★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 108.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
観念的狼狽より人類を見つめて
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/108.html
投稿者 金十字架 日時 2012 年 6 月 21 日 23:51:43: mfAWtS4GF8MpY
 

(回答先: 自己認識で済みませんが、 投稿者 日 日時 2012 年 6 月 21 日 06:20:20)

皆羊以上の存在であるという例えはなかなか分かりやすいと思います

私もそうした例えに近い考えであることに異論は在りません

さて原発板でのあなたの苦悶に満ちた数々の申し出に
私もまた苦渋に満ちた表情になってしまいました

私が喜んで参画を申し出したいものはと言えば例えば

警察庁の職員の"商売"があがったりになるほどに
人々が一致団結して各々周囲の存在を
「善意の固まり」として「認識しあう」というような運動の事です

さてそのような申し出があったとして私のほかに
一体誰に受け入れられると云うのでしょうか

大抵そうした事案が掲げられるとなると多分に
「市民自らが悪事を撲滅追放する為に
"そうした目線"で人々を監視しパトロールしよう」と云った事に即断されるでしょう

もちろんこれは例えの上での事ですが
こうした事実が違和感なく受け入れられると云う事は
実に観念的な目線のあることに気付くでしょう

しかし大抵は誰にも違和感は無い様で異論なく受けとられます

一体何故でしょうか

そうした考え方は悪く言えば惰性による無自覚さであり
良く言っても共有された認識の利便性として受け容れられているといったところでしょう

私から言わせてみれば観念的なやりとりは形ばかりのもので
当初の理念とも言える"中身"から逃げているのです
そうしたことは実際既に行われている筈でありますが
そのような行為は結果事実とはまるで正反対
期待していた事とは真逆の効果しか産まないと言えます

人々はけして周囲から警戒を怠らないようになってしまうでしょうし
人々の関係はもっとも厳しい状態に迄創り上げられる事でしょう

これがこの日本の文化及び日本人の姿として
人々の相互間の印象の中に定着して久しいものです

ここからが私の言わんとする点です
現在の人類から同種である人類へ向けられる目線とは
長らく定着して久しい人々の中に潜むとある「観念」から解き放たれています

そこには「人間とは生まれながらにもともとロクでもない存在である」といった
考え方の根本にして柱となる「性悪説」からなる
観念の構築体を生み出しています

人々はこの観念の囲いから抜け出せないように感じて
自分を苛んでいるだけなのです

ある時代には「原罪」としてそれは採用されました
勿論その目論見は成功して当初の期待以上の効果を上げる事となったと云えますが
すべて不安をもって人々をコントロールしなければならないと云う
"純粋な"考え方があったからです

人類は現在迄こうした観念を強化する為に日頃から
ニュースや新聞によって様々な物的証拠にまざまざと"見せつけられて"います

勿論それが事実である必要はどうでもよいことで在りながら
しかし実際はそうした観念によって放たれた目線が
そうしたものに惹き付けられて行き心が釘付けになっているに過ぎません

新聞やニュースに目を通しその中から問題視する内容ばかりに目が行くのは
それに類似した心の中の観念が渦を巻いて働いているからです

つまり自身でそうした証拠を探し歩いているのです

まずはこの話はここ迄にしておきましょう

さて目にする周囲の人間及び世間全般を「心から信頼する」と云うような事を
「あなた方人類はそれが可能なのかどうか」という
これは神(全体的な自己)に叩き付けられた挑戦状とも言えるものなのです

(実際上記のような事実は在りませんが
私がもしこの舞台を創作するとしたらまずまずのフレーズでしょう)

そのように考えると奮起するものが居る傍ら
全く幻想的で現実とはかけ離れていると
ひたすら批判するか若しくは批判する価値すら無い様に云う方も
居られるに違い在りません

しかし現実とはまさしく夢うつつであり
あなた方はその無差別に抱き込んで意識に住まわせた観念の所為で
本来一般的に言ってもまったくの自由である筈の夢の中でさえ
責め立てられつづけ自由ではないと感じているのです

これを逆に例えたらこうです
"必要な観念だけを自分のものとして持ち合わせる事が出来るのであれば
夢だけではなく現実でさえも自由に作り上げる事が出来る"

つまり希望を持って言うなら「夢と現実は同じものである」

さてここで話をまた戻します

警察職を破綻させるほどに
法律の撤廃が実現化するほどに
政治家が食い扶持を失う程に
一人一人が実践すべきは「個々における意識の活用」であると言えます

まず精神があり意識の在る場所に物質的身体が産まれるのであって
その逆では在りません

集団行動を展開するにも"組織化された心"がなければほぼ不可能であるでしょう

私はもともと性善説を唱える一派と看做されても差し支えの無いほど
その思想に傾倒して来た訳ですが今をもってもそれは正しいと考えて憚りません

今こそ復興すべきなのは陽明学に於ける「心即理」の
現代語訳的エッセンスをちりばめた「人々へのコンタクト」です

人々は「物事を選択する権利」の所有は認めるものの
自己の無力さの方がその権利を上回っていると感じています

何故そう感じるかもすべては人々の心理的意識に入り込んで
今や揺るがないように構えているそれらの「柱」です

よって自らの権利はすぐに権威や司法の前に棚上げしてみせてすべてを委ねるのです

つまり「自身に依存する術」を知らずに
尚も他力にのみ依存し懇願しつづける事が正しいと考えているのです

よってますます被支配的在り方を望んでいると云う姿勢をそこに見せ続けることになります

当然そこに支配の必要性や妥当性が続くと云う事になります

人々が互いに信頼しあい善良で心豊かな生き方ができるものでしょうか

人々つまりあなた方はそれを一蹴するや
「まず出来ない」と盲目的に結論づけるでしょう

そしてなにかしらの統計や歴史年表といったものを取り出してくるのでしょうが
そうしているのはなによりも現在のあなた方で
行動を起こす自己という現在の意識は「過去」に在る訳では在りません

あなた方が今変われば過去に消失していくかに見える
「その時のあなた」も変わることになると云えるのですが
そうした事を一笑に付してしまうのが当然だと云う考えが反射的に
自我から発せられるのです

誠に盲目的だと云わざるを得ませんが
そうした考え方をあなた方は「選んでいる」と云う事なのです

過去のあなたも又今現在点に改めて"作っている"又は
"維持し続けている"と云える事は事実として認識出来るのではないでしょうか

大方の人類ははそのようにして自分達の宿命(と迄は云わなくとも人生)を
否定し続けそして"呪って来た"と云えるのです

他者なる社会全般の悪を"呪い"
そして望みのままに立ち行かない自分の人生をも又そこに"呪って来た"と云えます

あなた方は自身の選択したルールに沿って
そのような自己の在り方を選択し"続けて"いるのです

ここまで理解出来るでしょうか

正直さや正しさとは何をもってそう言えるのでしょう

自分に正直であると云う事とは自分の力を否定する事では在りませんし
自分の力を限界無きものと感じることは自分に嘘をつくと云う事では在りません

物的証拠を誰かに証明しなければなら無いような
どのような義務もそこに有りなどしないのです

何度も言いますが「恥と云う文化」をネガティヴに捉え過ぎです
恥を恥と思わずに済む文化もまたあるのです

西欧人が未開地と呼び
そこに侵略しに来て土着の裸族を見て
「恥ずかしい」だとか「野蛮だ」などと思い込むのもまた
非常にそれこそが程度の知れた観念的な在り方である事が理解出来るでしょう

そこに言えるのはありのままを見る力が失われているという事です

それは日本人にも
そしてここでの大方の方々についても同じ事が言えます

観念的に捉えて観念的に紡ぎ出す

惰性での作業が連綿と連なっているようにも見えます

どのような出来事をもろくに精査もせず
受け入れるままに呑み込んでは
そしてそれを単にまた吐き出そうとするばかりのようです

かつての私もそうで在った事を踏まえて話させて頂いています

私の意識に在る自我は既に数年前と同じではありません
つまりその時迄の私は既に変化して
この数ヶ月感は日増しにバージョンを移り変えています

観念の構築体としての自身を時に自負してまわる事もあったと思いますが
感情的になってただ気勢を上げて行動をしているだけでは
短期間(現在の平均寿命)での意識的進化は期待出来ません

人類の進化とは意識的な進化の事と言えます

そのような進化など「期待出来ない」とする考え方から
刹那的な"事なかれ"人生を
自ら選びとる為の理由として挙げる者も少なくないでしょう

程度の違いこそあれ自身のコンプレックスというものは
大方どの諸氏もお持ちであり
それは認められる事と思います

それを行動へと押し上げる力として利用しない手は無いものの
そのコンプレックス自体は誠の自身と相合うことなしに
つまり本来の自己との調和を見せる事は無い為に
(あなた方の言葉で言えば神ということにもなります)
それらの行動を通して本当に自分の力を"(制限されたものではなしに)
「信じきれている」"と云う事にはなら無いのです

人々は自身の担う「責任」という言葉に酷く畏怖と恐れをもっていると感じられますが
それもまた言葉に被せた観念的なやり取りの中に
いつのまにか定着を見せてしまったものであるでしょう

つまりそれは出来る事だけでなく
すべきでない事やしたくない事
若しくは承諾しえない「出来ない事」迄をも
この経済中心の社会観の中では
通常それを半ば"半強制的"に差し迫るものとして
任務の中に認められているといった"きらい"が有るのです

故に人々は「責任」といった言葉にネガティヴな音の響きを聞き取るのです

組織的な在り方を維持する上ではそうした考え方は一般的です
またそれは組織を統率していく上で「なくてはならないもの」になっていますが
本当にそうしたものが正しいのかといえば
私はまったく誤った考え方の上に成り立っていると言えるのです

「行動」には必ずその「責任」が伴うものですが
それは本来の意味ではただ
「出来る事をする権利」とでも云うものです

それがそのまま本来の行動に付随する「責任」として
自発的な行動として現れるものであるだろうと思います

誰もがそうした自発的な行動を牽制する意味で「責任」というものを
怖れていたのではまったく話にならないでしょう

そのようにして「抑圧された」不安が基調のこうした世の中では
ある意味"一定のレベル"の人間は捨てられても何も言えないような
そうした視線を浴び続け
身動きが取れない運命に在るとでも言われているようです

根本的に人々が動き出せないのを無理無理動かそうとするような方策は
私の望む世界の在り方では在りません

あなた方は全く真逆で正反対の
「二つの対立した観念」の"どちらにも同意している"ことで
普通は何かしらひずみが産まれて障害が発生する筈ですが
何かしら無力であることを認め選択肢を失うその一方で
"社会に属すもの"としての「手形」を"しつらえて"
あくまで社会道義的遵守者としての道を肯定的に捉えることで
相違する観念の融合に成功をみるものも居ます

しかしながらそこでは"無理からぬ義務"としての
組織下の制限措置を甘んじて請け負うことになります

勿論こうした意見を「何をバカな事を」と云うのが大方の「反応」であるでしょう
長らく続いて来た経済社会の衰退は
私には十数年前から予期されていた事でした

資本と共産の両方の在り方が必要な時代が来るとここでも何度か書いたものです
戦争版に確かに刻まれている筈です

今言い換えるならば経済はサービスに特化し
それ以外は経済から切り離された仕事もしくは芸術や職人文化継承の為として
大いに人々のやりたい事をやれる世の中に移行していくということです

私たちは力をけして無くしては居ないと云う事です
ただ無いものだと信じて居ると云う事を告げたいのです

まったくそのようにして矛盾した心理状態を維持し続けている今も
決壊を想起させる軋んだ音を鳴り響かせつづけているでしょう

未だそこでは一方の観念の成就を
他方の信念が妨害していると云った状況が産まれて居りるのです

結果としてその双方が融合し複雑に絡み合った結果として
「出来ない」と云う否定的事実を受け容れながら
静かに燃えていると云った「混乱した状態」だけが
現実的な人々の状態として産まれ続けているのです
そしてそれが尚も定着を見せ"続け"ているのです

そのような状態を長らく続かせているだけで
そうした観念は次々に呼び寄せられる物的証拠により
望まない状況をますます産み続けているようにして
抑圧された感情を募らせつづけることでしょう
そしてそれは"そのように"「日々」強化されていくのです

結果としてそうした惰性の中に身を投じる事とは
「信じたい事があってもなかなかそれを信じられない」とする状態に
腰を落ち着かせるだけの自己を獲得していくだけでしょう

まったくもう一方の人格(例えば救世主や破壊神)が
その心の抑圧の中に投影されて感情的エネルギーとして生み出される迄
いつまでも地団駄を踏み続けるのでしょう

どうして個々の可能性を押しやるのでしょうか
どうして他者を押しやるのでしょうか

何故自分にそれが不可能だと云えるのか
何故望ましき事を素直に直視できないとするのか

何故人の可能性を信じられないままとするのか
何故自身の可能性を信じるままにしておけないのか

それは迷いの在る心として
人々がコントロール支配され易くなる為の
根強い「否定的な観念」が潜むからなのです

権力や権威への強い憧れを示すのは
当然自分自身が無力だと感じていればこそのものです
それは裏を返せば大いなる力を持つものへの嫉妬であるともいえます

自我(自分自身)とはまさにそのような性格を帯びた意識であるとも言えます

かといって自己を取りまとめするのはあなた方自身なのです

そうした嫉妬心や嫌悪感を他方に強くもてばもつ程
ますますそこには"開き"が産まれてくるのは確かな事なのです

つまり何かを罵っていてはますます「無力な者」としての信念を
より一艘強化し続けるだけだと云う事です

それを更に言い換えればこうです

あなた方すべてはそのような否定的感情の一切を捨ててこそ
大いなる存在そのものとして一体であるということが出来るでしょう

そして人々の間には無数の架け橋が在り
そこには可能性を互いに認めあう時に分かちあう事の出来る
可能性の宝庫であると言えるのです

私は此処に独り言を書き始めておよそ10年経ちますが
ようやく物事の本質的な考え方に出会ったと云う感想を持っています

感謝する事が何故必要なのか
本当の愛とは如何なる心理的状態なのか
諦めると云う事がもたらす力の解放ということまでもが
手に取るように理解出来るようになりました

何かを敬遠したり受け入れられないとする素直な好みの一方で
全てを受け入れ"なければなら無い"とする訳でもありません
しかしある"一定"の拒否感情が成就のすべてを阻害する事は確かな事実である訳です

言葉とはある意味極端な発想のもとに人々の心を縛り付ける事にしかならず
それは時代時代を代表する有志の人々らにも実証されて来たと考えますが
まさしく現在の凝り固まってしまった人々の観念体系を一旦ここで
洗いざらい崩してみせなければならない時期に来たものと感じています

意識の進歩には歯止めをかけられそうも在りません

私はどのような観念がどのような犯罪を生み出しているものなのか
またどのような観念がどのような価値観を生み出し
どのような人類総出の観念群が事件や事象また事故などを創出しているものなのかを
まとめて書籍にでもしたいくらいだと考えています

それが私に出来る事としては今もっとも
「やりがい」の在る事だろうとも考えています

私は今後も和をモットーとするものであり
周囲のものに対し調和がすべてであると説き続けていきます

また自身に対しても調和を促す事が大事だと知る者です

これは日氏だけに当てたメッセージでは在りません
私が常日頃溜めた想いが
ひとりでにタイピングを走らせているとすら言えるかもしれません

敬愛なる日氏へ
「収穫」とはまたそこに被せた意味合いは観念的に過ぎないものではないでしょうか
そこにどのような対立的感情が浮かび上がるのかは大凡の見当はついていますが
そのような観念的な煩わしさの中に
あなた方はいつまでも自由を束縛されるべきではありません
結果は目に見えています

あなたの時折口にする合気の意識とは
そのような観念を越えた所に誠の自己の無限性を見出すと云う事に在ります
それは次元を越えた立ち居振る舞いとでも申しましょう
量子論的とも言えるかもしれません

つまり己に限界を見出さない事にあるのです
あなた自身を越えるのはあなた以外ないのです
自身を過小評価されませんよう

そして何より「性善説」を本気で訴え上げる為の準備は
既に出来上がったものとして私は此処に立っています

しかしまだ機は熟していないのだとすれば
それはただ自身の由来するものの中にのみ
それを赦すものが在るのだと云う事です  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月22日 19:56:44 : 93AZ3rqgJ6
気持ちはわかる。
私個人は少なくともわかるような・・・気がする。
一般人にはわかりません。通用しません。
先刻ご承知のことだとは思いますが。

喩え話しに昇華するんですな。
自分なりに考え行き着いた思想を、子供でも理解し得る喩え話しに。
そこまでしないと、共感を得られない。

そんな繰り返しで宗教は堕落したのでしょうな。


02. 2012年6月24日 23:34:18 : 2mLKszjwpc
>01
あなた方は実に観念的な生き物として生存する事のみにしがみついているということに気付かないのです
そしてこれが一般人にむけられた共感を呼び込むような内容の文章では無いと云う事を見抜くのであれば
初めからそのように書かれたと云う事にも気付ける筈なのです

宗教という言葉の本当の意味も使い方もあなたは理解していないように見受けられます
あなたはこの文章から私が組織的な宗教というものに関心が無いと云う事が理解出来ていません

あなたが評価するように私もそうしたあなたをこうして評価出来るのです
実に観念的に生きている人々の多い事をこうして私も又目の当たりにしているということとは
あなたが代表して私に伝えて暮れている事ですが
私がそのようにあなた方を見続けている事にもひとつの原因が在るように思います

ですから此処迄にしたいと思います

あなた方にはあなた方の知恵を駆使し
「絆されるだけの」知り得た感情に因る
ヒューマンドラマを今後も見続けていく権利が在ります

私はその邪魔をするつもりは在りません

理解出来ない事があれば理解出来る事だけに目を向けていればよろしいではないですか
あなた方をコントロールしようなどとは思ってはいません
あなた方も又人をコントロールしようとはしていないでしょうね

それこそが宗教的と世界観と云えるものである事を知る
良い機会というものに巡り会えると良いですね


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧