★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13 > 770.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
堀潤「NHKだけが戦前の落とし前をつけていないんです」(R25) 
http://www.asyura2.com/12/hihyo13/msg/770.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 5 月 04 日 08:21:00: igsppGRN/E9PQ
 

堀潤「NHKだけが戦前の落とし前をつけていないんです」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130504-00000006-rnijugo-pol
web R25 5月4日(土)7時0分配信


もともとジャーナリスト志向だった堀氏は、「NHKの在り方を変えたい」という心意気で同局に入社。戦前からの悪しき体質の改善を目指す、野心にあふれたフレッシャーズだったという


震災以降、メディアと報道の在り方について、僕らの胸中には様々な疑問が湧き上がった。報道の役割とは何か? 受け手はそれをどう吟味するべきか? 今回は4月1日にNHKを退職したばかりのアナウンサー・堀 潤氏をお迎えし、乙武洋匡が“報道との付き合い方”を語り合った――。

乙武: 堀さんとは同世代ですし、ずっと気になる存在だったんです。Twitterなどを見ていても、“異色のアナウンサー”だな、と。堀さんのようにカラーのある、もしくはカラーを打ち出そうとしているアナウンサーって、民放ならともかく、NHKでは珍しい存在でしたよね。

堀: それは、どこかギラギラして見えたということでしょうか(笑)。

乙武: ギラギラ…とはちょっと違うかな(笑)。自分自身をどう見せようか画策しているというより、「伝える」ことに誠実であろうとするがゆえに、カラーを出さざるを得なくなっているような印象を受けたんです。NHKという組織のなかでは出しきれないものを、Twitterなどほかの場所で発信する。そうした行為に「窮屈なんだろうな」と感じていたので、堀さんがNHKを辞めると報じられた時は、多くの人にとっては驚きだったかもしれないけど、僕にとっては「やっぱりな」という印象の方が強かった。それは僕自身が学校という現場で同じ思いをしていたからこそ、感じ取ったことかもしれないけど。

堀: そういっていただけるのはうれしいですよ。僕はもともと、アナウンサーではなく週刊誌の記者になりたかったんです。“メディアが伝えない○○の真実!”みたいな記事がやりたくて。

乙武: へえ、それは意外。何かきっかけがあるんですか?

堀: 1994年に松本サリン事件が起きた時、罪もない人がメディアスクラムで犯人扱いされましたよね。学生ながらにその様子を、「おかしい」と強く感じたんです。折しも世の中は、バブル崩壊の余波でリストラされる人があふれ、それを苦に自殺する人も大勢いて、さらには子どもが子どもを殺めるような事件も相次いで…、おかしなことがたくさん起きていました。そこで、文学部だった僕に何ができるかというと、弁護士になるのでも経済学者になるのでもなく、「これ、おかしくないですか?」と世に問うことだと考えたんです。

乙武: 何かしら社会に対するアプローチがしたかった。そして、自分の学んできたことから、「ジャーナリズムだ」と思ったわけですね。でも、週刊誌の記者を目指していた学生が、なぜNHKのアナウンサーに?

堀: 僕はドイツ文学科だったのでいろいろ調べる機会があったのですが、ドイツは戦後、ナチスが招いた悲劇をしっかりと反省し、国家体制からメディアの在り方まで厳しくテコ入れをしているんです。ところが、日本はわりと戦前から戦後にするっと移り変わっていて、メディアにしても、朝日に読売にNHKと、主要プレイヤーが戦前とまるで変わっていないわけです。

乙武: ああ、なるほど。そういう観点で考えたことがなかった。つまり、日本のメディアは、戦争に対する総括や反省というものをきちんとしていないんじゃないか、と。

堀: ただ、よく紙面を追っていくと、新聞各紙は社説欄で「なぜ我々は大本営発表に加担してしまったのか」みたいな記事を載せていたりして、戦前の過ちを認め、謝罪しているんです。ところがNHKは、ぼんやりと「当時の体制ではやむをえなかった」といった意味の発表をしただけで、いわばちゃんと“落とし前”をつけていない。だから、「そんなのおかしいですよ。それじゃ何も変わらないですよ」と、NHKの入社面接でいったんです。みんな笑ってましたけど、それでも「君がNHKを変えられると思っているなら、一緒にやろうか」と拾ってもらえた(笑)。

乙武: ええっ、入社試験でそんなこといったんですか! いっちゃう堀さんもすごいけど、採っちゃうNHKもすごい。でも、「NHKを変える」という意気込みで入社したはずなのに、この3月で退社されることになった。次回は、なぜ堀さんが辞める決断をしたのか、詳しくお聞きしたいと思います。

(構成:友清 哲)

【今回の対談相手】
堀 潤さん
1977年、兵庫県生まれ。立教大学・文学部ドイツ文学科卒業後、2001年にアナウンサーとしてNHKに入社。原発事故報道に関する同局の報道姿勢に疑問を持ち、2013年3月末をもって退社。現在はパブリック・ジャーナリズムへの取り組みの一環として「8bitNews」を手がけるなど、新たなメディアの形を求めて活動中

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月04日 13:53:17 : hBCOqRN1xg
大本営発表に加担したんじゃなくて、元々朝日、読売はアメリカと通じて日本を対米戦争に導いた首魁の一部だろ。NHKもお仲間かな?

02. 2013年5月04日 22:01:14 : rjpmaLs936
NHKだけ?そんなことはない。当時存在した全てのメディアが、落とし前をつけていない。もしつけていれば、今のような報道姿勢になるわけがないではないか。

03. 2013年5月05日 02:21:51 : 3PJAqRzx3M
>>01
>元々朝日、読売はア

読売は知らぬが、朝日は少なくともはじめのうちは反対だったよ。
だが不買運動をされてやむなくだ。


04. 2013年5月05日 05:12:02 : VtOEAeXZZM
そう、朝日新聞が軍国主義礼賛に転じたのは、最後発。
何故なら、そうしないと売れなかったから。
先にそうしてた毎日新聞は、部数が順調に伸びてた。
要するに、視聴率目当てにデタラメでもなんでもやる今のテレビ局と、同じ精神だった。
朝日新聞は終戦後、編集局長含め幹部は全員辞職、国民に全面謝罪の社説を書いている。
「それで済むか」という批判はできるが、非違を働いたことをはっきり認めていることは否定できない。
間違っても、順調に伸びた部数をタテに居直るような素振りは見せなかった。

嘘偽りデタラメ煽動、あらゆる悪徳をやりたい放題の辛坊「自殺すればいい」治郎が、「事実に反することを一方的にまくしたてている」という批判にすら、視聴率をタテに居直り続けているのとは、次元が違う。

辛坊「自殺すればいい」治郎やそのお仲間どもは、ことあるごとにエラそうに朝日新聞の罵倒をしたがるが、私には、現役の犯罪常習者が他人を犯罪者呼ばわりして得意がっているようにしか見えない。


05. 2013年5月05日 07:47:30 : rjpmaLs936
>>3
つまりそういうので容易に転ぶような芯のない、へたれ新聞ってことだろ、なお悪くねぇ?
そういう新聞だって見透かされてたからこその例の事件だったりするんじゃねーの?

06. 2013年5月05日 22:18:54 : BOyt7UOEAs
大手マスメディアの基本は全て大本営です。もともと、新聞社の社屋は国有地の払い下げであり、記者クラブでは記事を払い下げられ、そしてリークをそのまま刷り散らかす。NHKについて言えば、受信料などインチキな強制行為と中途半端な報道などせず、国有化し、北朝鮮並みの口調で万歳報道やっとればいいのです。毎日北朝鮮のミサイル報道をやっていたが、どうなったんだろうね、あの騒ぎようは。危機感を煽る大越アナの語り口に問題ないのかね。

07. 2013年5月09日 13:22:39 : ootLl6kqHo
朝日新聞は、”夕日新聞”になりました。滅び行くメディアの象徴です。

テレビ朝日の報道ステーションは、昔、久米キャスターの頃と

較べると、コメンテーターの質が落ちている。古館さんは頑張っているが

コメンテーターの腰が抜けている。

心ある論客は朝日を見限っている。


08. 2013年5月10日 01:48:44 : FfzzRIbxkp
電通の話も聞けるといいな。
久保純子アナウンサーが電通社員と結婚したでしょ。
紅白の司会にも大抜擢。
NHKのあとは TBSに天下りしたし、故飯島愛さんの後釜の番組にもでてた。
ぜんぜん違うキャラクターだから驚いたけれど、
電通の女房だとこうなるのかな、と今さら思う。
飯島愛さんも突然死で、なんだかおかしいしね。

電通の独占禁止法にNHKが加担しすぎだよね。
NHKに払っている受信料が電通の怪しい犯罪に使われていたら、あほくさい。
オウムがもろ、そうだったでしょ。


09. 2013年5月10日 23:19:18 : txKoq6KBVw
堀潤は臭い屁を出す奴だな。あまり信じない方がよさそうだ。
https://twitter.com/8bit_HORIJUN/status/332056523591262208

堀 潤 JUN HORI

なのでTPPの話が進められようとする今こそ福島県の一次産業の取材を継続しようと思いました。NHKを退職した理由もその一つ。明日も夕方から福島市に参ります。福島大学では農地の詳細な汚染地図をつくり風評被害を防ぎ、農業再生を目指す取り組みも行っています。@osakananomoto


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧