★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 400.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
喜びの海
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/400.html
投稿者 金十字架 日時 2013 年 3 月 03 日 20:30:15: mfAWtS4GF8MpY
 

(回答先: 問題解決の方法 投稿者 気まぐれな風 日時 2013 年 3 月 02 日 21:15:10)

>01
すべては「ある」でよいのだと思います

大きな原因となる理由として
あなた方が数多の問題として掲げるものを
いつまでも「解くのは難しい」と考えてしまうだけであるのは
「自分を変える」のだけでは意味がないと感じているからです
つまり「他者を統率しなければならない」と考えている所為です

他者の考えをコントロールしようとする必要はありません
他人が知りたいと感じるような生き方をすれば良いだけです

そしてまた自分の自然な欲求を抑え自分をも抑えなければならないと考えるから
他の面で自分を癒し満足させる物を見つけなければならないと考える様になるのです

自分の見ている景色やその五感に感じるもの全ての要素は
「自分の意識に浮かび上がっているもの」と捉えてみて下さい

「自分の意識の中を通って私は"人類全体の思考並びに意識"を覗いている」又は
「人類全体の意識が私の意識を通じて伝えられてきている」と"感じてみる"ことが
このことへの理解の手助けとなるかもしれません

あくまで現実とされる物質世界の様相は人類のさまざまな意識の側面すべてを包含し表されているものです
あなた方に認められていない事実はその世界にも当然事実として現れることはあり得ません

例えば地球外生命に関する情報をシャットアウトしていれば
それが"現れる"ことはないでしょう

人間が空を飛ぶにはある条件を満たさなければならないと言えばそのようになります
ただし"純粋に求める"事によって様々な動物達の独自の進化は"与えられた"ものです

あくまで時間の概念を初めとする様々な概念に括られた次元の中を
我々は"旅している"ので、その括りを通された物事のみを
現実的な理解として体験しているのです

我々はそこで何かを求める存在であると言う事が出来ます
またそうした状態に置かれた存在として我々を見ることもできます

こうした中にあなたの云う"命題"が生まれます
その枠組みで何を求めるかというひとつの命題です
これによって我々がどうした意識的存在になれるかと云うものです

そこでは様々な観念及び概念がそれぞれの肉体的知覚に翻訳されて
経験の基盤である現実的な様相を展開していることになります

そうした概念を持ち合わせていない何もインプットされていない状態の内は
特に赤ん坊としての意識は
そうした大人達の現実の常識を覆す力を秘めた状態にあります

常に新たな命はそこに新鮮さという変化をもたらしつづけます

そしてまた世界には実際にあなた独自に受け容れている考え方も反映されています
常にあなたの「いま」の状態そしてあなたという存在としての在り方が
あなたの体験する現実としてそこに反映されつづけます

あなたはその利用すべき体系を自分の中に意識的に招き入れているのです
高度に身体組織全般に指令を送ってそこに意識を集中し続けているのです

身体に現れる病状は特にそうした現在のあなたの在り方を象徴的に表しています

あなたが全人類に対して否定的であればそのような結末を呼び込むことでしょう
そしてまた自分を消し去りたいと考えていればそうした兆候が現実に現れることとなります
絶滅する動物達もまた自ら自分の居るべき環境を求めているが故です
つまりその事によってこの地上から存在を消そうとしていると見ることも出来ます

そしてそれは叶って居るのです

「霊性の進化」という"命題に於いては苦境は必要なものと言えます
それを単なる"与えられる"「苦」などとは思わないことです

一つの人生に語られるどんな人間性も全体性の中にその必要を見ることが出来ます
あなたの"死"そして置き去られた肉体も他の誰かに役立てられるように

ひとつの人生でなんら個人としての栄えある結果を残せなかったとしても
そのことがまた霊的な価値への理解を深める上では欠かせないものなのです
栄冠を掴むことなど誰から期待されたものなどでもなく
そうしたものを必要としない自分という存在価値への気付きとなればすべて倖いなのです

勿論それらを求めることが刺激や興奮のある楽しいものであるのは云う迄もないことです
ですがそれらは他者や自己を犠牲にしてまでも手に入れるべきものなどでもありません

「自己犠牲」の精神は誉れ高き美徳として掲げられる場合があります
それはそれでいいでしょう
ですがそれは「常々そうしなければならない」といった性格のものではなく
普段そうした考えになくとも、いざという時、無意識に自然と身を呈して
人前にその姿が発揮されるだけのことであるのです

それは全体としてすべてがひとつの生命であることの証です
それを我々が目にする時感動を呼ぶのはそこに本来の自身の姿を思い出すからです

讃えられることであってもそうすべきものなどではないのです
そこにあるのは喜ばしい命の在り方だけです

これを単に混同していてはジレンマに陥ったり
ある種の自己否定の生活に入り浸ることとなりかねません

苦境にありそれを乗り越えることだけが人としての評価に繋がる訳でもないのです
そのような意味に於いて「試練」と呼べるものなどありません
すべてはただ喜びにだけ向かうプロセスの一環であることを知った上で
行動すれば良いだけのことです

比較して物事の幸福度を測る様になれば
当然そこには「試練」と感じることだけが重くのしかかってくる
ただそれだけのことです  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年3月03日 21:25:03 : nBs0yiTpZk
苦痛は神経で感じます。視覚神経と聴覚神経。痛いのは外からの音、聴覚神経で
感じるもの、この方がはるかに多く大きい。

言葉は内言と外言があります。物を読んでいない時、聞いていない時は内言が
圧倒的に多いですね。内言の質を良くすることが成長、進歩だと思います。


02. 2013年3月04日 02:24:40 : q931E3NW4E
いまこのタイトルの「喜びの海」に対して「喜び」という言葉で良かったのかと思い返しました
すると「法悦」という言葉が文字として頭に過りました
「法悦の海」の方が良かったのではないかと
ところが私は「法悦」という聞き慣れぬ言葉を私自身もよく分かっていませんでした
これは間違いないのかと調べてみたら「エクスタシー」とあります

私はこうして自分の使う言葉を理解を通して自分と云うものが何かを理解しています
私は何か目的があって書こうと決めて書くのではなく
衝動的に自分にせっつかれてそうした自分に逆らわず書くという場合が殆どです

そこには何より自分がそれを「したい」のだという認識があります

今もこうして読み返してみてその時頭にあった語群の印象を
きちんと伝える言葉にできていないと感じてしまうのですが
悲観をやめればいずれ改善されるでしょう

誰もが自己の中に様々な性格の自分や他人を人格として捉えて抱えています
無意識に自己の対話の中から到底それ迄の自分になかったと言えるような文言も
こうしてたまに吐き出されています
様々な私の中の人格からの支援によってひとつの言葉が生まれることもあります

自分の中に素直な関心と興味があれば通説に縛られることなくそれを紐解くことです

苦痛は「抵抗」の象徴的な現れだと見ることが出来ます
電気的な信号がその抵抗によってかき乱されるとそれが意識的には痛みとして感じられる様になります

感情の抵抗は、普段自分の受け容れている物事の捉え方や考え方に対して、
それとはまったく真逆の行動を自分がとろうとする時に生じます

>01
言葉はそもそも想いを分解して組み替えて外側に伝える為の道具です
あなたの御使いの「内言」は「言葉に被せない脳内に生じる想いそのもの」と捉えて良い訳ですね
そして「外言」とは言語変換されて脳内に生じたものと言う事が出来るでしょうか

「質を良くする」とありますが、それはイメージとして捉えられるもののような気がします
自己にとって"望ましさ"を表すビジョン全体が、より明瞭になることこそがそこに期待されたものです

「喜び」の体験的行為の本質とは、「喜び」の純粋な感情の状態そのもの(に浸る)同化すると云う事です
それは明瞭なビジョンを必ずしも期待したものではないにしろ、より明確さを与えることにより、
それらは現実的に変換されるエネルギーのディティールを持ち始めます

よく瞑想などで云われる無思考や脳内の無言語化、沈黙を促すよりも
そうしたビジョンを通して自己の本質に浸ることの方がより自身の向上心を具現化することに繋がります

出家した者や世捨て人と云った人達は純粋に自然に帰依する人々であり
イルカやクジラ目の存在の様に自然のポジティヴなバランス状態を維持する存在として
地球環境の健全化に務める意識的存在としてみることが出来ます

聴覚に依る外からの音ということですが、自己の意識の集中の度合いで、意識的に無音化した状態を保つことは可能です
「抵抗」しない為の方法その条件は「自分で決める」、ただそれだけで十分です

よく言う「静かになれる場所」などの条件づけは本来必要なものである訳でもなく
例えば「自己の心の開放」は視覚的に「窓を開ける」イメージを浮かべる方法などでも、
特定の方法に定められている訳ではありません
どんなルールも自分で作れば良いだけです

それら「条件づけ」はただの暗示効果を生むためのものに過ぎません
ただし信頼にたるものであればそれは当然有効です

過去に極度に患部への痛みを感じた場合、私はよく「気功」という題材を用いました
手を自身にかざせばエネルギーを得られると決めて、患部や額に"手かざし"して
そこに意識を集中して暗示を与えます

それは方法として、両手で掴みきれないくらいの空気のボールを支える形を手で作って
その両手間(10センチ程度)の距離を保ったまま、その"見えないボール"を意識的に引っ張ったり推したりします

そのとき身体はなるべく力みを捨て、緊張している場所から意識を離し、
ボールを持つ手には"力み"が入らないようにします

そして呼吸にあわせて吸う時に左右に引っぱり、吐く時に推すイメージを繰り返します

すると肉体はまるで動かしてないものの、腕にはその意識の動作と連動して
なんらかのエネルギーの流入を感じるようになります

勿論普段から肉体的にストレッチしたり意識的に違和感を感じる場所を伸ばしたりする事は大事です

そうした自分独自の「決め事」を作って遊んでみれば良いのです

そうした芸事に慣れてくるとただ「法悦の空間」に(いつでも自分がそうなりたい時に)自分を置くのも
コツを掴んでしまえば簡単なことです

脳波はそこに安定を見せているでしょう

一度脳内麻薬の分泌スイッチが入れば、あなたが他のことに気を乱さない限り、
どうした場にあなたが立っても、あなたの心はただ見える景色の全貌だけを無心に眺めることになります

勿論そうした中にもあなたは冷静に物事を捉えただ物事の有様を把握することが出来ます
ただ感情がざわめかないというだけのことです

そうした状態の中に望ましい治癒力もまた働くこととなります
そしてその心的状態がまたあなたの現実的な経験に反映されることとなります

あなたが何かに追われていると感じれば心のざわめきが起こり
追われていないことを知れば法悦の時が静かに訪れます

常に自分の今の状態がこの場に何を「表している」のか
客観的に自分の心の状態やその在り方を捉えてみて下さい

そこに必ず気付きがあります

自分にとって現在の環境が望ましくないことを悟ったとしても
そこに折り合いを生み出すことで自身の感情を段階的に望ましい方向性に近づけていくことが出来ます
あらゆる人々に対して向けられる共感というものに対して
段階的にその人自身の本来の力を信頼するという方向にあなたが移行する必要があります

その都度その心のざわめきが何故生まれているのかについての原因を探る必要はないです

ごく最近の映画で「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という映画があります
共感と云うものに幅を持たせたいと考える人にとってオススメです


03. 気まぐれな風 2013年3月06日 13:29:25 : Yql9N1LbacSfs : JG70p6ebmc
自身の、肉体レベルの、

 仕組みくらい、勉強してきて!!

専門書でも、なんでもあるでしょ!
 

外部、からの波動、音

 鼓膜を振動。

  振動を、電気信号に変換。

   神経を通路にして、脳へ。


 大音量には、防衛システムが働きます。

   AKB48に耳元で、
    『すきぃーーー!!!!』

   鼓膜破られて嬉しいですか?(笑)


 では、囁き声で耳元に
  『邪魔だから、消えて』
    冷酷な表情が、ある。
 
  神経を通じ、脳へ。


その違いは、なんなのか?

 
   発端の

  自分自身の仕組み、すら、

 解説出来ないのです。

  
峰不二子に
 『邪魔よ、消えて♡』
  喜ぶ男性も多いのでは?(笑)


 何が、違うのですか?


 


04. 2013年3月06日 22:52:39 : q931E3NW4E
>03
ご指摘の通りです

同じ環境に居てもそれぞれに固有の受入れられている観念の違いによって
まったくその影響に対しての反応に大きな差を見ることとなります
波動の翻訳装置たる肉体の知覚機能の個体差に拠る処もまた大きいと言えます
その違いは肯定されるべきものであり違いこそ素晴らしいものです
人は同じ感性を持っていません
そのような社会性こそ我々に求められるべきものです


05. 気まぐれな風 2013年3月08日 22:43:53 : Yql9N1LbacSfs : b9cIvKW2yM
ご指摘の通りです


ならば、何も言うことは無いだろ?

その違いは肯定されるべきものであり違いこそ素晴らしいものです


 理論破綻、矛盾、問題。


  教材が湧いて出てきましたね。


   なぜ、理論破綻しているのか?


   検証してみましょう☆

 
  僕が、証明してもいいけど・・・


  自力で、検証する、癖を付けましょう。

   自習です(笑)


    


     


06. 2013年3月09日 23:52:38 : q931E3NW4E
>06

あなたに「検証」してもらえるのは願ってもないことです
理論の破綻を証明してくださって構いません
お願いします


07. 気まぐれな風 2013年3月10日 08:42:15 : Yql9N1LbacSfs : 8eRlU4s1hM

 人の話を聞かないね。

  自習だ、と、言ったぞ。


 アナタが何を願おうが

    僕は聞きません(笑)

 
   勝手に話し掛けて来て

    勝手なことほざいて

  自習だと言ってるのに聞かないで

     更にお願いする

 私は証明されても構いません!

  
   邪魔。

  


08. 2013年3月10日 19:22:12 : q931E3NW4E
>07
勿論それで結構なのです
あなたの在り方はあなたの中でだけ満足し証明されるものであり
私も私の中に在る何かや
他者の中に在る何かを証明してみせたいと考えている訳でもありません
そんなことは不毛であり不可能であると言えるものです

ただしそうしたそれぞれの在り方もまた願わくば全体の中に肯定されて認められてしかる筈です

それぞれの中に論理はあり満足出来る答えはあるのであり
それぞれの答えはそれぞれの考え方の違いの中に肯定されるものとしてある筈です

ひとつの論理に沿って何かを論じ立ててみても
それが一方の論理体系に於いて他方にも満足出来る答えを生み出せるものであるかは
より大きな見識というものをそこに持ち出さない限り無理でしょう

ただしそのようにしてより大きな見識の中にすべてはひとつのものとして観る事が出来るのです
故にそれぞれが互いを阻害し合わず満足した答えを手にすることは可能です
あなたの云う矛盾や論理破綻にしても同様です

違いを認め肯定出来ない中に真理の旗を掲げた争いは生まれます
しかしそれもまた自然発生的な人々の在り方によるものです
そこに生まれるあらゆる体験を味わい尽くし
これ迄もその体験を通じて我々は人と云うもののあらゆる性格を知って来れたのです

勿論それは自分達が望まないことを知る事によって
最終的に望むべき方向性を知るというプロセスである訳ですが
未だそれを地球という肉体の犠牲をもって進行しているということは由々しきことであると言えるでしょう

あらゆる戦争や災害もまた人類の意識の内面"だけ"が関わっています
我々が個々の意識として何故在るかと云う問いに対しては別の機会に論じてみたいと考えます

本当であればそれぞれ自分が絶対的な宝と看做して満足するものがあれば
それでそれ以上の答えはない訳です
そしてまたそうして絶対的な答えがあるとするならば
他者がいくらそれを偽物だとして罵声を浴びせたとしても
何不安に陥ることもなくその満足いく喜びは誰にも侵害される事はありません

どうした考え方が主流であるからと言って
そこに全体が流れていくことなど心配することもないのです
もし例えそれで地球自体が死の星となったとしても
仮にあなた方が死の星となることを怖れ続けていればそれはそのようになるでしょう

自分の目にし体験する外側の世界は常に自己の内面の様相であることを知れば良いだけです

故に「何が真実か」を本当に知ることだけが我々に必要なことであり
それを知ればそんな心配は一切不要であることになります

絶対的に誰も他者の何をも侵害する事は出来ない事をしる限りに於いて
何にも怖れることなど無いと云う事です

それ故に真実を深く知りゆくと云う事は
より大いなる愛を知り得ていく事と同義であるかと存じます

つまりそこに他者を批判し批難しないと云う事です
そして自分をより深く赦し続けていくと云う事です


09. 気まぐれな風 2013年3月15日 08:57:08 : Yql9N1LbacSfs : DfH707z3pY
(゚o゚;(゚o゚;(゚o゚;(゚o゚;


 忍法 開き直りの術???(笑)


自己肯定ばっかしてるから、

  そんな風になる。

 たまには自己否定してみたら?


  

   

  
  


10. 2013年3月16日 00:05:32 : q931E3NW4E
いえ、あなたの仰る通り、否定もまた肯定出来るものだと思います

逐一自分にとって必要なものをとあくせく答えを出すべく、何かを比較しては参照するようにして、
「答えとなる行動を探す」と云う行為は、あなたの到達した段階では確かに「邪魔」なものだと言えます

一度感覚的に自分として筋の通った状態を理解すれば、
つまり知りたい状態ではなく、常時「知る」状態へとなれば、何も余計に思考を動かすことは無くなります

勿論、開き直ったと云える状態もそれに近いものですし、感覚的な理解へと至るには、
あらゆる行為は何も悪くないと言えますね

私が現在口数多く書いている方法論としてのものは単に、それぞれの方が自分の知識として知っている
方法論としてのものと比べて、改めて手がかりとなる気づき程度に参考になれば良いと思っている程度です

返答になっていれば幸いに思います


11. 気まぐれな風 2013年3月16日 23:28:20 : Yql9N1LbacSfs : x7DTg80JVA
否定するのは、


 虚実、、、偽の方が良いですね。


  ただし、

 否定しない偽もあります。


  意味がない、と、判断したとき。


  道に転がる石に


   悪態つく程、
     暇じゃありません(笑)


  これは、意志の、レベルです。


   僕の選択権の中で、


    それを行使している。

   
   言語を使用してね。


 僕は、僕以上は居ない!を、

   
  ぶっこわされた(笑)


   それなりの体験も理解もしてましたよ。

  賢者は自分が賢者か?
  
   理性的に検証するから

    賢者なのです。
  
   盲信はしない!

  
   その勘違い、を、壊されたのです。

    間違いを、学んだのです。


  今は感謝している。


   その時の、僕の矛盾を、観るからです。
   

  今の、僕の矛盾を、観るからです。

   

  有限域の無限階層に、

   わざわさ、来たのです。

    みんな。

  レベルの高低は、ともかく。

    学びに来たのです。

     みんな。

   
   で、何やってるの?と、


    問いを発している。

     答えは各自が知っている。


   ゆえに自習!

  と言いたいけど、、、

 自習は、間違いでした。

   独学せよ。が、正解だ。

 


12. 2013年4月14日 14:39:05 : q931E3NW4E
>11
どうしたこともチャレンジとして各個人の性格に沿ってそれらは各人毎に執り行われます
そこではどんな人生も面白いものであるでしょう

頑なに学ぶと云う事を追求する形式張った在り方よりも
どんな苦境と思える事をも楽しむと云える自分を通して経験し理解することに
何か我が為になるものがあるような気がしています

この学術大系での知識の殆どは権威の手に依って
それらの利潤に絡んだやり取りだけが為されています
そこに手にしたい意味など在りません
そこに純然たる事実としての知識など無いからです

どんな人生にも根本には理解と赦しだけが在り
この拘束された様にも思える三次元領域下に於いてひとつの光明を見るとするならば
約束された自分の楽しみもがその自在なる想像性の中に
実存するエネルギーとしてきちんとあるということを理解することです

肉体時に於ける人生のやりくりの仕方については
諸説もっともな人の意見と云うものが在ります

しかしそれらを通して最終的に得るものとは
自分の自在なる力の所在に突き当たる処に在ります

自身の潜在力としてのものを否定し続けている間はそこに気づけません
そして尚かつそれを「汝 自身に赦せるのか」というのが
実のところ命題とも言える本題ではないかという所です

この社会での善悪の概念に囚われ続けた人の心には
自分のしでかす行為の一つ一つが何か後ろめたいことのようなものと同視されて
自分を縛り付けるものとワンセットでなければまったくなにひとつ安心出来ないと云う
状況に陥っているのではないかと思われます

自分が他の自身の経験に過不足していると感じることが在るなら
そこから意識を離すのは難しい事といえるでしょう
そしてそうしている間はそのような経験を追い求める事となります

いずれにしても自分で自分の首を絞めて窒息させない事が大事です

なんにせよ楽しいと感じる経験があるならそれは抑え込むべきものなどではなく
大いに自分の解放感を楽しむ余裕は作られてよいのだと感じます

しかしながらその上でいつでも全体的な自己の様相を探り
そう云った出来事に条件づけられない感情の採掘作業とでも云うような事を通して
自身の立脚点を常に忘れない立ち位置を自分に求められるようにあれば
自分の見るもの全てを赦せる立ち位置に自分を置き続ける事が出来るでしょうし
またそうしたところにだけ潜在力としての自身の本分もまた流れ込んで来るものだと理解しています


13. ポーラ 2014年6月15日 09:18:39 : qVni8okLjoTTg : SPiL4x5hy6
素敵な記事に感動しました。しかも、うざいコメントさんに、ひとつひとつご返信されていらっしゃるところも偉いお方ですね。さらに感動です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧