★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 165.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<報道の魂>バッヂとペンと〜日隅一雄の闘い〜
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/165.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 6 月 18 日 10:46:11: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.tbs.co.jp/houtama/index-j.html

<報道の魂>バッヂとペンと〜日隅一雄の闘い〜
TBS '12年6月17日


TBS 報道の魂「バッヂとペンと〜日隅一雄の闘い〜」 投稿者 open_box

日隅一雄。49歳。弁護士。元新聞記者。そして末期がん患者。福島原発事故発生後、日隅一雄は東京電力の記者会見に連日出席して、事故を過小評価しようとする東電や政府の幹部らを質してきた。弁護士と記者、両方の経験を持つ日隅の質問は鋭く、汚染水の海上放出、低線量被爆問題など、市民生活に直結する問題について、厳しく情報開示を迫った。

そんな日隅が腹部に異常を覚えたのは震災から2ヶ月経った2011年5月末のこと。医師による診断の結果、胆嚢にできた悪性腫瘍が大腸に転移したいわゆる末期ガンの状態で、余命半年であることを告げられた。

運命を悟った日隅は決意する。東電記者会見を通して見えてきた、この国の有り様を世に問い、社会に問題提起してゆこうと。弁護士と記者、両方の経験を持つ自分にだからこそ出来る「ニッポンの総括」をしようと。

余命告知後も日隅は、体調の許す限り東電記者会見に出席し続けた。精力的に講演活動などもこなした。そして余命宣告の半年を過ぎた頃に『検証・福島原発事故 記者会見』『主権者は誰か』といった著書を次々に発表してゆく。

番組は、そんな日隅一雄に密着した記録である。法律家であり同時にジャーナリストである日隅が、時に弁護士バッヂをつけ、時にペンを持って活動する日々を追った。

取材:秋山浩之(TBS報道局)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月18日 12:51:36 : n8usGiH2gg
 日隅さん 有難うございました。
あなたが残してくれた意思は、きっと実を結ぶときがきます。
見守っていて下さい。

02. 2012年6月18日 14:12:39 : lRYfivAqeo
日隅さん有難うございました。

政府の誤魔化し、東電の責任逃れ、放射能に対して無防備だった我々の身を案じて
体を張って、追及して下さった事に感謝しております。

苦しい日々の中、本当に有難うございました。心よりご冥福をお祈りいたします。


03. 2012年6月18日 14:56:21 : s1u5V4L5sP
取材:秋山浩之(TBS報道局)は、何かを感じたのか?
日隅さんの報道姿勢を取材し、検察ねつ造リーク垂れ流しの
TBSのアホ(バラエティ報道)番組を恥ずかしく思わなかったのか?

アホTBSでも日隅さんにスポットを当ててくれたことを感謝する(しかし、まったくの夜中の放送だが)
TBSよ!日隅さんの魂に少しでも応えてほしいのだ。


04. 2012年6月18日 20:48:03 : x4HfwtVEgM
UPありがとう。
惜しい方をなくしました。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧