★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 666.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「人として扱って」 除染作業 給与天引き(東京新聞:核心)
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/666.html
投稿者 みょん 日時 2013 年 1 月 11 日 08:37:22: 7lOHRJeYvJalE
 

「人として扱って」除染作業 給与天引き
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013011102000100.html
2013年1月11日 東京新聞[核心]


国直轄で進められている福島県の除染現場で、税金から支出されている危険手当が、除染作業員の雇用条件をゆがめている。1日1万円の手当があるのをいいことに、受注業者が支払っている日給は実質的にたった千円。業者を通じ手当を支払う流れになっていることが大きな原因で、こうした問題を放置している行政の対応は不可解だ。(大野孝志、片山夏子)


◆過酷な現場

昨夏に始まった福島県田村市での除染は、今も続く。洗ったブルーシートが半日で凍るほどの寒さの中、作業員たちが、降り積もった放射性物質に汚染された山林の落ち葉や表土を集め、トラックで仮置き場に運ぶ。

現場は、埼玉県の男性が「頭から滑り落ちた」ほどの急斜面。沖縄県から来た作業員は竹の切り株で長靴に穴が開き、月に3足つぶした。

全国各地から集まった作業員たちは、業者が用意した人里離れたバンガローなど安い宿泊施設を宿舎にし、数カ月間を過ごす。

コンビニまで車で30分かかったり、携帯電話の電波が届かなかったり。車のない人は外出もままならない。床の抜けた古い空家に押し込められた作業員は「人として扱われていない」と憤った。

年の瀬が迫ると、工期に間に合うよう、せかされた。福島県出身の男性は「全員が手を抜いているわけではない」と強調した上で、回収すべき汚染された落ち葉を、班長の指示で川に落としたと明かした。

◆帳尻合わせ

きつい仕事を担う作業員の多くは、派遣会社を通じて採用されている。栃木県の男性の場合、日給などの待遇は口約束。国から危険手当が出ていることは知らされなかった。

昨年9月から働いているのに、手当のことが知れ渡った11〜12月になって、業者は初めて「労働条件通知書」を配った。「日給は6,000円、危険手当1万円。宿泊代を差し引く」とあった。

新たに危険手当が加算されると思っていたのに、宿泊代を引かれた残額はこれまでと同じ1万1,000円だった。「帳尻合わせにしか見えない」と男性。だが「正月に職を失うのは嫌」と、通知書に渋々サインした。

同じ現場で働く埼玉県の作業員は、手書きの明細書を見て不審に思った。

10月以前は休みの日の宿泊代が天引きされていたのに、11月以降は働いた日の分だけ。おかしい。「業者は人を集めればいいとしか思っていないから、金額なんて適当に決めているんだろう」とため息をついた。

◆役所のずれ

国直轄事業なのに、なぜこんないいかげんな雇用状況が生まれるのか。取材を進めると、環境省と労働当局の認識のずれが大きな原因になっていた。

事業発注者の環境省は「危険手当は最低賃金以上の賃金とは別に支払うもの」と認識しているのに対し、福島労働局は「危険手当を含む日給が、最低賃金を上回っていれば違法ではない」。

業者はこうしたずれに乗じ、やりたい放題の状況ともいえる。労働基準監督署も現場を視察しているが、業者は立場の弱い作業員に口裏合わせを指示。福島県出身の作業員は「手当も給料ももらっていると答えろ」と強く求められた。

手当を出す側の環境省にしても、作業員に直接支払う仕組みにすれば、不透明な給料の問題は多少は改善されるのに、「勤務時間によって手当の額が変わる場合があり、金額を把握しづらく、直接渡しは困難」と反応は鈍かった。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2013年1月11日 11:49:18 : KbIx4LOvH6Ccw : HRV6c5GuLE
【社会】
除染下請け 天引き横行 業者支払い日給1000円(東京新聞)
2013年1月11日 07時05分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013011190070424.html

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/12280.jpg



02. 2013年1月11日 11:51:54 : t3wweRQuK2
除染下請け 天引き横行 業者支払い日給1000円
2013年1月11日 朝刊
 東京電力福島第一原発事故に伴う国直轄の除染事業で、下請け業者が、作業員の日給から半ば強制的に宿泊代や食事代を天引きし、国が支給する危険手当の一万円のほかは、一日千円程度しか支払っていない実態が、作業員らへの取材で分かった。宿泊施設は、業者が国などから無料や安価で借りたもので、作業員から徴収した宿泊代のほとんどが業者の取り分と化す形となっていた。
 除染作業は放射性物質にさらされる危険があるため、国は作業員に一日一万円の危険手当を支払っている。ところが、この手当は除染を請け負う業者を通じて支払われており、そのことが不透明な給料支払いを生む温床になっていた。
 福島県田村市の除染現場の事例では、作業員の日給は、国が支払う危険手当の一万円に加え、福島県の最低賃金に近い約六千円を業者が日当として支払う二階建ての形を取っていた。
 見掛け上は、合わせて日給一万六千円となるが、宿泊代や食事代として四千五百〜四千七百円を天引き。作業員が手にする額は一万千円強にまで目減りしてしまっていた。
 危険手当の財源は税金で、本来的には作業員に直接支払われるべき性質のお金。業者は事実上、一日わずか千円強で作業員を雇っていた形になる。
 業者のうまみになっているのが宿泊代や食事代。ある業者は、国から宿泊施設を無料で借りているのに、作業員に朝夕の食事込みで四千五百円で貸し付けていた。
 別の業者は、明細を示さず宿舎と食事付きで日当一万千円の条件で作業員を集めてきたが、危険手当が支給されることが作業員の間で広まり説明を求められると、危険手当を含む日給一万六千円から宿泊代三千七百円と食事代千円を差し引いたものだと説明した。
 このケースでは、作業員は一室四千円のバンガローに四、五人で宿泊。業者は宿泊費として計一万四千八百〜一万八千五百円を集めており、四千円との差額が利ざやになっている。業者の関係者によると、食事も原価は三百円程度に抑えるようにしていたという。
 不透明な給料の実態のほか、雇用契約書を交わさず口約束だけの人も多かった。
 管轄する福島労働局の担当者は、こうした実態をある程度は把握し、改善指導もしているというが、田村市の現場以外でも同様の不透明な給料問題が起きていた。
 本紙の取材に対し、元請けゼネコンの広報室は「過去には危険手当がきちんと作業員にわたっていない例もあったが、きちんとわたるよう下請けへの指導を繰り返している。雇用条件などは法にのっとった契約になるよう個別に指導している」とコメント。下請け企業からは十日までに回答がなかった。
<危険手当> 環境省は福島事故に伴う除染で、国直轄の事業では被ばくの危険がある作業員に「特殊勤務手当」を支払っている。国家公務員が警戒区域に入るときの手当を目安に、1日1万円と決められた。一方、もっと危険性が高い福島第一原発で働く作業員に対しては、東京電力が放射線量など現場の状況に応じて危険手当を支払っているという。ただ、作業員には十分届いていないためか除染の危険手当の高さへの不満も出ている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013011102000116.html

03. 2013年1月11日 13:25:06 : 39HuzqnW7g
本当に、原発っていうのは、事故を起こしても弱者を犠牲にする差別構造がないと成立しないものなんだな。
それを推進する政権をつくった日本国民は、よほど弱い者いじめが好きらしい。

04. 2013年1月11日 15:16:51 : ZrMDpsyito
危険手当は税金だぞ!
それをピンハネするなんて、どこの業者だ。
会社名をあげて報道しろ。
人を被ばくする環境でこき使って
自分たちはなんだ、安全なところで、高い酒飲んでやがる。
被爆労働者の上がりでのうのうと生きてやがる。
カラシニコフの弾でもぶち込んでやりたい。

05. 手紙 2013年1月11日 16:48:29 : ycTIENrc3gkSo : A8gm7gmBtU
みんな、鬼になろう。鬼に。
鬼になって、東北の関東の関西の鬼になって、
「また鬼が出たぞ」と彼らを骨から震え上がらせよう。
血も凍るような福島鬼譚を聞かせてやろう。

06. 2013年1月11日 19:15:53 : eAXCieOoQM

 業者は作業員なんぞ【人間】だと思っていないよ、牛や馬と同じ作業動物だ。


07. 村石太ダー 2013年1月12日 11:13:04 : up1k/JXAX3hQk : iJutvqQNKj
原発 除染業者 日給 で ブログ検索中です
1月11日 中日新聞で 国の危険手当1万円あてに除染業者 日給支払い1千円 宿泊・食事名目 次々天引き という記事を 読みました。
恐ろしいですね。仕事研究会(名前検討中
政治研究会(名前検討中

08. TAたた 2013年2月21日 07:32:40 : SWcoTZdS8y0Bk : C7qFB7OxnA
除染作業員です。
この記事に書いてある内容と同等の内容で働いています。
会社からは食費としての1500円しか支給されていません。
勤務時間は八時から五時ですが、遠方からバス乗合の為朝五時出発-現場で一時間半待機〜仕事〜帰りのバス 等の時間はを含めると朝五時〜夜6時半の13.5時間拘束です。
寮は借り上げアパート3DKに10人入れられ、布団の上しか居場所が無く風呂、トイレもままならない状況です。もちろん疲労は溜まって行く一方です。

求人広告の内容とは余りにもかけ離れた状況に皆モチベーションが下がり仕事にも影響が出ています。
先日現場で賃金の聞き取り調査があった時も嘘の口裏を合わせるよう強要されました。

もっと詳細を聞きたい方がいれば、追加で書き込みます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧