★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
大メディア 自らの立場を脅かす第3極を様々な手段駆使し批判 (週刊ポスト) 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/553.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 12 月 14 日 16:55:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121214-00000015-pseven-soci
週刊ポスト 2012年12月21・28日号


 衆議院選挙後に安倍晋三政権が誕生する可能性を指摘する声も多いが、安倍氏と新聞各紙の距離感はかなり異なっている。前回の安倍政権批判の急先鋒だった朝日新聞は総裁選後いち早くインタビューするなど関係改善を図っている。一方、読売新聞や日経新聞は安倍氏の金融政策を危険視している勢力がある。

 だが、そうした「安倍氏との距離感」以上に大メディアが注力する至上命題がある。第3極潰しだ。

 衆院解散後、維新やみんなの党、減税日本、生活などの合従連衡を報じる記事が典型的だ。大メディアは連携が失敗すると「維新・みんな 冷えた共闘」(11月24日付産経新聞朝刊)、成立すると、「野合か大同団結か」(11月18日付日本経済新聞朝刊)という論調で報じる。要は「どちらに転んでも批判する」というスタンスだ。

 上智大学文学部新聞学科教授の田島泰彦氏は第3極批判の背景をこう読み解く。

「自民党も民主党も記者クラブ制度を温存する方針。それに対して、第3極政党の主な政治家に共通しているのは、小沢氏や亀井氏のように取材をオープンにしたり、石原氏や橋下氏のように大メディアの報道姿勢に怯むことなく苦言を呈するなど、どちらかというと既存の枠組みを壊しそうなタイプ。そういった自分たちの立場をおびやかしそうな政党にはさまざまな手段を駆使して批判しているのでしょう」

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. Panbet 2012年12月15日 21:00:14 : 4eawpyhzNkpGg : h9fwe8pq7Q

これはいくら強調しても強調しすぎることはないが、腐敗した日本のマスコミを叩き潰す第一戦略、絶対戦略は記者クラブ制度の廃止だ。私の戦略論では、”戦略”とは「ヒト、モノ、カネ、情報など、持てる資源の重点的、集中的投入策」にほかならないからだ。マスコミにダメージを与える方策は複数多数ありうるが、優先順位を決め、集中攻撃しなければ敵は逃げ延びる。悪知恵に長けているし、とにかくズルいからね。クロスオーナーシップへの攻撃も正攻法だが、正義派と悪徳総資本勢力とののっぴきならない激突になり、半端ではない覚悟がいる。もうちょっと後回しにするほうがいい。

02. 2012年12月16日 00:01:40 : 0huCCn4zOU
増税後に新聞だけ増税対象から外すって話もあるしね。
つまりマスコミの第三極バッシングは、腐れマスコミの防衛本能が働いたもの。

03. 2012年12月16日 01:33:00 : ZSdCujbyiw
未来の党が政権を取ったら、まず記者クラブを潰して欲しいものです。

権力の腰巾着でしかなく、捏造報道垂れ流しのマスゴミはそろそろ消滅する時期。


04. 2012年12月16日 11:39:24 : Y4R2gMl3R2
マスコミに働く従業員家族は偽日本人であるか、村八分で制裁すればよし。
日本人を不幸にする政治家と共にな。

05. 2012年12月16日 14:01:06 : p0rx6DbuWw
小沢さんや未来の党と、三流トリックスター橋下や石原をひっくるめて書くな!

週刊ポストのこの記事も一見それらしく書いているが、うまく煙に巻くような物言いの内容でしかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧