★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 328.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
無責任天国 「全原発で拡散予測訂正 担当 孫請け社員1人」 (原発はいますぐ廃止せよ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/328.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 12 月 15 日 15:35:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-1543.html
2012-12-15  原発はいますぐ廃止せよ


全原発で拡散予測訂正 担当 孫請け社員1人
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012121402000089.html
引用 2012年12月14日 東京新聞

 原子力規制委員会は十三日、原発で重大事故が起きた場合の放射性物質の拡散予測の訂正版を公表した。ミスが相次いだ背景には、予測作業を孫請けのコンサルタント会社の社員一人だけで実質的に担当していたことが、規制委の検証で明らかになった。発注した旧経済産業省原子力安全・保安院(廃止)は丸投げ、元請けの原子力安全基盤機構(JNES)は内部で仕事を押し付け合い、孫請けは注文内容が変わるたびに大わらわ−。そんな中でミスが広がった。 

 「思い違い」「電卓で手計算」「入力ミス」「何らかの理由で忘れた」。規制委の検証報告には、ほぼ一人で作業した孫請け会社シー・エス・エー・ジャパン(東京都)のミスが多数挙げられた。

 シー社は二〇一〇年、同じような拡散予測をJNESから受注。その流れで今年四月、今回の予測を再び受注した。

 前回の予測はJNESの内部検討資料用だったが、今回の予測は自治体への配布を前提とした正式な予測。当然、精度が求められ、作業量も大幅増。納期も短いのに、シー社の社員一人で作業する体制は、そのままだった。

 JNESでも担当者は実質的に一人だったが、組織改編もあってどの部署が担当なのかあいまいになった。「自分はただの窓口役」などと仕事を押しつけ合うような場面もあったという。

 発注者の旧保安院もミスを拡大させた。七月に予測結果はほぼまとまっていたのに、八月に方位別に予測するよう注文変更、九月には年間の全気象データを反映して予測するよう再び変更。扱うデータは七十三倍にまで急増し、その過程で変換ミスなどが起きた。
 また旧保安院と規制委は、この間データを自ら検証することは全くなく、規制委はJNESから渡された報告書をそのまま発表しただけだった。(大村歩)

----------------------------------------------------------

一度ミスをして訂正発表をしながら、何度も同じミスをした。
よく見たら、たった一人に責任を押し付けて仕事をさせていた。

周りの人はその現場の事情に詳しくてよく知っているはずが、見てみぬ振りをしていた。

上司
「おまえやれ」

次の上司
「おまえやれ」

最後の一人の社員
必死に納期に間に合わせようとして、風向きを正反対に入力してしまう。

西風を「西に吹いていく風」と思い込んでしまう。
本来は「西から吹いてくる風」

東電テレビ会議でも風向きの発表が刻々とされていたが、勘違いする人が多いので、
「今、西から東へ風が吹いています」と丁寧に言いなおす場面が頻繁に出てくる。


現場をよく知っている上司は、決して重要ポイントは見逃さない。
それは、頭ではなく、肌で感じるからだ、直観でなにかおかしいと。

-------------------------------------

選挙も同じ。

直前になってまだどこがいいかわからんなどといっている人たちは、すでに終わっている。

原発が爆発した瞬間に、次の選挙ではどこへ投票するかが決まっていなければならない。

自民党政権下で作られた原発が爆発した、また自民党を選べば次の爆発が決定される。

民主党はすでに爆発して消えている。

「だまれって言えばいいんですよ」の石原には「おまえこそだまっとれ」と国民が突きつけるだろう。


日本未来の党しかありえない。

直観がそこまで働かないほど現代都会社会に毒された人は、もっと自然の多いところに避難したほうがいい。
本来のあるべき人間に蘇るだろう。

あとは微量過ぎて検出できない、検出限界以下だろう、ほとんど問題にならない。


日本の未来はあなたに託された。

「ヒューマンプロジェクト」に参加しよう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 恵也 2012年12月15日 17:45:41 : cdRlA.6W79UEw : VFI17IedtA
>> また自民党を選べば次の爆発が決定される。

諸行無常というけど、次の自民党政権も長くは続かない。
息長く、原発廃止まで子孫のためにも頑張らざるを得ないのが運命だ。
なんとか国民投票まで行けないものかな。


02. 2012年12月15日 18:51:03 : rjpmaLs936
原発が爆発した瞬間に、次の選挙ではどこへ投票するかが決まっていなければならない。

日本未来の党しかありえない。

それはひょっとしてギャグで言ってるのか?
面白くないけど。


03. 不乱坊 2012年12月16日 05:23:10 : kbTBOGSw0930o : 1iaMyWVpm2
>西風を「西に吹いていく風」と思い込んでしまう。
たしか、カルディコットさんの話でも、通訳さんが「東風が吹いて放射性物質が太平洋に流れた」
みたいに言い間違えていたと思います。咄嗟だからね。
机上の仕事でも、作業量が多いのに納期が迫り、相談する人もいない……パニック。
想像すると同情する。荷の重い仕事を押し付けた上役の傲慢なツラが目に浮かぶよう。

>「思い違い」「電卓で手計算」「入力ミス」「何らかの理由で忘れた」。
原発事故の原因を、殊更に「想定外の天災」や「人為的ミス」に結びつけようとするのは、原発自体には
問題はない、という強弁のためだ、と何かの本に書いてあったと思います。
孫請けの末端作業者が槍玉に挙げられるのも、なんだか同じ構造みたい。
要するに、責任取るべき立場の人間は「無責任者」になっている。
もし次に事故があっても、誰も責任を取らない。もちろん「私の責任で」と言った現首相も、「次期首相」も。


04. 2012年12月16日 08:20:04 : e7uDvBwAGA
------日本未来の党しかありえない。

>>03もギャグといっているけれど、もっと上手にやらなくちゃ。原発推進の工作員は
うまいよ。反原発のふりをして、原発に頼らざるを得ないという線に少しずつ持って
いく。あるいは重要な問題が発覚したとき、そのうわさの火消し役をやる。

いくら上手にやっていると言っても、その連中(工作員)の大半は金のために動いて
いる人間のくずなんだけどね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧