★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 106.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞の真実  小笠原誠治 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/106.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 23 日 00:50:12: igsppGRN/E9PQ
 

朝日新聞の真実
http://blogos.com/article/39561/
2012年05月22日 17:10 経済ニュースゼミ 小笠原誠治

 誰かが新聞の社説のことを書いていたのですが、私も気になっていたのです。

新聞の社説は小論文の役に立つ?−学生に「知の虐待」を行うな− - 高橋正人
http://blogos.com/article/39518/

 先日、朝日新聞のサイトを訪れたら、「社説」のところにこんなことが書いてあるのです。
 
 「大学入試問題に非常に多くつかわれる朝日新聞の社説。読んだり書きうつしたりすることで、国語や小論文に必要な論理性を身につけることが出来ます。」

 ほほー、それが朝日の社説というものか。確かに今から40年ほど前にも、朝日新聞の社説などが入試の題材に使われるということがまことしやかに言われていたのを記憶しているのです。

 しかし、どうなのでしょう? 真実を問う役割を担う新聞社が、幾ら部数を伸ばす必要があるといえ‥真っ先に「大学入試問題に非常に多く使われる」なんてことを言うなんて。

 書くとしたら、次のようになるのではないでしょうか?

 1.わが社の社説が、これまで何度政治の方向性に影響を与えたか? 誰もが気が付くことのない
事実を指摘し、我々日本人が進む方向を示すわが社の社説。

 2.その論理構成は、学生諸君が文章力を伸ばすに大いに参考になるであろう。

 3.ついでにいうと、大学入試にもよく使われる。
 

 でも、私の価値観からすれば、社説が入試によく使われるので朝日を読んでみては‥なんて言うことはどうも照れくさい。

 それに、社説の題材っていうのは、政治性や専門性の強いものが多く、入試の題材には適さないと思うのですが‥

 まあいずれにしても、朝日さんがどのように自社を売り込もうと、それは朝日の自由。だから私が何を言おうと、どうぞ御勝手に。

 ただ、私と朝日の関係について率直に述べるならば、私が長いこと朝日の読者であったのも事実。ただ、この何年かは自然と朝日は読まなくなっているのです。

 まあ、朝日の記者のなかにはいい人もいるし‥そうでない人も。

 それから、朝日は給料が高いので有名だったです。実際に年上の記者の人から聞いた話ですが、地方支社勤務のときに、毎日酒を飲んでもお金が貯まって家を建てたなんて話を聞いた記憶があるのです。

 最後にもう一つ。朝日はかつて、日本の入試問題は丸暗記タイプの問題が多く、思考力を試す問題が少ないのがよくない、なんてよく批判していたものなのです。

 ご存知でしょうか?

 若かった私は、それはそうかも‥なんて思っていたのですが、成人した後で新聞社の入社問題集をめくってみたことがあるのですが、この問題が、大学の入試以上に丸暗記タイプの問題ばかりで
面食らった記憶があるのです。

 まあ、それが新聞社の実態というものでしょう。

http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51470913.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月23日 10:47:09 : xSdLuz4WAU
 朝日新聞の売りネタは、社説だけではありませんです。
 名文と誉れ高い天声人語とやらもあります。ほれ、こんなふうに。↓
 http://top.asahi-media.net/index.php?Itemid=65&id=61&option=com_content&view=article

 まあ、どちらも羊頭狗肉というか、ようこそ腐肉、というか。
 あきれるばかりの朝日新聞の「真実」ではあります。


02. 2012年5月23日 20:52:10 : rWmc8odQao
上昌広氏
「朝日新聞の科学部って、本当にダメだと思った。夕刊一面で「全身被曝 10-50ミリシーベルト WHOが推計」。 WHOという権威を使っているが、基礎データを出したのは日本政府。要は福島県と同じことをWHOが言ったに過ぎない。
 特報部の「プロメテウスの罠」と、この記事が同居しているとは」
https://twitter.com/KamiMasahiro/status/205261229726515200

記事を書くのに頭をつかってませんね。
もう一歩踏み込んで考える(疑ってみる)。それができてません。
これも丸暗記入社試験の弊害でしょうか。


03. 2012年5月23日 20:56:07 : VgxHNywTe6
朝日新聞を見れば目が腐る、触ればバイキンが移る。
疫病神とはかかわるな!
ベトナム戦争時サイゴンのホテルでゲリラ従軍戦記を書いていた。実体である。

04. 2012年5月24日 09:26:25 : Op2sM8LHZQ
03さん

 私の知人は、ベトナム戦争時にニューヨークタイムズの従軍記者として現地に赴き、グリーンベレー部隊とともに行動した。ジャングルでの戦いでベトコンに襲われ、10日間も死体の下に隠れて、死体に湧くウジ虫を食べて「死の世界」から帰還した。
 朝日新聞の記者が誰か分らないが、現在の福島でも、大手マスコミの記者は「社命」で、絶対危険地帯には入らず、情報源は「フリージャーナリスト」を頼っている。


05. 2012年5月24日 18:25:57 : Oe7Ne30KJ6
昔、国の機関に勤務した経験あり。
各新聞社が当機関に取材にきた記者で一番横柄な態度を示していたのは朝日新聞社の記者だと記憶しています。
一瞬ヤクザかと思いましたね。
威張りくさっていました。

06. 2012年5月24日 20:00:25 : qTDxQFvX92
朝日新聞が腐敗の巣窟でダメだということは、既にそれを論じたすごい本があるのに、日本人はその存在さえも知らないでいる。
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/books/asahi02.html

もっと致命的なことは朝日新聞だけでなく、読売も救いがたいほど狂っていることを「朝日と読売の火ダルマ時代」という本で、同じ著者が論じたのに本は抹殺されたという。それ以上悲劇的なことは、日本全体が腐りきっているという「さらば暴政」と題した本が、自民党の永続支配にとどめを刺したのに、民主党に送り込まれた前原や野田のようなスパイの手で、日本の政治は発狂状態を呈しているのだ。


07. 2012年5月26日 07:13:30 : FijhpXM9AU
ついにこれしか売り口上がなくなったか。哀れだ。
部数500万は目前だぞ。

08. 弁当屋 2012年5月26日 07:31:50 : ecj/GqkYkfLIg : 0nAGvoc64w
朝日&読売&毎日&産経は
大本営発表のチェックとして読むと面白い。
(ただし読むと非常に腹が立つという副作用がある)
決して購入してはいけない(図書館等で読むこと)

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧