★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 655.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった(水間政憲)
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/655.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 2 月 15 日 06:45:47: 8rnauVNerwl2s
 

韓国が主張する、「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの「七奪」は日本の「七恩」だった。

戦後、左翼、朝鮮、韓国が主張したことは全部うそだった・・・


戦前の朝日新聞を元に詳細に実証する「良書」です。

マスコミの変容ぶりが良く分かります。


内容紹介
1910年の「日韓併合」から100年。35年に及ぶ朝鮮総督府による韓国統治については、日本の敗戦による半島支配が終わってからすでに65年たつ今日でも、植民地支配によって搾取、収奪が行われたという韓国からの批判が続いている。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの「七奪」がその象徴としてよく指摘される。

 しかし、日本による「日韓併合」は本当に帝国主義的な植民地支配だったのだろうか。日本による「半島支配」とは具体的にいかなるものであったのか。本書は、戦前の朝日新聞の膨大な記事資料を発掘、渉猟し、「日韓併合」の実相に迫る試みである。

 本書に掲載された戦前の朝日新聞の記事を読み進めれば、日本が韓国を近代化するために涙ぐましいまでの努力をしていたかが、よく伝わってくる。日本の半島経営は、韓国が主張する「七奪」とはかけはなれたものであったことが、実感としてよくわかってくるのである。

 戦前の日本はすべて悪いとする戦後の歴史教育の歪みが、多くの日本人の歴史観をきわめていびつなものにしてきた。そのため、韓国が主張する「日帝」の苛烈な植民地支配というイメージが日本人のなかにも固定化している。しかし、「大日本帝国下の朝鮮半島」の日常生活を生き生きと描き出した朝日の報道を読めば、そのような戦後史観がいかに間違った歴史の見方であるかがひと目で理解できるはずだ。


内容(「BOOK」データベースより)
戦後の偏向報道が嘘のように、「大日本帝国下の朝鮮半島」を生き生きと描写した戦前の朝日新聞報道。「創氏改名」「慰安婦」「土地収奪」「強制連行」などの“日帝”の犯罪的行為は本当にあったのか?膨大な報道史料を読み解くことで、「日韓併合」の実相に迫る。


最も参考になったカスタマーレビュー
766 人中、731人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本人の自虐史観を吹き飛ばす本だ 2010/7/30
By 花は桜木人は武士
形式:単行本

日本統治時代の朝鮮の様子や息吹が、当時の朝日新聞の記事切り抜きから、
生き生きと読み手に伝わってくる。
「新しい朝鮮を作るんだ」と日本人と朝鮮人が希望に燃え、開拓と悪習の改革に
取り組み、邁進していたことがよくわかる。
読んでいてこちらの心まで爽やかになり、心が躍る。
自分の知識がドンドン確信に変わる。痛快だ。

「京釜間複線工事 5月から着手 完成次第、列車大増発」
「絢爛たる化学工業 北朝各地に勃興す 数字が物語る貿易額」
「世紀の歓喜 創氏 相次ぐ改姓名乗り 平壌府庁へ殺到す」
「文盲を掃蕩 全鮮的に大運動起す」
「学校を増設して在満鮮童を教育する」
「反響呼ぶ志願兵制度 忽ち志願者殺到」
これは本書で紹介されている切り抜きの見出しのほんの一部だが、
これだけ見ても、当時の様子がわかると思う。

戦後の自虐史観の中で、先人たちの労苦や努力に対する恩を忘れて
しまった日本人にとって、将に必読の書と言っても過言ではない。
多くの日本人にとって、本書は救いの書となるに違いない。

この本を作るために水間氏は、国立国会図書館に現存する大正4年以降の
マイクロフィルムを2年間に亘って昭和20年8月まで精査した
中から取り出したそうだ。氏の努力と情熱に感謝したい。


609 人中、578人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 普通のおばさんにも理解出来ました。 2010/8/1
By とら トップ1000レビュアー VINE™ メンバー
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み

私たち日本人のご先祖様が悪者のような報道や教育に、嫌気がさしてこの本に出会いました。
明治生まれの祖父母は朝晴れていたらお天道様に感謝、雨の日は「命の水」だと感謝、食事の時にはお百姓さんに感謝していましたから、その祖父母の親くらいの人達が、お隣の韓国に対して学校で習ったような「酷い仕打ち」をしたとは思えなくて、悶々としていましたが、この本に出会い心の中も頭の中もスッキリ晴れ渡りました。
日本人であることを誇りに思えます。中学校の教材にして欲しい本です。


525 人中、497人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本は韓国で良い事をたくさんした 2010/8/3
By 金吾庄左ェ門 トップ500レビュアー VINE™ メンバー
形式:単行本

 「日本は韓国で良い事をたくさんした」と言うと、大臣のクビが飛んだりするわけですが、その大臣のクビが飛ぶような朝日新聞の記事を用いて、日本がいかに韓国のために良い事をしたかが書かれています。
 教育の普及や志願兵募集などは、欧米諸国が植民地では反乱を恐れて行いはしませんでした。それを今日では、日本は搾取と収奪を行い、欧米諸国の場合はプランテーションとして褒めちぎるのはどういうことでしょうね?そして何より、日本は韓国の人々を平等に扱いました。なので、韓国は親日派の財産を没収するなんてすべきではありません。
 最後に、先に書かれている方もいますが、日韓併合百年の謝罪決議などは無用です。菅直人にはこの本を読んで、勉強しなおしてもらいたいです。


http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%8C%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8C%E6%97%A5%E9%9F%93%E4%BD%B5%E5%90%88%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%8C%E4%B8%BB%E5%BC%B5%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E4%B8%83%E5%A5%AA%E3%80%8D%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%80%8C%E4%B8%83%E6%81%A9%E3%80%8D%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E6%B0%B4%E9%96%93-%E6%94%BF%E6%86%B2/dp/4198629900

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年2月15日 11:59:38 : vgQVMWdybs
「韓国人など相手にするな、彼らはつけあがるだけだ」と、ロシア人の元官僚が発言している。

02. 2013年2月15日 13:13:44 : cvftfJHR4A
簡単に言えば、真実はこうだ。マッカーサー元帥は日本を精神的に支配したかった。そのために、二度と戦争を起こしません。なぜなら日本は悪いことをした国だからです。そう信じこませたかった。そのために新聞メディアをコントロールしたかった。一方、朝鮮から日本へ蜜入獄した不遜朝鮮人は、朝鮮進駐軍を作り、本当は名誉日本人であり、日本人と共に終戦したのだが、不安定な朝鮮半島より、日本国土内で生きたかった。そこで、この両者が手を組み、米朝鮮で日本人に自虐史観を捏造した。そして、戦後60年があっと言う間に過ぎ去った。しかしインターネット社会になり、徐々に真実が明るみに出てきた。すると正義は日本にあり、人種差別、帝国主義の欧州列強の姿が再び垣間みれるようになった。

03. 大阪府民 2013年2月15日 16:34:10 : 2fc9REJTmRlzM : X4pmWzQlD2
いつのまにか「阿修羅」もレイシストに占領されたみたいやな
戦前の朝日新聞の膨大な記事資料を参考にした「良書」やて

戦前の朝日新聞は真実を報道するよい新聞で、戦後の朝日新聞は
嘘を報道する悪い新聞って言いたい訳か

自分に都合のいい部分だけを取り上げた馬鹿としかいいようがないな


04. 2013年2月15日 19:27:22 : 6eJYETO2fI
当時の新聞が常に真実を報道していたと思う人は、今の新聞も常に真実を報道していると思うんだろうな。まあ、それだけのことだ。

05. 2013年2月15日 19:34:02 : 6eJYETO2fI
一応、言っとくけど、当時の朝日は「左翼」でもなんでもない、“フツーの翼賛新聞”だったはずだけどな。

06. 2013年2月15日 21:59:54 : ZuvBR3nj2c

 朝鮮半島は日本の植民地だったのではない、れっきとした日本の領土だったのだ、台湾も同じだ。

 だから、内地から上げた税金をつぎ込んで、インフラ整備をやり行政組織を作り、病院や警察や消防や学校も作った、大学まで作ったのだ。

 ちなみに、旧帝大を作った順序は@東京大学A京都大学B台北大学Cソウル大学D東北大学E大阪大学…なんと大阪大学よりも台北とソウルが先だったのだ。

 植民地に大学まで作った欧米の宗主国は無い。
 植民地の人間は無知のままにしておき、安価な労働力としてこき使い、宗主国はひたすら収益を吸い上げるのが植民地政策なのだ。

 ∴この一点を見ても、台湾・朝鮮は日本の植民地ではなく領土だったことが判るのだ。


 


07. 2013年2月16日 00:53:44 : 6eJYETO2fI
>>06さん

>植民地に大学まで作った欧米の宗主国は無い。

それは少し違うのでは?


たとえば、1829年設立の南アフリカ最初の大学、ケープタウン大学があるようです。(当時はイギリスの植民地)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3%E5%A4%A7%E5%AD%A6

黒人学生の存在については、Wikipadia アパルトヘイト 教育分野 を参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88#.E3.82.A2.E3.83.91.E3.83.AB.E3.83.88.E3.83.98.E3.82.A4.E3.83.88.E5.89.8D

>アパルトヘイト以前は、ウィットウォーターズラント大学やケープタウン大学、ナタール大学では白人と黒人は共学であり、黒人向けのフォートヘア大学も存在したが、1959年に可決された「大学教育拡張法」によって共学(ここでいう共学とは、男女共学ではなく白人と黒人の共学を指す)は禁止され、黒人は既存の大学に受け入れられなくなり、フォートヘア大学は全黒人向けからコーサ人向けの大学に改組された[12]。

ちなみに、悪名高いアパルトヘイトが正式に立法化され、施行されたのは、意外にも第二次大戦後。(1948年に法制として確立され、以後強力に推進されたが、1994年全人種による初の総選挙が行われ、この制度は撤廃された。wikipedia 同上より)

インドのムンバイ大学は今は超名門大学だそうだが、同じく英植民地時代の設立。

あと、なんかこんなのも出ました。

コメント (29)  2/4【永山英樹】NHK「JAPANデビュー」が削除したこと[桜 H21/4/14]
http://m.youtube.com/view_comment?gl=US&hl=en&client=mv-google&v=Cl1SxmgjKEM&p=2

ここに書かれれているmokade3なる人物のコメントによると、「孫文がイギリスが建てた香港医科大学に学んで医者になった」そうだし、「オランダも工業大学相当のバンドン高等工業学校を建てておりスカルノはそこで学んでいます。また柯氏が医者になったことについて、永山氏は『他の植民地では難しい』と言ったのに対し三輪氏は『ありえない』とかぶせるので認識が誤っていることが明白です。事実を曲げ他を貶めてまで日本の植民地政策を持ち上げるのは感心しませんね。? 」・・・だそうです。


08. 2013年2月17日 03:24:20 : HrkgpfvQPE
切り抜きってことは、当時の大本営発表してた新聞の記事だよね?

09. 2013年2月17日 09:46:43 : WMeK52MGrw
そもそもチョンがー在日がーとか言ってる人間が、日本人は朝鮮人に恩恵を与えたんだーとか抜かすのはおかしいだろ。積極的に関わったのが間違いだった、となるのが筋。

まあ、自らの愚かさを認めることが出来ないからあれこれ糊塗しようとしている、ということなんだろうが。


10. 2013年3月04日 20:39:42 : VrihjBWW3K
そうかそうか。じゃあ、イギリスのインド支配なども「インドに非常に恩恵を与えた」というわけだな?

バカか。

そんなに植民地支配される事が素晴らしいと思うのなら、今から日本も韓国に植民地支配されてみたらどうだ。素晴らしい恩恵に与れるぞ。


11. 2015年3月23日 22:51:01 : MzzjNilco2
日本民族は、強姦して「あの女も喜んでいたよ」とうそぶくゲス野郎か。
米国に軍事占領されていながら、神国と妄想する変態野郎。
オレは日本人であることが情けないよ。
こんなオカマ民族に生まれたくなかった。

12. 2015年10月23日 16:42:18 : BOKMzB6AcM

ironna

本当は「日韓併合」が韓国を救った! 「七奪」はすべて捏造

『歴史通』 2014年5月号増刊
http://ironna.jp/article/1345

(★是非読んで頂きたいので1ページ目を全文転載)


松木國俊(元豊田通商ソウル事務所駐在員)


◆「遊びに来て」が災いのもと


 私は一九七二年に学生として初めて韓国に行きました。クルマといえばトヨタのコロナばかりが走っているころで、裸電球が灯ったりし、初めてなのに、どこか懐かしい気がしました。韓国語は欧米の言語と違って語順が日本語と同じだし、顔も日本人と似ている。けれど、表面はそっくりでも中味は大違いです。

 大学卒業後豊田通商に入社。一九八〇年にソウルに駐在しましたが、日韓の文化の違いに驚かされました。

日本が当時の金額で5億円の巨費を投じて昭和12年、鴨緑江に建設した水豊ダム。 現在は中朝国境に位置し、いまも北朝鮮の貴重なエネルギー源となっている

 日本でも「忠孝の倫理」とか言いますが、韓国では忠より孝が大事。会社の大事なお客が来るときに、韓国人のパートナーが休んでしまう。「お父さんの誕生日だから」と言うのです。仕事のあとで駆けつければいいじゃないかと言うと、「そんなことをしたら周りから白い目で見られる」。

考え方が日本とは根本的に違う。言葉の意味も違う。例えば「約束」。ある程度できそうだという見込みがあれば「できる」と約束してしまい、状況が変わると守れなくてもしかたがないという考え方です。

「予定」も違う。「明日お客が空港に何時に着く予定だから迎えを頼む」と言っておいたのに、予定の時間に会社にいるので焦って事情を聞くと、「あれは予定でしょ。決定するのを待っていました」との答えがかえってきました。

 人と人の間の距離感も違います。韓国人は親しくなってある線を越えると、その内側の相手は身内ということになる。身内ならお金も貸すし、いつ家に遊びに行ってもいい。相手の都合なんかおかまいなしです。私の日本人の友だちが韓国人の女性と結婚しましたが、当時夜間外出禁止令があって、夜、家に帰れなくなった親戚がしょっちゅう泊まりに来る。プライバシーなんかあったものじゃなくて閉口していました。


 ある日本人の夫婦が韓国のアパートに入居したとき、エレベーターで隣家の人に会ったので「いつでも遊びに来て」と挨拶したら、その晩に家族五人でやって来て、食事中だから待ってと言ってもかまわず上がりこみ、テレビを勝手につけたり冷蔵庫を開けて飲み物を出したりで、嫁さんが「こんなところにはいられない。日本に帰る」と叫んだなどということもありました。


 ジャーナリストの室谷克実さんは慶応大学時代の二年先輩ですが、その室谷さんに聞いた話です。──ソウルのホテルの鮨カウンターで食べていたら、ウェイトレスが「(そのホテルの)社長様がいらっしゃいましたので席を譲ってください」と言う。こっちが客だよ、と窘めても、「私は社長様から給料をもらっていますから」と平気な顔だったそうです。日本と逆で、外部の人に話すときに身内のものに敬語をつけるんです。「父上様は今いらっしゃいません」「課長様は今いらっしゃいません」という調子です。一番大切な身内にすら敬語を使わない日本人は極めて不道徳となるのです。


◆身分格差


 韓国人は大げさな表現が好きで、すぐ話がふくらんでしまう。造船輸出が急激に増えた時期にはドックで修理したものまで新造船に数えて統計をふくらませたと聞いたことがあり、実態とは違った数字だったようです。韓国としてはライバル日本に負けないよう精一杯背伸びしたのかもしれません。規模と利益で日本企業を圧倒する韓国のサムスンを模範企業のように言う論調がありますけれど、まだ問題はあるようです。

 「サムスン電子は、技術パクリを常とし、世界のさまざまな家電・半導体メーカーから特許権侵害で提訴されている企業です。2011年4月には、アップル社がついにスマートフォンに関する特許権侵害でサムスン電子を告発しました。(略)サムスン電子はアップルに半導体や液晶を納入している、いわばお得意先。そこの製品をパクったのですから、その度胸は賞賛ものです。(略)

社員は使い捨てで下請け泣かせ、オーナーの一族は金銭スキャンダルに塗れ、オーナー自身、脱税で有罪判決を受けました。売上高は世界的規模でも、韓国型悪辣・不道徳企業の代表です」〈室谷克実・三橋貴明『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』(PHP研究所刊)より〉

 サムスンは、以前は日本人を雇って、役員会も時々日本語でやっていたとのことです。研究開発費も、他社から図面やノウハウを買うのにかなり使われているようです。韓国では身分格差が大きくて、サムスン電子のオーナー会長は二〇一一年春、株の配当金だけで百一億円を受け取ったが、勤労者の四五%は二〇一〇年中の平均月収が十五万円以下だったそうです。

企業はオーナー一族のものという意識が強く、企業トップが公私混同して背任罪に問われるケースもよくあります。一人が出世すると一族が頼って来て、出世した当人もみんなを養う義務があると考える。一族の者だから金を貸せと突然言って来て、貸さないと門前で「一族なのに貸さないのを皆さんどう思うか」と騒ぎ立てる。

大統領ほどの権力者となるとこれにたかろうとする人が後を絶ちません。某大統領が「聞いたこともない親戚が三倍増えた」と嘆いたことがありました。だから辞職した歴代大統領がみんな汚職で追及されることになるのです。


次ページ以降
http://ironna.jp/article/1345?p=2
http://ironna.jp/article/1345?p=3
http://ironna.jp/article/1345?p=4


13. 2015年10月23日 17:17:09 : BOKMzB6AcM
追加ゴメンです。
2ページ目を読んであまりにびっくりしたもんで。
日本政府は李王家に毎年200億円相当も献上してたって。
更に、日本に滞在されていた弟君・李垠殿下の帰国を李承晩が阻止したって!!
李王家を潰した冷血漢・李承晩のバックは鬼畜米英だったんじゃないのか。


一、「韓国国王を奪った」……

 日本は李王家を日本の皇族の一員としてお迎えし、併合時の純宗皇帝は李王となられて日韓の皇室が融合したのです。日本は李王家を手厚く保護しました。朝鮮総督府『施政三十年史』(国立国会図書館蔵)には歳出項目の最上段に「李王家歳費」とあり、毎年百八十万円が計上されています。現在の価値で約二百億円になります。他の宮家の皇族費とは格段に差のある巨額です。

さらに梨本宮方子女王が李王家の王世子・李垠殿下に嫁がれました。このこと一つをとっても、日本の「朝鮮統治」は、植民地の王室をことごとく廃止した欧米列強の「植民地支配」とは根本的に違っていることが明らかです。終戦時、李垠殿下は密航してでも朝鮮に帰ろうとされましたが、韓国の李承晩大統領が許さなかった。李王朝を復活させず、共和制国家をつくったのは韓国自身です。

 


14. 2015年10月23日 17:24:09 : BOKMzB6AcM
なんで200億円も差し上げるほど李王家を大事にしたのか、非常に疑問だったが
これ読んで、なんとなくわかった。
同祖論はともかく。


アメノマヒトツの日本・エジプト記


李氏王家と親日国家韓国と槿(むくげ)の象徴


2013-12-07 08:03:35
テーマ:韓国ユダヤ同祖論(韓ユ同祖論)
http://ameblo.jp/haguremetalking/entry-11720523026.html


15. 2017年1月16日 16:44:13 : jeW2ixYCu2 : 1wRLDXo43lE[2]
テレビにだまされないぞぉ

2011年9月24日 (土)

『ほんとうは"日韓併合"が韓国を救った!』  (前半)
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-29cf-1.html

2011年9月24日 (土)

『ほんとうは"日韓併合"が韓国を救った!』  (後半)
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-1802.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

韓国併合は悪ではない 〜日本と朝鮮の公平な歴史認識〜
http://www.geocities.jp/vivelejapon1945/annexion.html(全文)


 ●韓国併合とは1910年に当時の大韓帝国を併合し、日本領にしたことである。●はたしてこの韓国併合は悪であったのか?●それを考えるためには今現在の尺度で測っても無駄である。当時の尺度で測る必要がある。現在の価値観で当時の価値観をはかっても意味がない。その当時は朝Nは重要な国防ラインであった。とくにロシアの脅威は大きかった。1899年からの義和団事件以後に満州に兵を駐屯させたままで、国境が朝鮮と接していたのでロシアの脅威は大きかった。当時のロシアは不凍港を求めて南下政策を繰り返していたが、1853年のクリミア戦争に敗れた後に、アジア方面で南下を始めた。大韓帝国(当時の朝鮮)は親露派が権力を握っトいて日本にとっては非常に大きな脅威であり、朝鮮にとってはロシアの植民地にされる可能性がとても大きかった。そこで1904年に日露戦争で日本はロシアに勝利し、朝鮮を保護国とすることに国際的に認められるようになった。1905年に第二次日韓協約で外交権を奪い事実上の保護国とした。そして、1906年に朝鮮統監府を置き伊藤博文が初代統監になり朝鮮の近代化を推し進めていった。●そこで、日本国内では韓国併合賛成派と反対派(当時の朝鮮の列強からの巨額の借金を肩代わりするのが嫌だった)の分かれて議論を繰り返していたが、1909年に併合反対派の伊藤博文が安重恨ニいうテロリストに暗殺されたので、韓国併合がきまった(●つまり、安重恨による暗殺によって韓国併合は早まった)。ちなみに伊藤博文が暗殺されたときには朝鮮は謝罪使をおくっている。●そして、一時は会員数100万人を超える一進会の支持をうけて、大韓帝国の総理大臣李完用(朝鮮のためには日韓併合しかないといっている)の支持もうけて日本は1910年に韓国併合を合法的におこなった。なお世界の国々はこの韓国併合にいっさい批判・非難をしていない。●どちらにせよ、その当時は近代化をしていない力のない国は先に近代化した国に呑み込まれるは当然のことであったし、そうせざるを得なかった。●また韓国併合をしなければ日本そのものも西洋の帝国主義諸国に呑み込まれていただろう。もしロシアの植民地にでもなっていたら今日の韓国の発展などありえないであろう。

  ●そして、韓国併合は朝鮮の近代化におおいに役に立ち、朝鮮の発達には不可欠であった。何を日本がなしていったかというと身分差別の廃止、インフラ整備、教育の導入、近代医療設備、植林、農業改革など数えていけばきりがない。当時の欧米の植民地では搾取するだけ搾取して、まったくこのようなことはしなかった。つまり、もし朝鮮が日本の手にではなく欧米列強の手に落ちていたら今現在のように経済の発達した国には残念ながらなっていない。英仏の支配した東南アジアやアフリカをみればその差はわかる。

  ●ここで朝鮮人のよく言う「七奪」を考えてみたい。「七奪」とはすなわち国王・主権・土地・資源・国語・姓名・人命のことであるが、これは事実無根のことである。まず、国王は決して殺されていないヌころかよい待遇で迎えられた。主権はもともと朝鮮は清の属国でわざわざ日本が日清戦争で勝利し下関条約で朝鮮を清から独立させてあげたのに、日本についたり、ロシアについたり朝鮮の事大主義をとおしたままだったので主権ははじめから朝鮮にはなかった。ないものを奪ったといわれても、ただ言いがかりとしかいいようはないだろう。

  ●次に土地に関しては、韓国併合は合法的に行われてのであり世界の列強も承認している。●韓国併合が違法だと朝鮮人が抗議するのであれば日本だけでなく、それを承認したアメリカ・イギリス・フランス・ロシアなどには抗議する必要がある。●また土地調査事業で土地を収奪された農民がたくさんいたとするのは詭弁としか言いようがない。なぜなら近代国家として成立するためには土地を調査し、土地所有者・価格・地形・地貌・坪数・地図作成を整理することは当たり前のことである。また土地調査事業によって役人や地主の懐にしかはいらないような「隠田」がたくさん発見された。これにより不法な地主からの抗議は1920年までに2万148件が高等土地調査委員会が受理したが、農民が不法に追い出されたという事実はない。また、「日本人が小高い丘に登ってあたりを見渡し、土地を指さして手当たり次第に良田を奪って「った」という事実もない、この話は李氏朝鮮時代の両班(当時の特権階級のようなもの)のしたことの日本に擦り付けているだけだ。また。東洋拓殖株式会社(東拓)が不法に土地を奪ったということも事実に大きく反する歪曲されたものだ。たしかに東拓は日本内地の農民を15回にわたって半島に招致し農地をあてがったが、その農地は良田ではなく誰も耕さない荒地だったのである。また東拓は「土地調査事業の際に字をよめない人が多く、近代的土地所有の観念がなかったために朝鮮農民は土地の申告をしなかったので日本人地主の手に渡った」というがこれも詭弁いがいの何者でない。まず土地の所有権はほぼ両班や地主の手にあり、字の読めない小作人の人々ははじめから土地をもっていなかった。また朝鮮総督府は東拓の土地買収をほとんど認めず、さらに駐屯土と呼ばれる国有地の処分についても東拓には認めなかったぐらいであり、東拓の移民事業は途中で挫折し、6000戸の入植を予定していたが朝鮮に定着したのは3883戸だけだった。東拓が買い上げた耕地面積はたったの4%で朝鮮の主張する50%ではない。●また日本人地主の評判としては「よく改良された良質の堆肥を奨励し、化学肥料の配布や改良品種で農民の生活は向上し朝鮮人地主のように小作人をいじめることもなかった」という非常によいことがほとんどで、日本人地主が悪徳を働いたということはまず聞かない。
 また日本は治水事業の一環として植林事業をして、李氏朝鮮時代には禿山だった山が美しい山にもどったが、独立後に乱伐し燃料にしたのでもとの禿山にもどってしまった。日本統治時代には山に草木が多い茂り、山で兎を追いかけることができたという。また堤防の整理などをして毎年のように洪水になっていたところから洪水がなくなり、「ベベーミ」とよばれていた質の悪い水田が1等級の水田になったことも数多くあり。土地を奪ったというよりは、土地に大きな改善をもたらしたというしかいいようがない。

 ●資源については、マグネサイト、ダングステン、モリブデン、金、鉄、石炭、黒鉛など種類は豊富だが、原油、白銀、水銀、硫黄など現代経済(当時についてもほぼ同じ)に必要な資源はない。つまりもともとたいした資源がないのである。たしかに、日本と比べれば資源はあるのだが、資源の少ない日本と比べてはじめてそれであり国家的には資源は少ないと言わざるを得ない。そこで批判としては「1910年の朝鮮人の鉱産額は全体の4.8%に対し日本人は22.6%、日本人以外の外国人は72.6%であったのに10年後には朝鮮人が全体の0.3%、日本人以外の外国人が19.6%で日本人は80%となっていて日本が鉱業生産を独占していた」と言う人もいるがこれもおかしい。なぜなら、鉱山というものは巨額の資本投下が必要なので、この数字は日本企業の鉱業事業への進出を表しているだけなので略奪したわけではなく、鉱業生産の発展と貢献であると認識すべきである。よってこれにより多くの技術開発・労働者の雇用がおこなわれたので朝鮮経済の発達や生活の改善に役立った。また、鉱業の奨励金である増炭補充金は金だけでも1億5000万円から2億円の補充金が大蔵省から朝鮮半島に流れている。つまり略奪どころか多額の援助をしていたのだ。

 ●国語を奪ったというのも根も葉もない嘘である。朝鮮語禁止という政策はとっていない。ただ単に学校教育で日本語を国語として教えただけである。近代国家においては言語の統一は大事なことなので日本語として国内共通語を教えるのは当たり前のことで、学校では朝鮮語の授業もあったのでこれに文句をいうのなら、今現在英語を教えているので国語を取り上げられたと叫ぶのと同じである。また朝鮮人がハングル(訓民正音)は世界一と叫んでいるが、このハングルを普及させたのも日本である。ハングルは世宗の時代(1443年ごろ)に作られたものだが、当時の朝鮮人はもっぱら中華文化に浸りっきりでハングルを使うものは愚民であるとして漢字ばかり使われていてハングルはまったく普及しなかった。それどころか1897年まで公文書でさえもハングルを使わず漢字を使っているという有様であった。ちなみに玄永燮(ヒョンヨンソブ)などの朝鮮人は「朝鮮語の廃止」などを求めたが、朝鮮総督の南次郎は断固拒否している。

 ●姓名は1940年から始まった創始改名が有名であるが、その創始改名は強制したものではない。つまり、姓名を奪ったことなどないといえる。勅令第十九号附則第二項に「氏設定届」と定められているうえに、第二十号には裁判所の許可による「氏名変更」制度であるとなっているのだ。ただ事実としてはマスコミの扇動によって人々が勘違いしたことはあったし、戦時体制であったので情報が伝わりにくいということもあった。しかし、強制はしていないし当時の朝鮮人たちはほとんどが日本人になりたかったのである。当時の日本はアジアにおいて唯一の列強でありアジアの人々の憧れの的であった。その証拠としてなんと80%の朝鮮人が日本人名を名乗ったのだ。またこれは朝鮮人にのみ与えられた特権で台湾に対しては厳しい前提条件(祖父の代から3代にわたって犯罪者がでていないことなど)があり、台湾の人に改姓許可が下りたのはわずか1%前後だっということを考えれば、いかに朝鮮人に特権があらえられていたかがわかろう。また創始改名も李光珠など朝鮮人のほうからしてほしいと要請があったからこそしたのだ。また創始改名によって女性に地位も改善された。朝鮮の習慣では女性には名前をつけるという習慣がなく、女性は差別された生活をさせられていたのだが、創始改名によって女性も名前をなのることができた。ちなみに女性の再婚は朝鮮の習慣で禁止されていたが日本統治によって日本の民法が適用されるようになり、再婚できるようになった。

 ●「七奪」最後の生命であるが、これこそ南京大虐殺なみの模造である。なんと日本の統治の36年の間に朝鮮の1000万人(1910年)だった人口は2400万人に増加し、平均寿命も24歳から45歳にのびたのである。 土地整理などで農業を安定したものにし、近代医療設備を導入したからである。李氏朝鮮の時代では干ばつが482年間に89回、水害は339年間に24回、霜害は354年間に22回、雹害は474年間に18回と「朝鮮農業発達史」に記載されている。農業に直接大きな被害の発生件数が異常に多いのだ。それにより飢饉が発生し、またそれが引き金となって疫病が蔓延するなど非常に死者数が多かったが日本統治以後にはただのいちどたりとも飢饉は発生していない。米の収穫量は1910年当時が約1千万石前後だったのが1928年には1700万石、33年には1900万石、のちには常に2000万石以上と米の大増産に成功している。大豆や雑穀は併合当初から60%も増加している。日本の近代医療設備の導入によりコレラ、天然痘、ペストなどの流行は1918〜1920年が最後となり、その後の乳児の死亡率が激減している。つまり日本は命を奪ったのではなく、命を救ったのだ。

 ●朝鮮人がよくいう日本の強制連行もこれまたでっちあげである。たとえば、従軍慰安婦については日本の軍人が強引に女性をつれさったという証拠がひとつもない。韓国側の主張する証言は吉田証言と呼ばれるものでこの証言は本人が嘘であったとすでに述べている。樺太(サハリン)連行についてはソ連が樺太に侵攻してきたときに韓国人2万人を抑留し、労働力不足を補うために北朝鮮からソ連は2万人をおくらせたようだ。つまり樺太連行はソ連がしたことであり、日本に抗議するのはお門違いはなはだしい。ちなみにソ連のシベリアに30万人以上の人々が住んでいたがスターリンはこれらの人々が日本に協力するのではないかと疑心暗鬼になり30万人の朝鮮人を中央アジアに強制移住させ、12万人以上が死んでいるがこのことに関しては朝鮮人は抗議しない。また、在日朝鮮人は日本が強制連行したから存在すると朝鮮人は主張するがこれまたとんでもない詭弁である。韓国併合時にはすでに、朝鮮と内地で賃金格差があったので朝鮮人はこぞって日本に入ってきた。彼らのうちには勤勉な人もいたが、現在同様に犯罪者になる人があとをたたず、また内地での失業者も増えたので中央政府は朝鮮総督府にこれ内地への朝鮮からの人の出入りを制限してほしいと訴えたぐらいである。そこで、厳しく規制したのだがそれでも内地への朝鮮人の流入は防げない状態だったのである。つまり、日本が強制的に連行したのではなく、朝鮮人のほうから法律を犯してまでも強引に入ってきたのである(だからといって在日朝鮮人の方々全員が不法者たちの子孫というわけではない)。1940年に渡日した人数は119万人、45年には210万人となっている。また徴兵されたのを強制連行ということも不可能であるなぜなら日本人として国民の義務を果たしただけであるからだ、それどころか徴兵は朝鮮人のほうから朝鮮にも日本人同様に扱われるために徴兵してほしいという要請があったからこそしたのである。

 ●日本のもたらしたインフラ整備は朝鮮の近代化に絶対不可欠で、なおさら朝鮮独自にはすることが不可能だった。まず鉄道が京仁線と京畿線から始まり、1906年統監府に鉄道管理局が置かれ、約3500万円が投資された。その後も鉄道事業は発展して併合時には鉄道の長さは1039.7キロメートルにおよび、1945年には6632キロの長さに拡大され、駅は762ヵ所、従業員数は10万527人に達した。客数は「朝鮮交通史」によると1910年は20万人だったのが、1944年には1億637万人となっていて、輸送量は1910年の90万トンから44年には国鉄3120万トン・私鉄550万トンと飛躍的に発達している。同様に道路も1928年までには1等17線3200キロ、2等79線494キロ、3等400線余り1万1429キロ、となっている。港は1944年までに通商港が14、指定港が38、関税指定港は9、地方港は326となっている。そしてこれらインフラ整備にかかった費用は土木費合計約6億4000万円、道路・港・港湾修築費用約2億4110万円、鉄道建設改良費に21億8364万円もかかっている。ちなみに当時の国家予算は20億円だったので以下に巨額の投資か見て取れよう。いってみるならば日本のほうが朝鮮に搾取されたのだ。

 義兵闘争についてはこれはほとんどが歴史歪曲に近いものばかりである。なぜなら当時の義兵は大多数に賛成されていないどころか逆に煙たがられていた。義兵は補給手段を持たないためにすぐに匪賊などに変化し、住民をいたぶったに過ぎない存在だからだ。また1919年の3・1独立運動にしても教科書に書かれているほど盛り上がったのではなくて、実際には散漫な運動だった。また独立を叫んだだけで逮捕された人は一人もいない。ちなみに3・1独立運動当時の憲兵と警察の朝鮮における人数は日本人・朝鮮人を含めてわずか7000人ほどだった。いかに義兵運動が少なくなおかつ支持されていなかった見てとれる。またイメージでは憲兵や警察は怖がられ、嫌がられていたというのがあるが実際には正月はじめとする休日などの日は村人に招かれ和気あいあいと酒を飲み交わしていたという話も多い。つまり、わずか朝鮮全土で7000人しかいなかった理由は村人は警察を支持していたからだ。

 ●韓国併合を強く求めた一進会が日本が強制的に作らせたものというデマと朝鮮は批判するが一進会は朝鮮人によって独自に作られたものである。一進会は東学と独立協会、万民共合会など朝鮮のあらゆる革命団体が連合したものである。

 ●また併合当時の外交官であった李成玉は次のように言っている。

●「現在の朝鮮民族の力量を持ってすればとても独立国家としての体面を保つことはできない。亡国は必至である。
●亡国を救う道は併合しかない。そして併合相手は日本しかいない。
●欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本人は違う。
●日本人は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
●そして日本は朝鮮を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
●それ以外にわが朝鮮民族が豚の境遇を脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。」

●第3者であるイギリスの外相ランズダウンも

●「韓国は日本に近きことと、一人で立ち行く能力がなきが故に、日本の監理と保護の下に入らねばならぬ」

といい、韓国問題については世界中がこういった認識であった。

  ●朝鮮が南北に分かれた原因は日本にあるのではなくアメリカとソ連にあるのである。むしろ日本は敗戦によって5の地域(北朝鮮・韓国・台湾・サハリン・現在の日本)に分割されたのだ。また朝鮮においてきちんとした歴史認識をいうとそれを「妄言」として受け止めるようだが、民主化が進めばきちんとしたこともいえるようになるだろう。

 ●つまり韓国併合とはその時代では仕方がなかったことであり、ここを責めることは愚かであり、なおかつ欧米の植民地と違い日本として扱われ近代化のもととなったのである。この点は評価してもしたらないぐらいである。●どうしても日本に抗議したいのであれば韓国併合を承認した日本以外のアメリカ・イギリス・フランス・ロシアなどへもすべきである。●また欧米は旧植民地に謝罪はしていないから、日本もする必要がないというと「謝罪のようにいいことは率先してすべきである」ということをゆう愚にもつかぬ日本人(韓国では心ある人々という評判であるようだが)もいるようだが、日本は悪いことなどなにもしていなかった。すくなくとも当時では悪いことはひとつもしなかった。●本当に日本と朝鮮との親善を図りたいのなら一方的に日本が謝るのではなく、朝鮮から日本に「韓国併合どうもありがとうございました」と言ってもらい日本も「いえいえ、こちらこそ大東亜戦争で共に闘ってくれたどうもありがとう」ということが真の日本と朝鮮の親善である。

参考文献

「大東亜戦争への道」 中村 粲 / 展転社 1990
「韓国は日本人がつくった―朝鮮総督府の隠された真実」 黄 文雄 / 徳間書店 2002
「中国・韓国の歴史歪曲―なぜ、日本人は沈黙するのか」 黄 文雄 / 光文社 1997
「歴史を模造する韓国」 中川 八洋 / 徳間書店 2002
「親日派のための弁明」 金 完燮 (著), 荒木 和博 (翻訳), 荒木 信子 (翻訳) / 草思社 2002
「韓国と歴史は共有できない」 勝 岡寛次 / 小学館 2002
「「反日韓国」に未来はない」 呉 善花 / 小学館 2001
「醜い韓国人―われわれは「日帝支配」を叫びすぎる」  朴 泰赫 / 光文社 1993
「反日感情―韓国・朝鮮人と日本人」 高崎 宗司 / 講談社 1993
「国民の歴史」 西尾 幹二 / 産経新聞ニュースサービス 1999

ーーーーーーーーーーーーーー

英雄視する前に韓国人が知っておくべき安重根の真実 K・ギルバート氏 (1/2ページ)

2015.02.18
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150218/dms1502181140002-n1.htm
2ページ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150218/dms1502181140002-n2.htm


16. 2017年4月18日 11:58:55 : M8egFuHXEI : KtmHZOnUd2U[1]
韓国チェ・キホ伽耶大学客員教授(88)が告白「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/846.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 4 月 28 日 08:52:28: 8rnauVNerwl2s

(抜粋)

>韓国チェ・キホ伽耶大学客員教授(88)が告白「殺される覚悟で言う。韓国人は強制従軍慰安とか歴史捏造をやめるべきだ」 blog.livedoor.jp/ko_jo/archives… >従軍慰安婦問題に便乗し、捏造で搾取を企んだ福島瑞穂・辻元清美らは責任を取り潔く議員辞職すべき。


>Twitterpapasolitude (勿忘草(わすれなぐさ)) - 9時間前
 ↓
http://news.2chblog.jp/archives/51699023.html(☚ NOT FOUND)

>「"私は88才です。 もう事実を話したいと思います。 [チェ・キホ伽耶大学客員教授] 朝鮮末期の私は1923年の生まれです。
>もう韓国のためでも、日本のためでもなく「事実」を話したいと思います。それは相当な覚悟が必要です。 生命の危険も覚悟しています。
>しかし、これは私の使命であると信じています。 ・・(略)


____________________


YOUTUBE

【KSM】日本人を目覚めさせる自動放送 大東亜戦争の真実 2017年4月17日
(2時間11分14秒)

KSM WORLD NEWS
https://www.youtube.com/watch?v=U_oBX7RUygw&feature=youtu.be


17. 2018年8月01日 12:34:31 : 1Ut0BAvAIA : 45wRCXOFwOg[2]
 ↑

わざわざ削除されてるのは真実の証拠。

 ↓

【KSM】日本人を目覚めさせる自動放送 大東亜戦争の真実 2017年4月17日
(2時間11分14秒)
KSM WORLD NEWS
https://www.youtube.com/watch?v=U_oBX7RUygw&feature=youtu.be

無無明録

2011年09月20日
XML

145 閔妃殺害事件の真相 (10)

カテゴリ:あの時代の風景
https://plaza.rakuten.co.jp/mumumyouroku/diary/201109200000/(写真等を除く全文)


日清戦争が終結し、下関条約を締結した1895年(明治28年)。武装した多数の日本人が李朝王宮の奥深くまで乱入し、朝鮮国の王妃だった閔妃(みんぴ、又はびんび)を惨殺した。閔妃の親露路線に強い危惧感を抱いた日本の朝鮮公使が画策し、朝鮮駐留の日本軍、日本人警官、そして在留民間邦人までもが加担して起こした国際関係上類を見ない悪辣な暴挙と、まあ、韓国では、そんなことになっているようだ。
 しかし、当時の朝鮮を巡る情勢から、日本人の関与が全くなかったとも思えないが、本当に韓国の主張するとおりとも思えない。これは「明成皇后殺害事件」とも云うらしいね。余り書きたくはなかったけど、避けては通られないところだった。この出来事を知ったのはニ十数年前だったけど、日本人が行ったとする残虐極まりなく、殺すことを楽しむような殺害方法に、ワシは、違和感を覚えたんだ。これは、日本人の仕業じゃないぞとね。

2011-09-20 19:34:44(削除された閔妃写真)

 これがこう↓なるのは、かなりの想像力がいる・・。MAXだな。いや、別人でしょ、これ?・・・・頭、かゆそう。いや、付け髪と云うものか?

かなり苦しい(閔妃肖像画)

  これが↓こうなるのは・・・完全に無理、ワシの想像力を超えてしまった・・。

韓竜ドラマ明成皇后(写真)

 韓流ドラマ「明成皇后」・・・ところで、「明成皇后」と云う名前は、閔妃の死後の「おくりな」なんだそうで、戒名みたいなもんだね。なぜそんなものを持ち出してきたのか・・・格をつけるためかな。朝鮮は、清の属国だから、皇帝を名乗れるのは、清王だけで、朝鮮の王は、皇帝を名乗ることは許されない。だから、閔妃も皇后じゃなかった。

 さて、閔妃とは、どんな女性だったのだろう。気の毒で悲惨な事件だが、そうなるにはそれなりの理由があったようだ。1866年、15歳の時に王宮に入るが、閔妃の夫である高宗は、政治と妻に全く関心を示さず、漁色と酒の放蕩三昧。だんだんと閔妃が国事に口を挟むようになっていった。

 そして、閔妃は、1873年には、高宗の父で摂政を務めていた大院君とその腹心たちを、画策して、これを追放した後に、自分の一族を据えて、国の実権を握ってしまった。閔妃は当初、積極的な開化政策を実施し、日本のような近代的な新式軍隊を創設した結果、朝鮮の旧式軍隊は、給料も食事も出ず放置されるようになってしまった。これに怒った旧式軍隊は、1882年、閔妃殺害を目論み、皇室に乱入する「壬午軍乱」と云う事件を引き起こした。また、1884年には開化派の金玉均らが、閔妃を追放するため、庚申事変を起こしているし、ワシには、国家騒乱の元凶のような女に思えるな。

 「壬午軍乱」では、閔妃派の要人ばかりでなく、王宮内にいた日本人の軍事顧問やその家族も、かの国のお家芸の、実に残虐極まりない方法で殺されている。旧式軍隊が王宮に乱入してきたことを知った閔妃は、侍女を自らの身替りにして王宮に残し、自分はいち早く王宮を脱出。残された閔妃の身代わりの侍女は、死ぬまで犯された挙句、五体をバラバラに切断されて殺害されたそうだ。しかし、身代わりなんてすぐにバレるだろうけど、朝鮮の旧式軍隊の兵士たちは、楽しみながら殺すだろうから、閔妃は、それだけ逃げる時間が稼げると云う訳だな。

2011-09-20 19:22:20(報ステ古館氏画像とテロップ「韓国反日感情の“原点” 王妃殺害114年後の氷解」)

  ●ワシが思うにこの人は、日本のマスゴミの第一人者に近いな。とんでもない放送をしたらしい。

 王宮を抜け出した閔妃は、当時朝鮮に駐屯していた清のストロングマンこと、袁世凱の元へ逃げ込んだそうだ。このほかに閔妃は、自分が贅沢をするために、日本が資金を出して築いた鉄道の利権をロシアに勝手に売りさばき、それを知った日本が、さらに高値を払ってロシアから権益を買い戻すなんて云う事件もあった。閔妃は、勝手に朝鮮国内で閔妃通貨を発行し、国内の流通・金融を大混乱に陥れるなどなど、やりたい放題だったようだ。この付けは当然朝鮮民衆に回ってきただろう。

 この閔妃は、呪術儀式に熱中したあまり、国庫の6倍以上と云う国費を浪費したそうだ。宮廷の役人は、民衆から搾取して、競って閔妃に賄賂を贈ったそうだが、民衆が貧しさに喘ぐような生活を送っている中、閔妃自身は毎晩遅くまで、俳優や歌手を宮中に招いて遊興し、起床はいつも午後で、そのために、宮中の空気は「混濁腐敗」していたと書いているものもある。

 一方、閔妃に追放された大院君は、閔妃を「国家存続を脅かすもの」として憂慮し、苦労して政局に復帰する否や、閔妃追放運動を開始し、大院君側が権力を取り戻した。閔妃は、その都度、清をけしかけ、あるいはロシアにすがって、自分の権力の保持を図っていたが、そんな中で起こったのが、この「閔妃殺害事件」だ。

 この事件については、朝鮮国王である高宗自身が、「王妃を殺したのは、不貞の私の部下だ」と証言している(1906年 統監代理長谷川好道韓皇謁見始末報告(國分書記官通訳并筆記))。また、現場にいた王子の純宗は、「国母を殺したのは、禹範善だ」と名指し(往電31号)し、後に刺客を放って、禹範善を暗殺している。さらには、この禹範善本人が、「王妃を直接殺したのは、私です」と証言しているんだけどね。(在本邦韓国亡命者禹範善同国人高永根魯允明等ニ於テ殺害一件)

 韓国人の小説家、金辰明(キム・ジンミョン)と云う人が、インタビューで独島領有権を主張する日本に「独島(ドクト、日本名:竹島)問題を解こうとするなら日本社会に恥ずかしい過去の歴史に対する反省と自覚を起こさなければなりません。そのためにとても重要な事件があるのに、まだまともに調査されたことがない明成皇后(閔妃)殺害の真実から明らかにしなければなりません」と語ったそうだ。竹島と閔妃の関係がよく分からないけど、事件の真相を明らかにするのは、ワシも賛成だ。ただし、韓国側が望む結果が出てくるかどうかは分からないよ。韓流ドラマの世界が自国の歴史だと思っているのなら、ぶったおれるかもしれないぞ。

2011-09-20 19:57:47

050korea-thumbnail2.jpg  

 李朝末期のソウルだ・・・。閔妃と大院君の国民の生活を省みない権力抗争で、庶民はこんな生活を送ってたんだぞ。写真で気が付くかもしてないが、当時の朝鮮の庶民は、白い衣服しか着れなかったそうだよ。余り白くはないけどね。ところで、上の写真の左下の中年女性としたの写真の左の女性は似ているような気がするけど、違うかな・・・。

\\\\\\\\\\\\\\


ねずさんのひとりごと

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


閔妃殺害事件に関する報ステのウソ
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-604.html


18. 2018年8月01日 12:46:16 : 1Ut0BAvAIA : 45wRCXOFwOg[3]

『説着曹操、曹操就到』

曹操の事を言うと、すぐ曹操が現れる


【高宗と閔妃が外国に売り払った利権】

2009年06月25日 | Weblog
https://blog.goo.ne.jp/master596/e/4b1bdaf3c88c1e4ceef058523f4b1a03(全文引用)

1896年
ロシアへ咸北・慶源・鐘城の金鉱採掘権

鐘城の石炭採掘権

豆満江・鴨緑江上流地域と鬱陵島の森林伐採権

アメリカには京仁鉄道敷設権

雲山金鉱(平北)採掘権

イギリスには財閥顧問の派遣と海関管理権

フランスには京義鉄道敷設権


1897年
ロシアへ財政顧問の派遣と海関管理権
軍隊の教育訓練権

ドイツに江原・金城、金鉱採掘権


1898年
アメリカにソウルの電車・電灯・水道経営権

日本へ京釜鉄道敷設権

イギリスに平南・殷山金鉱採掘権


1899年
ロシアへ東海岸における捕鯨権


1900年
ロシアへ慶南・馬山浦の栗九味租借忠北・稷山金鉱採掘権

日本に京畿道沿海の漁業権


1901年
フランスに平北・昌城金鉱採掘権


1903年5月

ついにロシアは朝鮮北部の龍岩浦に軍港を建設
シベリア鉄道の完成も近づき極東アジアの情勢は著しく悪化した

ロシアの極東南下
(既に満州の一部は侵略支配されロシア沿海州になっている)


●結局、全てを売り払い破綻した無策な朝鮮は、日露戦争の直接的な原因を引き起こした後、
日本に外交権を没収され保護国となって出直すことになった。
●しだいに朝鮮国内では併合賛成派と反対派の声が高まり朝鮮の指導者たちは日本に併合を
要請することになった。
●そして、朝鮮が欧米列強に売り渡した利権は日本が全て買い戻すハメに...

●結局、併合・・・

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=102515

●これが実際の明成皇后(閔妃)の姿です。これほどの売国行為をしておきながら、
なぜか韓国ドラマでは聖母あるいは悲劇のヒロインとして描かれていますw


19. 2018年8月01日 13:19:35 : 1Ut0BAvAIA : 45wRCXOFwOg[4]
↑のhttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=102515 が削除だったが、↓の朝日系のブログにあった閔妃の偽物とされる写真のリンク先も全削除になっていた。


第68題 閔妃の写真はなかった
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dairokujuuhachidai


1、閔妃の写真を否定する新説

流布されている閔妃の写真

 閔妃について簡単に概説すると、彼女は1866年李朝第二六代国王高宗の妃となり、宮中内外に閔氏一族を扶植して勢力を築き、舅である大院君と生死を賭けた熾烈な権力闘争を長年にわたって繰りひろげた。最後は日本公使三浦梧楼らにより日清戦争終結半年後の1895年10月に暗殺された。現在は明成皇后と称されている。

 朝鮮史関係の本の多くにはこの閔妃の写真が掲載されており、一般に流布されていると言ってよい。インターネット上のHPでもよく紹介されている。

http://www.bishu.jp/r-yagi/koria/saito/rekisi-sp9.htm(削除)

http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/t.paneruten.htm(削除)

http://www.tabiken.com/history/doc/P/P208R100.HTM(削除)

(以下略)


\\\\\\\\\\\\\\\\\

カメラを睨み付けてる強面女性が本物の閔妃ではなかろうか。

閔妃の写真検索結果
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E9%96%94%E5%A6%83%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%8C%E7%84%A1%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%9A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧