★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 195.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
命懸けで主張するに値いする事
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/195.html
投稿者 地には平和を 日時 2012 年 8 月 31 日 02:29:59: inzCOfyMQ6IpM
 

それを言えば殺されかも知れないという内容こそが命懸けで主張するに値いする事だ。
どんな内容がそれに当たるか?
通貨発行権の問題が最大だと思う。
政府紙幣を発行しようとしたリンカーンとケネディは暗殺され、アフリカで金貨を発行しようとしたカダフィも殺された。
日本政府紙幣の発行を強力に主張したら殺されるかも知れない。
これこそが世界権力を維持する根幹の問題だからだ。
命懸けで政府紙幣を発行し国民に金を配れと主張しよう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月31日 12:06:50 : zWtxZbDuyo
そうでしょうね。やっぱり金を作る権利でしょうね。

ロシアで赤色湯だ世界権力が大殺戮をやったのもロック輪転機の金でしたよね。
尖閣と同様に日華事変を誘導した湯だコミンテルンも輪転機だ。

311大殺戮や放射能による日本人絶滅アジェンダも道徳も感情もない輪転機でしょうね。

日本人が考える所の道徳が無い集団が大陸に存在することから、2番目に命がけで主張することは悪の湯だ偏差度凛ですか。メーそんとかいるミーとか下部組織らしいし。他人に感情移入せずに絶対お前をいつか殺してやるぞというのが欧州支配層でしょう。

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1716234.html


02. 2012年8月31日 13:06:12 : 8hk0duzcU2
>政府紙幣を発行しようとしたリンカーンとケネディは暗殺され

リンカーンは聞いたことがありますが、ケネディとカダフィは知らないです。

>日本政府紙幣の発行を強力に主張したら殺されるかも知れない。

IMFからの「不良債権処理」や「消費増税」の要求に抵抗することもできない日本の政治家だから、邪魔者は小沢氏や中川氏のようにされるだろうね。

>命懸けで政府紙幣を発行し国民に金を配れと主張しよう。

日本だけでは村八分にされてしまうよ。まずアメリカに政府紙幣を発行してもらおう。
しかし最後には物造り日本が勝つでしょう。
経済とは生きるための物を産み出すことだから金融には負けない。


03. 地には平和を 2012年8月31日 22:02:51 : inzCOfyMQ6IpM : Seni0xKm2s
ケネディは政府紙幣を発行して暗殺された
http://shibui.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-e475.html

東京12チャンネルの「都市伝説フリーメーソン」でケネディが宇宙人の存在を明らかにしようとして暗殺されたと馬鹿な説明があったが、テレビも新聞も真実を伝えられないほど、それこそフリーメーソンの強い支配下に置かれてしまっていることがよくわかる。ケネディは、FRBを私有している銀行家を排除しようとして殺されたのである。1963年6月4日、ケネディにより政府紙幣の発行を財務省に命じる大統領行政命令が発令されます。ケネディが発行を命じた紙幣は、FRB発効の銀行券と同じデザインで政府券と印刷されたものです。財務省によって発行された42億ドル(1ドル360円)は、1963年11月22日にテキサスのダラスで暗殺されると速やかに回収されてしまったのです。レーガン大統領も所得税の使い道を調べて銃弾を受けましたが、実は政府紙幣の発行を巡って暗殺された米国大統領は第35代のケネディの他に3人居られるのです。最初は、16代大統領のリンカーンであり、二人目は20代のガーフィールド、三人目が29代のハーディングです。この四人も通貨発行の権利を連銀から政府に取り戻そうとした人達なのです。中央銀行が問題になるのは国家から利息を取るからなのです。日銀が一枚25円で一万円札を印刷して、それを日本国に額面通り一万円で売り、その利息まで取るのですから、その利益は莫大なものになるはずです。それに加えて、日本も含めて米国以外は資料がありません。利子を支払うための資金の出所が不明なのです。米国の場合は利子の出所は個人の所得税で、国民のために使われるべき税金がFRBの支払いに消えているのです。これが国民を貧乏にしている原因なのです。そして、この通貨発行権の重要さを見抜いたのが、欧州の全中央銀行を支配するロスチャイルド財閥なのです。「私に通貨供給をコントロールさせてくれ、そしたら誰が法律を作ろうが気にならない。」まさに世界を牛耳る源が通貨供給の権利であることを明確に表している言葉である。米国連邦所得税の額は国の総税収の約半分を占めている。そして、その金が連銀に渡されてしまうのです。しかも驚いたことに、この収入が連銀の中で、どう使われているか誰もわからないのです。連銀は銀行とは言え設立以来監査報告をしたことがなく連銀を構成する株主の数も名前もわからないようになっているのです。日本の日銀も同様で、一般的には日本国の税収は40兆円、支出は80兆円と言われ、足りない40兆円は国債によって賄われていると言われていました。ところが、実際の支出は200兆円もあったのです。一体この120兆円はどこに消えたのでしょうか。おそらくは、政府紙幣なら国民が払わなくても済む所得税ではないかと思われます。この所在不明の120兆円の支払いがなければ、どれほど日本国民も楽な生活が出きることか。そしてこの所在不明の120兆円の問題を追及しようとしたのが、石井紘基議員でした。しかし、その熱血石井議員もケネディ大統領と同じように、平成14年10月25日に暗殺されてしまいました。ヨーロッパ王族と国際金融財閥を中心とするフリーメーソンの力は、日本の総理大臣など足元にも及ばないものなのである。


04. 地には平和を 2012年8月31日 22:05:20 : inzCOfyMQ6IpM : Seni0xKm2s
2011-08-27カダフィ NATOの狙いはアフリカ統一通貨阻止 ドル体制維持 (日本語字幕)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/08/nato_d3e1.html

05. 2012年9月01日 19:34:06 : 8hk0duzcU2
>ケネディは、FRBを私有している銀行家を排除しようとして殺されたのである。

これは確認しようがないのでコメントのしようがないのだけれども、FRBの仕組みで言えばかなり違っていると思うよ。しかもFRBと日銀では現在のところ大きく違うね。日銀は政府が半分以上の株を持っているし、国債との差額収益や税金も国庫に納めている。将来的には注意をして行かないと日銀の独立性とか民営化とかいう論調が出だすと危険信号でしょう。

>日本の日銀も同様で、一般的には日本国の税収は40兆円、支出は80兆円と言われ、足りない40兆円は国債によって賄われていると言われていました。ところが、実際の支出は200兆円もあったのです。一体この120兆円はどこに消えたのでしょうか。

これは意味不明なのですが、金額から推測すると特別会計のことを言っているのかも知れない。それなら日銀の仕組みや政府紙幣とは無関係の別の問題だと思うよ。

せっかく教えていただいたのですが内容自体が大雑ぱなのでどうしようもないですねえ。 とりあえず有難うございました。


06. 2012年9月02日 00:09:02 : 8hk0duzcU2
>命懸けで政府紙幣を発行し国民に金を配ればどうなるでしょう。

FRBの蔭の支配者に気付かれずに政府紙幣を日本が発行した場合に日本はどうなるか予想してみました。

国債は借金ですから金利を払う必要があるし、いつかは償還しないといけませんが政府紙幣はその必要がないですね、発行額も政府が必要なだけ発行できます。
経費を掛けずに政府に大金が舞い込んだようなものです。
景気を良くしようと大量に発行すれば超インフレとなるでしょう。

このとき他の国から日本をみればどうでしょうか。日本中にお札が溢れているので円の価値が下がり円安になります。ゆわば、市場ルールを無視した自国通貨の切り下げですよね。

財政に関係なく景気を良くすることが出来る、一石二鳥の政府紙幣ですが諸外国の反発を招くことが明らかで、世界から村八分にされますよね。
世界貿易機関WTOから排除くらいは覚悟をしないといけないでしょう。
そりゃあ赤信号みんなで渡れば恐くないで世界大戦前の通貨切り下げ競争と同じ状態なら戦争が起こるかもしれません。

まあ命をかけるというより鎖国をするくらいの覚悟は当然必要ですから、政府紙幣の発行を論じる人は経済理論馬鹿と言う事でしょうかね。

アメリカのFRBの株主問題と政府紙幣発行とは問題がまったく違います。
アマリカのドルは日本の円と違ってお札ではないのです政府の債券なんです。


07. 2012年9月02日 00:38:43 : 8hk0duzcU2
>アマリカのドルは日本の円と違ってお札ではないのです政府の債券なんです。
訂正します。↓
アメリカのドル・・・・・

日本のお札は「日本銀行券」と書いていますが、ドル紙幣はフェダレルリザーブノート(連邦準備圏)と書いてあります。

これはアメリカ政府がFRBに渡した、金利が付いた大債券を金利の付かない債券(ドル紙幣)に小さくして世界中にばら撒いているということです。

FRBは事業税が免除らしいので、政府から金利が取れて大儲けだと思うのですが。〜〜〜またここから先が分からないのです???イラン、イラクのようにドル建て拒否とかドル基軸通貨問題になるともう分からなくなるのです。


08. 地には平和を 2012年9月02日 11:37:01 : inzCOfyMQ6IpM : Vw4QpwiNW2
バラまき過ぎてハイパーインフレにならないように加減しながら国民に給付すればいいと思います。国が自国民と自国経済を守る為に政府紙幣を国民に給付してはいけないなんて理不尽過ぎるでしょう。日本国民が購買力を付ければ外国からの輸入も増えるでしょうから外国にとっても歓迎のハズです。世界はもっと日本人に物をかって欲しいのです。円高なんだから本来もっと買えるハズなのにお金を持っていない国民が多過ぎて買えないダケです。だったら配ればいいんじゃないですか?買いたいものも一般庶民レベルではまだまだ沢山あるでしょう。政府は市場経済を支える義務を果たすべきです。

09. 2012年9月02日 12:44:40 : 8hk0duzcU2
>バラまき過ぎてハイパーインフレにならないように加減しながら国民に給付すればいいと思います。

加減しながらとかいうことでなしに、無制限に出すことができると言う事が問題なので、加減するなら制度を作ると言うことだから日銀券を出すのと同じでしょ。
100円や500円ならすでに政府が出していますよね。

>円高なんだから本来もっと買えるハズなのにお金を持っていない国民が多過ぎて買えないダケです。

その通りだと思います。

>だったら配ればいいんじゃないですか?

ある面では正しいと思うよ。しかし、私も貧乏私も私もとなって政府紙幣でダンボールがいっぱいになって、置く場所がなくなるよ。

台湾の人が日本紙幣ではバナナを日本には売りませんとなったら大変でしょう。
もう鎖国しか手はないですよ。


10. 地には平和を 2012年9月02日 14:38:33 : inzCOfyMQ6IpM : Seni0xKm2s
無制限に出したらハイパーインフレになるので発行額は制限すればいいだけの話では?月5万円の給付をしばらくやって経済が回り始めたら給付をやめるとか給付額を下げるとか調整すればいいだけの話です。台湾の人が日本紙幣ではバナナを売らないとなるまでには相当の発行額が必要だと思います。そうなるまでに出すのをやめればいいだけです。自殺者が減る事の方がバナナよりも大事な問題だと思いますよ。

11. 2012年9月02日 21:29:53 : Nw9ZxRpP7A
いまここに2005年10月31日付の日経朝刊があるのだが、それによれば国の予算は実は300兆円とはっきり書いている。一般会計に地方財政計画を足して166兆円。これに各種の特別会計を足して重複分を差し引いた結果が300兆円。石井紘基議員は別の数え方で260兆円と説明していた。何故にこの規模の支出が可能かといえば財政投融資からの流用分もあるし、年金会計から埋めていた分もある。単年度で300兆円丸々出ていたわけではなく、一度その規模を達成したあとは投資からの利益や回収分を他に付け替えたりして回していたのだろう。自転車操業のようなものだが、損益計算書ではなく貸借対照表を考えれば近いかも知れない。それにしても一般会計ですら40兆円の赤字だが10年続くと400兆円の巨額になる。もはやコントロールできない次元ではないのだろうか。政府紙幣をばらまいて埋めることが出来るか?

12. 地には平和を 2012年9月02日 22:36:58 : inzCOfyMQ6IpM : Seni0xKm2s
>11さんへ 政府紙幣なら財源は要らないんですよ。財政再建をする為には政府紙幣が一番手っとり早いのですよ。これ以上の方法は無い。政府紙幣を国民に給付すれば国民の消費は増えるので税収が増えるんですよ。支出が0で収入が入るんだから財政再建ができるんですよ。他にもっといい方法があれば教えて欲しい。

13. 2012年9月08日 22:19:31 : mLLlCZfUKw
既に、世界中央銀行と言う名前の企業連合体の1社によって世界はほぼ統一されてるのですよ。国家としてみたらわからないだけですよ。統治形態が今までとは違うだけです。世界中のセレブが何故誰もさからわないのか、統一権力が成立してるからです。

ウエストファリア条約で近代国家を作ったのですが時節が動いたので現状に合わなくなり寄生収奪できないので、奴らユダヤサンへドリンは国家を作って収奪するのをやめたのでしょう。いらん事を大衆に言う必要はないですからね。

世界政府だけが唯一通貨を自由に印刷する権力をもつのですよ。日本には政府紙幣も許されることがないし日銀券も自由には印刷できないのですよ。日本人大衆には教えないだけです。総理も財務省もマスゴミも全部が田舎芝居してるだけです。我々の苦しみは永遠につずく。シナの1000年奴隷だった朝鮮と同じ境遇ですよ。

国か個々に競争する時代は過ぎて、世界的大企業同士が世界で過去の国と同じように競争する時代にはいったのですよ。勿論、企業が自前の軍隊も持つようになるでしょう。昔のローマの貴族制と同じです。ユダヤ貴族だけが人間であり法で保護されて自分の子供を作ることができるのですよ。1000年はつずく奴隷制になります。貴族の子供だけが生き残る。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧