★阿修羅♪ > 経世済民75 > 412.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ナウル共和国は世界一豊かな国だったのに、繁栄は長続きせず、富、文化、環境を失い、石器時代に戻ろうとしています。
http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/412.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 3 月 17 日 12:35:34: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu260.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
ナウル共和国は世界一豊かな国だったのに、繁栄は長続きせず、
富、文化、環境を失い、石器時代に戻ろうとしています。

2012年3月17日 土曜日

ユートピアの崩壊 ナウル共和国―世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787710176/kabusikizyuuh-22/ref=nosim/

◆ある国の繁栄と崩壊の物語?「ユートピアの崩壊」 投資十八番
http://gw07.net/archives/6836778.html

ナウル共和国。太平洋に浮かぶ、国土面積がわずか21km2の独立国家でバチカン、モナコに次いで小さく人口も1万人程度しかいない。この国がたどった歴史はまるで寓話のように"よくできたストーリー"であり、作り話のように思える。しかし、本書で詳しく語られるナウルの物語は純然たる実話です。全国民へのベーシックインカム支給、税金はタダ、電気代、病院代も無料、結婚すると新居を国が与えてくれる。加えて、国民所得は世界トップレベル。しかし、繁栄は長続きせず、富、文化、環境を失い、石器時代に戻ろうとしています。ギリシャ問題など比較にならない、現代における史上最大の破綻国として、この小さな共和国は名を残すことになるでしょう。

この富の源泉はリン鉱石です。膨大な時間をかけてアホウドリを始めとする海鳥の糞が堆積されることで生成されるこの資源は、良質な化学肥料の原料となるため高値で取引されます。島全土で採掘が可能なこのお宝を彼らはとにかく掘りまくりました。その結果、1人あたりのGNPベースで日本が1万ドル弱、米国でさえ1万4千ドル程度だった1980年代初頭に、ナウルは2万ドルを誇るまでになります。

「リン鉱石立国」として1968年に独立国家となった彼らの繁栄は、無計画な採掘により15年と持ちませんでした。採掘できる資源には限りがあることくらい、彼らでも分かってはいたのです。リン鉱石で稼いだお金の半分は国民に分配され、残り半分は政府により国外への投資に向かいました。

国民は一周30分で回れる狭い国土に不要だと思える高級外車を買い漁り、食事は外食しか行わなくなり、海外にショッピングに出向き散財しました。驚く事に彼らは働いて稼ぐことを知りません。欧州諸国に"発見"される前は主に漁業で自給自足の生活をしていたのですが、イギリスの植民地時代には強制労働に徴用され、そして独立後はリン鉱石の輸出により何もしなくてもベーシックインカムで金が勝手に口座に振り込まれるようになりました。リン鉱石の採掘作業を行うのは専ら中国人などの出稼ぎ労働者達であり、小売りや外食店を営むのも外国人達。彼らはただ消費するだけでした。その結果、富は失っても、いまだにダントツで世界一の肥満国(2008年のWHOの調査によると、国民の79%が肥満)であり、多くの国民が糖尿病で苦しんでいます。リン鉱石が枯渇し、国に唯一あった国立銀行も破綻して預金の引き出しも出来なくなった今では、働いて稼ぐ経験をしたことがない彼らは、生きていくには漁業による自給自足の生活に逆戻りするしかないのです。かつての遠い祖先が行っていたように。

政府は何をやっていたのでしょうか。先に書いたように、採掘できる資源には限りがあることくらい、彼らでも分かってはいたのです。しかも、1990年代から2000年代初頭には掘り尽くしてしまうことが、独立の頃から分かっていたといいます。その対策として、政府がやったことは、海外への投資です。オーストラリア、ニュージーランド、ハワイなどのホテルやマンションといった不動産をとにかく買いまくりました。リン鉱石しか資源がなく、狭く観光にも適さない国家の取り得る選択肢として海外へ目を向けるのはある意味必然だし、それしかないでしょう。
結局、これも失敗でした。財務大臣でさえも、ほとんど金融知識をもたない素人だったため、海外からやってくるあやしげな連中に手玉に取られ、多くの資金が知らぬ間にどこかに消えてしまう始末。
リン鉱石もダメ、海外投資もダメとなって、ついには国家ぐるみで犯罪を助長する行為に手を出し(マネーロンダリング、不法パスポート発行等々)糊口を凌ごうとするのですが、焼け石に水。その上、当然ながら世界的な非難を浴びてしまう。

ナウルの状況はダイヤモンド著の文明崩壊で語られるイースター島の崩壊の物語を彷彿とさせます。ナウルと同じ太平洋の小島イースター島は、無計画な開発と環境破壊を続けた結果として、ついには資源を消費し尽くして文明が消滅してしまい、島民の生活は石器時代に戻りました。
両者の大きな違いは、イースター島は他の文明と隔絶され閉鎖された空間に存在し、また、森林破壊等が国土に与える影響を科学的に分析・理解できる時代ではなかったのに対して、ナウルは地理的にはイースター島と同じく世界の果てに位置するにせよ、他文明と隔絶するどころかむしろ積極的にグローバリゼーションの波に乗って行き、それに飲み込まれた結果として崩壊に向って行っている点です。また、それが持続可能ではないことも彼らには分かっていた(けども止められなかった)という点も見逃せません。
これはナウルだけの問題なのか、考えさせられます。


世界は2004年にオイルピークを超えて、2020年頃から生産は激減していく。


(私のコメント)

「株式日記」では、アメリカの国力が後10年もすれば衰退していくと予測していますが、それは世界の石油生産のピークが2004年に迎えてしまっていて、2020年頃には石油生産は劇的に減少していくからだ。旧ソ連の崩壊も石油生産のピークを過ぎた頃に発生しているからそれがヒントになっている。北米は1970年代にピークを迎えていますが、2010年くらいから生産は減少して行く。つまりアメリカにもソ連崩壊のような劇的な現象が10年以内に起きることが予想されます。

当面はアメリカは南米やアフリカなどからの輸入で石油は賄えますが、石油価格は年々上昇していく。2071年のニクソンショックと国内産石油のピークとが関係があるように、2008年のリーマンショックは世界のオイルピークと深い関係があります。特に2010年から2020年の間にアメリカは深刻な危機を迎えるでしょう。それがグラフを見れば分かります。

日本は2011年に原発の大災害を経験して、原子力エネルギーにも頼れないことが分かってきましたが、日本もオイルピークの影響をもろにかぶることになるでしょう。輸出余力のある中東産の石油もピークを過ぎていることが明らかですが、日本の高度成長と中東産の石油生産量のグラフと重なるのは偶然ではない。

「ユートピアの崩壊」における内容を、リン鉱石を石油に置き換えれば日本やアメリカの将来を予測することが出来る。既にオイルピークは2004年に過ぎており、経済的なショックが数年毎に起きるようになっています。それはアメリカのような超大国ほど受ける打撃は大きい。ナウル共和国でもこのままリン鉱石を掘り進めば2000年には掘りつくしてしまうことが分かっていた。

その為にナウル政府は、様々な海外投資で繁栄を続けようとしましたがことごとく失敗している。ナウル共和国も金融立国を目指したのでしょうが、日本のAIJ投資顧問会社の破綻に見るように投資した資金はみんなどこかに消えてしまった。安定した収入をもたらすはずだった不動産投資も維持管理費ばかりかかるようになり手放すようになったのだろう。それは日本のバブル企業も同じだった。

ナウル共和国は、産出するリン鉱石のおかげで世界一豊かになり働かずに生活が出来た。第二次大戦後のアメリカやソ連の超大国の繁栄も国内で産出する石油のおかげであり、国力と石油の産出量は比例した。その石油を掘りつくしてしまえばソ連もアメリカもナウル共和国と同じような運命をたどるのは軍前ではない。もちろん旧ソ連もアメリカの広大な国土を持っているから掘り尽くすには時間がありますが、地下から湧いて出る富がなくなれば急速に衰退するだろう。

ナウル共和国の国民は働くことを忘れてしまいましたが、もともとは漁業で自給自足の生活を送っていた。アメリカもロシアも石油が出る前は巨大の農業国家であり近代工業国家ではなかった。それが石油の産出と自動車工業の発達で一気に近代工業国家となりましたが、石油が富の源泉であることには変わりがなかった。

日本の高度成長も、中東の石油が安く買えるようになったからであり、1バレル2ドルくらいだった。それが今では1バレル120ドルだから経済が停滞するのは必然なのだ。日本はもともと資源が無い国だから働かなければ食っていけない。しかし円高で国内には工場が無くなりサービス業くらいしか仕事がありませんが、デフレ経済でサービス業も停滞している。

欧米でも失業者が10%前後もありますが、単純工場労働者の仕事は新興国に行ってしまった。コンピュータプログラマーやファンドマネージャーの仕事はありますが、誰にでも出来る仕事ではない。だから単純労働しか出来ない若者はアルバイトか引きこもりになって社会に適応できなくなっている。ナウル共和国の国民は再び魚業に戻れるのだろうか? 

世界は巨大なナウル共和国であり、石油を掘りつくしてしまえば富の源泉は無くなり、僅かな資源をめぐる争奪戦の世界となり、日本も金で何でも買える世界ではなくなるから自給自足的な経済に戻るだろう。石油が無くなればアメリカは農産物も作れなくなり輸出できるものは無くなり最貧国の仲間入りすることも考えられる。石炭やシェールガスやオイルシェルなどがあるが石油が無ければ掘り出すことも出来ない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月17日 12:54:01 : Pj82T22SRI

資源の呪いは普遍的な現象

途上国の戦乱や停滞の原因でもあり、先進国のオランダですらあった

日本の場合は、ハイテク産業という”資源”に頼りすぎて、国民がダメになった

人類の愚かさや怠惰さを示す好例の一つ


02. 2012年3月17日 15:52:37 : FijhpXM9AU
ナウルがダメになるのは、経済や産業の方向性を考えることのできる人材を教育することをやらなかったからだ。日本が明治以降成功してきたのはこれをやったからだ。ゆとり教育を仕掛けた文部官僚や政治家は日本をダメにしたい勢力から賄賂をもらってたんだろね。

ナウルで燐鉱石が出るのなら,その周辺にも必ず資源があるはずだ。国を挙げて領土内の海底資源の探索を「やる能力のある人材を育成」すればよかったのだ。もう遅いだろうが。


03. 2012年3月17日 20:41:15 : FchbbWpGRM
30年位前の○○の「ひみつシリーズ」に載ってたな。
鳥の糞で作られたグアノが高価な輸出品になって裕福な国だが、
このまま採掘を続ければ20年位で採り尽くしてしまうとか。
10年以上は余計にもったのか

04. 2012年3月17日 22:58:29 : Pijo5v1olc
人間の本質が良くわかる例だ。人は自然に環境に適応する。物やサービスには値段がついているから、値段のついた価値におのずと従う。半永久的に同じことを繰り返しながら、毎日を過ごせる社会、食い扶持を与えられるだけの環境があれば、人はそれに従う。

彼らは創造的、生産的な活動と無縁な消費経済で生きることになる。

労働の対価を求めるカネづくりより印刷した紙幣に消費活動の糧を求める現象はまるで今の金融システムみたいだ。


05. 2012年3月18日 09:07:08 : vHSpJwBbPs
リン鉱石乱掘による海洋汚染が漁業を破綻させたことは何故言わない
一方的な「教訓」記事が
寝言も休み休み言え

06. 2012年3月18日 17:56:12 : W28bVi5XFK
>リン鉱石乱掘による海洋汚染

リン鉱石も何も、基本は海鳥の糞塊を掘るだけなんで科学処理とかも必要ないんだが。

そういや鹿児島―ナウル直行便なんてものもあったな


07. 2012年3月20日 20:10:50 : 8UzFzDXlxw
「食事は外食しか行わなくなり、驚く事に彼らは働いて稼ぐことを知りません。」

食事を作ってたのは誰?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民75掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民75掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧