★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 793.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
">「原発ゼロ」各地で行動/声あげる それが大切/大阪 名古屋 山形(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/793.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 10 月 08 日 11:00:28: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-08/2012100815_01_1.html

「しんぶん赤旗」 2012年10月8日(月)
「原発ゼロ」各地で行動/声あげる それが大切
“負の遺産”残さない 大阪


 原発ゼロの会・大阪(原発をなくし、自然エネルギーを推進する大阪連絡会)は7日、発足1周年記念のつどいを大阪市内で開き、800人が参加しました。

 終了後、パレードに繰り出し「子どもたちに“負の遺産”を残さないため原発ゼロへ行動を起こしましょう」と訴えました。「なくそう原発」のプラカードやタペストリー、ギターを手に大阪市役所まで行進。路上や車中から手を振り、エールを送る人もいました。

 看護師の女性(24)=東大阪市=は「被爆国の日本で放射能の恐ろしさは分かっているはずなのに、原発政策を推進した政府はおかしい。いまある原発を廃炉にして自然エネルギーへの転換をすすめてほしい」と力を込めました。

 沿道から声援を送っていた大阪市阿倍野区の女性(69)は「福島で原発事故があって、今も多くの人たちが苦しんでいるのに、青森県の大間原発の建設を認めたのは信じられない。原発ゼロへ頑張って」と語りました。

 つどいでは、安斎育郎立命館大学名誉教授が「原発ゼロへ〜生命とくらしを守るために」と題して講演。放射線被ばくの実態や核軍拡競争と結びついた原発開発の歴史を明らかにし、「主権者として国民みんなが原発ゼロへ行動を起こそう」と呼びかけました。

 原発ゼロの会・大阪の中村毅事務局長が報告し、大飯原発の即時停止、原発からの即時撤退と自然エネルギーへの政策転換に向け、学習と宣伝・署名行動で世論を高めようと行動を提起しました。

--------------------------------------

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-08/2012100815_02_1.html

「しんぶん赤旗」 2012年10月8日(月)
「原発ゼロ」各地で行動/声あげる それが大切/「いらんがね」と行進 名古屋


 「原発いらない!」「再稼働反対!」。名古屋市で7日、「原発いらんがね 秋の大行進」が行われました。

 3000人ほどが市内中心部と商店街を横断幕や旗を掲げ、2時間かけてデモ行進しました。行進者らはドラムのリズムにあわせて声をあげ、道行く人に参加を呼びかけながら練り歩きました。沿道から「すごいねえ」「いいぞ」と感嘆と激励が寄せられました。

 主催は毎週金曜に東区の関西電力東海支社前で再稼働への抗議行動をおこなっているメンバーらを中心とする「TEAM原発いらんがねNAGOYA」。

 出発前の集会で主催者の一人、ミルケさん(24)=ツイッター名=は「陸も海も汚れ、食べることにさえ放射能の心配がまとわりつく。仲よくしていた人の間にも気まずさを持ちこみ、未来の希望さえなくす。だから原発はなくそう」と訴えました。賛同人には地元選出の国会議員も名を連ね、この日は日本共産党の井上哲士参院議員が「みなさんと一緒に声をあげていきます」と激励。みどりの風の谷岡郁子参院議員もあいさつしました。

 呼びかけ人のツイッター名「原発サヨナRiotGRRRL(ライオットガール)」さん(41)は「超党派で呼びかけた初の試みでしたが、名古屋で画期的なデモになったと思う」と語りました。

--------------------------------------

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-08/2012100815_03_1.html

「しんぶん赤旗」 2012年10月8日(月)
「原発ゼロ」各地で行動/声あげる それが大切/太鼓で、ギターで訴え 山形

 山形県の「幸せの脱原発日曜ウオーキング」が7日、山形市内で行われ、子ども連れの家族、主婦やサラリーマン、福島県からの避難者、青年のグループなど120人が参加し市内を行進、原発ゼロを訴えました。

 毎週金曜日の夜に実施しているウオーキングを日曜日の昼に実施したもの。風船を持った子ども、ミニアコーディオンやギター、ジャンべ(太鼓)などの楽器を持った人、ゴジラの着ぐるみの青年など、それぞれに原発反対の思いを表現。「原発反対」「再稼働反対」「子どもを守れ」と唱和しながら市内を行進しました。

 福島県から米沢市に避難して来た男性(43)は、妻と子どもを連れて参加、「原発事故はおとなの責任、子どもに申し訳ない。今声を上げないと罪だと思う。子どもに声を上げることの大切さを教えたくて参加しました」と語りました。

 いつもミニハンドマイクでシュプレヒコールを先導している男性(62)は、「民主党政府は原発ゼロを閣議決定しなかったし、大間の建設も認めた。自民党だって原発推進。原発反対、もうやめましょうと多くの人に訴えていきたい」と話しました。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧