★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 111.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島市民はいつまでモルモットを続けるつもりだろう、オレにはわからん! (原発はいますぐ廃止せよ ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/111.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 11 月 29 日 20:48:01: igsppGRN/E9PQ
 

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1509.html
2012-11-29 原発はいますぐ廃止せよ


東京都民が吸込んだ放射能。

東京都民も被ばく者だった、広島長崎福島と同じだったのだ。
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1358.html

引用

・ 各月の吸入摂取量は、3 月が 3,600Bq 、4 月は 13Bq、5 月は 1.9Bq 、6 月以降は 1Bq 以下と算出された。


----------------


今年の1月頃に京大の研究チームが発表していた福島の大気、食事の放射能。

福島県成人住民の放射性セシウムへの経口、吸入被ばくの予備的評価
http://hes.med.kyoto-u.ac.jp/fukushima/EHPM2011.html#Fig1

引用

結果と考察

全部で74組の1日量の食事セットが集められ、分析された。メニューとその内容を表S1に、1日に摂取される放射能量(ベクレル/日)を表1に示す。1日量の食事試料中にセシウム134 またはセシウム137が検出された件数は、福島県の試料では55件中36件であったのに比べ、京都府の試料では19件中1件のみであった。

--------------------

この頃は食品中の放射能にばかり気を取られていた。

汚染地での食事には放射能が検出される割合が高い。

これを実効線量シーベルトに換算して、お定まりのように、安全安心と言っている。

そんなことはどうでもいい。検出される自体が、異常なのだ。


そして、大気浮遊塵、ダストも研究されていた。

----------------------------

http://blog-imgs-51.fc2.com/p/f/x/pfx225/20121129193949497.jpg

今回、大容量大気捕集装置を用いて16件の大気粉じん試料を回収した(表3、図1)。アンダーセン式大気捕集装置から得られたデータから、福島第一原子力発電所由来の放射性核種の大部分は吸入可能画分(空気力学的直径が4.9マイクロメートル未満)に存在することが示された:セシウム134では全体の74% (吸入可能画分4.8ミリベクレル/全体6.5ミリベクレル) 、セシウム137では81% (3.8/4.7) であった (表3)。


--------------------------

4.8ミリ、3.8ミリ、合わせて8.6ミリベクレルを1m3当たりで吸込んでいる可能性がある。

これは、去年の夏の7月2〜8日に測定されたものだから、舞い上がりが多くなる乾燥した冬になると、10倍から100倍になるのだろう。

降下物も多いし、ダストの浮遊も多い。


それをよく知っているから、原発近辺の警戒区域ではなく、都会の福島市をこっそり測定しているのだろう。

見にくい資料の最初に浜通りや浪江とかがあって、気が付かなかった。

ダストサンプリングの測定結果
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5619/24/115_1129.pdf

http://blog-imgs-51.fc2.com/p/f/x/pfx225/2012112919521042b.jpg

ベクレル単位で発表されているが、1〜2ミリベクレルは今でも検出されている。

今年の1月頃は、もっと多く検出されている。乾燥した冬場は多いを実証している。

外に干したタオルからも検出された。

ビルの陰の切り干しダイコンからは、3000ベクレルも検出された。


あらゆる試料で検出される。


こんなところにこどもがいるとは、信じられない。


ガン病棟の建設が完成していないので、

「甲状腺ガンは、まだでません」

と言っているのだろう。


もう、これ以上、モルモットになるのは、やめよう。

日本には、ほとんど汚染の無かった、西日本があるのだ!!!


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年11月29日 21:07:22 : UTgYmhJmE6

逃げろったって、動けないよ、

どうすりゃいいんだ、一体。


02. 東京の田舎者 2012年11月29日 21:17:48 : In9X4Ai38sMhM : IfpqanVEDA
全福島県民は、放射能から逃れる為に
多数のバスをチャータして、
国会前や、自民党本部前、民主党、東電本社前に、
横付けして、居座るのは。

03. 2012年11月29日 22:46:14 : gozF1pzSZY
チェルノブイリ原発事故のとき、ハンガリー、ドイツ、フィンランド、ポーランド、ブルガリアなど欧州諸国には、15μmほどの“ホットパーティクル”が降下したと言われています。(ヤブロコフ、ネステレンコ編著チェルノブイリ、42ページ)

ホットパーティクルを成す放射性物質も様々です。
Zr-95 、 La-140 、Ce-144
ベータ崩壊をする物質も含まれている Ru-103、Ru-106、Ba-140
気化しやすい物質も含まれているI-131、Te-132、Cs-137、Sb-126

個々のホットパーティクルは一つだけで10 kBqにも達した。

1μm以下のものは、容易に肺にまで到達した。5μmのものは、肺の上部に、それより大きい20〜40μmのものは、主に気道上部に留まった。

空気中からウランも検出されました。土壌にはプルトニウム239もあります。

>2012-11-25
〔ENEニュース〕 フクイチから12キロ地点の土壌からセシウム137レベルに近いプルトニウム239を検出 米・バークリー・ヌクレオニクス社がライブ・マップで公表/ 地上1mでウラニウムも!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/11/post-4b7f.html

危険性は、放射性セシウムだけではないです。

16歳の男子で安静時換気量9.1㎥/日、最大運動時換気量は16〜17歳で156㎥/日と、この論文にはあります。
http://unit.aist.go.jp/riss/crm/exposurefactors/documents/factor/body/breathing_rate.pdf

福島県でスポーツのイベントを開くのは、殺人行為と変わりません。
学校の体育やクラブ活動も同じです。



04. 2012年11月29日 23:02:09 : gozF1pzSZY
>>03 書き足りなかったかもしれません。

15μmほどのホットパーティクルも、チェルノブイリ原発から直線距離で900キロ以上離れたフィンランドやドイツにも到達する事実に先ず気づいてください。

福島原発から900キロと言うと、西は四国をスッポリ含んで山口県西部あたり、北は北海道が丸々含まれます。

第二に気づくべきことは、15μmより小さいものは、もっと遠くまで運ばれると言うことです。

ホットパーティクルは、当然、雨や雪に含まれて落ちてきます。遠くに居ても油断は禁物、不用意に濡れないでください。


05. 2012年11月30日 01:15:57 : OtiYJMVivs
福島の子供に本を寄付する運動を高知市内の図書館がはじめた、ってんで高知新聞が美談にしたてあげているのだが(館長が女)、これってもうノリが戦時中の「国防婦人会」なんだよね。子供がこれからどんどん被曝して大変なことになるのがわかってんのに、すっとぼけてキチガイみたいなプロパガンダをやっている。なんで、こんなサルみたいな幼稚な大人ばかりになってしまったんだろうか。

06. 2012年11月30日 08:37:09 : 7otGvkqjDM
>>01
>逃げろったって、動けないよ、

いまあなたがガンだったら、子供がガンだったら。その他の病気でもいいが死に瀕する
ような病気だとしてみよう。あなた、または子供が苦痛で絶叫していると考えたら
あるいは顔や体が化け物のようになっていると想像してみよう(実際そうなる)。

そうすれば、逃げればよかったとおもうだろう。よく考えれば方策はあるものだ。


07. 2012年11月30日 11:19:08 : ecKKUjNPW2
>逃げろったって、動けないよ

どこまで甘えてんの。 思考能力が退化したの?

死んだら終わり


08. 2012年11月30日 11:45:36 : F4j9wHdgj2
>>01
>逃げろったって、動けないよ、

子供が居て親が動けないなら、そして子供を預ける宛てが無いなら、取り合えずホームステイで受け入れてくれる人をネットで募集してはどうか。パソコンが無いなら借りて募集すればいい。

先ずは子供を逃がしてから親が職業を安全地域で探して移住してから子供を呼び寄せればいい。

要は熱心性だと思いますよ。熱心に動けば支援の手を差し出す人達は出てくると思いますよ。

ドアは叩けば開かれるものではないですか。先ずはドアを叩く事ですよ。

相手のほうから動いてくれる事は稀ですね。

今年もイラク児童支援チョコ募金が始まりましたが、このような活動をしてくれる人達は本当に貴重な少数の人達です。

それでも多くの人達は叩けばそして訴えれば呼応してくれる筈です。


09. 2012年11月30日 17:58:55 : EIkInVeoqA
ここに常駐している無職の方たちは簡単に言われていますね。国が負担しないとあるいは動かないと避難できない人は多いですよ。東北でも首都圏でも。簡単に言う方、疎開希望者に何か支援しているのですか。自己満足だけなら誰でもいえます。

10. 2012年11月30日 19:22:31 : zWGSWOMfTk
確実に襲ってくる津波と同じ。
安全な場所に避難するか、滞在するかは自由。
違うのは、核攻撃は、天災ではなく、東電や政府の悪魔の仕業。
その核は、被曝地、その場所に閉じ込めるなら、しようが無い。
モルモット。
ただ、人の命は、起源より継承してきたというもの。
途切れるというのは、生命史を捨てる事。
そんな最重大なことに、他人が言えるのは、避難第一。
核・即時全廃。核を玩ぶモノたちの、当然の法的責任〜刑務所。
これしか言えない。


11. 2012年11月30日 20:20:48 : L41kBNSP6k
これはモレにも言わせてくれ。
福島や郡山市民は3〜4年以内には確実に死ぬだろう。
死をまじかに控えて、逃げろたって逃げられないという神経が
理解できない。まず自分が死ぬのはしかたない。
しかし、自分のこどもを道連れにして良いものだろうか。
親はこどものためには通常なんでもやるものだ。
ところが福島市民はなんの行動も起こさない。
起こしているのだろうがマスゴミがとりあげないのでこちらが
知らないだけかもしれない。
あるいは福島市民は放射能の知識が皆無であり、ふくいちの様子
もまったく理解できていないとしか思えない。
普通の県民、国民のレベルなら死を強要されてるわけだから、暴動
か、武器をとって政府または政府軍と戦うレベルだろう。
そのくらい、状況は良くない。
死はほぼ決まっているのになんの行動も起こさず、死んであるいは
殺されていく。その心境がまったく理解できない。
それとも、このまま生きられると信じているのだろうか。
それは100%ありえないと思うわ。残念ながら。


12. 2012年11月30日 21:17:09 : iMzDLke5mw
>>11

>>福島や郡山市民は3〜4年以内には確実に死ぬだろう。

お前もいつか死ぬだろ。

それより、この地震列島日本に住んでる以上、誰でも一人称になる。

それが、遅い場合は三人称で必ず死ぬとか言ってる余裕があるのさ。

お前はバカか。

自分の墓穴でも掘ってろ。

それより、この社会がよりよく成る事を真剣に考えたら、これからのマトモな魂をより多く育てようと思ったなら、答えは集約される。

口先だけの政治家や、勉強と競争が全てのマシーンとなった一種公務員や、メディアをコントールすれば世界が取れると勘違いしたマードック現象や、人間は脆いのだよ。



13. 2012年11月30日 22:17:09 : f6piJh16hw
>>12
こどもまで殺す必要がどこにある。
こどものためなら親はいかなることでもするだろう。



14. 2012年11月30日 22:41:27 : PVKkBkZZNc
>>12
誰が子供魔でとか言った。
お前の墓を掘れといっただけだが。


15. 2012年11月30日 23:49:25 : mWQ4kSPqDs
逃げろったって、動けない

要はお金の問題でしょ
お金が無いなら逃げられないし、職を失うのも怖すぎる
本当は、こんな時こそ国が支援しなきゃならんのに、
この国の政府は反日で外国人に甘いと言う悪夢
韓国に5兆円、東京電力には無条件で1兆円出すくせにw

癌になったり、失業した福島県人は自殺するな!
悪党どもを道連れにして、自爆テロしなさい
政治屋、官僚、在日韓国人を必ず道連れにしてから死になさい

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
16. 2012年11月30日 23:58:42 : Oyo9i04dRE
一方で「もうだめだ」という人がいて、もう一方で「いや、まだ大丈夫だ」という人がいたとしたら、どちらを信じてしまうだろう?信じたい方じゃないかな。被災地の人が「まだ住んでも大丈夫」と国に言われてしまえば、それを信じたくなる気持ちは責められないのではないかな。

選挙では圧倒的に自民党が有利と伝わっていて脱原発派の敗退が予想される。でも、まだ勝機が有ると信じたい私はバカですか?共産が無駄票を横取りさえしなければ脱原発派が勝利すると信じている。信じたいから。


17. 2012年12月01日 00:45:17 : RS1HJx9jpM
>逃げろたって動けないよ。


動けない理由には、

1.今の生活レベルや仕事の地位を失いたくない。
2.衰弱老人や重病人がいて移動の身体的負担や医療の関係で移動そのものが命に係わる。
3.生まれ育った土地を捨てたくない
4.子供の教育環境を変えるのはいやだ。
5.親戚や知り合いなど人目が気になる。
6.移動資金が無い
7.未知の土地は知り合いもいないし先が見通せず不安だ。
8.現在の土地での、家の跡継ぎや家族の面倒見、返済・賠償作業、人の世話など個人的や社会的責任がある。(自分は拘束されている)

などだろう。
このうち2.6.8以外は、命と天秤にかけたら動けない理由でもなんでない。ただ覚悟が無いだけだから決断力の問題だ。
2.と8.は事情は個々異なり人に相談したりして方法を模索する以外無いので、ここでは意見は言えないが、6.については7.の不安も相まって、悩みの種だと思うので移住資金と当面の生活費について書いてみる。

まず移住資金については、例えば首都圏から中国地方へ親子3人で移住する場合、不要品処分・引っ越し代40万前後、2DK(8+6+8DKバストイレエアコン付き駐車場費込みで5.5〜6万/月)家賃初期資金18万、ネット契約・行政・借家など各種手続き費用1万、交通費・宿泊費・食費7万、新規家財・雑費10万で計75万前後だ。福島辺りからだと引っ越しや交通費がかさむから12,3万程度は上乗せした額になるかもしれない。

車を売って中古(放射能地帯からの中古などはNG)を移住先で入手するならさらに40万くら
いは必要だろう。放射能車を持って行くのは移住の意味が無いからまずい。家財(とくにエアコンや機械、布製の大型家具など)でしっかり放射能が染みついていると思われるものは勿体ながらず廃棄処分すべきだ。

関東や南東北から中国地方への移住なら、引っ越しと住居・備品代で75〜88万強、車入手の場合は115〜130万弱の手持ちがあり、さらに仕事が見つかるまで半年から1年分の繋ぎ資金(生活費・保育園費等)140〜280万(約23万/月)と病気などの予備費50万をなんとか工面出来ると良い。退職金規程のある勤労者で何年か居た者なら引っ越し代の半分くらいは退職金を充てられるかもしれない。

繋ぎ資金140〜280万は、生活に見合う額の仕事を探しながら移住2ヶ月以内くらいに夫婦共稼ぎ(16万/月)で繋ぎ仕事が見つかれば、1年間分用意した場合はその後の10ヶ月は7万/月くらいの持ち出しで済むので残りの164万は保証金と考えれば良いし、半年分用意した場合は66万が保証金と考えれば良い。

3人家族1年間無職で問題なく暮らすには当面の資金450〜460万必要だが、2ヶ月以内に繋ぎ仕事が見つかり164万を保証金と考えれば、1年間定職無くとも、移住費、生活費、車購入合わせて実質296万の出費だ。半年定職無し場合は310〜320万必要だが実質254万の出費だ。半年や1年の間に定職が見つかれば実質出費はもっと減る。

また、試算の家賃は中核都市市内(中央駅から3Kmとか)の物件だが、郊外に出たり地方ならもっと安い家賃はいくらでもあるので、もっと経済的に出来る可能性はある。
独身で市内移住なら車などは絶対必要と言うわけでもないし、家財も家賃も生活費も少ないので、夫婦家族の6割くらいの実質出費でいけると思う。

この試算は、今の生活レベルに未練がある人には向かない。
蓄えはほとんど無いが命には代えられないと考え、まずはリミットで出発し、移住後の贅沢はせず定職探しの間半年や1年間はそこそこ問題なく凌ぎたい人向きだ。
何とか上の資金を調達すれば、大金を持ってなくても移住は不可能ではないだろう。
もちろんチョットした不動産や退職金があるなら、まったく問題ない額だ。

金の無い人は考えてみてくれ。


18. 2012年12月01日 01:38:50 : fReHq6ClHs
17さん
初めて見た建設的な設計図です。
説得材料にします。ありがとうございます。

19. 2012年12月01日 03:10:36 : dCSBfyJxzI
放射能についてはほとんどの人が理解してない、理解できないようだ。
しかし、事態は最悪、とっくにチェルノブイリを超えている。
核分裂が地表面近くで起こっており、放射性気体のプルームが
風向き次第で関東一帯をおおっている。
多かれ、少なかれ、関東民は生命に異常をきたす。すでにそうなって
いる者もいる。危機的状況だ。
しかし、医者でさえ、この状況を理解できない人がほとんどのようだ。
医学部で核分裂とかについては教えないからだ。想定外だからである。
本当に理解してるのは、原発関係者、放射性同位元素を扱ったことの
ある人くらいだと思われる。
分からない人にいくら話をしても無駄なようだ。
数年以内に多くの人が老若男女を問わず生命をおとすだろう。
本当は政府が動かなければならないのだが、反日の人たちが
政権中枢に居座っていて、助けるつもりはさらさらないようだ。
助けるそぶりは見せるが、内心はそうでないようだ。
いずれにせ、多くの人が犠牲になるだろう。津波の犠牲者数など
わずかにすぎないくらいにしか見えないくらいの多数の人命が
失われるだろう。



20. 2012年12月01日 06:01:24 : txKoq6KBVw
すけろくちゃん(児玉助六) ‏@2012wat

何で避難しなかった方が突然避難を決めることが出来たか。これはたくさんの方から聞いてます。汚染の実態を知ったからとか、ローンや仕事の問題が解決しそうだからじゃありません。思い込みや思いグセが変わったからなんです。何とかなるさな性格になったから避難したということなんです。すぐできるよ


21. 2012年12月01日 08:49:10 : RKOaScxVt6
年5ミリシーベルト(10年の累積で50数ミリシーベルト)被曝した原発作業員の
労災(白血病死)が認められている。この作業員は成人だ。

子供の放射線感受性は10倍20倍といわれる(カルディコット博士談)。すると年0.5
ミリシーベルトでもこの作業員とおなじ条件になる(感受性を控えめにとって10倍とした)。
つまり内部被曝がないとしても、毎時0.05μシーベルトの被曝で労災さえみとめられる
水準の被曝となる。しかし、内部被曝なしというのは非現実的な仮定で、ありえないことだ。

福島の線量はウソだらけで信用できない。また被曝はガンマー線だけではない。アルファ線、
ベータ線もいれると2倍になるそうだ。それらを考慮すれば福島がいかに危険なところかわ
かるはずだ。

ちなみに胎児の感受性は数千倍だとか。


22. 2012年12月01日 09:39:47 : qShO3JiyEE
>>21
毎時0.05μシーベルトの被曝で労災さえみとめられる
水準の被曝となる。


これは無理だろう。原発事故前の環境線量が平均50ナノグレイ/時、ガンマ線
の係数1をかけて、50ナノシーベルト/時だったろう。これは0.05マイクロシ
ーベルト/時だ。
問題は原発事故後に着地した放射能、放射性物質が多種類にわたり、
通常の検出器では検出不能のものが検出可能なものより多いこと。
これらの付着した目に見えない粉塵を肺に常時入れていること。
放射性気体が福一より常時放出されており、風向き次第で肺に入れてること。
これらの気体はベータ核種が多いから、現在の検出器では検出は
難しい。
ということは、いわゆる内部被爆が減るどころか増えていることだ。
数年以内に突然死でくたばるか、苦しみながら死ぬか、苦しみに
耐えられず自殺するかの選択肢しかなくなる。



23. 2012年12月01日 15:33:30 : uKjZhRFXW6
日本は小さな島国です。
最終的には、>22さんの仰る通り微細な放射性粉塵は ありとあらゆる経路で拡散し結果原因不明な不幸として広がっていくのでしょう。

本当は安全なんてどこにも無いのに”福島”と言う言葉を口に出すことで、それ以外の地域に住んでいる人たちは自分たちだけは大丈夫だと思い込みながら、残された時間を過ごしているだけなのかもしれません。



24. 2012年12月01日 17:57:56 : Q82AFi3rQM

 福島県は知事からして変。
 
 あれ以来放射能について変な教育したり、まったく事実から目をそむけた県の運営をしている。県民に真実を知らせて逃げる判断材料を提供するようなことをしたら佐藤雄平知事の命はないだろう。県民に殺されなくても国に殺される可能性がある。心底バカな首長を持った県民は、ほかの県も似たようなところはたくさんあるが、救われない。
 今、昨年より放射能について言われることが激減しているが、4,5年後どのような対応に私たちが迫られるか、その頃まで生きていて、それを見なければならない自分が辛いですよ。
 バカテレビ、馬鹿新聞によってアホーにされた私たちには対応するための「思考」すらできない。アメリカなんかが居たって何をしてくれる?「トモダチ作戦」なんか上っ面のおためごかし。日本に原発作るように散々脅迫してきたアメリカ。
 だから、自分の頭で考えて批判できなければ、生きてゆけないの。
 コドモは親を選べない。
 国民も生まれる国を選べない。
 しかし、政治家だけは私たちが選べる、はずだ。

 今後、この日本の状態をなんとかしようとする政党に、今、票を入れることで未来に何かをしたい、と私は思います。


25. 2012年12月01日 18:01:49 : qU8QzthaF2
ツイッタでも何でも検索してみてください。西日本の市や県で、移住者募集してるとこ今もたまに見かけます。
気前のいい所は飛行機代、当座の住居用意してくれてる所まで有りました。

26. 2012年12月01日 19:09:31 : 4FwJTb30GE
>にげろたって動けない

すみませんが、建設的な答えを書かれた方の考えが自分で出来なかったことに問題があるのでは?
普通、それくらい大人であったら出来なくてはいけない。
考えることが出来ないからと、他人に八つ当たりしてはよくない。
本当に皆、福島の方々のことを真剣に考えているからこの記事を読みにきたのだろうから、ありがたいと思って意見を聞くべきだと思う。

私が残念に思うのは、国。東電だけでなく、汚染に関係ない地域、特に海外に住んでいる日本人の意識が低すぎるということ。
私は今、海外だが、真剣に日本をどう立て直していけばよいのか、子供たちの将来がどうなるのかお母さん方を中心に問いかけをしている。もちろん汚染の酷さも伝え、きちんと判断して帰郷などの場合にも気をつけるよう呼びかけている。
でも、ほとんどの方が 『考えたくない、関係ない、今、離れているから、難しい話はわからない』で、日本の危険な状況や将来よりも今のエリート海外生活を満喫することで忙しくしている。この意識の低さはナンなんだろうと情けなくなる。

私は今でも津波被害にあった方々にこちらから応援を送る活動をしている。
外国人でさえ一生懸命に今でも活動してくれているのに、海外に住む日本人で活動に参加してくれる人を見つけることがまず難しい。
どうしてここまで人の心の痛みがわからない人間が増えたのだろうと不思議に感じる。親がそうだから子供ももちろんそうで、こちらでもいじめが続発する。

いつもゲームばかりを片手に、偏食ばかりで、目のきらきらも消えた子供たち。おかしなトレンドが子供に引き継がれていってしまっている。
福島も心配だが、私は全ての日本の子供が心配。
人の痛みのわかる子供、助け合いを心から楽しめる子供がどれだけ今日本にいるだろうか。日本を立て直すには曾遊子供たちが必要。だから、子供を本当にきちんと守ってほしい。


27. 2012年12月01日 19:17:37 : 3nTXkp9TvA
>>02さんへ

これは意外と良いかもです、
特に衆議院議員選挙投票日前の今のタイミングならば、
これらの場所には沢山のカメラが待機しております、
排除の警察官との押し問答は、大きく取り上げられる可能性も高いでしょう。
各政党議員や、無所属議員、立候補者達も態度を曖昧にはし辛いかと。
試しにちょっとやってみたら…と思いました。


28. 2012年12月01日 20:27:40 : xv2pZNYZ46
日本を立て直すには、
1、関東住民の北か西への疎開
2、関東への立ち入り禁止措置
3、福一現場には放射線が強くて立ち入りとか作業とか
  不可能なのだから、放射線に耐えられるロボットの
  早期開発。それで貯蔵プールから核燃料を安全な
  場所に移す。十年とか待てない。
4、貯蔵プールから燃料を抜き取ったら、原発施設ごと
  地下に空間をつくりそこに突き落とす。
  気体の出る管を地上まで伸ばし、それ以外はコンクリート
  を流し込んで固めてしまう。もちろん崩壊熱でコンクリート
  が吹き飛ぶことも想定されるが気体の逃げ道をつくって
  回りをコンクリートで固める。気体の逃げ道にはフィルターを
  つけるが、すぐ交換しなければならないだろうし、フィルター
  が高放射性廃棄物となり、処理の問題が出てくる。
5、原発の周囲数キロを地下100メートルくらいのコンクリート
  で固めて放射能が外部にもれないようにする。
  これも地震でひびが入ったりするからどうなるか分からない。
6、それからようやく徐染作業に着手できる。
7、20兆円くらいかかるかもしれないが、日本人や世界の環境汚染
  を考えるとふくいちの放置は許されない。
  とりあえず、しなければならないのは避難、退避である。関東は
  チェルノブイリ並みに汚染されてることをまず認めよう。
  世界の人は知ってるからもう日本へは来ない。
  知らないのは馬鹿テレビ、新聞しか見ていない日本人だけだ。

29. ケロリン 2012年12月01日 20:33:20 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

日露・日清の勝利から、太平洋戦争後の、ヒロシマ・ナガサキの原爆破壊まで預言していた、大本教の出口によればだ・・・、だいたい、これから日本の人口は、3千万〜4千万に、急激に減少して行くらしい・・・。

おそらくは、ココ、10年くらいは、生き残りを掛けた、時間軸へと入って行くんだろう・・な。

タテのラインでは、助けなんぞ、一切無いぞ・・・それは、<支配/被支配>のラインだから、いくらでも、悲惨な状況に、追い込まれるゼ・・。


大事なのは、ヨコのラインだ。助けを求める声を上げるんだよ。目線が同じヨコのラインで、助けを求めるんだよ・・・必ず、助けは現れる・・・。国や行政や、お上ではなく、全国の同じ境遇の人間に、『SOS』を発信するんだよ・・。


最初の一歩は、<助けを求める声を上げる>・・ダ。
タエtのラインは、『保身とルールと切り捨て』だ。
ヨコのラインは、『共感と連帯と援助』だ。


『タテのお上意識』を、ヨコの共感意識に、自分自身を変えない限りは、無理だ。

<助けるコトと、助けてもらうコト>は、
ウラオモテで、同じ意味だ。
助けるコトをイヤがる人間は、
助けてもらうコトも、イヤがるものなんだよ。


30. 2012年12月01日 21:13:43 : rz8yVJb8i2
関東人だけど、近所の図書館に毎日、福島民報と福島民友新聞が置いてある
。避難者用のものらしい。普通の地方新聞と違うのは、毎日県内各地の放射線量が新聞の半面を使って表示してあることだ。
図書館へ行ったついでに、時々チラッと見るようにしているが、まだまだ線量が高い。
例えば、福島へ行って住めとか引っ越せとか言われたら無理です、お断りという
数値がずらりと並んでいる。0.5とか0.68とかだから。
少ないのはいわき市くらいで、ここらへんの線量と余り変わらない。0.06とか
0.1とかだ。
県境を越えた宮城県の線量は誰も気にしないが、地図上では線引きしてあるけれど、実際はバリアがあるわけじゃないし、線量の高い相馬のすぐ北なんだから
高いと思うけど、もう仙台とか何事もなかったかのようにコンサートやら
なんやらして楽しく暮らしているようだ。
食料品だって、日本中、福島や近辺のものが全国に巡り巡って国民はすべからく
平等にまぜこぜして食べているんだろう。
ま、気づいて海外とかへ移住した人だけが子孫を残して生き延びるのかもしれないし、それが自然淘汰というものかもしれない。
賢い動物だけが生き残るという自然界の仕組みと一緒だ。
それでも懐かしい故郷にいたいというのも、一つの選択で他人がどうこうおせっかいに言うことではないかもしれない。
寿命が短くなってもいいから福島にいたいというお年寄りを無理矢理移住させることも酷な話だ。
しかし、子供は親の責任だから、親子で福島にいつづける、というのはその親子の選択だろうね。


31. ケロリン 2012年12月01日 22:11:47 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

公式モニタリングポストによる『新・全国の放射能情報一覧』
http://new.atmc.jp/pref.cgi?p=07#d=m

・・・で、福島県内の最大が、『32μSv/h』〜最小『2.8Sμv/h』・・・県内地域平均、約『17Sμv/h』で、年間被曝量が、約『150mSv/y』にもなるゼ。10年過ごせば、積算『1500mSv』の被曝。


ゲンパツ職業被曝の年間線量限度でさえ、年間50mSv。

いったい、どういうコトだ?
・・・福島民報と福島民友新聞とは、どんなシンブンだ???
公式モニタリングでさえ『0.5μv/h』なんぞ出てないゼ。
一番低い、福島(福島県)でさえ、『2.8μv/h』もある。
年間で、約『25mSv/y』にもなる。4年で『100mSv』超える。
住んでるだけで、ゲンパツ労働者と同じだ。


32. ケロリン 2012年12月01日 22:21:00 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

×『Sμv』→○『μSv』=マイクロシーベルト。

1945年以前は、自然放射線量は、『0.002μSv』。
3.11震災以前では、全国平均、『0.05μSv』。
以上は、押さえておいた方が良い。
原爆実験や原子炉からの核種拡散で、60年間、増え続けていた。
ダウン症や精子減少や花粉症、ガンなどは、
人工放射性核種が原因だ。


すぐに死ぬ訳じゃない。
シカシ、結果は明白に出てくる。


33. 日本はひとつのチームなんです 2012年12月01日 22:33:45 : SOiJ6RcUWMrH. : wp4JpGrWrI
早いもんで事故から2年が経過しようとしている。
この間に、放射能が強く凶悪なヨウ素131、ストロンチウム89は消滅したし、セシウム134もそろそろ半分になる。
残るのは、セシウム137、ストロンチウム90、アメリシウム、プルトニウムなどの半減期が長く放射能が弱い核種だ。
今さら逃げろと言われてもなあ。
勝ち目がないとわかってる勝負事をずるずると続けているようなもんやろ。

34. 2012年12月01日 23:08:39 : s412ddD9Xs
>>33
放射能は放射線という物理学的側面と体内蓄積、体内での挙動の
生化学的側面の2つの方向から見ていかなければならない。
プルトニウムなどは放射線より化学的毒性が強く少量ですぐ
死んでしまう。
ストロンチウムは骨にセシウムは筋肉に蓄積とはよく知られた
ことだ。生物学的半減期とかあるが、決してこのとおり体外に
排出されることはありえず、蓄積される。
>33の考えは放射線のみの思考であり、生化学的側面を無視した
考えだ。こういう考えの人は早く死ぬだろう。
おおかた、死ぬのは違いないだろうが、少しでも長生きしたいのが
人の常。もう少し注意して生活したほうがいいと思うが、、、。

35. 2012年12月02日 00:38:12 : Ep1TBfq3TM
政府がモニタリングポスト675台を改修工事――数値が低く出た原因は鉛?
「文部科学省のモニタリングポストは意図的に低線量を提示か」と問うていたのを受けたもの。モニタリングポストから〇メートル、五メートル、一〇メートルの各地点を計測した。結果、計測した四〇カ所のモニタリングポストの七割以上で、設置地点より周辺のほうが高い数値が出た。明らかにモニタリングポストのごく周辺のみを除染しているところや鉄板やコンクリートを「台」にしてある例もあり、それが数値が低く出る原因だという可能性があると思われた。これでは住民に誤った安心感を与えることになる。

11月7日になって政府が、モニタリングポストの表示線量が低いのは、装置脇の鉛のバッテリーが原因として、六七五台について改修工事の実施を明らかにした。 しかし、「そこだけ除染」や他の「遮蔽物」については検証されておらず、何よりも大事な意図は解明されていない。

 放射線防護の基本は、汚染源から離れることであり、本来こうした地域では、避難・移住がサポートされるべきなのである。
「汚染を過小評価し、賠償額が増えてしまうので避難する人々の増大を防ぎたい」――という意図が政府になかったのかを問うべきだ。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=2693

今回の放射能調査の計測データは   http://www.greenpeace.org/japan/monitoring/13th/


36. 2012年12月02日 03:03:12 : 4vflAXOGCU
>ここに常駐している無職の方たちは簡単に言われていますね。国が負担しないとあるいは動かないと避難できない人は多いですよ。東北でも首都圏でも。簡単に言う方、

ホントアホ。
なぜ国が負担するの? 国が負担する気は無いのは誰が見ても判るじゃん。
枝野 野田 糞民主が何かしてくれるの待っている訳wwww

>疎開希望者に何か支援しているのですか
「くれくれ」もいい加減にすれば?

アホな福島県民に対し優しく避難勧告をしてるのが判らないなんて何処までアホなのよ。

国は何もしてくれない。
自分の命は自分で守る
資産価値のない土地にしがみつけば死あるのみ。
ローンがあっても自己破産して、再起を図る。

死んだら駄目。

現実を見て生きて欲しい。 福島県民の血を絶やさないのも郷土愛だし、一旦撤退も生きていれば戦略。

死んだら終わり。



37. 2012年12月02日 05:51:36 : Z7II3IFcno
福島では、昆虫の数は減少しつつある。捕まえた昆虫の突然変異による奇形は激増している。
残っている福島県民にも同じ運命が待っている。
こんな解り易いことがなぜ解らんのだ?

38. 2012年12月02日 07:04:40 : CFpqcVkDGM
>>22
>これは無理だろう。原発事故前の環境線量が平均50ナノグレイ/時、ガンマ線
>の係数1をかけて、50ナノシーベルト/時だったろう。これは0.05マイクロシ
>ーベルト/時だ。

はっきり書けばよかったのですが、>>21で書いた線量は追加線量ですね。

>>32でケロリン氏が

>1945年以前は、自然放射線量は、『0.002μSv』。
>3.11震災以前では、全国平均、『0.05μSv』。

と書いておられる。これを参考にすればどこを基点に追加を考えるべきかわかる。
いずれにせよ子供にもう被曝させられる余地はないだろうということです。


39. ケロリン 2012年12月02日 10:20:46 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

・・・そうだな。

オッサン、じぃ〜さんは、いいんだよ・・。
諦めきれんけれども・・・、
ぼぉぉぉーーと生きて来た責任だ。しかし、

問題は、子供と若い母親だ・・・。
子供と母親を、逃がせ。


朝鮮や中国が ”怖い怖い”ヤカラDQNは、いますぐ
こんなトコロでコメント入れずに、自衛隊に入れッ!
ハシシタや石原親子と一緒に、自衛隊に入れッッ!!



40. 2012年12月02日 14:56:31 : sZdTC6lNTA
海外組の俺らしたら日本中どこにいても一緒だよ。
いまだに居るのが信じられないね。

例えば、ここの上に書いてある文書の福島のところ
を日本に置き換えて読んでみなよ。
それが世界から見た日本人全体が置かれている立場だ。

海外脱出は無理だと思うあなた。
まぁ隣国では手取り二万円で家族を養ってる国だってあ
るんだし、あとはやる気の問題だよ。


41. ケロリン 2012年12月02日 15:42:04 : 6aICm6xzPa6aE : PLNuckLS0M

言えてるわな・・・>40.

「浜岡」イカれたら、誘導を頼むわ。
それまでに、パスポートを取っておく。

「浜岡」「福井」M6クラス直下で、関西以西も終わりそうだからな・・。
それで無くても、偽装の汚染食料で、バンバン内部被曝の進行中だろう・・な。
日本国中・・のな。


42. ペットボトル水購入者 2012年12月02日 19:08:17 : J8w7I66wCiSvo : 9Yzm8HU8CL
福島市では中学生以下の子供を持つ親の半数以上が「今でも避難したい」というアンケート結果となっている。ただし、今年の5月時点の結果だけどね。
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/uploaded/attachment/14143.pdf
(77ページ:妊婦または子のいる世帯)

43. 2012年12月03日 00:08:38 : 0flnJfAWlc
福島に住むことが危険だという方々…データはどこにあるのでしょうか?
子育て中の私には検索し読み込む時間がありません。
放射線により1/10000位の発病率が3/10000位に増えるだけだろうと家族は共に避難してくれません。私にも家族の絆を犠牲にしなければいけない程の危険が本当に潜んでいるのかわかりません。
突然死が増えている(気がする.....) チェルノブイリ原発周辺集落では健康な子が少ない(らしい.....) そんな文句では理解はしてもらえません。

放射線量が増えた事により様々な疾患が増加している、そのデータは、論文はどこにあるのでしょうか?
チェルノブイリ事故後のデータ(原発事故以前や他国と比較して明らかに有意差のあるもの)や現在の映像などはどこにあるのでしょうか?


44. 2012年12月03日 09:11:32 : FlgzK8THMM
>>43
>データはどこにあるのでしょうか?

いろいろな投稿で紹介されていることなのでここではあげませんが、
たとえば年5ミリ(10年の累積で50数ミリシーベルト)の被曝を
して白血病死した原発作業員の労災が認められています。

この判決ではおおくのデータを分析しています。が、一般の人は
それをよみとくのはめんどうですよね。だから、裁判官の判断を
信じればいいのです。あとは子供の放射線感受性は10倍20倍
(カルディコット博士談)ですから、その10分の1でも危険だと
わかるはずです。

簡単にいえば、100ミリ被曝すればチェルノブイリの除染作業員
(リクビダートル)の被害からみて、10人に数人の重大な被害が
考えられるでしょう。こどもなら10ミリの被曝で同じ危険といえ
ます。被曝後3年以降に被害はおもにでてくる。

福島(首都圏等もそうだが)の場合、被曝量を見積もらねばならない。
とくに重要な初期被曝がわからない。アルファ線、ベータ線の被曝
もある。内部被曝はバンダジェフスキー博士のいうとおり、また
欧州放射線防護協会のいうとおり、国の発表する値はまるで参考に
ならない。それやこれやで大変なことですが、空間線量で計算した被曝
量の4倍いじょうには見なくてはならないでしょう。


45. 2012年12月03日 15:41:50 : 0flnJfAWlc
ありがとうございます。・・・・>44

もう一つお伺いしたいのですが、《空間線量で計算した被曝量の4倍いじょうには見なくてはならないでしょう。》の裏付けはどちらにありますでしょうか?

46. 不乱坊 2012年12月04日 05:59:57 : kbTBOGSw0930o : Gnvlv23AKY
私は44の方のように、数字を使って危険性を説明できませんが、
>43 現在の映像などはどこにあるのでしょうか?
あまりくり返すと、映画配給会社の回し者と疑われるのではないか、と思い、抑え気味にしている
のですが、それでもこれまでたびたび
『チェルノブイリハート』を見ることを皆さんに呼びかけてきました。
あなたの目にとまらなかったのは残念です。
「現在」とは言いがたい。2001か02年ころの撮影だそうです。
この中で、障害を持たずに生まれてくる子は、全体の15〜20%と言っていたと思います。
他人に勧めておきながら、甚だ面目ないが、私は二度と見たくありません。
それほど刺激が強かった。
私はGEOで借りました。先日、どこかのページで、どなたかがツタヤで借りたとか、youtubeで流れている
とか情報を出してました。

子育て中で大変だそうですが、それ以上は自分でやってください。ご自身の本気度の問題でしょう。

映画の終り近く、甲状腺の手術を受けた女の子の父が「避難しても、そこに仕事があるか不安だし、
ここに残った」と言っていました。ですから、福島原発事故の周辺地域でも、留まる皆さんには
それぞれのご事情があろうかと存じます。ですから、他人がああしろこうすべきと言うのは、無責任に
思われるのではないかと、それに類する発言には慎重なつもりです。
最終判断は、ご自分でなさってください。たいした力になれず申し訳ありません。

因みに15〜20%だった時から10年もたてば、事態はよい方に回復しているに違いない、となんとなく
思っていましたが、そんな単純なものではないらしい、とだけ加えておきます。

もう一つ。写真集(文も多いが)。
ピエルパオロ・ミッティカ『原発事故20年』(柏書房)。


47. 2012年12月04日 08:17:08 : cYBFKVgsPc
>>45
>《空間線量で計算した被曝量の4倍いじょうには見なくてはならないでしょう。》の裏付けはど
ちらにありますでしょうか?

アルファ線・ベータ線の被曝がガンマー線と同等程度はあるとされています。内部被曝は
外部被曝と同等程度はあるというのは、原子力安全委員会も言っています。また、おおくの
学者は4倍程度と言っています。オーストリアでは、6倍としています。ヨーロッパ放射線
防護協会では100倍以上に評価せよとも言っています。

だから、控え目にみても4倍になります。

また空間線量は1メートルの高さで測るのが基本ですが、子供の場合背が低いので50cm
で測らなくてはなりません。ですから、3,4倍しなくてはなりません。地面に近いほど
線量が高いのが普通ですので。


48. 2012年12月04日 09:50:18 : AKtsaWtBBM
家が自営業をやっていてそれなりに儲かっているのだが最近は設備への投資を控えている。震災前はさらに新しい建物を作ろうとしたがそのためには膨大な借入をしなくてはならない。でも福島をみてわかるように事業のために多額の借入れ金を抱えた自営業は簡単には逃げられない。被ばくを受け入れとどまれば年数千万の収入、たためば数千万どころか数億の借金を抱えることになる。他所でも就職先のある専門職でも億単位の借金があれば逃げる踏ん切りがつかない。失うものは金だけではない。今福島に残っているひとたちは、空気中を放射性物質が飛び交っているとわかっていても金と信用と土地への愛着にしばられているのだろう。

逃げてもトントン以上の今ならもしもの場合は事業を捨てて沖縄や海外に逃げることができる。
原発が動いている限り安心して事業に投資できないと感じている仲間は多い。


49. 2012年12月04日 16:33:48 : RS1HJx9jpM
>>48

事業借金を背負った責任上、今の事業で返済しなければならないから身動き出来ない苦しい事情は良く判るよ。大変だと思う。ではどうしたらいいか?私が思うのは、危険視されてる汚染地帯ならもちろん事業主さんも逃げて欲しいが、考えてみれば返済義務があるのは当の主人(事業主)であって、家内工業でも無い限り家族や子供には「逃げられない理由」は無いと思う。

なので、返済義務を背負っている事業主さんには、事業継続に必要な人以外の家族とくに少なくと子供は逃がしてやるという選択がベストなんじゃないかと言いたい。
その場合別居の問題が出てくるが、それはもう「逃げられれない理由」とは関係ないので別居をどういう方策と覚悟でするかと考えるに尽きる。

汚染地にいることが危険と知ったなら、返済義務上事業継続しなければならず身動き出来ないという理由で、家族や子供まで道連れにしてはいけないと思う。

考えてみて欲しい。


50. 2012年12月04日 19:21:25 : AKtsaWtBBM
>49さん
西日本住みなので福島の影響は東日本よりはるかに少ないと思う。でも福井の原発銀座から100キロ圏内なんだ。いつ何があるかわからない。以前は事業を大きくすることだけ考えていたが今は違う。原発が全部止まるまで安心できない。
知人のところは九州や沖縄に出張所のようなものを作りそこへ息子たちを行かせる計画をたてているみたいだ。うらやましい。

51. 2012年12月08日 01:41:33 : 0flnJfAWlc
>46さん

『チェルノブイリハート』は私も確認しております。
しかし、あの映画を見てそのまま受け止める事はできませんでした。公表されている統計データとの違いも大きく、映像も古いです 。私が知りたい『今』ではありませんでした。
たくさんの水頭症の子どもの映像と共に健常児は15%の言葉には恐怖を感じましたが、一医師が口答で述べただけであった気がします。あそこまで水頭症の子どもが集まる病院なのですから、産前の検査で異常があった者が集まる病院なのでは❔とも思えますし、そもそも水頭症をあそこまで進行させてしまう医療状況に違和感を感じてしまいました。
ピエルパオロ・ミッティカ『原発事故20年』チェックしてみます。
『たいした力になれず申し訳ありません。』のお言葉から感じられる優しさをありがたく思います。ここのところ逃ている自分がいました。本気にならなくてはですね。


>47さん
ありがとうございます。自分でも再度検索してみます。


52. 不乱坊 2012年12月08日 05:45:25 : kbTBOGSw0930o : mP4n98xGFg
>51 『チェルノブイリハート』は私も確認しております。
そうでしたか。するとミッティカの本も新しい発見にはならないかもしれません。
記憶が薄いのですが、この原発板で2、3ヶ月くらい前かな、紹介されていた映像にIAEAやWHOの意向に反して、
治療をしているベラルーシの医師のビデオがあったと思います。それの方が「ハート」より新しいかも
しれません。
その医師は、ミッティカの本にも触れられていた人だったかもしれない。スラブ人の名まえを、憶え
切れませんでした。
その映像では、外見的には障害がない子どもも、まるで元気がない、そんな話をしていたと思います。
(あれやこれやがごっちゃになってるから、いいかげんなことを言ってるかもしれませんが)
だから10年ほど前の「ハート」の状況から、単純に好転したとは思えない、と推測しているのです。
因みに、全くの素人考えですので、無知ぶりをさらして恥をかくのを承知で推測を述べますが、外見は
普通でも元気がない、という(いわゆるブラブラ病?)のは、細胞核ではなく、ミトコンドリアのDNAが
破壊されたのではないか、などと思ったりします。生き物のエネルギーはミトコンドリアで作られる、
と聞きかじったものですから。どしろうとをお笑いください。

そうそう。おととい風呂につかりながら、どうなさったろうかと思い浮かび、気づいた。
DVDの終りで受けた手術は甲状腺ではなく心臓だった。「チェルノブイリで多発する心臓病」がタイトル
だというのに、ボケた誤りでした。すみません。
私は「遺棄孤児院」と言いましたか、あの施設の映像を見て辛くなりました。
カタカナのハートは、hurtのことかな、と思ったくらい。
脳が頭蓋骨に収まりきらないで、うなじあたりについてる子ども……。
ごめん、もう見たくない、と思ってしまいました。弱いのです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧