★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 571.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
第二次安倍内閣にメディアはどう対峙する (日本のめざめ) 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/571.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 12 月 24 日 00:53:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://alldaybase.blog119.fc2.com/blog-entry-257.html
2012年12月23日 日本のめざめ


 衆議院選挙後の安倍第2次政権が現実味を帯びるや、朝日新聞の“宗旨替え”は素早かった。5年前は安倍政権批判の急先鋒だった朝日だが、9月の総裁選で安倍氏が勝利するや、いの一番でインタビューを掲載した。

「木村伊量・社長は財界人を交えて安倍さんと会談したり、政治部長も面会しているようです。以前のような険悪な関係ではない」(安倍氏側近)

 産経新聞は以前からの“安倍応援団”。毎日新聞も現在の安倍氏の政策秘書が毎日出身のため、関係は良好といわれる。意外なことに、「憲法改正」が社論の読売新聞、「財界第一」の日経新聞との関係が微妙だという。

「読売は財務省と近く、丹呉泰健・元事務次官を本社監査役に迎えている。財務省としては安倍氏の金融政策に難色を示しているし、経団連は安倍氏の評価を決めかねている。そうした勢力が安倍政権を危険視しているところがある。もしかしたら、安倍政権批判の口火を切るのは朝日ではなく、読売か日経かもしれません」(財務省中堅)(「週刊ポスト」平成24年12月21・28日号「安倍政権誕生で批判の口火切るのは朝日ではなく読売、日経か」)


 特別国会の首班指名選挙において、内閣総理大臣に指名される自民党の安倍晋三総裁に対し、メディアがどのような姿勢で臨むのか、われわれは注意深く見守り、場合によっては、行動を起こさねばならない。

 6年前の首相在任中、メディアがいかに劣悪な手法によって、安倍首相を攻撃したか――安倍氏はこう回顧する。「総理ブラ(下がり)のときには、5人連続、朝日の記者が聞くわけですよ。ちょっと異常でしょ? 7、8人来ているわけですから。ふつう各社1人ですよね? 7、8人来てて、次々質問させて、イライラさせよう、何とか私に失言させよう、ということ」「鳩山政権だって、菅政権だって、事務所費の問題なんか、半分ぐらい問題があるんじゃないの? この基準でいけば。だから、いいとは言いませんよ。フェアにやってもらいたい」。

 また、小川榮太郎氏は著書のなかで、安倍内閣の松岡利勝農水相(当時)の政治資金問題の関連記事を125件掲載した一方、民主党の小沢一郎代表(当時)の政治資金問題は14件のみ。安倍氏が推進した教育基本法改正については、反対派の記事70件に対し、賛成派記事は3件の掲載に止まった、とその偏向ぶりを強調する(小川榮太郎『約束の日――安倍晋三試論』〈幻冬舎、2012〉より)。

 第一次安倍内閣が断行した(1)国民投票法の制定(2)防衛庁の省昇格(3)教育基本法の改正という戦後の大改革に対し、メディアが中立的視座に立つことなく、それをただ否定的に報道したことは事実である。そして、安倍内閣への態度をもって、図らずも各紙のスタンスが明らかとなった。すなわち、朝日、毎日、日経、読売、産経の順に、戦後レジームに親和的であるということだ。情報の精度を認識したうえで、読者がそれを好んで手に取る週刊誌はともかく、その多くが隠れたイデオロギーを意識することなく、日常に据え置かれる新聞が多面性に欠けることは許されない。

 上記記事では、第一次安倍内閣に対する批判の急先鋒だった朝日、毎日が態度を軟化させ、日経、読売が硬化させているという。しかしながら、根本にある戦後レジームについて、朝日、毎日が安倍氏と認識を一にすることはありえない。それには終戦を凌ぐ衝撃を必要とするはずだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月24日 10:48:26 : MejwtAhmbw
馬鹿か?マスゴミが反日在日電通支配なのは明白だ。今度の民主政権時代にいやというほど思い知ったのではなかったか?マスゴミは国民の敵、御用学者を流用して市民の目覚めを妨げた。フジ産経はイルミナティー韓国朝鮮新報。朝日は朝中新聞。読売はロイター米CIAの手先にすぎない。期待するのがアホらしい。国民はネットや口コミで自分たちでコミュニケートするべきだ。

02. 2012年12月24日 21:14:10 : txKoq6KBVw
daigaku_aruaru 大学生BOT【公式】 12月17日 昨日TLに流れていた「ダークアンパンマン(石破茂)」という言葉が頭から離れなかったのでつい作ってしまった。今は反省している。http://twitter.com/daigaku_aruaru/status/280626934562553857/photo/1#

03. 2013年1月14日 18:19:13 : LIPF25cqR6
あの中国でさえ共産党批判を行うジャーナリズムが未だに健在だというのに、この日本のジャーナリズムは最悪だ。日本のジャーナリズムはすでに体制の監視者ではなく、「国民の監視者」になってしまった。その証拠にどの新聞も安部政権の応援団的論調ばかりで読む気がしない。
ここまで彼らが堕落したのは、彼らの給料が驚くほど高額であることに全ての原因がある。人間は高い給料をもらうようになると、その既得権を捨ててまで反権力を貫くことはしないからだ。これもジャーナリズム抱き込み策の一貫である。
マスコミの方もすでに「アホ化」(C層化)してしまって社会に対する問題意識を無くしてしまっている。
ついでに言わせてもらえば、国民もすでに8割以上が「アホ化」しているので、自民党が政権を取ろうと関係ない。自民党が「利権集団」であり、「族議員集団」であることなど国民にとってなんの興味もないのだ。
国民の借金がこのまま1,000兆円に達しようと、今の経済が良くなって、自分も儲かればそれで良い。難しいことは避けて通る国民なのだから。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧