★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 490.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
不要な治療を避け、天寿を全うする前立腺がんの待機療法(がんサポート情報センター)
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/490.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 6 月 16 日 15:46:42: 8rnauVNerwl2s
 

「「ラテントがん、すなわち潜在がんはがん以外の原因で亡くなった人を解剖したときに、初めて発見される微小がんのことです。当然、存命中は前立腺がんが発病していないから、がんの症状も現れていないし、本人もがんであったことなど気づいていません」(赤倉さん)

潜在がんの頻度は非常に高い。50歳を超える男性の20パーセントが有し、歳を重ねるごとに増えていき、80歳以上の男性の35〜45パーセントが潜在がんを持っている。」

がんサポート情報センターから
http://www.gsic.jp/cancer/cc_14/ysc01/


不要な治療を避け、天寿を全うする前立腺がんの待機療法
定期的に血液検査を行いがんの増殖を予測、治療を施さずにがんと共存する方法


東京厚生年金病院泌尿器科部長
赤倉功一郎さん


血液検査で経過を観察して進行を見極め

前立腺がん検診で発見された早期がん患者にぜひ知ってもらいたい情報がある。このような早期がんはあわてて治療しないことだ。ひょっとすると無用な治療かもしれないからだ。ただちに治療せず、当面は経過を観察していくという新しい形の治療が最近になって始まっている。待機療法と呼ばれる治療だ。腫瘍が増大すれば治療するが、顕著な変化が見られないときは経過観察を続ける。その結果、無治療のまま天寿を全うしてもらうという患者サイドに立った治療法だ。

「日本で待機療法が生まれた背景には、近年、年を追うごとに急増している検診による早期前立腺がんの発見があります」
と指摘するのは東京厚生年金病院泌尿器科部長の赤倉功一郎さんだ。

・・・・

「検診による早期がんの発見の急増は、いいことばかりではありません。それによって本来、治療が必要のない早期がんを治療し、障害や副作用からQOL(生活の質)の低下を招く患者さんもいます。そうした現実を克服するための治療法として登場してきたのが待機療法なのです」(赤倉さん)


療の必要ない潜在がんを判別して過剰な治療を行わない
では、前立腺がん検診で発見されても、治療が必要のない早期がんとはなんだろうか。専門的にはラテントがんと呼ばれる、潜在がんである。

「ラテントがん、すなわち潜在がんはがん以外の原因で亡くなった人を解剖したときに、初めて発見される微小がんのことです。当然、存命中は前立腺がんが発病していないから、がんの症状も現れていないし、本人もがんであったことなど気づいていません」(赤倉さん)

潜在がんの頻度は非常に高い。50歳を超える男性の20パーセントが有し、歳を重ねるごとに増えていき、80歳以上の男性の35〜45パーセントが潜在がんを持っている。
前立腺の潜在がんが検診で発見されるようになったのは、ひとえにPSA検査の開発と普及によるものといえる。

PSA検査は前立腺がんから分泌され、血液中に流出した前立腺特異抗原(PSA)という糖タンパクを測定し、がんの有無や進行度などの診断に役立つ腫瘍マーカー検査の一つだ。
「PSA検査は非常に感度が高いことから、潜在がんのような微小がんの存在が推測可能となり、針生検による確認ができるようになったのです」(赤倉さん)
しかし、そもそも潜在がんは、病気としてのがんを発病させることはない。従って、潜在がんへの治療はすべて過剰治療となり、検診で発見されたそれへの治療はすべて患者にとって不要な負担なのである。
・・・・

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月17日 21:33:06 : pIFQMxjpo2
潜在がんですか・・・

甲状腺がんも似たような特性があるようですね


02. 2013年6月18日 23:35:49 : Ezl2LJ9Lwg
この投稿者にしてはまともな話だと思っていたが、
01の様なサポーターを仕込み、甲状せんがんを潜在ガンへ誘導するとは、芸が細かいですね、中々どうして見上げたもんだ。

03. 恵也 2013年6月25日 08:32:24 : cdRlA.6W79UEw : qe5yNM1i0Y
>>01 甲状腺がんも似たような特性があるようですね

ガンという定義から考えると、癌モドキというべき。
無制限に大きくなってしまうからガンというのであって大きくならなければ
良性腫瘍というべきなのに、検査能力がないのでガンとしてるだけだ。

検査機関も怪しいけど、薬もガンが小さくなったら薬効があったとしてる。
一時的に小さくなる程度じゃ屁のツッパリにもならない。

ガンが無くなってこそ薬効があるのであって、あの強力な副作用を考えると
あまりに無責任な認定制度だ。

この話を聞くと胃がんで胃を切除した友人が、食道を胃代わりにして1日に何回
も食事をしてるけどひょっとしたら癌モドキじゃなかったのかもと思ってしまう。

俺の親族はほとんどガンになり切除して、5年前後で再発し死んでるけどガンに
なったら死刑判決を受けたものとして痛み止めだけで、食事を変えたり民間療
法で死ぬまで対処したい。

日本人の3人に1人がガンで死んでるのは、西洋医療の敗北であり研究方向が
間違ってるのであって、俺は内臓をすてないであの世に旅たつつもりだ。


04. 2013年7月03日 21:15:52 : 5YnrNtgWos
がんはDNAの老化です。巨大ながん産業が人々を恐怖に落としいれ、利益の種にしています。まだがん細胞の1個の姿はわかっていません。みたてにより異なるがん。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧