★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 432.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「再生医療 危うい倫理 動物で人の臓器育成」(東京新聞)
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/432.html
投稿者 矢津陌生 日時 2012 年 10 月 11 日 11:08:33: fqfGCq6zf5Uas
 

東京新聞の今日の朝刊トップで「再生医療 危うい倫理 動物で人の臓器育成」(2012年10月11日 朝刊)の記事を出してくれた。「山中伸弥京都大教授のノーベル賞受賞でiPS細胞の応用に期待が集まる一方、人間と動物の境界があいまいになるという倫理的な課題が浮上した。(榊原智康)」
全文はこちら
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012101102000128.html

湧きかえるような報道ばかりでちょっと嘆いていたが、さすがは東京新聞ちゃんと記事にしてくれている。問題はどれだけこの認識が広がるかである。山中教授の研究に限らず分子生物学の応用技術は常に人間以外の他の動物まで含んだ「生命倫理」と背中合わせである。研究の過程から成果に至るまで、「どこまで進めてよいかの議論が必要」なのだ。見えにくい部分もちゃんと見なくては駄目なのだ。

記事の中にある大阪大の加藤和人教授(医学倫理)の言葉を借りれば、「・・・個別の判断が必要になる。患者、研究者、倫理の専門家、それに市民による熟議の場を設ける」必要があるのだ。医学倫理(生命倫理学)は医学上の倫理にとどまらず、人間はどう生きるべきかを問う「哲学」でもあるのだ。人間社会の全部のテーマ(医学・生物学、文化人類学、政治学、法学、経済学、社会学、宗教学など)全てを包括すると言っても過言ではない。

こういった技術には常にいい面と悪い(怖い)面とが表裏一体なのだ。大きなビジネスが絡むと、必ずと言っていいほど、都合の悪い部分は隠されたり、蔑ろにされたりして、国の方針も巨大企業によってゆがめられてきた。我々は公害対策や薬害問題(原発事故問題も含めて)で何度も見てきたはずである。重々気をつけなければならない。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月12日 07:30:42 : F1fqIcHAZY
これには前面同意

少し受賞が早すぎるという話があった
こういう問題をはらんでいるからだろう

製薬会社が虎視眈々と狙ってもいる


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧