★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 228.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
玄海原発訴訟:「世界の中心で愛をさけぶ」の著者で原告の片山恭一さん意見陳述
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/228.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2012 年 12 月 08 日 22:50:49: 6nR1V99SGL7yY
 

原発差し止め訴訟で作家が意見
http://www.nhk.or.jp/lnews/saga/5083964661.html
http://megalodon.jp/2012-1208-2214-01/www.nhk.or.jp/lnews/saga/5083964661.html

「原発、人間の未来奪う」玄海訴訟でセカチュー著者
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120701002211.html

玄海原発訴訟で意見陳述 原告で作家の片山恭一さん
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/337905

「セカチュー」片山恭一氏が玄海原発差止訴訟で意見陳述
http://media.yucasee.jp/posts/index/12553

玄海原発差止裁判「魂の意見陳述」作家の片山恭一さん
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11422947882.html

作家の片山恭一さん 玄海原発差止裁判で、「愛をさけぶ」
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-12152


私は文筆を生業とする者で、主に小説を書いています。
学生のころから、核兵器を含め核エネルギーという人間の技術にたいして、
心情的な嫌悪と反発を感じてはきましたが、
かといって積極的に反対してきたわけではありません。

原発の安全性についても、多くの日本の国民と同じように、
福島の事故が起こるまでは、ほとんど無関心であったと言っていいのです。
そのことを強く後悔しながら、いまあらためて核エネルギーについて
考えようとしています。

福島の事故が起こってまず思ったことは、私たちは歴史上はじめて、未来の
者たちから憎まれ、蔑まれる先祖になったのかもしれない、ということです。

私達は子どものころから、先人たちを敬い、感謝することを教わってきました。
そうした教えは、実感ともずれていなかったと思います。
この暮しは、昔の人たちが連綿として培い、築き上げてきてくれたものの上に
成り立っている。そう素直に信じることができたのです。

しかしいまや、状況はすっかり変わってしまったと言うほかありません。
未来の者たちが私たちにたいして抱く思いは、敬いでも感謝でもなく、
「なんということをしてくれたのだ」という、恨みとも憎しみとも
蔑みともつかない、やり場のないものではないでしょうか。

原子力発電は、ウラン鉱の採掘からウラン燃料の濃縮、発電に至るまで、
すべての過程で多くの放射性廃棄物を産出します。

高レベル放射性廃棄物の場合は、深度三百メートル以上の地層で
数万年以上にわたって管理する必要があるとされています。
これは「地層処分」と呼ばれ、
現時点では唯一の最終処分法と考えられているものです。
ノルウェーでは、一億八千万年間動いてないことが確認されている
花崗岩の岩盤に、深さ五百メートルの地下施設を作って、
最終処分場にしようという計画が進んでいるそうです。
しかし地殻変動の活発な日本では、このような地下処分は不可能でしょう。
そこで今後、五十年から数百年にわたって暫定的に保存し、
そのあいだに最終処分法を考えようという案が浮上しています。

「最終処分」と言うのだそうです。
放射性廃棄物の最終処分……
どこかナチスのユダヤ人絶滅政策を連想させないでしょうか。
「最終処分」というプロセスを伴っていることが、
すでに決定的に間違っているのではないか。
そう考えてみるべきではないでしょうか。
地中から取り出したウラン鉱石をエネルギーに利用し、その廃棄物を最終処分する。
それが地球をあるいは世界そのものを最終処分することにならなければいいと思います。

いったい誰が、どのような権利があって、こんなことをはじめたのでしょう。
五十年から数百年にわたって暫定的に保存すると言っても、
数百年先のことなど誰にもわかりません。
日本という国はなくなっているかもしれないし、
人類だってどうなっているかわからない。
ほとんど人間が生存するかぎり管理しつづけなければならないものを、
私たちは現在の自分たちの生活のためだけに作りつづけています。
たった半世紀ほどのあいだに繁栄を謳歌した、地球上のごく一部の人間が、
この先数万年に及ぶ人間の未来を収奪しつつあると言っていいのではないでしょうか。

いくらノーベル賞級の知性を結集したと言っても、私達のやったこと、やり
続けていること、将来もやり続けようとしていることは間違いなく浅知恵です。
人間は技術的に高度化すればするほど、深刻な浅はかさにとらわれていく。
一流の頭脳をもった人たちが一生懸命にやっていることを集積すると、ほとんど
人間性を根底から否定してしまうほどの、巨大な愚かしさが立ち現れてしまう。
そういう恐ろしさ、忌まわしさが人間の技術にはある気がします。

数十年先、数百年先には、核にたいするテクノロジーは
格段に進歩しているかもしれない。
原子力発電所は安全に運転されるようになっているだろうし、
核燃料サイクルは確立されているだろう。
「死の灰」を無毒化する方法も見つかっているかもしれない……
そのように考えることが、まさに浅知恵なのです。

本当の「知恵」とは、未来の者たちにより多くの選択肢を
もたらすことではないでしょうか。
核エネルギーの研究や開発をつづけるかどうかは、
あくまで未来の人たちが判断することです。
これまでに生み出された放射性廃棄物を処理するためだけにも、
彼らは否応なしに、核エネルギーの問題に取り組みつづけなければならない。
このことをとっても、既に私達は、既定の未来を彼らに押しつけているのです。
将来に不確かな期待をもつことは、
更に彼らの未来を収奪し続けることになるでしょう。

数万年以上にわたり貯蔵・保管しなければならない物質を
生み出すような技術を、過去に人間はもったことがありません。
この厄介な物質をどうするかということは、
私たちがはじめて考えなければならないことです。
ここに原子力発電という技術に伴う、大きな倫理的空白が生じているのです。
この空白に付け入ってはならないと思います。
それはかならず大切な人間性を損ない、
私たちをいかがわしい生き物にしてしまいます。

最後に、私がたずさわっている文学の話をさせてもらいたいと思います。
文学とは本来、人間の可能性を探るものです。
人間はどのようなものでありうるか。
小説とは、それをフィクションという設定のなかで問うものだと、
私は考えています。

核エネルギーとともにあることで、
私たちは人間の可能性を探ることができなくなってしまいます。
なぜなら核廃棄物という自分達に解決できないものを押しつけるというかたちで
私達は数万年先の人間を規定し、彼らの自由を奪ってしまっているからです。

少なくとも私の中では、核エネルギーの問題を放置して小説を善き続けることは
自らの文学を否定してしまいかねない矛盾と欺隔を抱えることになります。
これが原子力発電所の廃絶を求める裁判に、
私が参加しているいちばん大きな理由です。

自分はいかなる者でありうるか、ということをあらためて考えたいと思います。
私たちが個人でなしうることは、
一人の人間の身の丈を、それほど超えるものではありません。
しかし私たちが「こうありたい」と望むことは、
過去と未来を貫いて、人間全体を眺望しうるものです。

そのような眺望をもって、自分の死後に生まれる者たちと、
どのようにかかわるか、いかなる関係をもちうるか。
それが経済や暮らしとはまったく次元を異にする、
人間の自己理解の根本にある問題です。

過去を健全に引き継ぎ、歪曲されない未来を受け渡していこうと
することによって、私は自らが望むべき者でありたいと思います。
そして私たち一人一人の人間性を深刻に損なってしまう原子力発電からの
速やかな離脱を、この裁判をとおして強く訴えたいと思います。

以上、意見陳述を終わります。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月09日 07:26:34 : TumGgIXqfw
地層処分:地下に埋設することで責任を逃れる方法。しかし万年どころか数十年で
     放射能はもれだし地下水を汚染し、さらに全国を汚染する。

地上保管:何の利益を生まない、漏れ出したら日本全体が破局にむかうものを莫大な
     費用と労力をかけて維持し続けなければならない。


02. 2012年12月09日 08:51:05 : bMA2Wyr53M
>汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

・・・

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
懈怠のうちに死を夢む

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる

片山氏が意見陳述書で使用している「欺隔」と言う言葉は、国語辞典、漢和辞典ともに出てきません。
意味は、噓、騙すこと、欺瞞と近いとネット検索から知りましたが、その由来については知ることが出来ませんでした。
ついては、出典についてご存知の方がありましたら、教えてください。


03. 2012年12月10日 15:06:45 : p5P2RGcxm6
知識人で声を上げる人がほとんどない情けない状況の日本。

久々に素敵な文章に触れられました。
これを世界中の人に聞いてほしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧