★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 148.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主主義に悖る野田首相の「消費増税」法案まっしぐらと、それに手を貸す大手マスコミ。(日々雑感) 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/148.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 11 日 18:29:43: igsppGRN/E9PQ
 

民主主義に悖る野田首相の「消費増税」法案まっしぐらと、それに手を貸す大手マスコミ。
http://km2295.iza.ne.jp/blog/entry/2718262/
2012/06/11 16:04 日々雑感


 この国の大手マスコミほど気楽な「ご都合主義者」はいない。政権交代を果たした2009民主党マニフェストで謳っていもしない「消費増税」だが、菅氏が首相になるや突如として「消費税10%」を謳って参議院選挙に突入して惨敗をきして参議院で少数与党に転落した。そうした経緯を見ても「消費増税」に国民はNOの結論を出したと解釈するのが順当ではないだろうか。

 しかし性懲りもなく野田氏が代表選挙で「消費増税」を掲げるや財務官僚の唆しに乗ったバカな民主党国会議員が国民との参議院選挙で示した厳粛な審判を忘れて野田氏を支持し、結果として野田氏が代表となり首相となった。

 しかし、それは民主党代表選という内輪での選挙結果であり、国政選挙で国民の審判を仰いだわけではない。それを盾にとって「消費増税」こそ内閣の使命だと思い決めた野田氏は狂気の沙汰というしかない。

 「消費増税」案が否決されたら解散する、と野田氏が発言したという。何処まで馬鹿な男だろうか。否決されたら野田氏は既にこの国の総理大臣ですらない。単なる愚かな民主党を解党させた最後の代表に過ぎない。総選挙後に民主党は影も形もなくなるだろう。

 政権交代により国民が民主党政権に期待した行・財政改革が頓挫したばかりでなく、2009総選挙でマニフェストに掲げてもいない「消費増税」に血道を上げ、官僚の走狗になり果てた野田政権に民主党政権としてどのような正統性があるというのだろうか。

 そして「否決されたら解散する」とは野田氏の狂気の沙汰もここに極まれり、というしかない。選挙で有権者は心底、候補者の人物を見極めなければならない。口先だけの人物なのか、信念のある人物なのか、野田氏では痛いほど身に沁みただろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月11日 18:36:34 : 8odaF8HoNA
「どうせ否決されないよ、だって採決しないもん」野田の本音はコレかもよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧