診票や受診予定の日程表が送られてきただけです。
 
 福島県に住む一人ひとりにとって、とくに子どもたちにとって、この「調査」はとても大切なことです。だから、いま一度この「調査」といわれているものの本当の意味についてすこし考えてみたいと思います。
 
 たとえば仮にこの調査自体の名称を「県民健康管理研究調査」とした場合、そこから受ける印象は変わるでしょうか? 当然ながらここに「研究」の語句が挿入されただけで、その目的が単なる純粋な「健康管理」だけではなく他の目的、たとえば何か学問的な目的が付与されたような、以前とは異なる印象を受けます。もし初めからこの「研究」という言葉が用いられていたとしたら、今回の調査の対象となっている福島県民にとっては、自分たちが、健康チェックもしくは健康増進のための好意による「調査の対象」としてのみ存在しているのではなくて、あたかも冷徹な学問上の「実験の対象」となってしまっているのではないかという不安、猜疑の念を抱かずにはいられなかったでしょう。
 
 この点に関して、山下先生はどのように話しているでしょう?
 2012年8月12日の毎日新聞に掲載されたインタビューにおいて、「検査の目的は?」の質問に対して山下先生は「県民の健康増進のための医療サービスで、決して調査研究ではない」と、研究であることを否定しています。
 しかし、2011年8月19日に掲載されたドイツ、シュピーゲル誌でのインタビューにおいては、「研究ではどういうことを調べるつもりなのか?」の質問に対して山下先生は、「被験者を3つのグループに分けます。原発労働者、子供、それから一般住民です。労働者は高線量の放射線に被曝しています。がんをはじめとするいろいろな疾患について、放射線の影響を追跡調査することが絶対に必要です。一般住民はさらに2つのグループに分かれます。比較的低線量の被曝をした住民と、比較的高線量の被曝をした住民です」と述べ、さらに、「どれくらいの人が被験者になるのか?」の質問に対しては、「200万人の福島県民全員です。科学界に記録を打ち立てる大規模な研究になります」と回答しています。
 
 つまり、山下先生はあくまで福島県民に対しては、余計な不安や疑念を与えてしまう「研究」という言葉を慎重に避けて発言しているのですが、実際のところは本人が自ら語っているようにこの「調査」というのものは紛れもない「研究」なのです。
 
 さて、つぎの文は、文部科学省と厚生労働省から出されたある「指針」の一部で、あるものを定義しています。

『明確に特定された人間集団の中で出現する健康に関する様々な事象の頻度及び分
布並びにそれらに影響を与える要因を明らかにする科学研究をいう』

 これを今回の「福島県県民健康管理調査」と重ねて合わせてみるとどうなるでしょう?
 福島県という明確に特定された人間集団の中で出現する可能性のある放射線被曝障害という事象の頻度や分布、それに影響を与える個々人の被爆線量を明らかにしようとしているのですから、まさにこの定義にぴったり当てはまります。この指針は平成14年に出された「疫学研究に関する倫理指針」というものであり、前述の文はその中で定義された「疫学研究」です。
 「福島県県民健康管理調査」は紛れもなく「研究」であり、明らかに「疫学研究」なのです。
 
 つぎにすこし詳しくこの「疫学研究に関する倫理指針」を見てみると、「疫学研究に携わるすべての関係者が遵守すべき事項を定める」として、「研究者等が遵守すべき基本原則」として次の4つの項目をあげています。

(1)疫学研究の科学的合理性及び倫理的妥当性の確保
(2)個人情報の保護
(3)インフォームド・コンセントの受領
(4)研究成果の公表

この中で(1)については次の5つの原則が列記されています。

@ 研究者等は、研究対象者の個人の尊厳及び人権を尊重して疫学研究を実施しな
  ければならない。
A 研究者等は、科学的合理性及び倫理的妥当性が認められない疫学研究を実施し
  てはならず、疫学研究の実施に当たっては、この点を踏まえた明確かつ具体的な研
  究計画を立案しなければならない。
B 研究者等は、疫学研究を実施しようとするときは、研究計画について、研究機
  関の長の許可を受けなければならない。これを変更しようとするときも同様とする。
C 研究者等は、法令、この指針及び研究計画に従って適切に疫学研究を実施しな
  ければならない。
D 研究者等は、研究対象者を不合理又は不当な方法で選んではならない。

 これらの原則に従えば、当然のことながら、今回の疫学研究である「福島県県民健康管理調査」においても、研究対象者である福島県民の尊厳及び人権を尊重して実施されなければならず、かつ、それが科学的合理性及び倫理的妥当性を満たすかどうかについても十分に検討されなければなりません。また、 D に関しては、山下先生の福島県放射線健康リスク管理アドバイザー在任時における、県民に対する居住もしくは避難条件についての言動がこれに抵触することはないのか改めて検討する必要があるかもしれません。
 
 そして最も大切な事項が(3)のインフォームド・コンセントの受領であり、指針ではつぎのように示されています。

@ 研究者等は、疫学研究を実施する場合には、事前に、研究対象者からインフォーム
  ド・コンセントを受けることを原則とする。
A 研究者等は、研究対象者に対する説明の内容、同意の確認方法その他のインフォーム
  ド・コンセントの手続に関する事項を研究計画書に記載しなければならない。

 医療、医学に限らずこれはもう社会通念上、常識とも言えることですが、この場合、研究者は研究対象者に対して、実施しようとしている事柄の詳細を丁寧に説明し、研究対象者からその同意を得なければなりません。これは本当に蔑ろにできない大切なことです。無断で人を勝手に研究の対象にしてはいけないのです。
 
 多少細かくなりますが、指針には各ケースごとのインフォームド・コンセントの内容についての記載があります。
 これによると、「人体から採取された試料を用いる場合には、研究対象者からのインフォームド・コンセントを原則として必要とし、人体から採取された試料を用いない場合は、インフォームド・コンセントを必ずしも要しないが、当該研究の実施についての情報を公開し、及び研究対象者となる者が研究対象者となることを拒否できるようにしなければならない」としています。
 県民健康管理の項目によると、健康診査では一般健診項目と白血球分画などとあり、これは採血によって採取された試料を用いるのでインフォームド・コンセントが原則として必要となります。甲状腺検査は超音波検査なので後者にあたりインフォームド・コンセントを必ずしも要しないということになりますが、これだけ大規模で、30年という長期にわたって行なわれ、しかも県民のみならず日本人すべてに関わり、関心も高い重大事項であるのですから、すべてをきちんと詳細に説明し、同意を取るべきだと考えます。
 「必ずしも要しない」というのは、「必要がない」というのとは異なります。必要ならば同意を取るべきなのです。加えて、今回の疫学研究の実施についての情報を公開し、研究への参加を拒否できるようにしなければならないのは当然です。
 
 「福島県県民健康管理調査」を今後も継続するのであれば、まず、疫学調査を始める出発点である倫理審査委員会を早急に設置して、この調査研究の科学的合理性及び倫理的妥当性を検討したのちに、被験者「200万人の福島県民全員」に対して丁寧かつ詳細な説明を行い、可及的速やかに被験者より疫学研究参加のための同意を得る必要があるのは当然のことと考えます。


2012.8.12毎日新聞でのインタビュー
http://mainichi.jp/opinion/news/20120826ddm003040168000c.html

2011.8.19シュピーゲルでのインタビュー
http://www.spiegel.de/international/world/studying-the-fukushima-aftermath-people-are-suffering-from-radiophobia-a-780810.html
EX-SKFによる全訳
http://ex-skf-jp.blogspot.jp/2011/08/blog-post_9917.html

疫学研究に関する倫理指針
http://www.niph.go.jp/wadai/ekigakurinri/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月05日 17:02:15 : biI1agih5Q
やりたい放題なのは阿修羅の宮馬鹿おやじだろうが。
好き勝手に数値でっち上げくさって。
真面目ぶって数値いじるだけに悪質だわな。みんな騙される。

臭い地面の土をなぜか「ひとつまみ」(これをKgレベルに比例拡大して数値を上げるため。)狙い通りのKgあたりの高線量が出たら、それを65倍する。すると、Bq/KgがBq/(m^2)換算の出来上がり!!ほ〜ら、東京はチェルノブイリ並なんです!

こんな測定で比較ができるかクソボケが。宮馬鹿おやじは地面の空間線量は決して出さない。だせないもんな〜〜〜w でっち上げ測定がバレるもんなーーw

・・・まー、ここじゃあ管理人もグルだからどうにもならんわ。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
02. 2012年10月05日 18:01:17 : Auw7Z3v22E
県民健康管理調査は疫学調査だから,厚労省指針により拒否できるのではないかとのご指摘,
一般紙が気づいていない論点で感銘しました。

後述の厚労省指針により,疫学研究には,インフォームド・コンセントがいることと,
研究対象者(被験者)は、対象者となることを拒否することができる,
のが大原則です。

こんな大きな研究プロジェクトだから,さすがに福島県立医科大学の倫理審査を
パスしているだろうとその経緯を調べてみると,
福島県立大学倫理委員会
http://www.fmu.ac.jp/univ/kenkyu/rinri/
の議事要旨のうち,平成23年12月13日開催の議事録
http://www.fmu.ac.jp/univ/kenkyu/rinri/pdf/kaigi/231213.pdf
で,
受付番号1319,研究責任者,福島県立医科大学副学長阿部正文による研究課題:
県民健康管理調査の一環としての福島県居住者に対する健康診査
研究等種別:疫学研究
が,審議の結果、承認されています。
これに関連する補助的な調査も,いくつか倫理委員会で承認されています。

ご指摘のように,県民健康管理調査での福島県居住者に対する健康診査は,
福島県立医科大学倫理委員会が「疫学研究」として承認したものです。

したがって,そのルールである,厚生労働省の疫学研究に関する倫理指針
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/kousei/i-kenkyu/ekigaku/0504sisin.html
を守る必要があります。

該当箇所は,
(2)観察研究を行う場合
[2]人体から採取された試料を用いない場合
ア 既存資料等以外の情報に係る資料を用いる観察研究の場合

研究対象者からインフォームド・コンセントを受けることを必ずしも要しない。
この場合において、研究者等は、当該研究の目的を含む研究の実施についての
情報を公開し、及び研究対象者となる者が研究対象者となることを拒否できる
ようにしなければならない。

ということです。

したがって,県民健康調査は,この指針により,拒否できるものです。
そうでなければ,明白な倫理指針違反です。

もし拒否ができない事例があったとすれば,
上記,福島県立大学倫理委員会に,受付番号1319の研究課題について
疑義があることを通報した方がよいでしょう。


03. 2012年10月05日 18:17:11 : A4siwHO9ds
>>01

空間線量もはかってるみたいよ。

http://www.asyura.us/bigdata/bigup1/source/337.jpg


04. 2012年10月05日 18:25:19 : bS3dOn5uKA
>>03
あー、ありがとー。
前は空間線量出してなかったもんで、てっきりそうかと決めつけてしまっていた。

でも辻褄あわないよなあ。やっぱり空間線量まるっきりチェルノブイリ風じゃないやんか。
わしには宮馬鹿おやじがなにやってるのかわからんわ。


05. 2012年10月05日 18:37:30 : A4siwHO9ds
どうもあの人がいいたいのは、空間線量が低くても安心するなということがいいたいみたいよ。


06. 2012年10月05日 18:47:48 : A4siwHO9ds
さっきの表をみると、ガンマ線以外の成分があるということをいっているね。
それが何なのかわからないけど、気にしているみたい。
何かしらね?

07. 2012年10月05日 19:32:17 : 1pFd1VJaJw
02以外は全部本投稿に関係なし。削除すべき。
なお、投稿者に対し、敬意を表する。当を得ている。

08. 2012年10月05日 19:51:45 : lMcuByFbhg
01の発言はタダの妄想。

おやじさんが捏造してる証拠でもだせば?

悪質な中傷だね。


09. 2012年10月05日 19:54:05 : 8kv8coaJEM
01くん

キミが誰かに雇われているのかね。

原子力村が今まで本当のことを言ったことがあるのか

原発は安全 これはウソ
福島の事故は直ちに影響はない すでにメルトスルー認めたのは3箇月後
福島原発は冷温停止状態  何も進んでいない
原発が稼働しないと電力が不足 今年の夏は余裕で足りた
原発はコストが安い 語るに落ちた理屈 問題外
国産エネルギー すでにもんじゅもプルサーマルも破綻

キミもウソの拡散勢力の末端の末端にいる蛆虫かな。


10. 2012年10月05日 21:25:00 : FZhqgYJNlS
>山下俊一センセイ

そのうち、’フクシマのメンゲレ’と呼ばれるようになるのかもね。


11. 2012年10月05日 21:26:50 : 8t2x42SBrI
01〉って削除された「放射能汚染  昆虫の奇形 動物の奇形 次は ????」で01で書いたやつと同じじゃないの?

幼稚な文章といい、「阿修羅」の掲示板を見ている人を、誹謗している所なんって全く同じ。

しかし、この山下を何とかして裁判の被告席(人権侵害など。)で訴えられないものかね。


12. 2012年10月05日 22:02:26 : efWRp4GsI6
>>11

山下俊一センセを保健所に通報して精神鑑定を受けさせて、

躁病認定で強制入院できるのが、普通の国ですよね。



13. 2012年10月05日 22:16:12 : XQBYkUSTiM
「100mSvは大丈夫。毎時10μSv以下なら外で遊んでも大丈夫」と発言した、その道の権威?のセンセイが福島に居座る間は、がんや白血病ですら放射線との因果関係は認められず、福島の人は病気になっても補償を受けることはできませんよ。

14. 2012年10月05日 23:03:41 : ZaQMqN6c76
こうなった以上疫学調査の必要性は認めるとしても、それと治療ないし予防行為は矛盾するのではないだろうか?
治療や予防行為をされては疫学調査は成立しないのではないだろうか?
山下大先生は疫学調査したいばかりに治療や予防行為をさせないのではないか?
なんとなく731部隊を想起させるね。
公衆衛生畑の人、発言をして下さい。

15. Divina Commedia 2012年10月06日 00:01:56 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>2
すばらしいコメントほんとうにありがとうございます。まさか福島県立医科大学倫理委員会で「疫学研究」とはっきりと認定されていたとは…。わたくしの詰めの甘さでありお恥ずかしい限りです。
ところで、これを書いた理由ですが、同意を取れ、拒否権がある、というスジ論ももちろんあるのですが、山下氏が「福島県県民健康管理調査」について、県民に対してはあくまで「研究」ではない、「安心・安全」のために行っているのだというスタンスを変えず、県民もそれなりにそれを信じている現状を揺さぶりたいという動機の方が主です。ですのではじめはネットではない方法を考えていましたが、まずここで皆様のご意見もお聞きしたく、さっそく非常に貴重なご教示をいただき、ほんとうに感謝しております。ありがとうございました。

16. Divina Commedia 2012年10月06日 00:08:26 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>7
ご賛同ありがとうございます。もうすこし展開させていくつもりです。それにしてもほんとに関係ないものコメントは削除してもらいたいです。

17. 2012年10月06日 03:18:51 : hUzYiEXnRZ
1,3,4,5なる物(わかりやすiya)が速攻でコメントするような記事は熟読しようと思っています。

18. 2012年10月06日 07:02:49 : 7oSKGju5kA
日本語に翻訳すると「モルモット」のたった5文字で終わっちゃう文章だよね。

あ、モルモットって外来語か


19. 2012年10月06日 08:12:45 : GQcUGhYYnF
>>15
>県民に対してはあくまで「研究」ではない、「安心・安全」のために行っているのだというスタンスを変えず〜

結論ありきだね。もし危険要因がでてきたらまづいことになる。
で秘密会議が必要だろうね。なるほど

土壌、瓦礫の汚染を調べる方法
両方とも表面が一番汚染してるので土壌を例に、
サンプル深さの決定法
一定範囲で10cm、20cm、の深さでサンプリングし放射能を測定していく。これ以上増えない点がサンプリングの深さと決まる。ベクレル/Kgではおそらく深く掘ってデーターが薄まってるだろう。意味がない。瓦礫は表面数ミリを削り同じように計る。全体の瓦礫も測定自身に意味がない。土壌汚染は表面何センチでのベクレル/Kgと表現し人体に影響があるのは比較的浅い土壌のサンプリングがいいだろう。また土地の汚染全量はこれででる。チェルノとフクシマでは年数が違うので深さのサンプリングも当然違う。同じサンプリング方法を採用してるとしたら悪意の捏造かただの馬鹿だろうね。これで汚染してないと言う瓦礫を燃やすと高濃度に汚染するカラクリなんだね。



20. 2012年10月06日 09:01:14 : 16kIlSWR72
すべての学者を丸裸にし、正体を暴け。 例えば原発安全神話を垂れ流した学者は、学者の肩書きを剥奪せよ。

悪質学者の国民に与える害毒は危険である。


21. 2012年10月06日 12:57:03 : LyhKCFI4gU

確かに「山下俊一」の名は 日本の被爆調査資料として 未来永劫残ることになるだろう。

原発犯罪人の一人として、また福島県民をモルモットにした悪魔の研究者として。



22. 2012年10月06日 14:46:28 : AJXNze1beU
愛国右翼よ、一体どうした?同胞フクシマの人々、特に子供らを犠牲にし続けている山下俊一にアンタらは世紀の大天誅加えねばならぬはずではないのか。なぜ今なお山下らを野放しにしているだ。

それとも、愛国右翼など嘘っぱちで、アンタらは山下らと同類項のクズということなのか?


23. 2012年10月06日 17:32:02 : Ah41BQwoJQ
小生の記憶によれば、昨年の7月頃菅直人内閣の時にいきなり1000億円近い予算がこのプロジェクトについたはず。

当時は原発の事故直後でありかつ仮設住宅もお盆までに何とか行き渡らせるようにしたいと苦労していた最中の出来事であった。

推察するに国際的な要請がしかるべきスジから日本国政府に寄せられ、急遽予算がついたと思われる。

14>の方が指摘する通りかもしれない。
恐ろしい事態である。
早急に情報拡散の上、この予算を治療に振り向けるべきだと思う。
公害病と同じ扱いで。


24. Divina Commedia 2012年10月06日 18:43:32 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>14さま、>>23さま
ご指摘ごもっともで、まさに核心をついています。
それに関して昨日10月5日、「市民と科学者の内部被曝問題研究会」の理事長である澤田昭二氏より、「――福島県が実施中の「県民健康管理調査」の検討委員が、事前に「秘密会」を開き、意見のすり合わせ、公開の検討委員会のシナリオ作りをしていた事実を満腔の怒りを込めて糾弾する――」という声明が出されました。
この声明では、まさにご指摘の通りの、山下俊一による「調査」オンリーであって、「診療、治療」の視点がごっそり抜け落ちている「福島県県民健康管理調査」の実態が克明に暴露され、強烈に糾弾されています。よろしけばご覧になってみてください。PDFです。
www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/?cmd=upload&act=open&page=%E5%86%85%E9%83%A8%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E3%81%8C%E7%90%86%E4%BA%8B%E9%95%B7%E5%A3%B0%E6%98%8E%E3%82%92%E7%99%BA%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F&file=%E5%86%85%E9%83%A8%E8%A2%AB%E6%9B%9D%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%A0%94%E7%90%86%E4%BA%8B...pdf …

25. 2012年10月06日 19:25:51 : QO8w5hym9o
混乱やパニックを防ぐために真実を伝えないということはありがちな方策ではあっても
それが固定化されると虚偽を事実とすり替える最早情報操作。
パニックを回避する段階は過ぎて如何に住民に健康を守るかに力点を置くべき段階に来ているにも関わらず、未だに非常時的情報操作に明け暮れて税金を使って健康を守るために作られた組織が税金を使って健康を損ねる組織に成り下がってしまっている。
健康を守るという方向にシフト出来ないのなら税金の無駄使いただちに解散すべきだろう

26. 2012年10月06日 19:38:03 : FfeqBqwjzE
医学は公衆医学なんだ。
特定の個体や個人を対象とするものではない。
だから、調査と云う手段が必要なんだ。
それは、実験と非実験、追跡と非追跡の方法なんだよ。
今回は、追跡調査なんだ。
それと、他の地域も同じ方法の調査の結果も対比して、前回調査と2回目の調査の経過を観察することで、因果関係に相当するものを推測するんだよ。

当初から診療や治療は想定されていない。
そもそも、公衆医学は治療は出来ないんだ。

澤田昭二氏は、診療や治療がされないことを暴露しているが、同じ科学者共同体のメンバー。
政治的に訓練されていない。
科学者として政治暴露をするのなら、手続きにおいて「インフォームド・コンセントの受領」がないことを暴露するだけで十分だ。

政治の指導者なら、基本的人権の侵害を暴露するべきである。
住民は他の選択肢がないから、自らモルモットになる。
家族の中でも、親父がモルモットになれ、と云っている可能性がある。
隣の人が、すでにモルモットになっていれば、それも本人に対する見えない圧力となる。
夫婦、家族、地域、会社、労組の関係で、見えない圧力があるのではないか。

山下機関が行っていることは、国民が個人として尊重されなくする政治戦である。
ここが国民と山下機関との政治的焦点となっている。


27. 2012年10月06日 20:21:02 : AJXNze1beU
ニ俊一、即ち山下俊一と田中俊一を赦し生かしたままにしておくことは、「極悪犯罪人を野放しにしている」ことになる。

山下俊一は自身の名声やアメリカへのデータ提供などのためにフクシマに来て住民や子供等をモルモットにしているのだ。こいつのやっている事は、かつての石井731 部隊と同じだ。今すぐひっ捕まえて公開処刑でもすべきである。


28. 2012年10月06日 20:21:15 : FpIBHOfTHI
あと3年待ちましょう。
そのころ,
水俣病など吹っ飛ぶような,
史上最大,空前絶後の大公害問題になってるか,
そうでないか。

賭けですね。
山下氏は,ダイジョウブの方向に賭けた。
その責任は取ることになると思う。
かれは,人生を賭けている。

賭けられる当事者は,たまったものではないが。
そこまで思いいたらない連中が多すぎる。


29. 2012年10月06日 20:27:23 : ZaQMqN6c76
14>だが、
山下先生は、甲状腺に嚢胞のある子供たちの再検査(むろん治療も)は2年後まで必要ないと言った。
もしそうなら、少なくとも2年間は福島の子供たちの疫学調査は完璧に実施されるということではないか?
2年間というのは平均的に嚢胞の悪化や癌化のタイムリミットではないかなどと、勝手に考えている。その程度良心はあるのではないかなどともね。
医学者の見解を知りたいものだ。

30. 2012年10月06日 20:30:40 : AJXNze1beU
山下自身の名声やアメリカへデータ提供するために罪のない住民や子供を材料にして「賭け」られてたまるか!こら、28、テメエは頭がオカシイぞ!

山下が責任など取るものか。責任取るような手合いなら、姑息にコソコソ逃げ隠れなどするものか。また、そもそも責任取るなど不用だから、デマ大嘘の被爆量を無関係の人々へ強制するな、このバカたれ悪魔が!

3年待つ?それは28自身がフクイチそのものに行き、住み、3年待ってみろ!テメエ自身が危険やその結果を受容れたらどうなのか。だが、山下俊一に住民や子供にそれを強いる権利など一切ないぞ。山下俊一の仕業は悪魔の所業だ。


31. 2012年10月06日 20:35:33 : FpIBHOfTHI
いや,ほんと。
世界史上空前絶後の,大公害裁判もあり得るんだ。
チェルノブイリの時は,押さえ込まれちゃったけど,
日本はフツーの国だから。

何万人単位の被害者がでると思うよ。


32. 2012年10月06日 23:48:56 : Mctuew0Ki6
そのうち福島では白血病や甲状腺ガンの子供が増えて医者が儲かるでしょう。
医者と葬儀屋と弁護士は人の不幸を種に飯を食っている商売。
山下はその親玉クラスか

33. 2012年10月07日 05:14:54 : kfOhgz5ji2
30さんに同意

今、福島をはじめとした汚染地域の人たちの上に、目に見えない「重石(おもし)」が乗せられた上体をイメージすればいいと思います。
その重石がどれくらいの重さなのか実はわからない。だけど、3年たったらどうなるか見てみよう・・・結果的には28さんの言っていることはこれに同じです。

その重石の下には小さな子供もいるのです。
普通だったら、その重石にとりすがって、なんとかどけようと思いませんか!?
必死にどけようとしても動かなかったら、周囲に大声で加勢を頼みませんか!?

今、目の前で起きていることなんですよ!!


34. 2012年10月07日 05:56:17 : kfOhgz5ji2
一人でもいい、福島の子供を持つ親にこの情報が届きますように。

変な言い方ですが、福島の人は避難に関しては恵まれています。

放射能汚染されているのは福島だけではありません、宮城、千葉、茨城、群馬、栃木、埼玉、そして東京の東側もひどい。

私は、広島市の住宅局に電話をして確認しました。すると、「福島県民」であれば、少なくとも6ヶ月、場合によっては3年間、家賃無料で市営住宅に入ることができます。原発半径何キロとかいう規制はないようです。福島県民であればどの地域でもこの待遇が適用されます。家賃が無料だということは大変生活しやすいことだとは思いませんか。

いま、残っている人たちはなんらかの事情で残らざるを得なかったと聞いています。しかし、今一度考えてみてください。

・生活のための収入が必要だとするならば、残念ですが、お父さんだけが残り、お母さんとこどもだけで避難することはできませんか。
・おじいさんやおばあさんのことも心配ですが、未来=こどもたち ではありませんか。
・避難先として希望する自治体にまずは電話をしてください。そして、上記の情報を確認してみてください。どうせ避難するならば近畿より西、岡山、広島、四国、九州などです。

3年待ってみようみたいな意見がありますが、とんでもないと思います。いま、動いて、あとで「なあんだ、たいしたことなかったね」で済めばいいじゃないですか。ひどい状態になってから「なぜ、あのとき・・・」と思わないように、今、動くべきです。


35. 2012年10月07日 08:32:52 : rOcGTP96fk

ドイツでも中国メーカーとの競争に敗れた太陽電池関連メーカーの破綻が相次いでいる。2008年には世界一の太陽電池メーカーであり日本のマスコミでもしばしば取り上げられたQセルズ社も2012年4月に破綻した。7月にはドイツメーカーの主導で、欧州委員会に中国メーカーに対する不当廉売の訴えがなされた。

欧州主要国は、FITにより再エネによる導入を図ったが、結果は中国メーカーの欧州への進出であり、消費者が負担した電力料金の大部分が中国に流れただけだった。2011年の太陽電池の生産シェアは中国・台湾が74%だ。残りを日米欧のメーカーが分け合っている。欧州各国が相次いでFITの買い取り価格を減額している理由の一つは、自国の消費者が払うお金と雇用が中国に流れ自国にはメリットがないからだ。

2022年に原発全廃を決めたドイツは、風量のある北海とバルト海に洋上風力発電所を建設し南部の電力需要地に電気を送る計画を立てた。しかし、計画の実現が危ぶまれている。不安定な電源である再エネを導入するには送電線の増強が欠かせない。4500kmの増強が計画されているが、まだ200kmしか完成していない。土地所有者の反対と資金手当ての問題だ。このままでは、原発停止による発電能力の落ち込み分1000万kWを賄う方法がないと言われている。

ドイツでは、水力を含む再エネによる発電比率が20%を超えた。このために、問題が生じている。一つは発電量が需要を上回った時の問題だ。FITにより優先買い取り保証がされている再エネの発電設備を送電網から切り離すことはできないので、余った電気を安くポーランドなどの近隣諸国に輸出している。電気の引き取り手がいない時には、お金を付けて電気を渡し引き取ってもらっている。この資金は消費者の負担だ。同じ現象は風力による発電比率が20%を超えているデンマークでも発生している。

もう一つの問題は、やはり送電能力の問題だ。近隣諸国と送電線網がつながっており、再エネ導入が比較的容易な欧州でも送電能力に問題が生じ始めた。北部に風力発電設備が多いドイツでは、南部への送電線能力が不足する事態となり、電気がチェコ、ポーランドなどの近隣諸国の送電線を迂回しドイツ南部に流れることが発生している。近隣諸国は自国の送電に問題が生じるとしてドイツ政府に抗議する事態となっている。

ドイツは2020年に10%の節エネを行い、全発電量の35%を、2050年に80%を再エネで賄う方針を2011年に打ち出している。この方針につき、2012年7月にアルトマイヤー環境大臣が、「最優先課題は産業と生活にとり受け入れられる電力料金である」と発言し、目標実現に疑問を投げかけた。直後にレスラー経済技術大臣が「競争力と雇用が最も大切だ。エネルギー政策の目標ととスケジュールは調整も考えなければ」と発言した。

脱原発、再エネ導入をメルケル首相が打ち出したものの、電力料金、経済、雇用への影響が大きいために、現実路線への修正を両大臣が持ち出したものだ。環境大臣までもが目標達成は疑問と述べたことはドイツのマスコミにとっても驚きと報道されている。


36. 健奘 2012年10月07日 11:47:45 : xbDm84QDmOFmc : e4mRofwlsU
35 さん

エネルギー使用量を抑え、豊かになる生活。
これを目指すのが、一番、ということになりますね。

具体的には、古来からある、耐久性のある家具、耐久性のある家屋、地域で楽しむ演芸・園芸、・・・・。

ニトリ、ユニクロ、マックよ、さようなら。


37. 2012年10月07日 20:11:49 : 3izlhKQXRY
今回の調査は今後発生するかもしれない被ばくによる疾患を特定するためのもの。
被曝によって病気が発症するのは大体2年後以降だということがチェルノブイリ事故後の調査で分かっている。
よって、現時点でなんら体に異常がなく、かつ、今後放射線被ばくが原因と思われる病気が発症した場合に国や東電に賠償請求しやすくする狙いがある。
これによって、東電や国、被災者、双方にとって無意味な争いにならなくて都合がよいってことだね。

>>35
アルトマイヤー環境大臣は先任大臣と違い、脱原発穏健派といったところだろうね。
そして、事故後の小沢氏の発言からしても、小沢氏も穏健派。
つまり、今回のドイツ訪問はドイツの現状を理解することで、「国民の生活が第一」が取り組むべき脱原発がどういったものであるべきか見定めることが目的というわけだ。
それによって、大多数の国民が共感できるようなより現実的な脱原発が提唱されればいいんだけどね。


38. 2012年10月07日 20:32:50 : oYt60lYmn6
>>29
>2年間というのは平均的に嚢胞の悪化や癌化のタイムリミットではないかなどと、勝手に考えている。その程度良心はあるのではないかなどともね。
医学者の見解を知りたいものだ。

本気で考えているなら、申し訳ないが、あなたは、犯罪的なお人好しです。
良心的で2年を設定したなら、その間、不安な保護者や当人が別の検査を受けること(セカンドオピニオン)を容認するはず(いや、良心があれば容認するどころが、勧めるはず)。
それを、妨害する文書を出し(阿修羅で何度も紹介)、その実際の効果を、多くの人が被っている。たとえば、3・11前に甲状腺の治療を受け、その検査を定期的に受けていた人までが、この期間の検査を医師にこばまれ、理由を聞いたところ、口を濁し、結局、この健康管理調査の話が出てきたことなど、類似の話がいくらも出ている。
こうした文書の存在(セカンドオピニオンを受けないように医師に恫喝をかけている)、エコー画像を被験者に渡すことを拒否(これは明らかに犯罪だ。厚労省も、画像が被験者の所有にも属することをしぶしぶであれ認めた)………こんな悪逆なことを、福島県立医大副学長の権威、そして、「子殺し知事」佐藤雄平をバックに、文科省はじめ政府にも強大な力を形成している山下俊一の良心云々などという人は、少しは現実を見た方がいい。
「秘密会」の醜悪さも、こうした連中にとっては当たり前のことだった。

投稿内容や23さんの「昨年の7月頃菅直人内閣の時にいきなり1000億円近い予算がこのプロジェクトについたはず。」の指摘、いずれも、重要な内容で、このようなまとめに感謝。

それにしても、冒頭をはじめ、いくつかのコメントでの、投稿と「宮島鹿おやじ」
さまへの低級な罵倒。この投稿とおやじさまの作業が原子力村にとって許しがたい有力なものである保証書を付けたようなものですね。



39. Divina Commedia 2012年10月07日 22:00:18 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>29>>38
先日、郡山で開かれた松崎道幸先生の講演会でも、検診で2才のお子さんに甲状腺異常(嚢胞)が発見されたお母様に対して、松崎先生は3ヶ月後の(3ヶ月毎の)再検査を勧めていました。つまり、2年後まで再検査なしで放置というのは普通の医学的常識に照らしてありえないということです。医学的にも、本人や家族の精神衛生上の観点からしても、2年という年月はあまりに期間が長すぎます。チェルノブイリの不幸な歴史からも、放射線被曝による小児甲状腺癌は、早期にリンパ節転移を起こし、肺などへの他臓器転移も容易に起こすことが証明されています。早期診断、早期治療がなによりも大切なのです。そして、DAY JAPAN 10月号の特集「山下俊一氏発言集」で広河隆一氏が指摘しているように、IAEAのチェルノブイリ調査にあたった長瀧重信の言う「治療、対応が決められていないのであれば、異常が発見される可能性のある甲状腺などの検診はすべきでない」の発言どおり、その弟子である山下俊一は甲状腺検査などなるべく避けたいわけです。セカンドオピニオンを否定する山下俊一(と佐藤雄平)の行為も言語道断です。
彼らがやっていることが犯罪行為であることをなんとしても暴いていかねばなりません。

40. 2012年10月07日 23:45:03 : tdZPqKJs6A
38です。
39さん、肺への点に問題など書いていただきありがとうございます。
甲状腺ガンは簡単に治るというデマに対する事実として、これも最も深刻な問題の一つと思っていました。もちろん、甲状腺ガン治療後、生涯にわたってホルモン剤を飲まなければならないことなど、甲状腺ガンだけでも、「簡単に治る」と平気で言うことのできる連中の神経はどんなものなのかと思いますが。
DAY JAPAN 特集、読もうと思っていて、まだ買っていませんが、内容紹介も感謝です。それにしても、長瀧の発言は、さすがに山下の師だけあって、すごいですね。
山下の発言はある程度おっていたのですが、これは知りませんでした。
本当に、これらを暴き、白日のもとに引き出さなければと思います。

41. Divina Commedia 2012年10月08日 00:02:27 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>30>>33
ありがとうございます。一見平穏に見える福島。でもそれは時限爆弾を抱え込みながら、どこに爆弾があるのかもわからず、時を刻む秒読みの表示も見えず、ただ無為に半ばあきらめの境地で日々日常をおくる県民が数多くいます。わたしも時としてそれに流されそうになりますが、それでもこの現状にあくまで抵抗を試みる仲間がいるのでなんとか正気を保っていられます。内側からこの狂気を打開しようと仲間達はそれぞれの方法で立ち向かっています。県外の多くの方が救援の手を差し伸べてくれてもいます。それでもいま、彼ら、福島県民をおもちゃ扱いする悪魔のような一団に、痛烈な一撃が必要なのです。

42. Divina Commedia 2012年10月08日 00:10:49 : XldEHmInhjvqQ : owgeZPOlwc
>>34
ありがとうございます。
わたしも去年の3月、4月、5月と福島から避難すべきだという情報を流し続けましたが徒労に終わることも多く挫折もありました。しかし避難が正解なのは言うまでもありません。いまからでも遅くなんか全然ないんですから、ひとりでも多くの子どもたちが県外へ、西へと避難してくることを願うばかりです。

43. 2012年10月08日 01:45:27 : vr5kCpBPx6
今でも遅くないということ、その通りだと思います。

御用学者(学者と言えるのかどうか知らないが)は、人体は(たとえばDNAは修復能力がある)と、錦の御旗のように繰り返す。だから放射線は安全だとのイメージをばらまいてきた。
まさに、愚かさ、非道の見本のような論理だ。
修復能力は確かにある。
そうであれば、一層、被曝してきた子どもたちをはじめとする住民を、いまからでも低線量のところに移して、体内の放射っ性物質をできるだけ排出させ、修復を促すべきだ。
保養の効果は、チェルノブイリでも多くの報告がされている。
人体は修復力があるとお説教する学者どもは、疎開、避難、保養の先頭に立て。
「修復」云々と繰り返しながら、保養や疎開を押しとどめようとするのは、一体、どんな人間なのか。
今からでも、避難、疎開は遅くはない。
そして、あの避難押し止めの急先鋒、福島市の調査ですら、なんと、3分の1が避難を希望しているというのだ。大変な数だ。
しかし、避難が容易でない多くの人がいる。
普通に暮らしていても、「現代の貧困」に絡み取られ、抜け出せない人たちがいる。子どもを抱えた人たちは、より以上に、生活基盤に縛られる。生活基盤、職を捨て、さまざまな社会的つながりをすてて(避難者は、しばしば、地元やそれまでの職場から排斥されている。また、それを促す者が背後にいる)避難することがどれほど大変で困難なことなのか、外部から避難を促す(そのかぎりで正当な)主張をする人たちは、このことをできる限り知った上で、その主張を行わなければ、被曝と生活・社会状況の板挟みで苦しんでいる当事者を、かえって傷つけることにもなることを知る必要がある。
チェルノブイリ同様、1msv以上「避難の権利」の補償は絶対に必要だ。
避難で失われるものをできるだけ少なくするため、原発に反対する人たちが先頭になって、高線量の下で苦しんでいる人たちを支える必要がある。
そして、今は、市民団体などが身銭を切り、必死で行っている保養活動を、国・東電が補償して当然だ。
6月21日に超党派の議員立法として提案され成立した「子ども被災者支援法」は、避難の権利や医療保障の枠組み、理念などチェルノブイリ法からも学んだ良い内容になっている。しかし、それを実質化できるかどうか、原発反対運動とともに、これからの課題になっている。


44. 宮島鹿おやじ 2012年10月08日 04:50:09 : NqHa.4ewCUAIk : LCezg03HLQ
Divina Commedia様

はじめまして、宮島と申します。
私のことについて、本題と関係のないコメントによってスレッドを乱していたようです。自分の責任ではないと思いますが、とりあえず、お詫びいたします。

もっぱら、汚染調査ばかりやってます。
それ以外のことはほとんど何もわかりません。
しかし、福島で子供たちに対して行われていることが、人体実験ではないかという強い疑いと、ほとんど毎日の悲嘆と怒りの中で暮らしています。
もし、よろしければ私のスレッドでコメントなどしてください。
いろいろと教えてください。
私も、お役に立てることがあれば何でもします。
どうぞ、よろしくお願いします。


45. 2012年10月08日 18:01:46 : FPwMFWkg1g
誰か山下俊一を捕まえたり拘束する者はいないのか。勿論、こんな卑劣な手合いは権力の後盾があるから、一般人がそれをしようものなら、逆に一般人の方が捕らえられてしまうだろうが。

良心と人間の心ある福島医大の学生よ、この悪魔をひっ捕まえて処断せよ。集団で捕まえて全国の一般人が知る場所に捕捉しておくという手もある。そうすれば、全国の人々がやってきて、この悪魔を処断するだろう。改悛すれば勿論許してよいが、改悛するなど全く期待できまい。なぜなら、金や地位で悪徳権力側へその魂を売り払っているからだ。


46. Divina Commedia 2012年10月08日 19:19:46 : XldEHmInhjvqQ : jc81KvMmEE
宮島鹿おやじ様

はじめまして。わざわざコメントいただきましてありがとうございます。
わけのわからぬ輩のすることなど無視するのみです。どうぞお気になさらないでください。
福島の汚染は言うに及ばずですが、他県の汚染も相当ひどいことは認識しておりますので、大切なお仕事されていますね。
福島の子どもたちのためにもそれぞれができることを頑張りましょう。
現在、ツイッター中心でなかなか阿修羅まで手が回りませんが(そうとうな寡作になると思います)、こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
(もしご質問などあればツイッターのアカウントでお願いいたします)

Divina Commedia(@Beatrice1600)


47. 宮島鹿おやじ 2012年10月08日 19:31:57 : NqHa.4ewCUAIk : LCezg03HLQ
ああ、ありがとうございます。
あと、何か調査についてのアドバイスとか要望とかあったらどうぞ、ご連絡ください。本当に素人連中で調査やってます。なお、私は「情弱」で逆にツイッターとかは、よくわからないのですが、たしか

宮島鹿おやじ(@miyajimashikao)

で、登録しています。よくわからないので、フォローしてくれるひとも50人くらいしかいません。

よろしくお願いします。


48. Divina Commedia 2012年10月08日 20:40:24 : XldEHmInhjvqQ : jc81KvMmEE
宮島鹿おやじ様
ツイッターフォローいたしました。
餅は餅屋とも申しますが、実際、ツイッターの方がはるかに簡単ですよ。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
頑張りましょう!

49. 2012年10月08日 21:21:22 : BBEfCgGLfE
字面を追って申し訳ないが
これは、「福島県県民健康管理調査」と言っている

   福島県県民健康「管理」調査

健康が管理されているか調査するのでは??

普通なら「福島県県民健康診断」だよね〜
さらに、健康診断だと、健康かそうでないかになる。
だから、ちょっとでも疑わしい場合は引っかかってしまう。
センシティビティが高いわけだ。

成人病検診を受けた人ならわかるが、すぐに引っかかる
わけだ。

これだと困るから、もし放射線障害を診断する場合は

   「ガン診断」
になるね。
こうすれば、スペシフィシティが高くなるので
疑わしい患者は無視できる。
つまり、健康診断に比べて、著しく発症率が低下する。


50. 宮島鹿おやじ 2012年10月08日 21:35:54 : NqHa.4ewCUAIk : LCezg03HLQ
Divina Commedia様

>今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
頑張りましょう!

はい!



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧