★阿修羅♪ > 原発・フッ素29 > 864.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なぜ日本は子供の安定ヨウ素剤を飲ませなかったのか? 日本核医学会、放射線医学総合研究所、山下俊一がカギ。
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/864.html
投稿者 mainau 日時 2013 年 1 月 28 日 17:44:43: GgaPs4QXWLwO2
 


3月24日、山下俊一は日本甲状腺学会の会員宛てに、文書で『小児甲状腺ブロック不要』と通達した。
これは「安定ヨウ素剤の配布は必要ない」との通知に匹敵する。

この通知についても、疎開裁判弁護団の柳原敏夫弁護士は強く憤る。
 「チェルノブイリ原発直後に、隣国ポーランドでは、国をあげて子どもたちに安定ヨウ素剤を配布し、そのためにポーランドの甲状腺発生はチェルノブイリ原発以降もゼロだったのです。そして、その事実を山下氏も当時から知っており、そのことを論文等で発表しているのです」

さて、元は3月18日付けでの、核医学会と放医研の声明である。

------------------------------------------------------

日本核医学会
放射線医学総合研究所

被災者の皆様、とくにお子さんをお持ちの被災者の皆様へ

 本文書は汚染、被ばく等の状況が変化したため 2011/6/1にホーム ページのアーカイブに移動しました。文書内では事故当時の数値が用いられていますが、現状では大きく変化しており2011/6/1現在の状況とは大幅に異 なっていますので取り扱いには十分ご注意ください。

 現状(2011/3/17現在)では3/16以前に避難区域(原発半径20km)以遠に避難をされておられる方々やそれ以遠に在住されておられる方々の安定ヨウ素剤による甲状腺の保護処置は不要です。

 東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々に心からお悔やみ申し上げます。また、被災地域の一日も早い復興をお祈りいたします。

 被ばくが懸念される地域にお住まいの皆様には、東北地方太平洋沖地震に伴う福島原子力発電所事故による放射性物質に由来する健康への影響をご心配のことと存じます。特にお子様をお持ちの親御さんは、子供達の被ばくを心配され、安定ヨウ素剤による甲状腺の保護処置が必要ではなかろうかとご不安に駆られることと思います。

 経済産業省のプレスリリースには、16日、原子力災害対策現地本部から、「避難区域(半径20km)からの避難時における安定ヨウ素剤投与の指示」を県知事及び市町村(富岡町、双葉町、大熊町、浪江町、川内村、楢葉町、南相馬市、田村市、葛尾村、広野町、いわき市、飯館村)宛に発出したとあります。

 しかし、これは、16日以前にすでに当該地域から避難されておられる方々や、当該地域圏外に在住されておられた方々を対象としているものではありません。これらの方々におかれましては、今の段階では安定ヨウ素剤による甲状腺保護処置は不要です。むしろ危険なことがありますので、避けてください。

 ただし、今後の状況変化によってはこれらの方々にも必要となることもありますので、政府発表・関連自治体発表・東京電力発表・報道情報などを十分に注視され、政府や自治体の指示にしたがっていただけますようお願い申し上げます。

(以下抜粋)

2
チェルノブイリでの事故後に東欧諸国で小児を中心とした甲状腺癌の増加が見られましたが、その主な原因はミルク等に含まれていた放射性ヨウ素による体内からの被ばく(内部被ばく)であったことが分かっています。たしかにチェルノブイリ事故では、大規模な被ばく発生後4日目に、ポーランドが国を挙げて安定ヨウ素剤を全ポーランドの小児の90%に一回だけ配布いたしました。そうしなかった隣国のウクライナやベラルーシでは小児の甲状腺癌が増加したのに対して、結果的にポーランドでは甲状腺癌増加は認められませんでした。しかし、1)内陸国のウクライナやベラルーシは食物や土壌中のヨードが少なく、もともと国民的にヨード欠乏状態であったのに対し、ポーランドは海沿いの国でさほどヨード欠乏状態ではなく、2)ポーランドは国内での牛乳を禁止して、すべて輸入粉ミルクに変えたという処置も行っています。これらの多くの処置がかみ合い、結果としてポーランドでは甲状腺癌の増加がなかったのです。

3
食物中、土壌中のヨウ素量の多い日本では、通常の食生活を行うことで十分にヨウ素を摂取できており、自然と甲状腺は安定ヨウ素で満たされています。ごく少量の放射性ヨウ素が簡単に健康に影響するほど吸収されることはありません。むやみに安定ヨウ素剤を服用する必要はありません。また、ヨウ素の入ったうがい剤や消毒剤を飲むことは危険です。乳児の場合には成長障害を引き起こす危険もあります。

9
なお、放射性ヨウ素による甲状腺癌発がんの危険性は40才未満、とくに放射線に敏感な小児に高く、それ以上の方では危険性はほとんどありません。

(2011/3/17)
(2011/3/18 改訂)
(2011/3/18 改訂:第2稿
(2011/3/28 改訂)
(2011/3/28 改訂:第2稿)

http://www.jsnm.org/japanese/11-0

------------------------------------------------------------------------
mainau:
今後の住民の甲状腺ガン発生の経過によって、各当事者がこの判断について、責任を取らされることになるだろう。

どっちみち、こう言うだろう。
「現場での混乱や不安を考え、配慮したつもりだった」
「成人の甲状腺ガンの発生は事実だが、原発事故との因果関係は明らかにされていない」
「小児甲状腺ガンに限っては、賠償保障するが、成人はこの限りではない。成人の甲状腺ガンに関しては、因果関係が立証できない。」

(あるいは百歩譲った場合には)
「原発事故とは相当の因果関係が認められるが、当時は、そのことについて予見するだけの科学的根拠は十分ではなかった」
「想定外のリスクだった」  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. mainau 2013年1月28日 17:48:50 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
タイトル訂正
"子供の"ではなくて、もちろん"子供に"である。

02. mainau 2013年1月28日 17:53:10 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
追加
疎開裁判弁護団の柳原敏夫弁護士の談話において、ポーランドの「甲状腺発生」 とは、「小児甲状腺ガン発生」 のことだろう。
他の甲状腺疾患については、発生している可能性が高いから。

03. 2013年1月28日 20:08:50 : tc9BlcZSeQ
悲惨な話だね。山下を含めて甲状腺学会員全員は外患誘致の可能性だろう、日本民族断種未遂の罪で話を聞くべきだし逮捕するべき。民族の敵じゃないのか。損害賠償すべきだろう。山下に命令したのは誰かだが。米湯田キンの可能性ないか。

04. さかなちゃん☆ウクレレ歌人 2013年1月28日 21:17:30 : .OZElEX0./6VM : CgaVEmx7H2
なお、放射性ヨウ素による甲状腺癌発がんの危険性は40才未満、とくに放射線に敏感な小児に高く、それ以上の方では危険性はほとんどありません。

と、書いてありますが確か、原発爆発事故当時東電の現場にいる人はヨウ素剤を服用したしないの話が出てませんでしたっけ?

しすぎてヤバかったみたいな記事。http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20120207-OYT1T01085.htm

この記事はヨウ素剤服用か否かはないけど、今皆さんどうしてるんですかね→作業員2人「250ミリシーベルト超え」の恐れ 放射性ヨウ素量が通常の10倍 : J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2011/05/30096937.html @jcast_newsさんから

ああ、これこれ。作業員の人、ヨウ素剤飲んでなかったので被曝しちゃったじゃんみたいな記事→超過被ばくの2人、ヨウ素剤を指導通り服用せず : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110531-OYT1T00110.htm?from=tw


小野先生のブログ
http://onodekita.sblo.jp/article/53828889.html



05. 2013年1月28日 21:48:10 : dayMQPfOPE
危険がないというのなら原子力村関係者は全員福島原発半径30キロ以内に住めばいい。

名前どうりの日本原子力村が誕生する。開村式をやれ。


06. mainau 2013年1月28日 21:54:31 : GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
9:なお、放射性ヨウ素による甲状腺癌発がんの危険性は40才未満、とくに放射線に敏感な小児に高く、それ以上の方では危険性はほとんどありません。

→ このリスク軽視は、原発事故後の実態にはそぐわない。
別の記事でも掲載したものだが、さらにここで反復。

>放射性ヨウ素による被曝は明らかに成人の甲状腺ガンの原因である。成人における増加は1991年から記録されている。1993年から2000年までのデータは、リクビダートルにおける甲状腺ガンの増加を示している。
>科学者たちは、放射性ヨウ素がもたらした被曝によって小児甲状腺ガンが増加したということに関しては、くり返し何度も言及している。しかしながら、我々がチェルノブイリ事故後に成人の甲状腺ガンが増えているというデータを公表しているにもかかわらず、国際原子力機関IAEAや国連原子放射線の健康影響に関する委員会UNSCEARの報告書には、この成人の甲状腺ガンが5倍に増加しているという事実は反映されていない。
by A. E. Okeanov, E. Y. Sosnovskaya, O. P. Priatkina
http://www.jca.apc.org/mihama/chernobyl/swiss_medical04_134.htm
----------------------------------------------------------------

子供にヨウ素剤服用させた場合、副作用で機能低下症になる子供が出る可能性はある。しかし、リスクを踏まえても投与するべき場合がある。
それは、大量の放射性ヨウ素の体内取り込みで小児甲状腺ガンになると、体の他の部分への転移が早く、手術して甲状腺を取り出しても、他の臓器などに転位した場合には、死に至ることがあるから。


07. 2013年1月28日 22:22:45 : qeO8ep0Uuy
いかに判断を誤っても、それが意図的なものであろうとも、決して責任を
追求されることがないという点に最大の問題がある。

08. 2013年1月28日 22:23:43 : lo2m6qhFlo
3/12−14で配布してない「安全神話」体制が問題かな?

経産省なのか、文科省なのか、よく解らんが。

あ管が、例の独断専横で、ヨウ素剤緊急輸送、配布していれば、偉かったのに馬鹿管だった。

731部隊生き残りの愛弟子、山下が福島に来たときには、後の祭りかと。


09. 2013年1月28日 23:06:36 : ynSQvzTlvk

連中はリスクを軽視させる情報ばかり出して来るが、真に受けていると命を脅かす事になりかねない。

リスクを過小評価した金融専門家が、想定外の大損をしてしまうのと同じだ。


10. 2013年1月28日 23:13:12 : bHrzMg6C7n
たしか、2011/3/12の1号機爆発後にヨウ素剤配布の検討がニュースになっていたはず。
3/14、15に3号機爆発、2号機破壊したときがヨウ素放出のピークなのに、誰かが止めたんだ。
山下のこの3/17の文章、WEBから消去もされずに残っているんだよね。これだけでは何の証拠にならないと思っているんだろ。

11. 2013年1月29日 09:19:25 : iWbJqNAs3E
当時一生懸命海草のたぐいを食ったな。放射線医学総合研究所の研究者がテレビに
でて、海草など食わないように、と言っていた。もちろん無視したけどね。

何ヶ月かたってこんどは「日本人は普段から海草をとっている…」という話がでた
ときは唖然としたね。


12. 恵也 2013年1月29日 09:55:05 : cdRlA.6W79UEw : G53yYteess
>> 今の段階では安定ヨウ素剤による甲状腺保護処置は不要です。
>> むしろ危険なことがありますので、避けてください。

この核医学会、放医研の3月16日時点の言葉は傷害罪や殺人罪に当たる。
3月14日に3号機が爆発し、15日には4号機も爆発。

千葉県柏市では15日深夜、16日夕方、21日朝方の3回も異常な空間放射
線量を日本分析センターが観測しております。

こんな文書を出した責任者を東京地検特捜部は捜査する義務があると思うけどな。
こいつら旧ソ連並みの御用学者は、ロクに調査もせずに発表したことがわかる。
本当に無責任で税金を食べてるだけの連中だ!


13. 2013年1月29日 16:53:04 : rrhrFN6JLd
人体実験したかっただけだろ。鬼畜山下は。

14. 2013年2月01日 02:39:30 : AiChp2veWo
2010年前半、保健所に出向いて、「安定ヨウ素剤」の準備はしていますか、各小学校への設置とかはどうなっていますか、と尋ねると、受付の人物はキョトンとして、その件については法律が全くないとか、そのような事を想定していませんので、とか言われた。市の教育委員会もにたような応対。子供の命や健康を守る気が全く感じられなかった。

15. 2013年2月13日 10:06:59 : 7TwXJGF6OQ
>>12. 恵也 cdRlA.6W79UEw : G53yYteess さん
>> 今の段階では安定ヨウ素剤による甲状腺保護処置は不要です。
>> むしろ危険なことがありますので、避けてください。
>この核医学会、放医研の3月16日時点の言葉は傷害罪や殺人罪に当たる。
>3月14日に3号機が爆発し、15日には4号機も爆発。

こんな時に「今の段階では安定ヨウ素剤による甲状腺保護処置は不要」「むしろ危険なことがありますので、避けてください。」って言ったら、どういう段階になったら飲む必要があるんでしょうかね〜?
だったら安定ヨウ素剤ってどういうときの為に用意しておくのかって事になりますよね。
地球が終わる時ですかね〜?

ところで宇都宮ですが、今日はいやに自衛隊と思しきヘリコプターが福島方面へ朝からもう何機も飛んで行くんですが、福島原発で何か有りましたか?

宇都宮には自衛隊の駐屯基地があるので、ヘリコプターが同じ方面へ何機も続けて飛ぶと又福島で何か有ったのではないかと心配になります。

こんなに国民に心配を懸けてもまだ阿倍総理は新しい原発を造るなどと言う戯言を言ってます。

国民が今どれほど原発事故を恐れているのか知りもしないのか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素29掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧