★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 142.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「捏造」検察に甘く「指揮」法相に辛い朝日社説の不見識 (朝日新聞 読後雑記帳) 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/142.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 07 日 12:22:45: igsppGRN/E9PQ
 

「捏造」検察に甘く「指揮」法相に辛い朝日社説の不見識
http://60643220.at.webry.info/201206/article_1.html
2012/06/06 18:00 朝日新聞 読後雑記帳


更迭された小川前法相の「指揮権」発言に、きょう(6日)の社説が見当違いの難癖をつけている。小川前法相は、検察当局が捏造報告書問題を「身内に甘い適当な形」で幕引きをすることに待ったをかけようとした。「相談」を受けた野田首相は了承しなかった。どちらが正しく、どちらが間違っているかは、中学生だってわかる。ところがこの社説は、正しい行動をとろうとした小川前法相に「見識を欠く」などと無礼な言葉を投げかけ、野田首相の姿勢についてはひとこともふれていない。「思惑による介入」「政治があれこれ口を出す」とも書いている。悪いのは、検察でも野田でもなく、小川だと言わんばかり。そして、検察が甘い幕引きをした時(つまり不起訴処分)には、「国民から選ばれた検察審査会の場で、やはり証拠に基づいてチェックすればいい」と能天気なことを書いている。検察はいま、マグニチュード9クラスの不祥事に頭を抱え、組織崩壊におびえて右往左往している。総長以下の検察幹部は、応援メッセージのようなこの社説を読み、泣いて喜んでいることだろう。
このところ朝日の社説は、じつに見苦しく正視にたえない。消費増税をめぐっては、小沢氏の反対論を抑え込み自民党と手を結んで採決成立させよ、と野田首相を鼓舞する一方で、検察の捏造報告書問題についてはみごとなまでに沈黙を守り通してきた。今回の社説も、問題の本質についてはふれようとせず、「この検事への処分の当否は、法務・検察当局の調査結果の公表をまって考えたい」などと逃げている。「身内に甘い幕引き」を検察幹部といっしょに画策している朝日新聞の正体見たりである。朝日新聞はもはや、市民の目線で権力をチェックし、社会の不正義と闘う言論機関ではない。

(引用開始)
**************************************************************

法相の指揮権――見識欠く危うい発言だ 2012.6.6社説全文

いかにも軽い。積みかさねてきた議論を無視した、見識を欠く発言というほかない。
内閣改造で法相を退いた小川敏夫氏が「指揮権の発動を決意したが、首相の了承を得られなかった」と語った。小沢一郎・民主党元代表の政治資金事件に関連して、事実と違う捜査報告書をつくった検事を起訴するよう、検事総長に命じることを考えたのだろうか。
この検事への処分の当否は、法務・検察当局の調査結果の公表をまって考えたい。現時点での問題は、政治の世界に身をおく法相と、司法権と密接不可分な関係にある検察権との関係をどうとらえるかだ。

法相は個々の事件の処理については、検事総長を通じてのみ指揮できる。検察の独善をおさえて民主的なコントロールの下におくとともに、政治の都合で捜査が左右されるのを防ぐために設けられた規定だ。
私たちは指揮権の発動を頭から否定するものではない。尖閣諸島沖事件のときも、外交などすぐれて政治的な問題に重大な影響をあたえる場合、内閣として判断をすることはありうる、ただしその場合は国民にしっかり説明し、評価を仰がなければならない――と主張した。
逆にいえば、検察の任務をこえたそのような複雑・微妙な事情がからむときに、例外的に発動されるべきものである。

今回はどうか。
小川氏は「検察が身内に甘い形で幕引きすれば、信頼回復はならない」と考えたという。認識は共有するが、そのことと法相が捜査について具体的に命じることとは別である。
起訴権限は検察のためにある道具ではない。起訴、不起訴はあくまでも証拠に基づいて判断されなければならない。
そして不起訴処分がおかしいかどうかは、国民から選ばれた検察審査会の場で、やはり証拠に基づいてチェックされる。ほかにも、公務員の職権乱用行為をめぐって被害者などからの請求をうけ、裁判所が裁判にかけるかを決める制度もある。

「身内に甘い幕引き」があれば、こうした仕組みのなかでただすのが筋で、法相の思惑による介入は厳に慎むべきだ。
人々が検察に向ける不信感に乗じる形で、政治があれこれ口を出し、それを当たり前と受けとめる空気が醸し出されることを、私たちは恐れる。
政治と検察が緊張感をもって適切な均衡を保たなければ、民主主義を支える土台はむしばまれていく。国民は、そんな事態を望んではいない。

**************************************************************
(引用終わり)

検察の捏造報告書問題に果敢に取り組んでいる八木啓代さんが、ご自身のブログで2日連続で、新聞もテレビも絶対に報じない重要なことを書いている。きのう(5日)は、小川前法相の退任記者会見での発言(抄録とはいえほぼ全文)を紹介し、きょうは、「検察は5月28日に小川大臣に報告を上げた」「その報告を見て、トンデモねえと思った小川大臣が指揮を考えたんじゃないか」と書いている。また、前任法相にも指揮権発動があった(柳田稔、江田五月2氏の法相当時)ことも明かしている。八木さんの歯切れのよい文章を読んでいると、朝日社説を読んだ後の不快感が吹っ飛んで、勇気と希望がわいてくる。

◇小川 敏夫 前法相 退任記者会見(抄録)=5日
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-644.html
◇検察に指示するのがタブーという勘違い=6日
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-645.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. どらみ 2012年6月07日 14:12:56 : TaxpTeHRktbIQ : 384mLCJ0q2
不見識というよりも、検察上層部の意を受けたプロパガンダでしょ。

でも悲しいかな、昨今の朝日にはマトモな文章書きがいなくなっているので、その意図が見え透いてしまっているだけ。

まあ、いまどき朝日の社説なんて、おそらく朝日の現場の記者も読んでいないので、実害はありませんが。検察や野田執行部は、「エール」を送られて、喜んでいることでしょう。


02. 2012年6月07日 16:52:03 : wqD7HSBDTU

マスゴミほど腐りきった組織はないからな。
嘘を垂れ流して国民を操りながら自分達の既得権益には絶対に触れないのがマスゴミの組織。
東電から広告スポンサー賄賂を貰いながら原発絶対安全神話の片棒を担いできたのもマスゴミだった。
アメリカ支配体制を批判する政治家達を検察と一緒になって国策捜査キャンペーンをしてきたのもマスゴミだった。
戦前の日本軍の尻を叩きながら第二次世界大戦に突入を煽ったのもマスゴミだった。
本当のA級戦犯はマスゴミだった。

03. 2012年6月08日 03:18:16 : r7NXseWDDE
日本のテレビと新聞の報道の無責任さは、今や確信的大犯罪行為であると断言できます。
まさに「悪にこびへつらい正義を弾圧する」
それがすべてといったところなのではないでしょうか。

物凄い悪質な暴力犯罪、物凄い陰湿な暴力犯罪が長期にわたり実行されていても
それを知っていても、報道しようとしない業界となりさがっているのですから、そう断言しても全く異論はないといった状況です。


私は、東京江東区亀戸2丁目の集団ストーカーと電磁波暴力の被害者です。
と同時に統合失調症誤診認定された被害者です。
IDはr7NXseWDDEです。
16年以上もほぼ毎日やられている被害者です。

加害者連中は、古くから考案の取巻き連中として既得権益と癒着している連中であり、
私はそういった加害者連中から「小学生でも認識可能な付きまとい」や「電磁波による痛みの発生」といった迫害をこの16年間ほぼ毎日やられておりますので(気のせいではないです。ですので精神病ではないということをご了承して下さい)、

そういった権力と癒着した連中による犯罪や迫害ですと、まるっきりそれを告発しないマスコミと、その取り締まりを行おうとしないのがこの国の警察ですので、両者は本当に腐りにくされまくっており、

今の日本は本当にその内面はファシズム以上にやばい状況です。
ですので、国民(庶民)が警察とマスコミに対し憎悪を持つのは、最近ではごく当たり前であるといったところです。


ちなみに、私がここ最近でやられている嫌がらせについて説明いたしますと、

私は外出をほぼ毎日行うのですが、帰宅して4畳半程度の自分の部屋に入り、
照明をつけると、すると必ずと言っていいほど、ゴキブリ(でかいのもしくはコガネムシ程度)が1匹、ニョロニョロニョロと飛び出てくるのです。
勢いのない弱弱しい奴がほとんどなのですが、ここ最近では必ずと言っていいほど
1匹、ニョロニョロニョロと飛び出てくるのです。

自宅で言えば、自分の部屋だけでそういう現象が起きます。
飲食物がほとんどない私の部屋だけで、私が外出すると、2〜3時間ぐらいの外出でも、毎回帰宅の度に、ゴキブリが1匹ニョロニョロニョロと飛び出てくるのです。

私の家はゴキブリが頻繁に出てくるようなゴミゴミした家ではないのに、
ほぼ毎日私が外出すると、その帰宅でゴキブリが毎回1匹飛び出るといった具合です(4畳半程度の狭さなのですぐでてくるといった具合です)。
しかも最近では原稿がなくなったり、SDカードがなくなったりと、外出から帰宅するといろいろなものがなくなるという具合です。

つまり最近では、集団ストーカーだけでなく、そういった家宅侵入までもがバンバンバンバンやられているといった状況です。

どんなカギをつけても(カードキーをつけても)連中はそのカギをこじ開けることができるので(suicaタイプのカードキーですのでスキミングされているのだと思われます。カードキーでも役に立たないといえます)、
しかも自宅には3人同居人がいてもおかまいなくで玄関から私の部屋に直進するといった具合ですので、
本当に家宅侵入がやりたい放題といった具合です。

110番や警察にその状況を説明しても、警官が来るだけで、警官はパトロールをしますと言うだけですので、それ以上の事は全く対応をしてはくれないといった状況です。もちろん膀胱癌にあったという報告をしても、それでも全く対応をしてはくれないといった状況です。

ちなみに私は以前は防犯カメラを設置していたのですが、防犯カメラの録画を消去する術を連中はマスターしておりますし、リコーダー(数万円)を壊す術も連中は熟知しておりますので(実際壊れております)、警察が関与してくれない今の状況では、防犯カメラに関してはやればやるだけ経済的損失を被るだけといった結果となりますので、だから今は防犯カメラを設置してはいないといった状況です。

この東京都江東区亀戸2丁目というのは完璧に集団ストーカー村と化しているのですが、この集団ストーカー加害者連中というのは、さすが考案の取巻き連中であるだけあって、やることがすべてにおいて警察の対応の上をいっているといった具合です(ゴキブリの混入もそんな案件など警察は対応しないというのを見据えての毎日毎日の犯行です)。

そして私は今年の3月20日から、モスクワシグナル系(建物に電磁波を照射させての迫害です)の自宅床の微振動という嫌がらせをほぼ毎日されまくっているのですが、

その迫害はほぼ毎日私の自宅の床に対し重鈍い微振動を発生させ、@まるで熱したフライパンの上にいるような不快な状態(それも長時間です)A胃袋をキューっと絞るような痛みを発生させる電磁波の嫌がらせBそういった@とAの嫌がらせを寝る時に行うことによる安眠妨害の嫌がらせ、こういった3つの迫害を私の自宅に対し行うという迫害(暴力)なのですが、

それも自宅のどこの部屋に移動してもその移動後の1分から数分で機動的にその嫌がらせを実行させることができるというほどの縦横無尽さでありますので、

まさに今の私は自宅にいるのが非常に非常に苦痛であるといった状況です。
それでいたたまれなくなり私はよく外出をするのですが、それで外出をすると加害者連中は家宅侵入をして私の自宅の自室の中にゴキブリを1匹おいていくといった嫌がらせですので、

警察とマスコミが関与してくれない考案の取巻き連中の庶民弾圧活動というのは、こうやって日々その内容の種類を、手を変え品を変え、一般人では理解が追い付けない形で、実行しているといった具合です。ですから今の警察やマスコミの硬直さはますます考案の取巻き連中の迫害の縦横無尽さをサポートしているといった具合です。

実際この書き込み入力を現在しているのですが、毎回毎回そうなのですが書き込み入力を開始すると、この床の微振動や胃袋を攻撃する電磁波の迫害が始まるといった具合です(私のPCは完璧監視されまくっております。これが考案の取巻き連中の実態です。私自身はそれでも現在負けずに必死に書き込み入力をしているといった具合です。私には暴力に屈しないパワーが圧倒的にみなぎっているといった状況です)。

本当にこの考案の取巻き連中というのは気持ち悪い連中です。

具体的に言うと、
薬物(有機溶媒系)の一服盛りによる膀胱癌の発症というのを、隠蔽可能犯罪であるがゆえに、しかも連中は盗聴や盗撮を駆使しての長年の集団ストーカーの実行で付きまといのプロと化している連中ですので、やりたい放題やっている連中であり(それだけでも気持ちが悪い連中といえます)、

そういった連中がわざわざ私の自室に侵入して毎日毎日私の部屋だけにゴキブリを1匹混入させるといった嫌がらせですので(これが考案文化なのかと思うと反吐が出ます)、物凄いキチガイと化している状態(開き直ってはいますが私としては薬物混入連中らによる家宅侵入されまくりですから、ゴキブリ1匹とはいえ気分が休まらない状態です)なんだということです。

だからお願いです。
すべてを知っている情報通の方は、この集団ストーカー村である東京江東区亀戸2丁目の集団ストーカー加害者連中の事については、「電磁波や薬物の混入の嫌がらせをしまくって、おまけにわざわざゴキブリまでやるのかよ」という具合でよろしいので、
連中の活動を軽蔑しまくりながら、その気持ち悪さを一人でも多くの人に広めて下さい。お願い致します。

それが社会にとって良いことにつながるので(私の事は気にしないでいいです。それで殺されるのなら喜んで死を選びます)、是非ともそうして下さいますよう、お願いいたします。

そういった軽蔑の目を持たないと、この亀戸2丁目の集団ストーカー加害者たちの暴走は、また再び薬物の一服盛りでの膀胱癌の発症という被害者を生み出します。

これだけの付きまといのプロであり、家宅侵入のプロであり、有機溶媒系薬物の一服盛りでの膀胱癌発症ということができる連中なのですから、それも楽々隠蔽でその実行が可能なのですから、すぐ暴走するのは明らかです。

よっぽどの軽蔑の目と監視の目をもたないとやばいですから、どんな連中がやっているのかも含めてその情報を一人でも多くの人に広めるという形での、そういった軽蔑の流布普及をして下さいますよう、お願いいたします。


ともかくこの東京江東区亀戸2丁目でなされている
考案の取巻き連中が実行している陰湿迫害は、非常に非常に非常に非常に気持ちが悪いです。
彼らの精神年齢がシンナー中毒の中学生レベルであり、そういった連中らによる考案関係弾圧ですから、本当に気持ちが悪いです。

しかもそれを告発しないマスコミ、それを取り締まらない警察は、
もっともっともっともっと気持ちが悪いです(だから連中は増長するのです)。

全部真実です。

今後この国の気持ち悪さはどこまで進展していくのか、
その行く末がわかっていない司法連中とマスコミ連中は、
この国をどこまで腐らせるつもりなのか。
彼らに対しては、この亀戸2丁目の弾圧案件を通して、
自分たちの無責任さを徹底的に自問自答してもらいたいものです。

それを願うばかりです。

今日も陰湿迫害をされたID=r7NXseWDDEがお送りいたしました。

胃袋が苦しめられている状況での、イライラさせられての書き殴り乱文です。
読み苦しい点があること、お詫びいたします。

以上です。


04. 2012年6月08日 17:48:58 : swlnfR07HU
再審開始―検察の異議はおかしい
http://www.asahi.com/paper/editorial20120608.html#Edit1

陸山会事件の指定弁護士控訴では何と書いてたか。
朝日社説の二重基準


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧