★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 218.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re:矢沢永一はんが、大江はんを麻原彰晃と同じだって断言してた。びっくらこいたのー。
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/218.html
投稿者 藪素人 日時 2012 年 10 月 11 日 19:42:07: BhHpEHNtX5sU2
 

(回答先: 大江健三郎『燃えあがる緑の木』、胡散臭くグロテスクでんなあ〜 投稿者 藪素人 日時 2012 年 10 月 10 日 21:22:15)

文章がたどたどしくフントに読みずらくてのー。文を書く経験がほとんどねえ専業主婦あたりが書いたような語り口じゃがな、考げえてみるど、小説はすべてサッチャンの口から語られておる。つまりサッチャンっていう男女(オトコオンナ)が書いてわけじゃから整合性は取れているども言える。
 じゃが、小説全体は面白くもねければ感動ってえもんも皆無じゃった。大江はんと同じくれえの超エンテリだど、こんな宗教的思弁についていけて興味深いのかねえ。
 一口で言ううと、四国の片田舎に心が西洋人になっている集団が住み着いて何かをやっている。登場者たちは日本的なものを思考の土台にするでなく、みな不思議なことに西洋的なものを土台に思考している。日本的なもんはほとんど削ぎ落とされておる。
 そんで思うには、大江はん、この頃、ノーベル文学賞を意識していて、外国語に翻訳されても彼らに違和感がねえように初めからコスモポリタン的小説を目指したんでねえのか。このコミュニティの日本人のほとんどが西洋人的なものを思考の出発点に立てるちゅう奇妙奇天烈な小説になってしもた。日本人向けの小説ってえのより西洋人の受けを狙った書き方だね。

 『燃えあがる緑の木』っていう表題から、作家の仕上げの仕事どすて、人間の生命力の賛歌みてえなもんを謳い上げるのかって期待したが、とんでもねえな、後味悪りぃ不快感ばかり残る、そすて大きな疑惑を突き付けたまま終わった小説だねえ〜。
 下のwiki見て初めて知ったが、矢沢永一はんが、大江はんを麻原彰晃と同じだってええらいこど批判しておる。村上春樹はんも別の人に同じこと言われておるが、この二人怪しいねえ〜、危ねえね〜。
 第二部が完成したのが、オーム事件の直前だから、何か象徴的ではあるねえ〜。コミュニティと村人が対立し、ギー兄が衝撃されたあと、このコミュニティに武闘訓練するグループも出てきた。(ギー兄が、二回目の衝撃を受けたことをきっかけにサッチャンはコミュニティに戻り、物語は進んで行くが、やがてコミュニティは分裂し、崩壊して行く…)。
 こん作家の時代の匂いを感じ取る”感性”は鋭敏だったのかもネギ。当時何らかのモデルがあった可能性もあるな。

 大江健三郎
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B1%9F%E5%81%A5%E4%B8%89%E9%83%8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月12日 19:12:15 : AiChp2veWo
目を閉じて、観れば妖異な覆え春の木。

02. okonomono 2012年10月14日 14:39:22 : ufgCmUGS6CG6M : GPSrSMyYnA
読んでないが、読まなくてもよさそうだな。
内容の紹介をみて思い浮かべたのは、ニック・ケイブの『神の御使い』。
きわめてグロテスクで陰惨な話だが、それをはるかに越えていく。
いずれゆっくりと読み返したい作品。
http://en.wikipedia.org/wiki/And_the_Ass_Saw_the_Angel
http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0194059607
http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0194059615

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧