★阿修羅♪ > 経世済民75 > 501.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原油はなぜ高騰しているのか――原油投機が成り立つストーリー (東洋経済オンライン) 
http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/501.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 30 日 01:00:02: igsppGRN/E9PQ
 

原油はなぜ高騰しているのか――原油投機が成り立つストーリー
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120329-00000003-toyo-bus_all
東洋経済オンライン 3月29日(木)22時48分配信


 今回は、原油相場の長期予想をする中で、原油相場の本質および金融市場の本質について考察したい。

 このところ、原油価格は再び上昇基調にあり、高止まりをしている。その理由としてよく挙げられているのは、緊迫する中東情勢と世界的な景気の回復である。しかし、これはウソである。ウソが言い過ぎなら、正確ではない、ということになる。

 現在の原油価格はファンダメンタルズからは説明できない。実需から見れば原油は割高であり、バブルといえる。

 原油は、原燃料として実際に使われる需要はそれほど多くない。石油化学工業の原材料と自動車の燃料が主な需要である。電力の発電用に原油が使われていると思われているが、石油火力発電はかなり少数派で、化石燃料の場合は、米国やエネルギー後進国は石炭であり、日本などは液化天然ガス(LNG)である。

 そして、米国をはじめ世界的に、シェールガスがブームとなり、その結果、従来型の天然ガスへの需要が低下するとみられ、全体的には天然ガスは値下がり傾向にある。かつては、天然ガスは、原油の代替資源とみられ、価格も連動していたが、現在では、連動性は相対的には低下し、シェールガスの積極的活用により、さらに連動性は薄れてきた。

 天然ガスの価格が下落しているのは、まさに需給によるものであり、シェールガスにより実需の需要が減った、今後も減ると見込まれたため、値下がりしたのである。したがって、天然ガスはおおむね実需に沿った動き方をしている。

 一方、原油はどうか。値上がりを続けている。だから、原油は投機的需要によるバブルであり、天然ガスは実需に基づく売買がなされていると考えればよさそうに思える。
 
  実際、原油価格の上昇は、世界的な株式市場の上昇と連動してきた。このところの日本の株式市場が上昇傾向となっているのも、世界のリスク資産市場の昨年末からの上昇基調に追随したものに過ぎない。いや追随したというより、同じ投資家がこちらにもカネを回してきただけのことで、それに国内投資家が追随したということだ。

 したがって、現在の原油の上昇、あるいは高止まりと日本の株式市場の急激な上昇傾向は、リスク投資復活という大きな流れの一環である。

 しかし、これで話が終わりではつまらない。というより、バブルとはもう少し複雑である。投機的需要とはどこから来るのか。これを少し掘り下げて考えてみよう。

■原油投機のストーリー

 原油に対する投機が成り立つストーリーは、短期的には、前述のとおり、中東情勢の緊迫からの原油の物理的な品不足からの高騰というものである。ホルムズ海峡が封鎖されれば、とんでもないことになる、世界の終わりだ、というストーリーまで語られる。だから投機することになる。

 しかし、この話もそう単純には終わらない。このストーリーは直ちに広まるから、すべての人がこれを信じれば、直ちに原油価格は、このストーリーを織り込んで高騰してしまう。投機の場合は、いかなる短期であっても、値上がりするのは将来でないといけないから、このストーリーが、より幅広い投資家に知られる、あるいは、より深刻に受け止められるということがないといけない。

 そうなるためには、どのような状況が必要だろうか。いくつか質的に異なるパターンが考えられる。ここでは紙面が限られているから、簡単に列挙するにとどめよう。

 第1に、中東情勢に世界一洞察力がある人が、世間の見通しと、自分の見通しの差を利用して、投機を行うのが、ファンダメンタルズによる投機である。

 第2に、中東情勢自体は変化がないが、実は深刻な問題だというファクトが徐々に広まっていくという情報の広まり方の変化に賭ける、情報に関する投機がありうる。
 
  第3のストーリーは、情報は同じだが、それに対する投資家達のとらえ方が変化する、悲観度合いが高まると予想するということだ。これは投資家センチメント(心理)に対する投機といえる。

 第4は、投資家の原油投資に対するセンチメントではなくリスク資産投資全体に対するセンチメントを対象とする場合だ。投資家のリスク許容度の変化に対する投機とも言えるだろう。

 第5のストーリーは、理由が何であれ、将来、他の投資家が原油を買うようになることに賭ける投機である。これは他の投資家の行動に対する投機である。この場合、他の投資家の行動の理由は何でも良い。

 最後の第6のストーリーは、他の投資家の予想に対する投機である。つまり、自分以外の多くの投資家が、原油が高騰するストーリーに乗る投資家が増えると予想する、ということを自分が予想することにより、原油の値上がりに投機するということだ。

 第5と第6のストーリーは、最初の4つのストーリーと本質的に異なる。他者、すなわち、他の投資家に対する見通しに基づき、自己の投資を決めるというスタンスとして投資(あるいは投機)をとらえており、根本的な投資哲学が異なっており、それを明示的に自己認識している。

■価格が上がると思うから買う

 私は、昨今の金融市場における投機の多くは、最後の第6のパターンによるものだと考えており、現在の原油の高騰も、これに当てはまると考えている。つまり、ほとんどすべての投資家が、原油が高騰するというストーリーに乗りたいと考えていると多くの投資家が予想しているから、多くの投資家は原油の高騰に賭けているのである。

 そして、第6のストーリーのいちばん重要なところは、期待が自己実現するということである。もちろん、すべての投資は期待の自己実現をもたらす可能性がある。上がると思うから、買うのであり、自分で買えば、少なくともその分は上がる。しかし、自分の買った分しか上がらなければ、それは利益にならない。
 
  一方、第6のストーリーにおいては、期待の自己実現は、連鎖反応ですべての投資家の期待が連動することから、必ず実現する。

 そう、この第6のパターンがバブルそのものなのである。バブルの定義は、膨らむことだが、バブル的な投資とは、上がると思うから買うということで、それ以外の理由がないときにバブルと言われる。

 そう考えると、新しいバブルの定義が生まれる。すなわち、バブルとは、多くの投資家が、他の投資家も周りの投資家が買うだろうと思って買ってくるという期待のもとに買っており、それが自己実現している状態のことを言う。つまりバブルのキーは、期待の自己実現ということなのである。

 原油のバブルは、投資家たちがそう期待する間は続くだろうし、今後、金融市場におけるバブルは、これと同じようなメカニズムで起きるだろう。したがって、実体経済が停滞しても、金融市場のバブルは永遠になくならない。

 一方、バブルの頻度、広がりは小さくなると思われる。この理由については、やはり、原油においても金融市場においてもファンダメンタルズが重要だ、あるいは、ファンダメンタルズが重要だ、と一般に信じられていることが重要なのだが、これはまたあらためて議論したいと思う。

小幡績(おばた・せき)
株主総会やメディアでも積極的に発言する行動派経済学者。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省、1999年退職。2001〜03年一橋大学経済研究所専任講師。2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應義塾大学ビジネススクール)准教授。01年ハーバード大学経済学博士(Ph.D.)。著書に、『すべての経済はバブルに通じる』(光文社新書)、『ネット株の心理学』(MYCOM新書)、『株式投資 最強のサバイバル理論』(共著、洋泉社)がある。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月30日 05:49:41 : 1C71pp7zjw
上記第6のストーリーは、テクニカル分析ベース(チャーティスト)の投資手法であり、第5のストーリーはその先読みであろう。一切の根拠無しに他者の行動を予測することは至難の業だが、チャート分析を根拠に相場の先行きを予測するのである。結果的に相場がテクニカル分析通りの動きをすることになる。

しかしもう一つ非合法の領域に入る投資手法がある。瞬間的にまとまった資金を投じてチャートの動きを歪め、他の投資家やチャーティストの判断を誤らせて利益を得る方法であり、これはGSの得意技といえる。実際、GSがその手の取引きをより効率的に実行するためのソフトウェアを開発していたことが、その開発者が持ち逃げしようとしたことから裁判沙汰になりバレてしまった。このソフトウェアの存在に関係なく、GSのみならず多くの証券会社が自社の顧客相手に仕組んでいることは日常茶飯事である。つまり顧客の損を自社の利益とする、絶対に許されてはならない犯罪である。


02. 2012年3月30日 10:46:22 : Pijo5v1olc
投機とバブルの違いは上昇に持続性があるのかどうかの違いだろう。持続性があるということは、石油市場の中でおカネが還流し続ける必要がある。金融が緩和され、他に行く当てが見つからないカネが存在しているとき、バブルが起きてしまう。

石油はバブルにはなりえないと考えられる理由は、住宅や不動産と違って、消費者物価とダイレクトに連結しているからだ。原油の価格の上昇は経済の全体に利益をもたらすように作用しない。だから原油の上昇には持続性がなく、投機で終わる。


03. 2012年3月30日 22:24:29 : pqR4c7Avl6
バブルの原因は過剰流動性資金の供給だろう。 リーマンショック以降の話なら、金融市場の失敗の穴埋めに放出した通貨の増発がそれを生み出した。 その前の住宅バブルを作り出したのは、主に日本のゼロ金利政策から流れ出た資金が投機資本となったと言えるだろう。 普通なら悪性のインフレになるはずだが、グローバリズムとやらのお蔭で、低賃金による中国製品が溢れているから、ものも供給過剰の状態だから、奇妙な形だがデフレになっている。 金は余るほどあるから、企業の余剰資金も余っている。 中国だって輸出に翳りが出てきている上に、賃金の上昇につれてより人件費の安い国に製造業が移転しつつある。 行き場を失った資金が次のバブルを形成するために、原油やら穀物やらに移動する。 今は原油だが、それが潰れれば次のお話を造り上げて移動するだろう。 この奇妙な経済を作り出したのは、クリントンがグラス・ステイーガル法を廃止した金融自由化政策に原因がある。 元に戻せばよいと言うような簡単な話では無いが、金融市場での投機取引の規制は必要だと言うことになる。 FTAとかTPPとかの話の逆に、輸入品に対する関税の復活も考えるべきなのかも知れない。 N.T

04. 2012年3月31日 15:10:39 : FAdXNQZfM2
03の方の説明は良く分かります。消費税より関税の方が公平で痛みが少ないです。
本論は子供じみて分かり難い。

原油高騰は英国石油資本がメキシコ湾で海底油田漏れ事故で米国政府に賠償請求され、英国政府ブラウンの前の首相が取りなしを要求、ウヤムヤになり、以降、英米イスラエルが共同して賠償資金を捻出するために原油高騰を画策したことだ。今回も、アラブの春にスエズ運河を初めてイラン海軍が通過し、イスラエル沿岸をシリアに寄港。それで身の危険を感じ、馬鹿にされたと怒った核保有のイスラエルがイランの核保有に異議を唱える英米ユダヤの思考方法だ。だからシリアが内戦なのもイラン海軍寄港を認めた政権をイスラエル・米国が危険視したからだ。鳩山・小沢政権が日中韓共同体構想を志向し潰されたのと同じ構造だ。


05. 2012年4月01日 14:38:57 : lqOPOFnyLE
>原油のバブルは、投資家たちがそう期待する間は続くだろうし、今後、金融市場におけるバブルは、これと同じようなメカニズムで起きるだろう。したがって、実体経済が停滞しても、金融市場のバブルは永遠になくならない。一方、バブルの頻度、広がりは小さくなると思われる。

これが、本論の結論なのだろうが、ここには金融緩和や貨幣信用不安、代替資源の価格予想などを「投資家たちがそう期待する間」で込みにしてしまっている。なぜ高騰を続けるか、何時まで持続するかなどに対する何の情報にもなっていないのではないか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民75掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 経世済民75掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧