★阿修羅♪ > 原発・フッ素27 > 858.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「原発ゼロ」挫折の影に浮かび上がる核武装問題 原爆5000発分のプルトニウムをどうするのか
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/858.html
投稿者 MR 日時 2012 年 10 月 12 日 00:17:54: cT5Wxjlo3Xe3.
 

「原発ゼロ」挫折の影に浮かび上がる核武装問題
原爆5000発分のプルトニウムをどうするのか
2012年10月12日(Fri) 池田 信夫
 政府の国家戦略室は、9月14日にエネルギー・環境会議で「2030年代に原発稼働ゼロを可能にする」という方針を決定したが、19日の閣議ではこの決定は閣議決定されず、「参考資料」となった。

 その直後に枝野幸男経産相は、地元の突き上げで青森県の大間原発の建設を認め、六ヶ所村の核燃料再処理施設や高速増殖炉「もんじゅ」も当面は存続するとしたため、「原発ゼロ」政策は実質的に撤回された。国の基本政策が発表されてから数日で撤回されるのは異例である。いったい何があったのだろうか。

日本は人類を全滅させる量のプルトニウムを保有している

 この時期の目立った大きな動きとしては、18日に経団連と日本商工会議所と経済同友会が合同で記者会見を開いて「原発ゼロ」政策への反対を表明したことだ。

 一般には「財界の反発に恐れをなした野田政権が閣議決定を見送った」と見られているが、このときもう1つの大きな動きがあった。

 国家戦略室の決定に先だって訪米した前原誠司政務調査会長に対して、米エネルギー省のポネマン副長官は11日、「原発ゼロを目指すと決めた場合には負の影響を最小化してほしい」という懸念を伝えた、と前原氏が記者会見で明らかにしたのだ。

 アメリカ政府が心配する最大の問題は、原発をゼロにして高速増殖炉をやめると、使用済み燃料を再処理してできるプルトニウムの用途がなくなることだ。

 日本の保有しているプルトニウムは、原子力委員会によれば、国内に9.3トン、海外に35トンの合計44.3トンである(2011年末)。アメリカの核兵器に装着されているプルトニウムの合計が38トンというから、日本はそれを上回る量を保有しているわけだ。

 プルトニウムは8キログラムあれば1発の原爆がつくれると言われるので、日本の保有しているプルトニウムは5000発分以上だ。原爆の製造技術は成熟しており、北朝鮮でもつくれるぐらいだから、日本がその気になればいつでも製造できる。つまり日本は、人類を全滅させる量の核兵器をつくることができるのだ。

行き詰まった核燃料サイクル

 原爆を保有していない国がこのように大量のプルトニウムを保有することは、核拡散防止条約(NPT)では認められていないが、日本だけは日米原子力協定で特別に保有を許されている。これは高速増殖炉などの平和利用に限定するという条件つきで認められているものだ。最近では、大間のようにMOX燃料(プルトニウムをウランに混入した燃料)を使う原子炉も増えているが、これも余っているプルトニウムを消費するためだ。

 今のところ日本はフランスとドイツとイタリアに使用済み核燃料を送って再処理を委託しているが、最終処理の方法は決まっていない。かつては海洋投棄が考えられていたが、ロンドン条約で禁止された。地中に埋める技術は完成しているが、政治的には極めて困難だ。アメリカが建設したネバダ州ユッカマウンテンの処分場は完成の直前になってオバマ大統領の介入で工事が中止されてしまった。

 六ヶ所村の再処理施設もまだ本格的に稼働できず、中間貯蔵施設もできていない。このため各原発に暫定的に置かれた使用済み核燃料がたまり、その量は昨年末で1万4800トン。このままでは、あと10年で保管スペースがいっぱいになると予想されている。原発が「トイレなきマンション」と揶揄される所以である。

 平和利用の切り札として期待された高速増殖炉の原型炉「もんじゅ」はたびたび事故を起こしたまま、運転再開のめども立たない。MOX燃料で消費するプルトニウムは燃料棒の5%程度とわずかなので、これだけでは使い切れない。

 最大の問題は、経済性である。かつてはウランの埋蔵量は数十年で、各国で原子力開発が進むと価格が高騰することが心配されていたが、最近は精製技術の進歩で純度の低いウランが使えるようになり、埋蔵量は900年以上あると言われる。

 おまけに「シェールガス革命」と呼ばれるほど、新しい天然ガスが大量に採掘できるようになり、LNG(液化天然ガス)の価格も下がっている。シェールガスの埋蔵量は200年以上あると言われ、発電単価で考えると原子力より安くなった。

 このようにエネルギー源としての原子力は競争力を失い、世界各国で原発建設のキャンセルが相次いでいる。「原子力の時代は終わった」というのが世界の電力産業の共通認識だ。

 しかし原発の燃料費は1〜2円/kWhと火力よりはるかに安いので、既存の原発は速やかに再稼働すべきだ。また、地球温暖化の脅威が現実になってくると、原子力の出番はあるかもしれない。この点でも、原子力をわざわざゼロにするのは愚かな政策だ。

核武装は現実的なオプションなのか

 原発にまだ存在価値があるとしても、核燃料サイクルの採算性が高くないとすれば、総額19兆円とも言われる莫大なコストをかけてこれから再処理施設を建設することは賢明ではない。

 このため民主党政権も(使用済み核燃料を再処理しないで埋める)直接処分を打ち出したが、これによって宙に浮くプルトニウムは核兵器の材料としては非常に重要である。実は日本政府が再処理にこだわる隠れた理由は、ここにある。

 私が昨年、自民党の勉強会で「再処理は採算に合わない」と話したら、元閣僚から「原子力は安全保障に必要だ」という反論を受けた。つまり原子力技術を持っていることが、その気になればいつでも核兵器をつくれるという抑止力になっているというのだ。

 さらに彼は「日米安保体制がいつまで続くかは分からない。日本が自力で中国の脅威から国を守るには、核兵器というオプションは残す必要がある」と述べた。自民党にとっては、原子力は第一義的には安全保障の問題なのだ。

 しかしそれは、現実的なオプションなのだろうか。まず日本が核武装することはNPT違反なので、条約を脱退しなければならない。これには当然、アメリカが強く反対するだろう。日米同盟が解消されることも覚悟しなければならない。

 安保条約なしに自主防衛で国を守るには、憲法を改正して「戦力の保持」を明記する必要があるが、憲法改正には衆参両院の3分の2の発議が必要で、それは当分ありえないだろう。

 さらに米軍基地がすべて撤退したら、その代わりに自前の防衛力を持たなければならない。そのためには、現在の10倍以上の軍備が必要だと言われる。そんな余裕は、日本の財政にはとてもない。特に中国に対抗できる核兵器を配備するとなれば、防衛予算で財政が破綻してしまうだろう。

 つまり今のようにアメリカの「核の傘」で守られている状態は、独立国としては変則的だが、極めて安上がりな方法なのだ。

 アメリカとしても、日本は潜在的な軍事大国であり、核武装することは大きな脅威だ。中国を抑え込む橋頭堡としても日本の利用価値は大きいので、今のところは両国にとって今の状態が便利である。

 しかし、いつまでもそういう幸福な状態が続くとは限らない。尖閣諸島で軍事衝突が起こったとき、アメリカは無人島を守ってくれるだろうか。キャンベル米国務次官補は「尖閣諸島は日米安保条約第5条の明確な適用範囲だ」と議会で証言したが、領土紛争に介入するとは言っていない。

 さらに核戦争の脅威が現実のものになったとき、アメリカは自国が中国からの核攻撃にさらされるリスクを承知で、日本を守ってくれるのだろうか。安保体制で戦争が起こったことは一度もないので、それは戦争になってみないと分からない。

 国家のコア機能である安全保障を他国に全面的に依存している日本は異常な状態であり、いずれはそれを是正しなければならない。それが今ではないとしても、行き場をなくしたプルトニウムは、これまで隠れていた問題の所在を示したのである。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/print/36298  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月12日 00:38:10 : 3HSsY9hSLs
プルトニウムの保有で核武装の可能性を見せることで戦闘機や護衛艦(駆逐艦)を保有するのと同じ抑止力が働く
というのが原発を推進した正力や中曽根の国内タカ派向けの理由づけだった。

まあでも戦闘機保有もF35の選定過程をみればわかるように、実際戦争になったらどうするのかという現実感のない、プラモデル好きの長老たちの軍国遊びに過ぎない。そんなバカな理由で?という信じられないような幼稚なメンタリティがタカ派の正体で、石破を見ればわかるね。


02. 2012年10月12日 01:20:14 : d1INYqu1to

>その直後に枝野幸男経産相は、地元の突き上げで青森県の大間原発の建設を認め、六ヶ所村の核燃料再処理施設や高速増殖炉「もんじゅ」も当面は存続するとしたため、「原発ゼロ」政策は実質的に撤回された。国の基本政策が発表されてから数日で撤回されるのは異例である。いったい何があったのだろうか。

六ヶ所、大間原発、もんじゅに権力がこだわる背景> 日米原子力協定第3条「プルトニウム及びウラン233、高濃縮ウランは、日米が合意する施設にのみ貯蔵される」とあり、原子力協定破棄でなければ、3箇所は存在しなければならない、ことになる。 mext.go.jp/component/a_me…
( http://twitter.com/#!/AndreasDiego/status/256056687914520577 )


03. 2012年10月12日 02:27:52 : FTINZe8TVc
>地中に埋める技術は完成しているが
完成していねぇよ。相変わらずノビーは電波しているねぇ
高濃度放射性廃棄物のガラス固形化はインチキだ。
スイスが脱原発に舵を切った要因のひとつが
使用済み燃料棒や高濃度放射性廃棄物の再処理が出来ないと判断したから
同じく脱原発としたドイツもガラス固形化ではなく
ドライキャスクで冷却保管、地中に埋設保管する方式じゃない。


04. 2012年10月12日 03:50:31 : 7uPtGleutM
ネット情報では、既にプルトニウムはあちこちに売ってるようだ。米国のも北朝鮮にもイランにも。核兵器は定期的にプルト弾頭を新規なのに交換する必要がある。

05. 2012年10月12日 03:59:14 : VbWAbFllIA
核燃料サイクルに関してはウラン資源の有効活用の面が
一番大きいのは事実だが、日本の支配層の根底には核武装の
流れがあるのは明らかである。
そうでなければもんじゅや六ヶ所の再処理、大間にこだわる
理由が説明出来ない。
また原発自体が潜在的な防衛力になっているのも今回のフクイチで証明された。
これは日本には54機の原発(内フクイチ4機は廃炉)があり、
いざとなれば自爆攻撃も辞さないという態度を世界に見せつけた。

それにしても米国は自国内でも再処理を禁じているのに日本にこんな
危険なものを許して来たのは何が目的だったのだろうか。
恐らく中国や旧ソ連に対する橋頭堡の役目を日本に期待したのだろう。



06. 2012年10月12日 09:29:11 : JQhTnGL4yI
プルトニウムの使い道が無いことが問題なら、アメリカ債権を購入する形で日本国民に知れないように換金できない債権を溜め込んで貢いでいる日本の闇政策を止め、その代わりに毎年プルトニウムと言う現物でアメリカを支援する方策に転換すれば良いでしょう。


07. 2012年10月12日 10:52:13 : CGK1QuuD2w
この文章は、使用済み核燃料がリサイクルできるという前提で書かれていますが、嘘です。
使用済核燃料に含まれるプルトニウムは、再利用不可能です。肥溜めの中のウンコが、食材に利用できないのと同じことです。

要するに、軍事利用なんて、まるで不可能なただの厄介なゴミです。

>使用済み燃料を再処理してできるプルトニウムの用途がなくなる

何回も同じことをいいますが、再処理できないのです。使用済み核燃料は、なんの価値もない負の資産です。


08. 2012年10月12日 11:38:08 : xH1ibK0GFI
>地球温暖化の脅威が現実になってくると

はて、池田信夫は地球温暖化詐欺論者だったはずだが?


09. 2012年10月12日 13:46:27 : ayu9JZCEeo
戦略核の保有なんてばかげてるよ。

原発を54基も抱える日本が核武装したって抑止力になるわけない。

福井県を守れるのか?福井県を攻めれば日本壊滅。

ボンクラ右翼の考えることは間が抜けてる。

どんなに軍備増強したって北朝鮮にさえケンカうれないだろうよ。


10. 2012年10月12日 16:28:28 : tz6X5BXInE
【変態】排泄物を「資産」と強弁する東京電力
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/275.html

11. 2012年10月12日 17:08:38 : JURBSud87w
そんなに原発続けてプルトニュウムを作りたいなら
いっそ、プルトニウムを輸出すればいい。現存しているだけで十分価値がある。

「日本はプルトニゥムを売るぞ」と宣言するだけでいい。
それにプルトニュウムは現行での「兵器」には定義づけがされて無いから
売買は自由だ。

「この指止まれ」で売れば外貨獲得になる。池田さんよ、どうせならそこまで言えよ!


12. 2012年10月12日 17:46:23 : hSKRyRNc22
一端作られれば、永代消えない。消す技術が出来るのを待たねばならない。それまで、安全に保管するしかない。環境に拡散されれば、人類は滅亡するので。
核を弄ぶ事は、人間には、未だ不可能。科学法則。
法則を破るという事は、嘘、でたらめ。
口で何を言おうと、良いけれど、実働で、商いをした瞬間に、詐欺、犯罪。
現行犯逮捕するのが、民主主義、法治国家の、人類の、大人の、教育の責任。
核・全原発の廃絶。日本版のチェルノブイリ法即時制定。

13. 恵也 2012年10月12日 18:58:48 : cdRlA.6W79UEw : cmmhfDW8MU
>>09 原発を54基も抱える日本が核武装したって抑止力になるわけない。

俺もまったく抑止力にはならないと思う。
日本みたいな小さな島国では、通常戦力で原発を攻撃しメルトダウンさせたら
原発1機だけでも破壊に成功したら、日本は戦争どころか降伏せんといかん。

敵対国に急所をさらしてる日本という国家には、戦争遂行能力はない。
この状態でどんなに軍備増強したって、プラモデルの軍隊くらいにしかならんよ。
こんな地震大国で津波大国の人口密集国で、原発を作るなんて非国民だ。


15. 2012年10月12日 21:36:22 : 3HSsY9hSLs
原発を安全保障問題と絡ませるのが都合が良いのは、タカ派の長老たちにオモチャを与えて喜ばせると同時に、防衛関連特有の情報隠蔽が可能になることだ。

正直、正力のような商売人が兵器ヲタクだったわけではない。安全保障の美名のもとに競争のない巨大な利権が手に入る旨みを嗅ぎ取ったに過ぎない。
現場でやってみればわかる。役人は重工業関連企業の接待漬けで、調達も役人のさじ加減で決まる。そうやって海外企業から調達するより倍近い値段で国内企業から調達され、その国内企業は欧米企業に高いライセンス料を上納する。その大半は機密保護の名目で衆目に晒されることはない。

防衛関連のこのような旨みを経産省役人も手放したいわけがないのだ。これがある限り経産省は原発を推進し、また国内産業界にも原発賛成の圧力を加え続ける。ライセンス料上納先の英米仏も異論はない。役人の要請に応じて都合の良い外圧を加え続けてくれる。


16. 2012年10月13日 00:32:39 : yIVT6sD5wM
ま、タカ派の諸氏よ、戦争したければまず原発を根絶してからにしなよ。
原発があったら戦争にもならん。前から言われている、国内「テロ」で勝負がつく。

即日「日本崩壊」だ。


17. 2012年10月13日 08:03:29 : dej7CPr6Nk
池田信夫のこのながい文は、なにが主題なのかわかりづらい。
長い文に洗脳したい内容をこっそり事実かのように織り込んで刷り込みしていると見る。

そう考えると、「原発ゼロ」挫折、とかの文がそれらしい、と気づく。

------「原発ゼロ」政策は実質的に撤回された。国の基本政策が発表されてから数日で撤回されるのは異例である。

これは間違いである。

@ 新規の建設は認めない。
A 既設原発の40年以上の延長は認めない。

は生きている。大間原発は建設中ということで認められただけである。

もうひとつの主題、核武装問題は焦点の定まらない意味のない長文といえる。


18. 2012年10月13日 10:44:26 : VbWAbFllIA
>>13,>>16
別に原発を擁護するわけでは無いが、日本人には有終の美を飾るという
考えが古来より根付いている。
政府の首脳が安全保障に必要と言っているのはあながち妄想ではない。

第2時大戦の末期に沖縄が陥落したのを機に軍部には本土決戦の
雰囲気が高まった。1億総玉砕計画だ。
まあこれは原爆と昭和天皇の決断で回避されたが。
日本には廃炉も含めて54機の原発がある。これを攻撃すれば
どうなるかは明らか。フクイチはまだ格納容器の一部が壊れている
だけでこれだけの放射能の飛散状態。
仮に通常の巡航ミサイルで原発を破壊すれば日本全土は放射能の海となり
敵は1歩も日本には入れないはず。
敵にとられる位なら城を壊して自決が日本人の生き方。


19. 2012年10月13日 11:18:53 : 3HSsY9hSLs
アホちゃうか
一億総玉砕なんて国民は誰も望んでいなかった。どのみち絞首刑の軍部官僚が国民を人間の盾にしようとしただけ。
死してお国のためなんて国民性も捏造されたもので、そんな文化は日本の伝統にもなかったことも解明されている。兵士は国のためなんかじゃなく、家族が郷里で恥辱を受けないために無茶な命令にも従ったんだよ。

ま、今の原子力村の連中は当時の軍部官僚と同じメンタリティだろうな。


20. 2012年10月13日 15:49:34 : EoXlNNJLwY
>>04

http://www.technologyreview.com/view/425673/antineutrino-detectors-can-spot-the-destruction/

これね。MOXも余剰核兵器解体したときの遺品。勝手に核兵器に転用されても困るからエントロピーをあげて分離しにくくするためにMOXにしてから売る。本当に燃焼しているのかも人工衛星からわかるよ。こういう記事こそ誰に取り上げてもらいたい。


21. 2012年10月13日 16:19:35 : yIVT6sD5wM
戦後になって、原発を設置した(させられた?)国には、原発をなくさない限り
戦争遂行能力がなくなる、ということをあらかじめ計算していたのかもしれない。

原発保有国を粉砕するのには、核ミサイルなんぞ不要なことが、今回の「フクシチ」で世界中に公知となった。

原発保有国との戦争の形態が根本的に変化したし
日本のように在日スパイの巣窟の国なんて、そとから攻撃するひつようもない。
せいぜい1キロの高性能爆薬を原子炉で爆発させれば、勝負がつく。

重武装の10人ぐらいのコンバットを潜入させるだけのこと。


22. 2012年10月13日 22:07:12 : SGAT7C3jjU
まあしかし、この池ブーみたいな中身の無い芸者に限って、この期に及んで日米安保を持ち出してるな。どっかで次はこの論点でやれとガイドが出てるんだろう。
そういや竹中も何かとアメリカの市場開放要求を持ち出してたな。発想の貧困って奴か?

23. 2012年10月13日 22:12:50 : TA0rvNqnls
原発が爆発したって、戦争遂行能力があることが証明されたのではないか。
福島県人がまだ、元気にいきているのだから。そのうち、どうなるかは
分からないが。
原発と核兵器と同列と考えていることは間違いだ。
核兵器はまず、中性子、ガンマ線で生きている人間を殺し、熱線で丸焼きにし、
爆風で建物、建築物を木っ端微塵に吹き飛ばす。その後に残留放射能が死の灰
として残ることになる。原発の爆発は死の灰を散逸させるので、核兵器の爆発後
の高線量地と似ているにすぎない。
したがって、核兵器の恫喝、戦争抑止力は原発があろうとなかろうと変化しない。
現在、福島・関東中部、東部は極めて悲惨な状況にある。
まず、福一の放射能の環境中への放出を止めることが最優先課題であり、徐染は
その後でないと人間が住むことは不可能だ。
したがって、チェルノブイリでも言われているように徐染は無意味であり、移住
しか打つ手がないのが真相だと思う。
次に核兵器の問題だが、日本は核兵器は持たなければならないと思う。
持たなければ、中国からの武力威圧、アメリカからの日本の富の搾取は永遠に続く。日本人が自分の富を得ることができないのだ。
核兵器はいらないとか言っても、現実は国防を核戦力をアメリカに依存しているのが現実だ。要するに、日本は後ろに2メートルの完全武装をした男をおいて、「
どうだ、俺は武器はなにも持っていない。平和主義者だ。かかれるものならかかってこい。」といいつつ、中国から恫喝されると「アメリカ様、中国がこわいです。
助けて下さい。お金はたんまり払いますから。」と言っているのが現実だ。
核兵器は要らないとか言っている人は現実を直視すべきだろう。昔も今も帝国主義
が続いているのだ。強いものには勝てない。
日本が独立し、得た富を日本人が享受するには国防を強化し、核兵器を持つ以外
考えられない。なぜなら、帝国主義が今もこれからも続くからだ。


24. 2012年10月13日 22:34:55 : SGAT7C3jjU
まあ核兵器をどうするかの議論になると紛糾するし脱原発の動きでもその話は除外してるだろう。ここのコメントでも誰も触れてない。
世界最大の核保有国であるアメリカ合衆国ですら商用原発は、恒久処分場問題が解決するまで運転延長も新規着工も認めない状態なのに、日本は秘密の核戦略のために原発動かさなきゃいけないってのは理屈にもなってないだろう。核兵器作りたいなら今の商用炉じゃなく専用の黒鉛炉じゃないと必要な効率得られないよ。

25. 2012年10月13日 23:37:01 : bHrzMg6C7n
この際だから、ただの核燃料を弾頭にしたダーティボムでもいいんじゃない?

それよりも石油や天然ガスをどうやって確保するかのほうが重要でしょう。

でも池田だけは許せないな。


26. 2012年10月13日 23:57:08 : JQhTnGL4yI
>>23

>次に核兵器の問題だが、日本は核兵器は持たなければならないと思う。


この手の議論を持ち出す人間は、では今原爆を日本が所有すると世界に宣言するのかと問うと、決してそうではなくて、原発を稼動し再処理を温存するという姑息な手段で、原爆をいつでも作れる能力を世界に示すのだとか、裏街道をこそこそと這いずり回るような、みみっちい議論を展開するのだ。


27. 2012年10月14日 03:52:43 : KaKF3PW0hk
>>26
>日本が所有すると世界に宣言するのかと問うと、…原爆をいつでも作れる能力を世界に示すのだとか

まったくそう。
潜在的な能力を示すとか、中学生の喧嘩だってありえない。おれはナイフを作れる能力
があるんだ、などとナイフをもった不良に言っても笑われるだけだ。
また現実に番町(アメリカ)が核兵器保有を許さない。逆に弱点だらけだ。正体のわか
らない国、組織にすら狙われる。>>21が「10人のコンバット」と言っているが、
保安要員を買収できれば、一人でも破壊できる(制御ソフトを書き換えればよい)。

幸いにも中国には原発がある。日本がGPSを自主運用して、精密誘導ミサイルを保有
していれば狙える。大ダムでもいい。この自主運用もアメリカ様が許さないというなら
なにもできるはずはない。そんな意気地なしならね。


28. 2012年10月14日 14:43:06 : OnD4gwax4U
「原発は全面戦争への抑止力」か、

皮肉というかパラドックスというか、瞬時の核爆発と緩慢な放射能被爆との違いは在るにせよ、相手国を壊滅させるのには原発を破壊するのが一番手っ取り早い。
10年前のアルカイダも気が付かなかったのが、?怖ーい話である。

つまりは、原発破壊を防げない限り、国防なんかできっこないのだ。ミサイルは落とせないし、内部犯行の自爆テロでは防ぎようがない。リモコンヘリで原子炉上空に爆弾投下で、万事休す。スティルス機一機で、敵国原子炉破壊すれば、ほとんど勝負がつく。


核保有国=?原発保有国  ドイツの判断は賢明。イスラエルの標的核施設は当然イラン原発だろう。濃縮設備は地下でも、原発は地下ではできない。


29. あう 2012年10月16日 07:17:55 : iWO6pVABL4vbA : rS5OrWnO5g
 そもそも軽水炉から出てくるプルトニウムは、プルトニウム240やプルトニウム241が多過ぎて原爆の材料にならないもの(だから核爆弾を作りたがっている国にも設置できる)。
技術に明るくない池田氏といえど、その辺をちゃんと調べずに発言すると、池田氏が批判する武田某や上杉某、小池某と同レベルであると宣言するようなものですね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素27掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧