★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 106.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
カルディコット博士の医学知識は古く、かつ緩すぎて参考にならない。パンダジェフスキー氏がレベル高い(ツイッター)
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/106.html
投稿者 こーるてん 日時 2012 年 11 月 29 日 11:22:21: hndh7vd2.ZV/2
 

こういうこともあるんですね。残念ですが。

onodekita ‏@onodekita
カルディコットの日本での講演会は終了。ちょっとあれはないんではないのか。オーストラリアは汚染されていない、広島原爆はγ線のみ。私はマジデ怒りに震えた

乱打夢(random) ‏@kumasan202
@onodekita 「カルディコット博士の医学知識は古く、かつ緩すぎて参考にならない。パンダジェフスキー氏がレベル高い」と医療セミナー参加した家族が感想。小野先生も「内部被爆知識が広島、長崎の公式発表レベルで肥田教授研究の実態を把握していない」と指摘されたそうですね。

onodekita ‏@onodekita
まさに。かなりひどかった

正造
‏@etosha0824 10時間 同感。専門家をなめてはいけない。

 原発・フッ素29 阿修羅

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年11月29日 14:25:26 : tCtxTeXfjY
「医師・専門家セミナーと銘打って15,000円の参加費とって、これはないんじゃない?」というくらい、ひどい内容だった。主催者の「上から目線」もムカついた。

チェルノやスリーマイル、福島の被害実態や医学的・臨床的知見を聞けると思って
参加したのに。。。医学的・専門的な話は全くなかった。
どこが、医師向けセミナーなわけ?
彼女の話は、既に誰でも知っている基本的なものばかり。何も知らないし、勉強してない。調査する気もない。金だけ稼ぎに来たのか?

名古屋や福岡など全国から来た医師が質問していたが(質問のレベル高い)、まともな回答はほとんど得られず、皆納得のいかない様子だった。

ただし、参加者の顔ぶれがすごかった。志賀原発の差し止め判決を書いた弁護士の井戸さんや、熊本の小野先生など。
セミナー中止して、その方たちの意見交換の場にしたら、これ以上ないくらい有意義な場になっただろう。
あっ、それ提案すればよかった!15,000円返してもらって。逆にカルデコットが参加したいなら参加費払ってもらって。
「本題はまだこれから」と辛抱強く待っていたら、セミナー終了してたんだよね。


02. こーるてん 2012年11月29日 16:43:12 : hndh7vd2.ZV/2 : txKoq6KBVw
>>01
それはご心痛でしたね。
わたしもできれば聞きに行きたいと思っていたので切ないです。


03. 2012年11月29日 20:43:22 : 3Wm7Tg8wdk
>>01 100%

カルディコット = Gatekeeper = Controlled opposition



04. 2012年11月29日 20:46:02 : DgBmBe7P1M
実際参加した者だが、不満はない。
医療従事者は、放射線の性質は既に知っているし、チェルノブイリの実態は、報告書がすでに出ている。
聴きたかったのは、小児科医師であり何十年も活動してきた博士の案総、考え、判断、助言などだった。

05. 2012年11月30日 01:00:30 : 85ZkrR9Fg6
カルディコット = an old fart whose buisiness has always been brain washing for the public to believe that there's no way of mitigating the damage from exposure to radiation.
In order to suppress any prophylaxis, the phrase of brainwash is ever " Nothing practical to help those irradiated, then fight against the industry before you die.Nothig else."

She never tells the scientific research in the field of radioprotector,radio-decontaminant,radiation mitigator,at least the iodine prophylaxis programes to ameliolate the goiter in Europe after the Chernobyl accidents .


06. 2012年11月30日 07:05:52 : 7otGvkqjDM
-----パンダジェフスキー氏がレベル高い

と言って、公正(反原発)をよそおっているが、この投稿はカルディコット博士を誹謗
するのが目的だろう。

博士が東京からの避難をよびかけたのは、相当の勇気がなくてはできない。また15,000円
の参加費と金のことばかり言っているが、医師・専門家セミナーならあたりまえの
費用ではないか。金を稼ぐならもっと手はある。

一般向けの講演しか聞いていないが、扱った問題についてどれも明晰な判断を下している
のが印象的だった。>>04のいうとおりだ。とくにビタミンCの効果について、「効果はない」
と断言していたのは参考になった。「避難を優先せよ。疫学的評価のないものを信用するな。」
という立場なのだろうが、気分のいい明確さだ。


07. 2012年11月30日 08:36:02 : d7pSEFgOik
なんか変だなという印象はありましたが、そういうことでしたか。
thanks a lot.

08. 2012年11月30日 10:02:11 : fCZ83cf8p2
   国際ルールに逆行する放射能汚染対策に何の声もあげない日本の医師たちを啓蒙する必要があると思ったんだろ。オレたちの方が知ってると言うのなら
何で呼びかけなり問題提起なりしないのか。ネットで料金批判などしてても仕方ないだろ。 医師会の締め付けがキツくて何もできないのならケチなグチも隠しておいた方が一貫性がある。 海の向こうの西海岸では子供を持つ女性たちがガレキの
拡散焼却という日本政府の暴挙に抗議の声を上げ始めた。

09. 2012年11月30日 11:28:22 : ItkgoSIvSU
講演会には参加していないが木下黄太のブログで読んだ限り 内部被曝の放射性
物質の排出は無理と言う事が一番印象的だった リップサービスの必要性をもう
日本人に感じないのだろう?

10. 2012年11月30日 12:21:56 : BFXbitDgRQ
学者ほとんどイコール御用学者(潜在的サイレント学者含む)という状況の中で、つまらぬいいがかりで、えり好みしているほどわれわれに余裕はあるのか?

11. デミトリー 2012年11月30日 13:11:28 : 2kYVIsTHbi0XM : 1mczsT61Va
聞いてないから知らないけど、
日本の現状に対してないなにもしない医師たちへ向けてのセミナーだもの。
かなりレベルの低いところからやる必要があると考えたんじゃないの?
小野先生とか声をあげてる人には、物足りなくて当たり前じゃないかな。

これだけの汚染に対してなんとも無いと思ってる多くの医師だもの。
一般人でも十分に理解できるところから始めるべきだと、僕でも思うよ。
そのレベルを理解していれば、とんでもないことになってると理解できるはずだもの。
日本の一般的な医師は、無知だと世界中にばれているという、恥ずかしい話だ。


12. 2012年11月30日 14:06:51 : tCtxTeXfjY
11さん、逆ですよ。
参加者は非常に意識の高い医師ばかり。
朝早くから一番前の席を陣取って、真剣さ・意気込みが感じられた。

福島で500人以上の子どもらの健康相談にのってきた方や、
福島・東京から既に関西に避難済みの医師も多かった。
一般の方も一部おられたが、瓦礫反対や避難者の支援など熱心に活動されている方が多かったようだ。

それだけに、期待外れだったんです。
こんなものを有難がる日本の医師がいたら、よほど勉強不足なのでは?
せいぜい一般向け講演1,500円が妥当なところでしょう。
「3連休に15,000円の医師向けセミナー」というほどの値打ちはない。

現場を知っているバンダジェフスキー医師とは全く違うということ。


13. 2012年11月30日 14:34:42 : tCtxTeXfjY
さらに広島・長崎に関して、ABCCの公式発表を持ち出した地点で既に終わっていると判断いたしました。

14. 2012年12月01日 00:50:23 : 8zdFKIqnns
>それだけに、期待外れだったんです

何を、どう期待してたの?


15. 2012年12月01日 08:11:50 : RKOaScxVt6
日本の医師は現下の問題に何の判断もしていないでしょう。すくなくとも聞こえては
こない。

>>04の言うように的確な判断と明快な説明が必要なのですよ。
カルディコット博士はそれをしていると思います。


16. 2012年12月02日 13:15:09 : mD7uLb3Cz2
>05の訳
カルディコット=くそったればばあ、やつの仕事はずっと洗脳、人々に、放射線被ばくしたら障害を緩和する方法は一切ない、と信じ込ませること。

いかなる予防医学的処置も、隠し、禁じ、鎮圧し、我慢させるために、洗脳の言葉は常にこうだ、「被曝者を助ける実践的な方法は何もない。だから、被ばくしたら生きているうちは原子力産業と戦え。他になすすべはない。」

ばばあは、次のような科学的研究について一切語らない。その分野は、放射線防護剤・放射性物質体外排泄剤・放射線障害緩和剤だ。そして最低限のことだが、ヨーロッパでチェルノブイリ事故後なされた、甲状腺腫を緩和するための、ヨウ素予防医学的介入政策についてさえ何一つ語らない。


17. 2012年12月02日 13:27:53 : mD7uLb3Cz2
このコメント欄もほとんどが洗脳の茶番。

思い出せ、どれだけ年寄りには影響がないと言い連ねられたか。
あれと同じやり方の洗脳だ。

自分は死なないと思った年寄りたちが、幼い子どもを犠牲にして「われ亡き後に洪水よきたれ」とこの国を滅ぼそうとしている。
それこそあの洗脳の目的だった。

カルディコットも同じだ、対処策が何もないとなったら、諦めがエートスを最善とする大道を開く。
行き着く先は、運命を受け入れた世界の核廃棄物処理場作業員家族。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧